GetWiMAX

WiMAXで絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

WiMAXで絶対に損しない・失敗しない、おすすめプロバイダ全社比較と契約方法とプロバイダの選び方

【2018年3月10日更新】プロバイダおすすめランキングの順位および内容を最新版に更新しました。

【2018年4月1日更新】キャッシュバック金額、キャンペーン情報などを今月の最新情報に更新しました。

現在WiMAXをより高速化したWiMAX2+(ワイマックスツープラス)というサービスが主で提供されています。ですがサービスとしてはWiMAXという名称がより包括的な意味で使われています

なので、WiMAX=WiMAX 2+ ということで当サイトでは話を進めています。あらかじめご了承ください。

目次

【2018年4月時点】WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+で絶対に失敗させない!プロバイダ・キャンペーン全社比較と選び方、契約におすすめなプロバイダ5選!

はじめに(WiMAX・WiMAX2+のプロバイダ選びは悩むものですよね・・・)

WiMAXのプロバイダ選びに悩む様子

WiMAX(ワイマックス)を契約しようかなって思ったけど、申し込めるプロバイダ(事業者)がありすぎて、どこもサービス内容や料金が少しずつ違っていたり、キャッシュバックやキャンペーンなどの特典もあったり・・・

はぁ、一体どこにしたらいいの??・・・

といった具合に、WiMAXをいざ契約しようと思っても、結局どのプロバイダで申し込んでいいのか迷ってしまったり分からなかったりしますよね。

どこを選んだらよいのでしょうか?

比較しようにもプロバイダの数が多くてたいへんです。

そもそも20社以上あるプロバイダの比較なんてめんどうですし、時間も無限にはありません。

急ぎで至急WiMAXを使いたいという人だっているでしょう。

でも、てきとうに選んで失敗なんて絶対にイヤですよね。

失敗しないよう、契約する際は「どのプロバイダで契約するか」「どのプランにするか」ということをきちんと考えたいものです。

そこで!当サイト(特にこのページ)では

WiMAXのプロバイダ選びをお手伝いします!

WiMAXのプロバイダ選びをお手伝いします!

当サイトでは失敗しないWiMAXプロバイダ選びをお手伝いします。

WiMAXを比較する際は「月額料金」と「キャッシュバック」がとても重要な比較要素となります。

なので、この徹底比較ページでは「WiMAXのプロバイダ選びに悩んでいる方」が自分に合ったプロバイダで契約できるように、

主要なWiMAXのプロバイダ全社を、

  • 月額料金
  • キャッシュバック金額

の観点から全てのプロバイダを表に一覧にして分かりやすく比較します。補足として、「違約金(解約金)」「サポートオプション」の観点でも比較を行っています。

そして比較の結果、どこを選んだらよいか、ニーズ別、契約におすすめなWiMAXプロバイダ5社を提示します。

また、最適なプロバイダを選べても、どのモバイルWi-Fiルーターを選んで良いか分からないはずなので、ルーターに関してもしっかり表などを使って比較しています。

このページの使い方(WiMAXプロバイダの選び方)

このページの使い方を案内するオペレーター

比較の前に、このページのまとめ的な役割でもある「おすすめWiMAXプロバイダランキング」を掲載しましたので、まずはそれを読み足がかりとしていただいて、

それに続く「プロバイダ比較」「ニーズ別のおすすめプロバイダ5選」を読んでいただければ、

きちんと最適なプロバイダを選べるようになっています。

この記事は少し長いページになっていて読むのに時間がかかるかもしれません。

ただしその分、「WiMAXとそのプロバイダ」のことを総合的に比較し、各社の特徴をしっかりとまとめました。

充分に活用して失敗なくWiMAXのプロバイダを選んで欲しいと思っています。

 忙しい人、あまり時間の無い人へ 

「おすすめWiMAXプロバイダランキング」では、このページで行っている比較や当サイトから申し込んだ過去のユーザーの人気度などを考慮して、ランキングを作っています。

さらには、ただランキングにして提示するだけでなく、それぞれプロバイダ毎の特徴おすすめポイントをなどをまとめています。

そのため、「おすすめWiMAXプロバイダランキング」のみでも時間の無い方簡潔に結論が知りたい方でも十分に適切なプロバイダを選択できるようになっています。

以下に、手っ取り早くおすすめや比較を知りたい方向けにその項目へ飛べるページ内リンクを置いておきます。適宜活用してください。

 【参考】「2018年4月時点」キャッシュバック込みで37ヶ月間の実質料金を比較すると(3年契約プランの場合)

現在の主要なWiMAXプロバイダの実質的な月額料金をグラフにし比較してみました。

参考までに「実質的な料金はこうなっているよ」というのを視覚的に分かりやすいようにしたものです。

月額料金とキャッシュバック込みで計算すると37ヶ月間(利用開始月+3年間)の実質月額料金はこうなります↓

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

どのプロバイダも3000円強といった感じですね。

WiMAX(WiMAX 2+)は実質的な月額料金もプロバイダを選ぶときの一つの基準になりますが、「サービスの質(サポートや解約のしやすさなど)」や「プロバイダごとの独自特典やメリット」、「プロバイダとしての安心感」など選ぶ際に考慮するべき要素が他にもあるので一概には言えません。

なので、この実質料金やその他の要素も踏まえてここより下ではより詳しく、

  1. 月額料金
  2. キャッシュバック金額
  3. 解約(違約)金
  4. サポートオプション

といった、WiMAX申し込み時に考慮すべき要素ごとにプロバイダ比較をおこなっています。

まずは、すぐ下の「おすすめプロバイダランキング」を読んでいただいて、自分で選ぶ際の参考にしてください。

おすすめWiMAX(ワイマックス)・WiMAX 2+プロバイダのランキング【2018年4月時点】

まずは全プロバイダの中からおすすめのWiMAXをランキング形式で紹介

WiMAX・WiMAX 2+にはたくさんのプロバイダ(20社以上)があります。多すぎてどれが良いプロバイダか分かりづらいです。

そのため、まずここでは「どこが優良プロバイダ」なのかランキングにて紹介するので、プロバイダを選ぶための足がかりとして使ってもらえればと思います。

このランキングでは

  • 月額料金の安さ
  • プロバイダの人気度(ユーザーからの評判・評価)
  • キャッシュバック金額と受け取りやすさ
  • サポートの充実度
  • プロバイダの信頼度
  • 発送の速さ

などWiMAXを実際に使用するうえで重要な要素を考慮して、ランキング形式で上位5つのプロバイダを紹介します。

このランキングとそれ以降の「プロバイダ比較」、「ニーズ別おすすめプロバイダ」などを参考にして検討を行うと、自分に合ったWiMAXプロバイダを選びやすいでしょう。

1位:Broad WiMAX(当サイトからの申込数および人気No.1)

Broad wimax

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバック特典は受け取るのに利用開始から1年以上待つ必要があるうえ、手続しなければならないので意外と面倒です。そして、手続きし忘れるとキャッシュバックが1円ももらえないため、多くのユーザーから不評をかっています。

Broad WiMAXはそのようなことは一切なく、「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。そして3年間を過ぎたら他のキャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。そして最新機種のルーターでもその料金体系は変わらないのでお得感があります。

契約して即日発送なのは、プロバイダの中では一番早くうれしい。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。初期費用割引等、普通に契約する場合と同じキャンペーンにプラスして違約金0円で乗り換えられるうれしいサービスです。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

2位:So-net モバイル WiMAX2+

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感がグッドです。

実質的に2年プランはなくなり(割引特典なし、キャッシュバックなし)3年プランのみとなりました。ただ、サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダです。

サポートオプションに関しては、初心者用のパソコンやインターネットにまつわる疑問を解消する「安心サポート」、インターネット機器の水濡れや破損に加え自宅の水廻り・カギ・ガラスなどの生活トラブルを特別価格で受けられるサポートが一体になったお得な「くらしのお守りワイド」、「セキュリティオプション」などサポートオプションの種類と中身が充実しています(しかもオプション料は他のプロバイダのより安いか同等)

3位:DTI WiMAX 2+

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

DTI WiMAX2+は月額料金が安く、安心サポートオプションも他より安く、今なら2ヶ月無料

Broad WiMAXと同じように他のプロバイダに比べシンプルな料金体系で分かりやすくお得なプロバイダです(キャッシュバック特典はありません)。3年プランの3年間の合計料金こそ、そこそこですが、3年1ヶ月目~は他より400~700円安い月額料金で長く使う方なら一番お得に使えるのがDTIの特徴です

また、「DTI Club Off」という会員限定の特典サービスがDTI WiMAX2+を契約した人にはもれなく付いてくるのも他にはないメリット。「DTI Club Off」は宿泊・レジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食が特別優待価格になるなどアウトドア派に嬉しいサービス。

また、DTIなら公衆無線LANアクセスサービス「au Wi-Fi SPOT」を無料で利用することができます。この2つは、外で使えるWiMAX2+とも相性バツグンの特典です。外でおもう存分お得にインターネットも食事も買い物も楽しみたいならDTIがオススメです。

4位:GMOとくとくBB WiMAX2+

 キャッシュバック金額トップクラスで、月額料金も安いお得なプロバイダなのがとくとくBBです。お得に使えるプロバイダですが、キャッシュバックの受け取りにくさ(利用開始から11ヶ月後に、普段使っていないGMOのメールアドレスに公式からの大量のメールに紛れた案内メールが届き、そこから1ヶ月以内に手続きを行わないとキャッシュバックが受け取れない)やサポートがつながらない時があるなど不安定さも同時に残り、ユーザーの評判も決して良いものばかりではない。また、解約金も他のプロバイダより高く設定されており、2年以内の解約は24,800円かかってしまいます。なので胸を張ってオススメとは言えませんが、料金的にお得なプロバイダには変わりません。なのでこの順位です。

5位:BIGLOBE WiMAX

キャッシュバックの受け取り忘れがしにくいように工夫されているプロバイダ(※契約後、期限内にアンケートに答える必要あり)。また口座振替で支払える特徴も持っています。BIGLOBEは封筒(振替払出証書が入っている)で家に通知が来るのでキャッシュバックを見逃すことがほぼありません。金額はとくとくBBその他プロバイダなどに比べると劣りますが、「必ず受け取りたい」「キャッシュバックのことを覚えているのすらメンドクサイ」という人ならBIGLOBEにするとよいでしょう。ただし現在は3年間の合計料金が、そもそもキャッシュバック特典が無く手続きすら必要ないBroad WiMAXとほぼ変わらないため、すでにBIGLOBE会員の方以外は労力の必要ないBroad WiMAXを選ぶほうが良いでしょう。そのため現在はこの順位となっています。

番外編:NEXT mobile

容量無制限プランが必要なほどはネットを使わないけど、ある程度の容量をもう少し安く契約したいと言う人にお勧めなのが「NEXT mobile」です。

データ容量プランが20、30、50GBの3つから選べます。料金は20GBの場合月2,760円(24ヶ月間)とWiMAXの月額料金よりも安くなっています。回線はSoftBankを使用しており、下り150Mbps、上り50Mbpsとなっています。

ネットで動画をたくさん見たりしない人、スマホのデータ容量じゃ足りない人などにおすすめです。また、上り最高速が50Mbpsですのでアップロードもしやすく、外出してクラウドで仕事をすることの多いビジネスマンにとってはWiMAXよりも安く使えるモバイルWiFiとなります。容量もビジネス目的なら20GBで十分足りるでしょう。

WiMAXのような3日の容量制限が無いのも魅力的です。月の中で重点的に使う日があっても速度制限がかかりません。別に毎日使うわけではないけど、必要なときにはたくさん使うと言う人にとってはうれしいですね。

ソフトバンク回線でサクサク!快適wifiルーター【NEXTmobile】

NEXT mobile

本格的にWiMAXプロバイダ比較と選び方へ

ここより下では、

といった項目を掲載しています。

これからWiMAX(WiMAX 2+)の契約を考えている方へ参考になるようしっかり考察をおこないました。

またコラムとして以下の内容も書いています。もし以下のことを疑問に思っていたら読んでみてください。補足的なもので、比較を読みたい人の邪魔になるといけないのでページの末尾に掲載しています。

ここから「WiMAX(WiMAX 2+)プロバイダ・キャンペーン比較」

それではWiMAX(WiMAX 2+)プロバイダを比較していきましょう。

現在WiMAXには主流プランである、容量無制限のギガ放題プランにも

  • 3年契約プラン(LTEオプション料無料)
  • 2年契約プラン

の2つが存在します。

プロバイダによっては、ルーターの機種の違いで、2年契約プランか3年契約プランのどちらかしか選べないケースもあります。

なんだかややこしくなっています

なので、3年契約プランと2年契約プランでそれぞれプロバイダ各社の料金とキャッシュバック金額を比較していこうと思います。

まずは現在お得なキャンペーンの多い3年契約プランからです。

2年契約プランの比較がみたい方はこちらから飛んでください→2年契約プランの各社料金、キャッシュバック金額比較

「3年契約プラン」でのプロバイダ各社の比較 【2018年4月時点】

3年契約プランは文字通り、3年間契約が継続するプランです。そのため、更新月(解約金が0円になる月)が3年周期で訪れます。

2年契約プランよりも更新月が遅くなります。

その代わり、LTEオプション料(利用した月に別途1,004円かかる)が無料になる特典がついてきます。

これ以外は2年契約プランとなにも変わりはありません。

ただ、現在は2年契約プランのお得なキャンペーンがプロバイダ各社で軒並み減っており、

3年契約プランがお得なキャンペーン目白押しの主流プランとなってきています。

では、そんな3年契約プランではどのプロバイダがお得なのでしょうか?

そしておすすめのプロバイダはどこなのでしょうか?

見ていきましょう。

月額料金を比較する

スマホの方へ:↓の表は画面横幅に入りきらない場合、横にスクロールできるようになっています。

プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25~36ヶ月目 37ヶ月目~
Broad WiMAX 2,726円の日割り 2,726円 3,411円 4,011円 4,011円
GMO とくとくBB 3,690円の日割り 3,609円 4,263円 4,263円 4,263円
So-net WiMAX2+ 0円 1,180円 4,250円 4,250円 4,379円
So-net WiMAX2+(すでに会員) 0円 980円 4,050円 4,050円 4,179円
BIGLOBE WiMAX2+ 0円 2,595円 3,880円 4,380円 4,380円
BIGLOBE WiMAX2+(すでに会員) 0円 2,395円 3,680円 4,180円 4,180円
DTI WiMAX2+ 2,590円 2,590円 3,760円 3,760円 3,760円
3WiMAX(4年契約) 1,970円の日割り 1,970円 3,495円 3,995円 3,995円
3WiMAX(auスマホ割りプラン) 3,695円の日割り 3,695円 4,330円 4,330円 4,330円
UQ WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
novas WiMAX 0円 2,780円 3,980円 3,980円 4,380円
Yahoo! WiFi 3,696円の日割り 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
BIC WiMAX 4,380円 4,380円 4,380円 4,880円 4,880円
YAMADA Air Mobile WiMAX 4,267円 4,267円 4,267円 4,267円 4,267円
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ 3,991円 3,991円 3,991円 4,730円 4,730円
エディオン WiMAX2+ 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
FUJI Wifi 2,980円 2,980円 2,980円 2,980円 2,980円
KT-WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
ASAHIネット WiMAX2+ 4,290円 4,290円 4,290円 4,290円 4,350円
DIS Mobile 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
PC DEPOT 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
Pilina WiMAX 2+ 4,195円 4,195円 4,195円 4,195円 4,195円

月額料金はキャッシュバック特典が無く月額料金の安さで勝負しているBroad WiMAXとDTIが頭1つ抜けていますね。

So-net、とくとくBB、BIGLOBEなどのキャッシュバック有りのプロバイダの月額料金はそんなに大きな違いはありません。

ただ今月はSo-netの最初の2ヶ月の1,180円というのがインパクトがあります。

3WiMAXは料金的には安いのですが、4年契約なのがとてもネックです。これが3年契約ならば相当安く契約できることになるのですが、惜しいところです。

3WiMAXのauスマホ割りプランはauスマホを使っている人のみ加入できるプランですが、キャッシュバックが30,000円ある代わりに、月額料金が高くなっています。実質料金はさほどお得ではありません。

BICやYAMADAなどの家電系WiMAX 2+はおすすめできない

大手家電量販店でもWiMAX 2+は契約できるように幅広く展開されています。

「店舗のみで契約できるお店」と「店舗とネットの両方で契約することができるお店」とがあります。

家電量販店では店員の説明を受けながら契約することができる反面、月額料金はそれほど安くない場合が多いです。

ここではギガ放題のプランのみ料金を載せていますが、それ意外にもよく分からないプランが多く、そのどれもが別段お得とは言いがたいものになっています。

また、料金はネットのみのプロバイダと同等の安さのところでも、以下のキャッシュバック比較で書いてあるように、キャッシュバックがありません。0円です。

そのため、3年間の実質料金で考えると到底安いとはいえません

家電量販店で契約したからといってWiMAX 2+の質が上がるわけでもないので、WiMAX 2+の契約は素直にネットで申し込めるプロバイダから選ぶのがよい選択だと考えられます。

キャッシュバック金額を比較する

キャッシュバックはユーザーにとってうれしい特典であることは間違いないです。

それではキャッシュバック金額についてはどのような違いがあるでしょうか。

金額は最新機種であるW05を選んだ場合の金額となっています。

プロバイダ名 キャッシュバック金額
GMOとくとくBB 40,900円
So-net WiMAX2+ 30,000円
BIGLOBE WiMAX 2+ 15,000円
DTI WiMAX2+ なし(0円)
novas WiMAX なし(0円)
UQ WiMAX 10,000円(商品券)
Broad WiMAX なし(0円)
3WiMAX なし(0円)
3WiMAX(auスマホ割りプラン) 30,000円
Yahoo! WiFi なし(0円)
BIC WiMAX なし(0円)
YAMADA Air Mobile WiMAX なし(0円)
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ なし(0円)
エディオン WiMAX2+ なし(0円)
FUJI Wifi なし(0円)
KT-WiMAX なし(0円)
ASAHIネット WiMAX2+ なし(0円)
DIS Mobile なし(0円)
PC DEPOT なし(0円)
Pilina WiMAX 2+ なし(0円)

3年契約プランのキャッシュバック金額はこのようになっています。

今月はとくとくBBとSo-netが40,900円と一番の金額となっています。

2番目はSo-netの30,000円です。

後はBIGLOBEが15,000円なのとUQWiMAXが10,000円の商品券、3WiMAXのauスマホ割りプランが30,000円となっています。それ以外のプロバイダはキャッシュバック特典はありません。

ただ、キャッシュバック特典がないプロバイダは月額料金がその分安いため、お得度で言えばそこまで変わりません。

3年契約プランだと金額的にどこが一番安いの?

それではいったいどこのプロバイダが3年契約では安くなるのでしょうか?

3年間契約すると仮定して3年間(利用開始月を入れて37ヶ月分)の合計金額1ヶ月の実質的な月額料金を算出してみたランキング結果が以下の表になります。(5位まで。それ以降は全くお得でないため選ぶ理由がないです。)

計算方法↓

  • 「37ヶ月分の月額料金」 ー 「キャッシュバック金額」 = 3年間の合計金額
  • 「3年間の合計金額」 ÷ 37 = 1ヶ月の実質料金

利用開始月に日割り計算があるプロバイダは半月の金額で計算しています。

順位 3年間の合計金額 1ヶ月の実質料金
1位:GMOとくとくBB 113,105円 3,056円
2位:So-net WiMAX2+ 116,860円 3,158円
3位:BIGLOBE WiMAX 2+ 128,110円 3,462円
4位:Broad WiMAX 129,989円 3,513円
5位:DTI WiMAX2+ 135,610円 3,665円

3年間で全体で10,000円ほど変わります。この金額をどう見るかですが、3年間(利用開始月を入れて37ヶ月)という長い期間を考慮すると、金額的にそこまで大きな差があるようには見えません。

また以下で書きましたが、キャッシュバックにより実質料金を安くしているプロバイダは注意が必要です。キャッシュバックが貰えない事例が結構あるのでその辺をしっかりと考えた上で選びましょう。

では、3年契約プランはどのプロバイダがおすすめなのか?

結論を先に言ってしまうと、Broad WiMAXが一番おすすめです。

金額は上記で見たとおりです。

とくとくBBやSo-netできちんとキャッシュバックが受け取れるのであれば、とくとくBBやSo-netでも良いでしょう。

しかし、3年間の利用なので、キャッシュバックを受け取れるまでにどのプロバイダも契約開始から1年以上(長いところでは2年ほど)かかります。もちろんそこまで継続利用が必須です。これだと忘れてしまうことも多いですし、面倒な手続きはなるべく避けた方が損する確率も低くなります。

また、途中解約ではキャッシュバックも貰えず、高い違約金も払わなければならなくなります。そうするとただ月額料金が高いだけのプロバイダとなってしまいます。

キャッシュバック金額が高ければ高いほど、受け取り手続きを忘れてしまったり、途中解約時のリスクが高まります。

なので金額よりも、プロバイダの信頼性や手軽さなどが重要になってきます。

キャッシュバックは大変うれしい特典ですが、もらうための手続きが必要となり意外と面倒です。

受取期間(30日間、プロバイダにより何時かは異なるがだいたい契約から1~2年後)に手続きができなければ、0円になってしまいます。これはとくとくBB、So-netに共通です。BIGLOBEは契約後の一定期間内に会員ページからアンケートに答える必要があります。

また、とくとくBBとSo-netに関しては、受け取り手続きの案内が、普段使わない契約時に強制的に付与されるプロバイダのメールアドレス(しかも宣伝メールに紛れた形で)に届くので、忘れてしまう(キャッシュバックがもらえない)確率が高いことが過去のユーザーの体験談からわかっています

そのため、一番手軽に安心して何も考えずに、お得に使えるのは、キャッシュバックが無い代わりに月々の料金が安い、Broad WiMAXとなります。

とくとくBBにもBroad WiMAXのようなキャッシュバックなしの月額料金が割引になるプランがありますが、3年間の合計金額が131,199円とBroad WiMAXよりも高いです。

月額割引プランで比較した場合でもBroad WiMAXは一番お得です。

3年契約プランはBroad WiMAXが一番失敗しない選択肢となるでしょう。

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

Web限定特典有り!Broad WiMAXの申込はこちらからできます

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

「2年契約プラン」のプロバイダ各社の比較 【2018年4月時点】

【参考】「2018年4月時点」キャッシュバック込みで24ヶ月間の実質料金を比較すると(2年契約プランの場合)

現在の主要なWiMAXプロバイダの実質的な月額料金をグラフにし比較してみました。

参考までに「実質的な料金はこうなっているよ」というのを視覚的に分かりやすいようにしたものです。

月額料金とキャッシュバック込みで計算すると24ヶ月間の実質月額料金はこうなります↓

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

どのプロバイダも3000円強といった感じですね。So-netは2年契約プランの料金に割引が適用されなくなったので、とても高く、実質的に2年契約プランは無くなったと考えて良いでしょう。

WiMAX(WiMAX 2+)は実質的な月額料金もプロバイダを選ぶときの一つの基準になりますが、「サービスの質(サポートや解約のしやすさなど)」や「プロバイダごとの独自特典やメリット」、「プロバイダとしての安心感」など選ぶ際に考慮するべき要素が他にもあるので一概には言えません。

なので、この実質料金やその他の要素も踏まえてここより下ではより詳しく、

  • 月額料金
  • キャッシュバック金額
  • 解約(違約)金
  • サポートオプション

などのWiMAX申し込み時に考慮すべき要素ごとにプロバイダ比較をおこなっています。

月額料金を比較する(ギガ放題プラン)

2年契約の場合のプロバイダ各社の月額料金を表にして比較してみるとこうなります。

プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25ヶ月目以降
GMO とくとくBB 3,609円の日割り 3,609円 4,263円 4,263円
So-net WiMAX2+ 0円 4,879円 4,879円 4,379円
So-net WiMAX2+(すでに会員) 0円 4,679円 4,679円 4,179円
BIGLOBE WiMAX2+ 0円 2,595円 3,880円 4,380円
BIGLOBE WiMAX2+(すでに会員) 0円 2,395円 3,680円 4,180円
DTI WiMAX2+ 3,500円 3,500円 4,300円 4,300円
UQ WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
3WiMAX 2,980円の日割り 2,980円 3,615円 4,115円
3WiMAX(auスマホ割りプラン) 3,695円の日割り 3,695円 4,330円 4,330円
カシモWIMAX 0円 1,380円 3,580円 4,079円
@nifty WImax 0円 0円 4,350円 4,350円
Drive WiMAX2 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
novas WiMAX 0円 2,780円 3,980円 4,380円
Yahoo! WiFi 3,696円の日割り 3,696円 4,380円 4,380円
BIC WiMAX 4,380円 4,380円 4,380円 4,880円
YAMADA Air Mobile WiMAX 4,267円 4,267円 4,267円 4,267円
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ 3,991円 3,991円 3,991円 4,730円
エディオン WiMAX2+ 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
FUJI Wifi 2,980円 2,980円 2,980円 2,980円
KT-WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
DIS Mobile 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
J:COM WiMAX2+ 4,379円 4,379円 4,379円 4,879円
J:COM WiMAX2+(J:COMサービス
加入者)
4,113円 4,113円 4,113円 4,879円
PC DEPOT 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
Pilina WiMAX 2+ 4,195円 4,195円 4,195円 4,195円

どうでしょうか?

キャッシュバックありのプロバイダではどこが安いか?

2年契約プランでキャッシュバック有りのプロバイダだと、とくとくBB、BIGLOBEの2つがお得なプロバイダになります。

BIGLOBEは24ヶ月目まで他のプロバイダより安い金額となっています。毎月少しづつお得になる計算です。

BIGLOBEはコース料金というものが有り、それが月額料金に加算されるのですが、両者の何らかのサービスを受けており会員となっている場合は、それぞれそのコース料金は各種サービスで共通なので、WiMAXで支払う必要はありません。

そのため、他のプロバイダよりもすこし安く使えるようになります。

とくとくBBは平均的に安いのですが、飛び抜けている印象はありませんね。ただキャッシュバック金額がとても多いので、実質的な月額料金はトップクラスに安くなります。

キャッシュバックナシだとカシモが安い

カシモWiMAXという新しいプロバイダが月額料金の安さでトップにいます。

最近登場した新しいプロバイダで信頼性はまだ分かりませんが、安さではトップクラスです。

ただし、新機種のモバイルWi-Fiルーターだと料金は少し高くなり、

また古い機種だと新古品となるので、初期不良などの対応はできません。

そういった不安要素も覚悟の上ならば良いと思います。

キャッシュバック金額で比較する (ギガ放題プラン)

どのプロバイダが一番キャッシュバック金額が高いのか?

プロバイダを選ぶ上でキャッシュバックは多い方がいいですよね?

「そうだよ!」と思う方はキャッシュバック金額で決めるべきです。

WiMAXプロバイダ全社とUQWiMAX(商品券)のキャッシュバック金額を表にして比較してみましょう。

ルーターを最新機種を選ぶかどうかでもキャンペーンによってキャッシュバック金額が異なることがあります。ここでは最新機種のルーターを選んだ場合のランキングとなっています。最新機種を選ぶ人が多いためです。現在はW05が最新機種ですが、2年プランで選べるプロバイダはとくとくBBのみで、その他はW04が2年プランの最新機種になります。

プロバイダ名 キャッシュバック金額
GMOとくとくBB 32,300円
DTI WiMAX2+ なし(0円)
So-net WiMAX2+ なし(0円)
BIGLOBE WiMAX 2+ 15,000円
3WiMAX なし(0円)
3WiMAX(auスマホ割りプラン) 30,000円
novas WiMAX なし(0円)
UQ WiMAX なし(0円)
@nifty WImax なし(0円)
カシモWIMAX なし(0円)
Drive WiMAX2 なし(0円)
Yahoo! WiFi なし(0円)
BIC WiMAX なし(0円)
YAMADA Air Mobile WiMAX なし(0円)
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ なし(0円)
エディオン WiMAX2+ なし(0円)
FUJI Wifi なし(0円)
KT-WiMAX なし(0円)
ASAHIネット WiMAX2+ なし(0円)
DIS Mobile なし(0円)
J:COM WiMAX2+ なし(0円)
J:COM WiMAX2+(J:COMサービス
加入者)
なし(0円)
PC DEPOT なし(0円)
Pilina WiMAX 2+ なし(0円)

キャッシュバック金額はプロバイダ毎にけっこう差がある

1位はとくとくBBです。32,100円は驚異的な金額です。

2位は3WiMAXとなります。3WiMAXは、auスマホを利用している方が契約できるスマホ割りプランのみでしか、キャッシュバックが適用されないので注意が必要です。

3位はBIGLOBEとなります。月額料金は頑張っていますが、キャッシュバック金額は15,000円と他社に比べて見劣りしてしまいます。しかし2年プランの中では頑張っている方です。

So-netは今月はキャッシュバックがなくなり、2年プランの月額料金の割引もなくなったので、実質的に3年プランのみのプラン編成となりました。

DTIもSo-net同様2年プランのキャッシュバック特典が無くなりました。月額料金は据え置きですが、トータルの金額では2年プランはお得とは言えません。

@niftyは2017年7月まではは20,000円のキャッシュバックがありましたが、現在は0円になってしまいました。月額料金は割引があってお得ですが、キャッシュバックがないため、実質的な月額料金は他のプロバイダよりも高くなってしまいました。現在はおすすめできません。

家電系のWiMAX 2+はどれもキャッシュバックがありません。その上料金も特別安いわけではないので、選ぶ候補には入らないでしょう。

【コラム】トータルでかかる金額を考慮するなら「GMOとくとくBB WiMAX 2+」のキャンペーンに申し込むべきなのか?

ちょっと長めなので閉じています。読む人は開いてください。

解約金・違約金(契約解除料)で比較する

プロバイダ毎に解約金の違いはあるのでしょうか?

答えは、「GMOとくとくBBを除いて、解約金に差はありません」です。

2年契約プランと3年契約プランではそれぞれ以下のようになっています。

2年契約プランの場合

2年プランの場合の違約金詳細

どのプロバイダーも2年契約となっており、24ヶ月毎に契約期間の更新月がありその月の契約解除料金は不要になります。

ちょうどドコモ、au、softbankのような携帯キャリアと同じ仕組となっています。

ただ一つだけ異なるのはWiMAX 2+の場合は年を重ねる毎に契約解除料が安くなるというところです。

上記の画像でも分かりますが、テキストにて書いておくと、

  • 1年目……19,000円
  • 2年目……14,000円
  • 3年目以降……9,500円

更新月は2年ごとに来る

となっています。

GMOとくとくBBの場合は、2年毎に更新月が来るのは他のプロバイダと変わりませんが、解約金の金額が他と異なります。

GMOとくとくBBの契約解除料

  • 1,2年目……24,800円
  • 3年目以降……9,500円

GMOとくとくBBだけ1,2年目に解約した時の金額が高いですね。キャッシュバックや月額料金が安いですが、早め(2年以内)の解約には他よりもペナルティが大きいということでしょう。

3年契約プランの場合

3年プランの場合の違約金詳細

3年契約プランの場合は違約金の金額自体は2年契約プランと同じで、更新月が1年後にずれるという感じになります。

  • 1年目……19,000円
  • 2年目……14,000円
  • 3年目……9,500円
  • 4年目以降……9,500円

更新月は3年ごとに来る

とくとくBBもこの傾向は同じで、2年プラン同様1、2年目は24,800円で3年目以降は9,500円となります。もちろん更新月は3年ごとです。

なので3年目以降はとくとくBBを含め、どのプロバイダも違約金は変わらないですね。

WiMAX 2+は無線インターネットで一度使いだすと長く利用するものなので、解約金はそれほど気にならないかもしれません。

がしかし、万一WiMAX 2+を気に入らない可能性もありますし、そもそも数ヶ月間だけ使いたいとかであれば、GMOとくとくBBではなく他のプロバイダで申し込む方が良いでしょう。

サポート体制・サポートオプションの充実度で比較する

サポートが一番充実しているプロバイダはどこか?

WiMAXのサポートで一番重要なのはモバイルWi-Fiルーターが故障したときに無料で新品と交換してくれるオプションです。通称安心サポートオプション。

このオプションはどのプロバイダにもあり、その月額料金はさまざまです。主要プロバイダの安心サポートオプション料を見てみましょう。

So-net 450円(12ヶ月無料、故障・破損・水濡れ対象、その他)
Broad WiMAX 550円(故障・破損・水濡れ対象)
とくとくBB 300円(故障・破損のみ)、500円(水濡れも対象)
BIGLOBE なし
DTI 300円(2ヶ月無料、故障・破損のみ)、500円(水濡れも対象)
3WiMAX 550円(故障・破損・水濡れ対象)
カシモWiMAX 300円(故障・破損のみ)

金額は300~550円の間にあります。

300円の安い方だと故障と破損のみサポート対象となるようです。そして500円以上するオプションだと水濡れも対象になると言うのが全体の傾向ですね。

ただSo-netだけは450円で故障・破損・水濡れはもちろんのこと、WiMAX端末だけでなく、生活のトラブル(鍵のトラブル、水回りのトラブル、窓ガラスのトラブルを特別価格にて対応してくれる)まで対象に入っています。

オプション名が「くらしのお守りワイド」というのですが、WiMAXの契約で入るオプションにしてはワイドすぎる気もしますね。

ただ、料金が他の水濡れ対象のオプションよりも安いのでこれはとてもお得なサポートオプションと言えるでしょう。

そしてSo-netはこのオプションが12ヶ月無料です。なので、金額的にもどのプロバイダよりも安く内容も充実しています

そのためサポートオプションに加入する場合は実質の月額料金はSo-netが最安になります。

また、So-netはそれ以外にも初心者用のパソコンやインターネットにまつわる疑問を解消する「安心サポート」、セキュリティに関するオプションなど充実しています。

また、1年中24時間電話サポートも行っており、サポート重視で選ぶならSo-net以外に選択肢はありえません。

サポートオプション無料キャンペーン

サポート料金という面で見るとSo-netとDTIに「サポートオプション無料キャンペーン」ががあってお得です。

So-netのサポート12ヶ月無料キャンペーン

so-netサポートオプションキャンペーン詳細

So-netは今説明した、サポートオプションを含む3つのオプションが初期費用と12ヶ月間のオプション料金が無料になるキャンペーンを実施しています。

期間限定なので早めにチェックしておいたほうが良さそうです。

So-net WiMAX2+サポートオプション12ヶ月無料キャンペーン実施中

DTIのサポート無料キャンペーン

DTIは期間限定で3つの特典がつくキャンペーンを行っています。

その中に、安心サポートオプションが2ヶ月無料になる特典が含まれています。

WiMAX 2+を契約するときに安心サポートオプションに申し込むつもりの人なら2ヶ月無料は見逃せませんね。

DTIもキャンペーンは期間限定なのでいつまで続くかチェックしておくことをおすすめします。

DTI WiMAX2+期間限定キャンペーン実施中

特徴・ニーズ(利用シーン)別に見るおすすめプロバイダ5選!

自分のニーズ(利用シーン)に合うプロバイダを見つける

人によってプロバイダやキャンペーンを選ぶ基準は異なるでしょう。

  • 手厚いサポートが欲しい人
  • なるべく早く使いたい人
  • キャッシュバックが多くてとにかく安く使いたい人
  • キャッシュバックを確実に受け取りたい人
  • キャッシュバックの手続きも面倒でラクにWiMAXを使いたい人

…などなど、いろんな方がいると思います。

ここではニーズ(利用シーン)別におすすめプロバイダをその特徴とともに5つ提示します。

1.キャッシュバック受け取り手続きなんて面倒!気軽に安く使いたい + なるべく早く使いたいなら

プロバイダのキャンペーンには普通キャッシュバックがありますが、受け取るには手続きが必要です。そして肝心の受け取りの手続きも利用開始から1年以上待たなければいけません。

忘れたらお得なキャッシュバックが全てパーなので、長い期間覚えておく労力が必要です

これが意外としんどいのです…。

メモしていたとしても貰える時期になったときには1年以上経っているので、緊急性が分からなくなっていたりして、気づいていても放置してしまいがちです。放置していると、30日ほどしか受けとり手続き可能な期間がないので、貰える権利が消滅してしまう恐れがあります。

受け取り手続きの方法も普段使わない契約したプロバイダのメールアドレスに案内が届くため、面倒なことが多いです。

キャッシュバックは確かにうれしいですが、こういったハードルがあるのも確かです。

今読んでいて「面倒そうだなぁ」「忘れてしまうかも」と思った人はキャッシュバックありプロバイダはやめたほうがよいでしょう。

そういう人には代わりに、面倒な手続き一切無しでもキャッシュバックありプロバイダと同レベルかそれ以上のお得さで使える「Broad WiMAX」がおすすめです。

Broad WiMAXはキャッシュバックキャンペーンがない代わりに、月々の基本料金が他のプロバイダよりかなり安く設定されています。

ギガ放題のプランなら

【Broad WiMAX月額料金体系】

プロバイダ名 利用開始月 1・2ヶ月目 3ヶ月目~24ヶ月目 25ヶ月目以降
Broad WiMAX 2,726円の日割り 2,726円 3,411円 4,011円

となっています。

図で表すとこんな感じです。

BroadWiMAX料金プラン

普通のプロバイダの料金はというと↓のようになっていますので、いかにBroad WiMAXの月額料金が安いかがわかると思います。

【通常のプロバイダの月額料金体系】

利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目まで 25ヶ月目以降
0円 3,670円 4,380円 4,380円

Broad WiMAXは料金が安いおかげで毎月の支払いも少なくて済みますし、面倒なキャッシュバックの手続きも必要ありません。

他のプロバイダとの差額を24カ月分合計すると、だいたい20,000円ほどになります。

これは他のプロバイダで言えば20,000円キャッシュバックを貰えるということと同じになります。

これだけでも結構な金額になりますが、Broad WiMAXは25ヶ月目以降もずっと他のプロバイダより安いので、長く使えば使うほどどんどんその差額は大きくなっていきます。

これから長くWiMAXを使う予定の人にはとてもお得なプロバイダです。

「キャッシュバック手続き」や、「もらえるまで1年以上覚えて待つ必要がある」のが面倒だと感じる人にもとてもおすすめです。手続き不要で安くなるのは嬉しいですね。

また、Broad WiMAXは即日発送なので最速で申し込みの翌日にはルーターが家に届きます。

Broad WiMAXなら最短即日発送で全国送料無料!

  • 急用でなるべく早く使えるようにしたい
  • 急ぎじゃないけど遅いよりは早く届く方がうれしい

というような方にはBroad WiMAXがオススメです。

また、東京埼玉ならば即日受け取り可能なサービスもあるので急ぎの方にはこれ以上ない体制となっています。

Broad WiMAXサービス・キャンペーンなどの詳細解説はこちら

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

初期費用無料など、Web限定割引キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

2.サポートを求めるなら

So-netがオススメです。サポートオプションの数が他プロバイダよりも多いです。24時間年中無休電話サポート受付も行っています。

サポートオプション料金も安く、かつオプション料12ヶ月無料キャンペーンも行っており、オプション加入時の実質料金は他プロバイダと比べて最安になります。

インターネット関係の事業を多数運営しているSONYの関連会社で「So-net」は20週年を迎える老舗ブランドだという安心感もあります。

サポートで選ぶなら間違いなくおすすめのプロバイダです。

So-net詳細はこちら:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

3.キャッシュバックの受け取り忘れを絶対にしたくないなら

自宅に直接知らせが届くBIGLOBEがおすすめです。

入会後に送られてくる書類に記されたURLのサイトでアンケートに答えることで、期間は契約時期によって異なりますが、たいてい12~24ヶ月継続後(詳しくは入会後のメールや書類などできちんと確認してください)に振替払出証書が封筒で届きます。

BIGLOBE以外のプロバイダは契約時に与えられる会員専用のメールアドレスにキャッシュバックの通知が来ます。そのアドレスは普段利用するものではないので気づきにくいのが難点です。

そしてその知らせに気付かず30~45日以上放置してしまうと、キャッシュバックを受け取る権利が消滅します

こういった経緯でキャッシュバックを受け取れなかった人が少なくないのです。

このようなことになりたくないのなら、キャッシュバック金額が少なくてもBIGLOBEにするのが懸命な判断でしょう。

BIGLOBEサービス内容の詳細:「BIGLOBE」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

BIGLOBEでWiMAXのキャンペーンをチェック

4.とにかくキャッシュバックキャンペーンを求めるなら

キャッシュバック金額がプロバイダの中で一番高いGMOとくとくBBにするべきでしょう。

ただし、契約解除料が他より高いのに注意です。他のプロバイダよりも1年目は約6,000円、2年目は約10,000円高いです。

具体的にいくら高いかは上記のプロバイダ比較で行っている「解約金比較」を参照してください。

また、GMOとくとくBBはキャッシュバックが受け取れなかったという声が相当な割合で存在するプロバイダなので、受け取りに関してはしっかりと「見逃さない」「忘れない」という注意をしましょう。

注意とくとくBBのキャッシュバック受け取り方法は、契約から1~2年後に普段使うことのないGMOのメールアドレスに大量に送られてくる宣伝メールに紛れたキャッシュバック受け取り案内のメールから、1ヶ月以内に口座振替の手続きを行う必要があります。

事前に手続きを行うこともできません。

それができなければある意味一番損しやすいプロバイダでもあるのです。

それに、サポートに関しても不親切だという評判が多いです。

損するかしないかが自分にかかっているプロバイダなので当サイトではおすすめはしていません。

もしも、申し込む際は自己責任でお願いします。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~

5.アウトドア派に嬉しい特典で選ぶなら

料金体系がシンプルで分かりやすいプロバイダです。キャッシュバックはありません。サポートオプションが2ヶ月無料です。

また、DTIにはDTI会員だけのうれしい特典があるのが一番の差別化要素となっています。

嬉しい特典「DTI Club Off」について

DTI SIMやDTI WiMAX 2+を契約しDTI会員になると、会員限定の特典サービス「DTI Club Off」が利用できるようになります。

「DTI Club Off」は宿泊施設や遊園地などのレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、ホテルレスト ランや居酒屋の飲食代金などがDTI会員様限定の特別優待価格で利用できる、お得なサービスです。

例えば、国内約20,000軒のホテルや旅館が最大90%OFFになったり全国約700カ所の遊園地やテーマパークが最大75%OFFになったりするとてもお得なサービスです。

外でもインターネットが使えるWiMAX 2+ととても相性の良い特典なので、アウトドア派の人には是非オススメしたいプロバイダです。

DTIのサービス詳細:「DTI」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

DTI WiMAX2+ 使い放題の超高速モバイルサービス

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

細かな要望に応えるプロバイダをニーズ別に紹介!

上記のニーズ別5選のプロバイダも含めて、さらに細かいニーズに対応したプロバイダをそのニーズ毎に紹介していきます。

以下の3つのニーズについてそれぞれおすすめプロバイダを紹介しています。

  • WiMAXの容量無制限プランが必要なほどは使わないけど、安いモバイルWi-Fiが欲しい人
  • 口座振替で料金支払いしたい
  • USBタイプのルーターが欲しい
  • auスマホを持っている人なら安く使えるプロバイダを教えて欲しい

容量無制限は必要ないけど、もう少し安いモバイルWi-Fiがあるなら契約したいという人へ

nextmobileのサービス概要

そういう人にはNEXT mobileがおすすめです。

料金体系は以下の通りです。

容量 契約期間 料金
利用開始月 1~24ヶ月目 25ヶ月目以降
20GB 2年 2,760円の日割り 2,760円 3,695円
30GB 2年 3,490円の日割り 3,490円 3,695円
50GB 2年 4,880円の日割り 4,880円 5,815円

多めのデータ容量が必要で、かつ料金をWiMAX以下に抑えたいなら20GBプランはオススメです

回線がSoftBankのLTEなのでエリア、速度ともにモバイルWi-Fiとして申し分ないです。

WiMAXではないので3日の容量制限もありません。使いたい日に重点的に使えるため、外出先で急に仕事をしなければならないビジネスマンなどにはもってこいの回線です。

また、スマホのテザリングでパソコンなどをネットにつなげている人にも、安くデータ容量を増やすことができオススメです。

【NEXTmobile】また通信制限...!!それならwifiルーターをお得に使おう!

NEXT mobile

クレジットカードが無い、使いたくないなどの理由で、口座振替での料金支払いをしたいなら

口座振替で支払いができるプロバイダはBIGLOBE、Broad WiMAXの2つがあります。

UQWiMAXでも口座振替できますが、キャッシュバックやその他キャンペーンなど考慮すると、「BIGLOBE」か「Broad WiMAX」が断然おすすめですね

クレジットカードで支払いたくない人や、そもそもクレジットカードを持っていない人もいるでしょう。そういう人にとってはありがたいプロバイダですね。

Broad WiMAXのみクレジットカードで支払うと初期費用割引キャンペーンを受けれられないので注意してください。お得に使うならクレジットカードで申し込みましょう。

BIGLOBEは口座振替でもキャッシュバック金額が10,000円少なくなりますが、この中では一番お得に契約できます。

口座振替ならBIGLOBEが現時点では一番オススメです。

それぞれ、キャンペーンが適用されるWeb限定申し込みページは↓。

BIGLOBE申し込みはこちら

Broad WiMAX申し込みはこちら
Broad wimax

USBスティックタイプのモバイルWi-Fiルーターが欲しいなら

普通プロバイダで契約する場合はUSBタイプのモバイルWi-Fiルーターを選ぶことはできません。なぜなら取り扱っていないからです。

USBタイプのルーターならパソコンに挿して使うので充電も必要ありませんし、よりコンパクトなので持ち歩きには便利です。

このタイプのWiMAXルーターが欲しい人もいるでしょう。

USBタイプのルーターを選ぶことができるのは「3WiMAX」だけです。

「Speed USB STICK U01」という名前のルーターが選べます。

過去には「URoad-Stick」というルーターもUQWiMAXとBroad WiMAXで取り扱っていましたが、現在は取り扱いは終わっています。

URoad-Stick(取り扱い終了)

URoad-Stick

ルーターのスペック詳細はこちらです→http://www.uqwimax.jp/signup/device/model49/

3WiMAXのSpeed USB STICK U01について(現在唯一のUSB型ルーター)

ルーターの見た目は↓こんな感じです。

Speed USB STICK U01
Speed USB STICK U01

下り速度は最大で220MbpsとUQWiMAXで選べるルーターよりも速いです。見た目もこちらのほうがスタイリッシュですね。

またこのU01は「Triprouter」というアタッチメントに装着するとモバイルWi-Fiルーターにもなります。

USBで直接接続するだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとして複数台の機器をインターネットにつなげることができるので2WAYルーターとしての特徴があります。

3WiMAXのサービス詳細:【3WiMAX】KDDI回線のWiMAXプロバイダの特徴と評判・メリット

【auユーザー限定】33,000円のキャッシュバックプレゼント中!3WiMAX

3WiMAX

auで契約したスマホを使っている人なら

auでスマホを契約している人は、「auスマートバリューmine」が選べるプロバイダーにするべきです。

auの方は「auスマートバリューmine」でもれなく月々のauスマホ料金が最大1,000円割引きになります。

スマートバリューmine

「auスマートバリューmine」が申し込めるプロバイダ

auスマートバリューのあるWiMAX 2+プロバイダはSo-netBroad WiMAXとくとくBBBIGLOBEです。

どれも優秀なプロバイダです。

それぞれの公式申し込みページはこちら↓

モバイルWi-Fiルーター比較 【2018年4月時点】

ルーター選びも大事

WiMAXを使うのに必要になるのが、モバイルWi-Fiルーターです。プロバイダが決まったらルーター選びに入りましょう。

モバイルWi-FiルーターとはWiMAXの電波を受信し、それを各端末に送るハブの役割をします。

モバイルWi-Fiルーターがあればパソコンでもスマホでもゲーム機でもWi-FiもしくはBluetoothが使える端末ならどれでもインターネットに接続できるようになります。

WiMAXの通信ではモバイルWi-Fiルーターがとても重要(というか本体)な役割をするので、どのルーターを選ぶかもとても重要になってきます。

現在選べるWiMAX 2+ルーターの種類

現時点でプロバイダで選べるルーターは以下の4つ。

  1. Speed Wi-Fi NEXT W05
  2. Speed Wi-Fi NEXT WX04
  3. Speed Wi-Fi NEXT W04
  4. Speed Wi-Fi NEXT WX03
機種名 W05 WX04(3年プラン限定) W04 WX03
デザイン W05 WX04アクアブルー、クリアホワイト W04
発売日 2018/1 2017/11 2017/1 2016/12
 重さ 131g 128g 140g 110g
 大きさ 約 W130 ×H55 ×D12.6mm 約 W111 ×H62 ×W13.3mm 約 W53 ×H130 ×D14.2mm 約 W99 ×H62 ×D13.2mm
au4GLTE
下り最大通信速度 708Mbps 440Mbps 708Mbps 440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps 30Mbps 30Mbps
最大連続通信時間 10時間30分 13時間48分 10時間30分 12時間20分
最大接続台数 10台 10台 10台 10台

W05が現在の最新機種です。

速度を比較

ルーター毎の最大通信速度は以下のようになります。

機種 W05 WX04 W04 WX03
最大通信速度(下り) 708 Mbps 440 Mbps 708 Mbps 220 Mbps

通信速度はWiMAX 2+回線利用時の速度です。

W05、W04の速度について

W05は下り最大708Mbpsと現行ルーターでは一番速い通信速度となっています。

W05の通常のWiMAX 2+回線では、下り最大220MbpsのCA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOという2つの通信方式を組み合わせて同時に利用することにより、最大で440Mbpsという速度を実現しています。

参考:CA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOについて

また、ハイスピードモード時には東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部エリアで下り最大558Mbpsまで出るようになっています。

そして、ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)を適用した場合には東京都、愛知県、大阪府の一部エリアでのみですが、下り最大708Mbpsまで出るようになっています。

WX04の速度について

WX04は下り最大440Mbpsとなっています。現行のルーターでは2番目に速い通信速度となっています。

下り最大220MbpsのCA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOという2つの通信方式を組み合わせて同時に利用することにより、この速度を実現しています。

W04は条件によって708Mbpsや558Mbpsといった速度が出ますが、全国的に使える速度としてはW04も440Mbpsが最高速なので、WX04とW04の間に速度の差異はほぼありません

WX03の速度について

WX03基本的な最高速度は下り220Mbpsとなっています。

WX03の場合は、ハイパフォーマンスモードの時、東名阪(関東・中部・関西)地区の1都2府14県を中心とする一部エリアで下り最大440Mbpsを実現しています

速度で比較するとどのルーターが良い?

ついにWiMAX2+の通常速度でも440Mbpsという速度まで実現しました。

しかしながら、現実的な話をするとインターネットの利用には速度は220Mbpsでも十分だったりするので、それ以上速くなってもほとんど体感速度は変りません。

なので、どのルーターを選んでも速い遅いの違いは実質的にないと言ってよいでしょう。

ただし、最大速度が速いほうが通信速度は安定しやすいので迷ったらW05やWX04、W04をおすすめします。

バッテリー持ちを比較

外で使うことの多いWiMAXはバッテリーはとても重要な要素です。バッテリー切れでせっかくの利便性を失ってしまっては無線通信サービスの意味がありません。

なので、しっかりと見ていきましょう。

それぞれのルーターには、共通して3つの電力モード(エコモード、ノーマルモード、ハイパフォーマンスモード)があります。それぞれ電力の消費量が異なります。

3つのモードそれぞれについてルーター毎の連続通信時間を比較すると以下のようになります。

  モード W05 WX04 W04 WX03
連続通信時間   ハイパフォーマンス 390 分 490 分 390 分 440 分
ノーマル(バランス) 540 分 690 分 540 分 600 分
バッテリーセーブ(エコ) 630 分 830 分 630 分 740 分

この数字はWi-Fiで機器と接続した場合の物です。Bluetooth接続だとこれよりも長持ちしますが、機種による優劣は変わりません。

現時点でバッテリー持ちという観点からするとWX04に軍配が上がります。

準最新機種だけあって、バッテリーの持ちは進化していますね。ただバッテリー容量が増えたことで、本体が少し大きくて重くなっています。

ただしWX04は3年契約プラン(LTEオプション無料プラン)でしか選択できないので2年プランを契約する場合はW05、W04、WX03の3つから選択する事になります。

従来通りの2年契約プランでバッテリー重視で選ぶならWX03が一番長く持続します。ただ、現在WX03はほとんどのプロバイダが扱っていないことに注意。

W05とW04は本体が薄く軽い分、バッテリーに関しては少し性能が劣ります。

バッテリーで比較するとどのルーターが良い?

とにかくバッテリー持ち重視という人は、3年契約になってしまいますが、WX04にすると良いでしょう。

それ以外の人は、WX03がおすすめです。

最新機種が良いと考える人は少々バッテリー持ちは他には劣りますが、W05も十分実用に耐えるだけのバッテリーを内蔵しているので選択肢としては全然アリです。

操作性の比較

WiMAXルーターには「W05」「W04」のWシリーズ(製造元:HUAWEI)と「WX04」「WX03」のWXシリーズ(製造元:NECプラットフォームズ)があります。

どちらも異なる会社が開発しているもので、見た目のみならずその操作性にも少し差があります。

WiMAXとしての基本的な機能はどちらも同じです。

これまではWシリーズとWXシリーズではその操作性に顕著な差がありました。↓をクリックすると以前のシリーズごとの比較が見れます。

以前のWシリーズとWXシリーズの比較

結論から言うと、以前はWXシリーズがタッチパネルを採用していなかったことによって操作性は圧倒的にWシリーズのほうが上だったのです。

しかし、WXシリーズ「WX03」の時点でタッチパネルが採用されました。採用されたのはWシリーズと同じ大きさ(2.4インチ)のタッチディスプレイです。

wx03

これにより、操作性に関してWX03からはWシリーズと同じように使いやすくなりました。

「WX04、WX03」と「W05、W04」との操作性に以前のような差はなくなりました。

どれもタッチ操作で簡単に扱えるようなっています。

W04は縦型ルーターで持ちやすい

W04

その上で操作性を比較するとW04が良さそうです。

この4つのルーターの中でW04のみ縦型のルーターになります。縦型なので持ちやすく、スマートフォンの操作性に似ています。

片手操作も可能なのはW04のみになります。他の3つは横持ちしないといけないので基本的に両手で操作することになります。

両手でも片手でも使いやすい、W04が操作性の面では1歩リードしていると言えるでしょう

おすすめルーターはこれだ!

3年契約プランなら「W05」か「WX04」がおすすめ

  • 通信速度、本体の大きさ・軽さ、バッテリーなど総合的に考えるなら「W05
  • バッテリーを特に重視するなら「WX04

3年契約プランであればどのルーターも選べるのですが、最新機種のW05と準最新機種のWX04ならどちらも遜色ないくらいにおすすめです。

あえて差別化するなら「総合力のW05」、「バッテリー持ちのWX04」という感じでしょう。

あとW05とWX04の細かい違いですが、上り(アップロード)速度がW05は75Mbps、WX04は30Mbpsとなっています。

これをどうとるかですが、オンラインで作業したり、文章その他をアップロードする機会が多い方はW05にすべきです。そうでない方はほとんど違いが無いのと同じです。

以上を重視し、最後は見た目などフィーリングで選んで良いと思います。長く使うことになるはずなので好きなデザインの方がなにかと良いでしょう。

3年契約プランについてはこちらをどうぞ→【3年契約プラン】LTEオプション無料のWiMAX2+新プランはいったいどういうものなのか?メリット・デメリットなど解説

2年契約プランなら「W05」、「W04」、「WX03」が選択肢に

2年契約のギガ放題プランで契約するなら、「W05」「W04」、「WX03」が選択肢となります

W05を2年契約で扱っているプロバイダはとくとくBBとカシモWiMAXのみです。

WX03はとくとくBBとBIGLOBEしかい取り扱っていません。

WiMAXルーターは新機種が登場するたびに操作性もよくなり、バッテリー持ちも向上しており、現行の機種はどれもポケットWi-Fiとしての機能は十分すぎるほどです。

どれを選んでも後悔はしません。

ただこの中でなら、一番おすすめなのは最新機種で速度などの性能が良いW05です。

縦持ちできて扱いやすいルーターが欲しいならW04がおすすめです。また、W04は通信速度が速いのもうれしいところです。

よりバッテリーを気にするならWX03が良いでしょう。

W05、WX04、W04、WX03、W03の対応回線の違いについて

W05とWX04をお得に契約できるプロバイダは?

現在おすすめなプロバイダはBroad WiMAXとDTI、So-netの3社です。長く使う人にとっては、いざというときにより広範囲で使えるLTEオプションが無料なのはうれしいですね。

Broad WiMAX

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

DTI

DTIのサービス内容の詳細:「DTI」サービス内容・キャンペーン情報

DTI WiMAX2+公式申し込みページ

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

So-net

So-netサービス内容の詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」とは何者?モバイルWi-Fiルーターとの違いまとめ

ここのまとめは簡略版です。よりくわしく口コミやスペックを知りたい方はこちらをどうぞ→Speed Wi-Fi HOME L01sまとめ、良い・悪いところ、モバイルルーターとの違い、どんな人におすすめか?ネットの評判・口コミは?

手っ取り早く簡略版をと言う人は以下をお読みください。

WiMAXのルーターを調べているとなにやら、モバイルWi-Fiルーターとは別に据え置き型の大きめなルーターを発見しますよね。

これですね↓

Speed Wi-Fi HOME L01

表側

Speed Wi-Fi HOME L01後ろ側

後ろ側

これはいったい何なのでしょうか?モバイルWi-Fiルーターとの違いはいったい何なのでしょうか?

ここで軽くまとめてみたいと思います。

「Speed Wi-Fi HOME L01s」は家に置いてつかうWi-Fiルーター

Speed Wi-Fi HOME L01は家で使うWi-Fiルーター

「Speed Wi-Fi HOME L01s」はその円柱型の見た目通り置いて使うものです。

なので、外への持ち出しなどはできません。

家の中に置いて使う専用のWi-Fiルーターなのです。

光ファイバー回線やADSLなどと同じような感覚で使うものとなります。違うのは有線でなく無線であるというところですね。

【補足】

「Speed Wi-Fi HOME L01」と「Speed Wi-Fi HOME L01s」の違いはSIMカードの大きさのみです。機能面での違いはありません。

  • 「Speed Wi-Fi HOME L01」→ MicroSIMカード
  • 「Speed Wi-Fi HOME L01s」→ nanoSIMカード

「Speed Wi-Fi HOME L01s」の良いところ・悪いところ

なぜこんなルーターがあるのでしょうか?

それはモバイルWi-Fiルーターにはないメリットがあるからです。

ルーターとしてのパワーが強化されている

「Speed Wi-Fi HOME L01s」はモバイルWi-Fiルーターよりも大きいため、Wi-Fiルーターとしての機能が強化されています。

WiMAXの電波を受信する能力がモバイルWi-Fiルーターよりも高く、無線でもより安心してインターネットができるようになっています。

また、Wi-Fiのパワーがかなり強化されており、最大40台の機器と同時通信が可能で、そのWi-Fiが届く範囲も広くなっています。家の中全体をカバーできるようになっています。

「Speed Wi-Fi HOME L01」のWi-Fiは家の中全体に届くぐらい強力

接続できる周波数も5GHzと2.4GHzの2つに対応しており、他の電子機器との干渉を受けにくい方を選択することができるので接続も安定しています。

使えるようになるまでがとても短くてラク

機器(ルーター本体)が届いたらコンセントに電源をさして終了です。

とりあえずこれでインターネットが利用開始できます。

「えっ、それだけ?」って思うかもしれませんけど、ほんとにそれだけです。Wi-Fiにつなげるパスワードは入力する必要がありますが、電源をコンセントを刺せば自動的にインターネットにつなげるためのことは全部やってくれます。

設定などはネットの設定画面からできるので細かい調整は後からできるようになっています。

光ファイバー回線なんかは契約から使えるようになるまで2週間~1ヶ月ほどかかるのでその速さは比べものになりません。

スピードも速い

「Speed Wi-Fi HOME L01s」は下り最大440Mbpsとなっています。上りも最大で30Mbpsあり申し分ない速度となっています。

ルーターとしてのパワーがモバイルWi-Fiルーターよりも強力なので安定感のある高速通信が楽しめますね。

持ち運べないのが唯一の欠点

ホームルーターなので仕方のないことですが、モバイル型ではないため持ち運ぶことはできません。バッテリーも搭載されていません。

本当に家の中用のルーターです。

「Speed Wi-Fi HOME L01s」は便利な家庭用Wi-Fiルーター

設置が簡単ですぐにつながるようになるので、引っ越し時にすぐに使いたいという方におすすめです。

また、家族で使うインターネットとして光ファイバー回線よりも安く利用できるのがうれしいところです。

月額料金はモバイルWi-Fiルーターを選んだときと同じです。光ファイバー回線よりも毎月1,000円程度安くなるでしょう。

これらのメリットがあるので、家庭用インターネット回線として光ファイバー回線ではなく「Speed Wi-Fi HOME L01s」でWiMAXを始める家庭が徐々に増えてきています。

外出時に利用したいと言う方には向いていませんが、「ネット回線は欲しいけど光ファイバー回線を引くほどヘビーに使わない人」にとっては、より早くつかるようになりますし、設定なども簡単で便利なネット回線としてWiMAXのホームルーターという選択肢もアリなのではないでしょうか。

「Speed Wi-Fi HOME L01s」のお得なキャンペーンをしているプロバイダはこちら

現在ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」で月額料金割引やキャッシュバックなどお得なキャンペーンを特に精力的に行っているプロバイダを紹介します。

Broad WiMAX

Broad WiMAXではモバイルWi-Fiルーターと変わらない月額料金で「Speed Wi-Fi HOME L01s」を契約できます。キャンペーンで端末代も無料になります。

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

「L01s」のことがよく分かるBroad WiMAX専用のページ→ブロードワイマックス

Broad wimax

GMOとくとくBB

とくとくBBでは「Speed Wi-Fi HOME L01s」の場合キャッシュバックが高く、月額料金もかなりお得です。

GMOとくとくBBサービス内容の詳細:「GMOとくとくBB」サービス内容・キャンペーン情報

【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大32,100円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

そういえばWiMAXのエリアは大丈夫?自分の生活範囲で使えなきゃ意味が無い!

WiMAX(WiMAX2+)は無線通信な為、電波が届かないところでは、どうあがいても使いものになりません。

WiMAX(WiMAX2+)は現時点で、スマホの電波のように全国で展開をしています。

地下鉄のような普通なら電波の届かないところにも、駅構内にアンテナを設置し地下鉄の列車に乗っている最中でも使えるようになっています

しかし山間部や離島など都市から離れれば離れるほど、アンテナ数も減り、つながりにくい、もしくはつながらないエリアがまだまだ存在します。

あなたの生活範囲ではどうでしょうか?

もしくは旅行や出張の時に使えるでしょうか?

自分がWiMAX(WiMAX2+)を使いそうな場所でつながるかどうかは「UQ WiMAX」の公式ページにある「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」使いましょう。

サービスエリアマップ・ピンポイントエリア判定→https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

サービスエリアマップの使い方

サービスエリアマップではこのような画面↓から都道府県を選ぶことによってWiMAX(WiMAX2+)のエリアが色づけされた地図を見ることができます。

サービスエリアマップで都道府県を選ぶ

都道府県(ここでは東京)を選んでみると↓

関東圏のWiMAX2+のエリア

このように地図に色づけされ、さらに通常時最高速の440Mbps対応のエリア、WiMAX2+の対応エリア、拡大予定のエリアの三色に色分けされて表示されます。

これで大まかにどの範囲でWiMAX(WiMAX2+)が使えるかが分かります。

ピンポイントエリア判定の使い方

ピンポイントエリア判定では、その名の通りピンポイントで住所を絞り込んでいくことによって、その住所の場所でWiMAX(WiMAX2+)が使えるかどうか「〇、△、×」の3段階で判定してくれます

このような画面から↓県、市、町・村とどんどん絞り込んで選んでいくと、判定が出ます。

ピンポイントエリア判定

また、直接住所を入力することでも判定を出すことができます。

スマホの場合はGPSにより今いる場所で使えるかどうかの判定も行えます。

判定に関してですが、「〇」の場合は問題なく使うことができます。

「△」の場合は通信の安定性に多少難ありですが、使えるという判定です。「△」でも全く問題なく使えるケースもあります。

「×」の場合は素直に諦めるのが良いでしょう。

Try WiMAXを利用してWiMAX(WiMAX2+)を無料で試してみよう

上記の2つの方法で使えるかどうか見てみても、やっぱりつながるかどうか、本当のところ実際に使ってみるまで100%確信はできませんよね

そこでUQ WiMAXでは「Try WiMAX」という無料で15日間WiMAX2+を試すことができるサービスを行っています。

try wimax15日間お試し

これを活用し、15日間自分の使いそうな場所や使い方(動画を見てみる、画像や文章をアップロードしてみるなど)いろいろ試してみてください。

Try WiMAX:http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

Try WiMAXには注意点もある(たとえば、15日以内に返却できなければ違約金が2万円かかるなど)ので、そこに関しては個別の解説記事をよんでいただいて、賢く失敗無くTry WiMAXを利用してください。

Try WiMAXの注意点など解説→契約前にWiMAX2+を試してみたい!そんなときはTry WiMAXを活用しよう

現在のWiMAX 2+の速度はこれくらいです 通信速度測定結果 【2018年4月時点】

現在WiMAXの回線として提供されているのはWiMAX 2+です。2018年3月にWiMAXはWiMAX 2+に完全移行しました。

なのでこれからWiMAXを契約する人が知りたいのは、WiMAX 2+というサービスの通信速度ではないでしょうか?

当サイト管理人が実際に使っているWiMAX 2+の通信速度を調べたので掲載します。

今回使ったWiMAXのモバイルWi-Fiルーターは「Speed Wi-Fi NEXT WX03」です。この端末を契約した記録はこちらをご覧ください→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

電力モードはハイスピードモードで、機器との接続は11ac(5GHz)です。この端末でできる一番速い設定での測定となります。

WiMAX 2+の通信速度測定結果

夕方15時47分に測定した結果です。下りは71.7Mbps、上りは12.0Mbpsとなっています。

夕方15時47分のWiMAX2+の通信速度測定結果

次に夜中のものです。下りは82.1Mbps、上りは11.7Mbpsとなっています。

深夜23時48分のWiMAX2+の通信速度測定結果

測定した感想

率直に言うと、速いと思います。正直管理人も驚いてます。せいぜい30Mbpsでればいいかなぐらいにしか思っていませんでしたので。

基本的に一番速い設定ではありますが、光回線と全く遜色ないスピードが出ているのが分かると思います。

「無線通信だから固定回線にはかなわないんじゃないの?」と思っている人もこの結果を見てどう思いますか?

ネットを使う分には特に問題ない速度であると言えるのではないでしょうか。さすがにFPSや格闘ゲームなんかは光回線の方がよいでしょうが、それでも動画も全然問題ないですよね。

今後は新しい機種のルーターを入手したり、時間帯を変えたりしてより詳しく速度測定結果を掲載していければと考えています。

随時更新していくので現時点ではこれが最新の結果となっています。

「どこか一つオススメのプロバイダを教えてくれ!」と言われたら

絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダ

とにかくよく分からないけどとりあえずオススメを教えてと聞かれたら「Broad WiMAX(ブロードワイマックス)」と答えます。

「シンプル・イズ・ベスト」

この言葉に尽きます。

Broad WiMAXは月額料金が安い!キャッシュバックなど手続きが面倒な特典はナシ!

という簡素な料金体系なのでわかりやすくお得にWiMAXが使えます

キャッシュバックの手続きは別に難しくはないですが意外と面倒で忘れがちです。

なので、月額料金を払うだけの何も考えなくて済むというのはなかなかどうして良いものです。

毎月の支払い金額がわかりやすいので、月々の支出を計算しやすいというメリットもあります。

Broad WiMAXは最新のルーターも最新でないルーターと同じ料金で使えるので、一番高性能なルーターを使いたい人にもお勧めです。

最短即日発送なので、なるべく早くWiMAXを利用したいという方にもうれしいWiMAXプロバイダです。

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

初期費用無料など、Web限定割引キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

キャッシュバック受け取り忘れに注意しよう

BIGLOBEで「キャッシュバック受け取り忘れ」を99%回避

BIGLOBE以外のプロバイダは契約したときに付与される専用のメールアドレスにキャッシュバックの通知が契約開始から8~14ヶ月後に来ます。

通知の有効期限は大体どこのプロバイダでも「1ヶ月」です。

きちんとその通知に気づけばキャッシュバックは無事受け取れます。

しかし、その通知を見逃してしまいあえなくキャッシュバックを1円ももらえなかったという人が少なくないみたいです。

もし、何ヶ月もキャッシュバックのことを覚えておく自信のない人は、キャッシュバック金額は最高額よりも少なくなってしまいますが、家に封筒で通知が送られてくる、BIGLOBEを選びましょう。

入会後に送られてくる書類に記されたURLのサイトでアンケートに答えることで、期間は契約時期によって異なりますが、大抵12~24ヶ月継続後(詳しくは入会後のメールや書類などできちんと確認してください)に振替払出証書が封筒で自宅に届きます。それまでの継続利用は必須なことは注意が必要です。

キャッシュバックを忘れず必ず受け取りたいならBIGLOBEが一番よい選択肢でしょう。 今ならお得なキャンペーンも行っています。

BIGLOBEサービス内容の詳細:「BIGLOBE」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

BIGLOBEでWiMAXのキャンペーンをチェック

Broad WiMAXで全て解決!キャッシュバック受け取りまで1年~2年も待つのはイヤ!面倒な手続き無しでお得に使える

BIGLOBEもほぼ確実に受け取れますが、キャッシュバックが受け取れるまでには契約から1年以上かかります。

それ以外のプロバイダ、「So-net」や「DTI」、「とくとくBB」なんかでも同様に1年以上はかかります。

正直なところ、キャッシュバックを貰えるのがそんなに遅くなると、お得さをあまり感じにくいです。

そして別途キャッシュバックのための手続きが必要なので面倒です。

また、BIGLOBE以外のプロバイダではキャッシュバックが受け取れる時期まで(1年以上)そのことをずっと覚えておく必要があります。

忘れてしまうとキャッシュバックは0円となってしまいます。

確かにキャッシュバック金額はどこもだいたい3万円以上とその手続を面倒さや覚えておく労力に見合う価値はあると思います。

ですが、やはり契約開始から何も考えずにBIGLOBEやSo-netなどと同等レベルにお得に使いたいという人もいるでしょう。

そういう人にはBroad WiMAXがベストな選択肢となります。

Broad WiMAXなら月額料金がBIGLOBEやSo-netなどよりも大幅に安いので、3年間の利用では遜色ないくらいに安く、またそれを過ぎたあたりから他のプロバイダよりもどんどんとお得になっていきます。

長く使えばそれだけ他よりも安くWiMAXを利用できるということです。

Broad WiMAXは楽にお得にWiMAXを使いたいという人にはぴったりなプロバイダなのです。

また、ルーターの発送も契約したら即日なので、翌日には使えるようになるのがうれしい点です。

急ぎですぐ使いたい人や待つのがダルいという人にはぴったりです。

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

初期費用無料など、Web限定割引キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

【2018年4月版】今月のお得なキャンペーン情報まとめ

Broad WiMAXなら月額料金が常に超お得!

Broad WiMAXはキャッシュバックキャンペーンが無いプロバイダですが、その代わり月々の支払料金がとても安く設定されています。

たとえ他のプロバイダのようなキャッシュバックが無くとも、WiMAXの基本的な契約期間である2年間使用すると仮定すると、キャッシュバックのあるプロバイダとほとんど同じくらいのお得さです。

しかも月額料金が永久に他のプロバイダよりも1ランク安いので、2年を過ぎた後からはBroad WiMAXが断トツでお得なプロバイダとなります。

キャッシュバック受け取り手続きや受け取りに1年以上待つのがが面倒な人にぜひおすすめなプロバイダです。

Broad WiMAXのキャンペーン、キャッシュバック詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーン適用されるWEB限定申し込みページ↓
Broad wimax

GMOとくとくBB キャッシュバック最大40,800円キャッシュバックキャンペーン中!

WiMAXプロバイダの中でキャッシュバック金額が一番高いのが「GMOとくとくBB」です。

ルーターごとに少しだけキャッシュバック金額が異なることに注意しましょう。

今月は

  • 「W05」・・・2年プラン:32,300円、3年プラン:40,900円
  • 「W04」・・・2年プラン:33,100円、3年プラン:32,600円
  • 「WX04」・・・3年プランのみ:40,900円
  • 「WX03」・・・2年プランのみ:34,100円
  • 「HOME L01s」・・・2年プラン:32,100円、3年プラン:36,200円

となっています。

キャッシュバック受け取りに注意が必要なのが難点ですが、それ以外はお得さ満点なので、極限まで安くWiMAX 2+を使いたいという人にはうってつけなプロバイダです。

とくとくBBのキャンペーン、キャッシュバック詳細:「GMOとくとくBB」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーン適用されるWEB限定申し込みページ↓

BIGLOBE 最大15,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

現在BIGLOBEではキャッシュバックが最大15,000円となっています。

ほぼ確実に受け取れるので最高15,000円と少なめですがうれしいですね。

BIGLOBEのキャンペーン、キャッシュバック詳細:「BIGLOBE」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーン適用されるWEB限定申し込みページ↓

~末尾コラム~ 気になる人向け 口コミ・評判なども

プロバイダ比較や選び方に関して直接関わりがあるわけではないですが、

といったWiMAXの補足的な部分に答えるコラムを用意しました。

別に読まなければいけないものではないのでページの最後にコラムという形で掲載しておきます。

興味のある方だけ読んでください。

【コラムその1】WiMAX・WiMAX2+現ユーザーの感想・口コミ・評判

WiMAX・WiMAX2+って実際使っているユーザー的にはどんな使用感なのか、いろいろな意見を集めました。

【随時更新】契約する前に知っておきたいWiMAXのネットの評判・口コミまとめという記事の抜粋となっています。この記事では、より詳しくWiMAXの現状を生のユーザーの声を通して知ることができます。また、それらの感想や口コミに対して筆者の補足などを盛り込み、より正確に「WiMAXって実際の所どうなの?」思っている人にWiMAXのことが分かるようにしています。

【コラムその2】WiMAX・WiMAX 2+は本家UQ WiMAXよりもプロバイダのキャンペーンから申し込む方が断然お得でオススメな理由

ちょっと長めなので閉じています。読む人は開いてください。

【コラムその3】お得に使いたいなら家電量販店よりもインターネットからプロバイダのキャンペーンに申し込む方がお得

ちょっと長めなので閉じています。読む人は開いてください。

【コラムその4】WiMAX 2+の3日10GB制限は大丈夫か?

ちょっと長めなので閉じています。読む人は開いてください。

【コラムその5】クレードルとは?必要なのかどうか?

ちょっと長めなので閉じています。読む人は開いてください。

【コラムその6】3年契約のLTEオプション無料プランは果たしてお得なのか?

ちょっと長めなので閉じています。読む人は開いてください。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX(当サイトからの申込数および人気No.1)

Broad wimax

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバック特典は受け取るのに利用開始から1年以上待つ必要があるうえ、手続しなければならないので意外と面倒です。そして、手続きし忘れるとキャッシュバックが1円ももらえないため、多くのユーザーから不評をかっています。

Broad WiMAXはそのようなことは一切なく、「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。そして3年間を過ぎたら他のキャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。そして最新機種のルーターでもその料金体系は変わらないのでお得感があります。

契約して即日発送なのは、プロバイダの中では一番早くうれしい。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。初期費用割引等、普通に契約する場合と同じキャンペーンにプラスして違約金0円で乗り換えられるうれしいサービスです。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

2位:So-net モバイル WiMAX2+

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感がグッドです。

実質的に2年プランはなくなり(割引特典なし、キャッシュバックなし)3年プランのみとなりました。ただ、サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダです。

サポートオプションに関しては、初心者用のパソコンやインターネットにまつわる疑問を解消する「安心サポート」、インターネット機器の水濡れや破損に加え自宅の水廻り・カギ・ガラスなどの生活トラブルを特別価格で受けられるサポートが一体になったお得な「くらしのお守りワイド」、「セキュリティオプション」などサポートオプションの種類と中身が充実しています(しかもオプション料は他のプロバイダのより安いか同等)

3位:DTI WiMAX 2+

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

DTI WiMAX2+は月額料金が安く、安心サポートオプションも他より安く、今なら2ヶ月無料

Broad WiMAXと同じように他のプロバイダに比べシンプルな料金体系で分かりやすくお得なプロバイダです(キャッシュバック特典はありません)。3年プランの3年間の合計料金こそ、そこそこですが、3年1ヶ月目~は他より400~700円安い月額料金で長く使う方なら一番お得に使えるのがDTIの特徴です

また、「DTI Club Off」という会員限定の特典サービスがDTI WiMAX2+を契約した人にはもれなく付いてくるのも他にはないメリット。「DTI Club Off」は宿泊・レジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食が特別優待価格になるなどアウトドア派に嬉しいサービス。

また、DTIなら公衆無線LANアクセスサービス「au Wi-Fi SPOT」を無料で利用することができます。この2つは、外で使えるWiMAX2+とも相性バツグンの特典です。外でおもう存分お得にインターネットも食事も買い物も楽しみたいならDTIがオススメです。