WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選

WiMAX(ワイマックス)プロバイダおすすめキャンペーン5選!絶対に損しない・失敗しないプロバイダ全社比較と契約方法

【2019年5月18日更新】

Broad WiMAXが春の学割キャンペーンを実施中です。

Broad WiMAXの春の学割キャンペーン内容の概要

学生であればWiMAXのトータル料金が6,165円お得になるキャンペーンです。

春の学割キャンペーン詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

公式ページ:Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

【2019年5月最新】WiMAX(ワイマックス)比較!プロバイダおすすめキャンペーン5選と人気ランキング

WiMAX(ワイマックス)のプロバイダキャンペーン比較はたいへんですよね・・・

WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+のプロバイダ比較でどこにしようか悩む様子

WiMAX(ワイマックス)を契約しようと思ったけど、申し込めるプロバイダ(事業者)やキャンペーンがありすぎて、どこもサービス内容や料金が少しずつ違っていたり、キャッシュバックや月額料金割引、Amazonギフト券などの特典もあったり、比較も難しい・・・

はぁ、一体どこにしたらいいの??・・・

WiMAXを申し込めるプロバイダは25社以上とたくさんあって、比較するのが難しいです。

何も考えず契約してしまうと、トータルで2~3万円損してしまうこともあります。それは避けたいですよね。

そこで、当サイト(GetWiMAX.jp)ではそんな思いに答えるために、

2019年5月のWiMAXプロバイダの最新キャンペーン情報をもとに、徹底的にWiMAXのプロバイダやキャンペーンを比較し、「WiMAXのおすすめプロバイダ」を紹介します。

WiMAX(ワイマックス)おすすめプロバイダキャンペーンの選び方3ステップ・比較方法

WiMAX比較の案内

WiMAXの契約で失敗しないためには、以下の3つのステップで正しくプロバイダを比較していくことが大事です。

この記事ではこのWiMAX比較3ステップに沿ってWiMAXのおすすめなプラン、プロバイダ、ルーターを解説していきます。

時間がない人用に、結論として3ステップに入る前に「WiMAX契約おすすめプロバイダ人気ランキング」を掲載しています。

時間が無い人はランキングだけでWiMAXプロバイダを選んでも問題ありません。

納得してからWiMAXを契約したい場合はWiMAXの選び方3ステップをご覧ください。

以下は、この記事の項目別のページ内リンクです。適宜活用してください。

WiMAX(ワイマックス)プロバイダおすすめランキング【2019年3月時点】

おすすめWiMAXプロバイダを5つランキング形式で紹介

+ このランキングで考慮した内容

  • 月額料金の安さ
  • プロバイダの人気度(ユーザーからの評判・評価)
  • キャッシュバック金額と受け取りやすさ
  • サポートの充実度
  • プロバイダの信頼度
  • 発送の速さ

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になるキャンペーンも行っています。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

現在So-netは月額料金割引キャンペーンを継続中で、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円と安くなっています。キャッシュバックキャンペーンが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろ楽に以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金ではキャンペーンにより最安クラスになり、お得に安心して使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるキャンペーンも行っています。

So-net契約体験レポートはこちら→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:GMOとくとくBB WiMAX2+


1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,056円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

4位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの30,000円でいうことなし。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

5位:BIGLOBE WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,413円、3,576円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、WX04、WX03、L02、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

BIGLOBEは口座振替で支払える数少ないプロバイダです。BIGLOBEは普段使っているメールアドレスに手続きの通知が届くので見逃しにくく、キャッシュバックを受け取りやすいようになっています。キャッシュバックキャンペーンの金額も高く月額割引キャンペーンもやっていますが、そのどれも特化したプロバイダより劣るためおすすめ度は低いです。BIGLOBは老舗プロバイダでサポートなど運営に安心感あるのと会員ページが使いやすいのが利点です

WiMAX比較の3ステップ

それでは、WiMAX比較していきましょう。

  1. 契約するプランを決める
  2. プロバイダ(キャンペーン)を決める
  3. ルーターの機種を決める

の順番でWiMAXプロバイダを選べるよう徹底比較していきます。

ステップ1:契約するプランを決める|WiMAXプラン比較とおすすめプラン紹介

まずはWiMAXのプランを比較します。

WiMAXの2つのプランを比較

WiMAXには、

  • 月額3,696円、ひと月のデータ使用量が7GBまでの「通常プラン」
  • 月額4,383円、ひと月のデータ使用量が無制限の「ギガ放題プラン」

の2種類のプランがあります。

WiMAXの契約は「ギガ放題プラン」がおすすめ

  • 通常プラン:データ使用量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がある
  • ギガ放題プラン:データ使用量の月間制限がないため、制限を気にせずインターネットを利用できる

2つのプランの特徴は上記の通りで、現在のWiMAX利用者の90%以上が「ギガ放題プラン」を選んでいます

「通常プラン」の月額料金は3,696円で「ギガ放題プラン」は4,383円ですが、「ギガ放題プラン」の場合多くのプロバイダが割引キャンペーンキャッシュバックキャンペーンを行っており、実質料金・価格は3,200円程になります。

「通常プラン」もキャンペーンにより実質料金は2,800円程になりますが、7GBでは動画は4.5時間しか見られないので、容量はすぐに上限に達してしまいます。容量無制限の「ギガ放題プラン」に比べるとコストパフォーマンスが悪いです。参考までにデータ容量7GBでできることは以下の通りです。

動画視聴 約4.5時間
ホームページ閲覧 約7,200ページ(サイトにより前後します)
メールの送受信 約268万通
音楽のダウンロードおよびストリーミング 約250曲
音声通話 約3400時間
ビデオ通話 約280時間

動画を見たり、SNSで写真や動画をアップロードするなど、ある程度ネットを使う人は、ギガ放題プランにすることをおすすめします。

反対に、動画をほとんど見ないという人は通常プランのほうが料金的にお得です。通常プランを最初に選んでも、後から月ごとに通常プランとギガ放題プランを切り替えることもできます。

ただし切り替えた場合はキャンペーンを受けられないデメリットもあるので注意は必要です。

ステップ2:プロバイダを決める|WiMAXプロバイダ比較とおすすめプロバイダ紹介

WiMAXプロバイダ比較2018年最新版

契約するプランを決めたら、次はWiMAXのプロバイダを比較していきましょう。おすすめのプロバイダはどこでしょうか。

WiMAXプロバイダ毎の実質月額料金・価格を比較!

WiMAXは現在、すべてのプロバイダが3年契約なので、3年間の合計金額で比較します。

3年間契約を継続すると仮定して、3年間(利用開始月を入れて37ヶ月分)の総額1ヶ月の実質的な月額料金・価格を算出してみたランキング結果が以下の合計金額比較表になります。

計算方法

  • 「37ヶ月分の合計月額料金」ー「キャッシュバック金額」= 3年間の総額
  • 3年間の総額」÷ 37 = 1ヶ月の実質料金・価格

利用開始月に日割り計算があるプロバイダは利用開始月を半月分の金額で計算しています。

ルーターの機種によって、キャッシュバック金額が異なるプロバイダは最新機種を選んだ場合の金額で計算しています。

順位 1ヶ月の実質料金・価格
ギガ放題 通常プラン
1位:JP WiMAX 3,140円
(3年総額:116,200円
2位:GMOとくとくBB 3,296円
(3年総額:121,965円
2,645円
(3年総額:97,874円
3位:Broad WiMAX(春の学割キャンペーン) 3,346円
(3年総額:123,824円
4位:Nifty WiMax 3,384円
(3年総額:125,240円
2,760円
(3年総額:102,120円
5位:BIGLOBE WiMAX 2+(キャッシュバック) 3,413円
(3年総額:126,310円
2,784円
(3年総額:103,020円
6位:Smafi WiMAX  3,492円
(3年総額:129,240‬円
7位:Broad WiMAX 3,513円
(3年総額:129,989円
2,689円
(3年総額:99,499円
8位:So-net WiMAX2+ 3,522円
(3年総額:130,320円
2,938円
(3年総額:108,720円
9位:カシモWIMAX(最安級プラン) 3,523円
(3年総額:130,368円
 2,923円
(3年総額:108,168円
10位:BIGLOBE WiMAX 2+(月額割引) 3,576円
(3年総額:132,310円
2,894円
(3年総額:107,100円
11位:hi-ho WiMAX(月額割引) 3,610円
(3年総額:133,570円
11位:カシモWIMAX(新端末プラン) 3,623円
(3年総額:134,048円
3,022円
(3年総額:111,848円
12位:DTI WiMAX2+ 3,630円
(3年総額:134,315円
3,500円
(3年総額:129,500円
13位:hi-ho WiMAX(キャッシュバック) 3,806円
(3年総額:140,850円
14位:novas WiMAX 3,807円
(3年総額:140,880円
3,501円
(3年総額:129,564円
15位:UQ WiMAX 4,243円
(3年総額:157,008円
3,696円
(3年総額:136,752円
参考:プロバイダ各社の月額料金比較表(ギガ放題プラン、通常プラン対応)

WiMAXプロバイダの月額料金・価格比較

プロバイダ毎の詳細な月額料金・価格とキャッシュバック金額を比較表にしました。

WiMAX「ギガ放題」プランの各プロバイダの月額料金・価格の比較一覧表

WiMAXは利用開始月から更新月が来るまでの37か月間でプロバイダによって料金が異なります。

以下の表はWiMAXの主要プロバイダの月額料金一覧です。

合計金額の比較は後ほど行います。まずはどのプロバイダがどういう料金体系になっているかざっと眺めて比較してみましょう。

表が横幅に収まりきらない場合、横にスクロールできます

プロバイダ 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25~36ヶ月目 37ヶ月目~
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 2,726円の日割り 2,726円 3,411円 4,011円 4,011円
Broad WiMAX(春の学割キャンペーン) 2,726円の日割り 2,726円 3~12ヶ月目:2,726円、13~24か月目:3,411円 4,011円 4,011円
GMO とくとくBB 3,690円の日割り 3,609円 4,263円 4,263円 4,263円
GMOとくとくBB(月額割引) 2,170円の日割り 2,170円 3,480円 3,480円 4,263円
So-net WiMAX2+ 0円 3,620円 3,620円 3,620円 4,379円
BIGLOBE WiMAX2+(月額割引) 0円 3,620円 3,620円 3,620円 4,380円
BIGLOBE WiMAX2+(キャッシュバック) 0円 3,695円 4,380円 4,380円 4,380円
DTI WiMAX2+ 0円 1ヶ月目0円、2ヶ月目2,590円 3,760円 3,760円 3,760円
Nifty WiMax 0円 3,670円 4,350円 4,350円 4,350円
カシモWIMAX(最安級プラン) 0円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目3,480円 3,480円  4,079円 4,079円
カシモWIMAX(新端末プラン) 1,380円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目3,580円 3,580円  4,079円 4,079円
UQ WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
JP WiMAX 2,800円の日割り 2,800円 3,500円 4,100円 4,100円
Smafi WiMAX 0円 3,590円 3,590円 3,590円 4,263円
hi-ho WiMAX(月額割引) 2,980円の日割り 2,980円 ~5ヶ月目:2,980円 6ヶ月目~:3,780円 3,780円 4,300円
hi-ho WiMAX(キャッシュバック) 3,780円の日割り 3,780円 ~12か月目:3,780円 13か月目~:4,000円 4,300円 4,300円
novas WiMAX 0円 2,780円 3,980円 3,980円 4,380円

So-netとBIGLOBEは会員料として月200円かかります。表の数字は会員料を含んだ金額になっています。すでにSo-netやBIGLOBEの他の回線(光回線、ADSLなど)を利用していて会員になっている人は、この料金は新たに発生しないので、WiMAX2+の料金は表から200円引いた金額になります。

プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25~36ヶ月目 37ヶ月目~
BIC WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,880円 4,880円
YAMADA Air Mobile WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,880円
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ 3,991円 3,991円 3,991円 4,730円 4,730円
エディオン WiMAX2+ 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
FUJI Wifi(WiMAX) 2,980円 2,980円 2,980円 2,980円 2,980円
KT-WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
ASAHIネット WiMAX2+ 4,290円 4,290円 4,290円 4,290円 4,350円
DIS Mobile 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
PC DEPOT 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
Pilina WiMAX 2+ 4,195円 4,195円 4,195円 4,195円 4,195円
比較してみると月額料金・価格はキャッシュバック無しプロバイダが安い

WiMAXのプロバイダのキャンペーンは大きく分けて、キャッシュバック有りで月額料金は高いパターンとキャッシュバックなしで月額料金が安いパターンの2種類があります。

月額料金だけで見るとキャッシュバックキャンペーンが無く、月額料金割引で勝負している「Broad WiMAX」と「So-net」、「DTI」が頭1つ抜けて安いですね。

とくとくBBの月額料金割引キャンペーンも金額だけはとても安いです。

キャッシュバックキャンペーン有りの「とくとくBB」や「BIGLOBE」、「Nifty」などのプロバイダは月額料金が高く設定されています。

本家本元の「UQ WiMAX」はキャッシュバックキャンペーンもプロバイダより少なく、月額料金も高く設定されています。そのため、本家の安心感以外に選ぶ理由はないです。

WiMAX「通常(7GB)プラン」の各プロバイダの月額料金・価格比較一覧表

表が横幅に収まりきらない場合、横にスクロールできます

プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25~36ヶ月目 37ヶ月目~
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 2,726円の日割り 2,726円 2,726円 2,726円 3,326円
GMO とくとくBB 3,609円の日割り 3,609円 3,609円 3,609円 3,609円
GMOとくとくBB(月額割引) 2,170円の日割り 2,170円 2,690円 2,690円 3,609円
So-net WiMAX2+ 0円 3,020円 3,020円 3,020円 3,695円
BIGLOBE WiMAX2+(キャッシュバック) 0円 3,695円 3,695円 3,695円 3,695円
BIGLOBE WiMAX2+(月額割引) 0円 2,975円 2,975円 2,975円 3,695円
DTI WiMAX2+ 3,500円 3,500円 3,500円 3,500円 3,500円
Nifty WiMax 0円 3,670円 3,670円 3,670円 3,670円
カシモWIMAX(最安級プラン) 0円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目2,880円 2,880円 3,379円 3,379円
カシモWIMAX(新端末プラン) 1,380円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目2,980円 2,980円 3,379円 3,379円
UQ WiMAX 3,696円 3,696円 3,696円 3,696円 3,696円
JP WiMAX - - - - -
Smafi WiMAX 0円 3,017円 3,017円 3,017円 3,609円
novas WiMAX 0円 3,599円 3,599円 3,599円 3,599円

「通常(7GB)プラン」は基本的に通信量に対する月額料金が割高です。どのプロバイダもその傾向は変わりません。

しかし、月に7GBまでで充分な人にとってはギガ放題より安く契約できるのでおすすめです。

「通常(7GB)プラン」を契約するなら、とくとくBBの月額料金割引キャンペーンが一番安いため、おすすめです。

とくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの方は、受け取りできるかどうかが不安定なのであまりおすすめはできません。

長く使うなら37~以降の金額が一番安いBroad WiMAXがおすすめです。

参考:プロバイダ各社のキャッシュバック金額比較表(ギガ放題プラン、通常プラン対応)

WiMAXプロバイダのキャッシュバック金額の比較

WiMAXプランのキャッシュバック金額の比較表

この比較表の金額は最新機種であるW06,WX05を選んだ場合の金額となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT WX05のデザインとカラーの名称

キャッシュバック金額はどのプロバイダも「ギガ放題」「通常(7GB)」プランで共通となっているので、キャッシュバックキャンペーンについてはこの表だけ見ればOKです。

プロバイダ名 キャッシュバック金額
GMOとくとくBB 32,000円
GMOとくとくBB(月額割引) なし(0円)
Nifty WiMax 30,000円
BIGLOBE WiMAX 2+(月額割引) なし(0円)
BIGLOBE WiMAX 2+(キャッシュバック) 30,000円
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) なし(0円)
So-net WiMAX2+ なし(0円)
カシモWIMAX なし(0円)
UQ WiMAX WX05:8,000円、W06:3,000円
DTI WiMAX2+ なし(0円)
JP WiMAX 17,000円(Amazonギフト券)
Smafi WiMAX なし(0円)
hi-ho WiMAX(月額割引) なし(0円)
hi-ho WiMAX(キャッシュバック) 6,000円
novas WiMAX なし(0円)
プロバイダ名 キャッシュバック金額
BIC WiMAX なし(0円)
YAMADA Air Mobile WiMAX なし(0円)
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ なし(0円)
エディオン WiMAX2+ なし(0円)
FUJI Wifi(WiMAX) なし(0円)
KT-WiMAX なし(0円)
ASAHIネット WiMAX2+ なし(0円)
DIS Mobile なし(0円)
PC DEPOT なし(0円)
Pilina WiMAX 2+ なし(0円)
プロバイダを比較してみるとキャッシュバックキャンペーンで勝負するプロバイダの金額が高額な傾向になっている

先ほども言いましたが、現在WiMAXのプロバイダでは月額料金割引キャンペーンに力を入れるところと、キャッシュバックキャンペーンに力を入れるところに、二分されています。

とくとくBBNiftyBIGLOBEなどはキャッシュバックに力を入れており、その金額も3万円以上と高額です。

これまではキャッシュバック特典を主軸にしているプロバイダはとくとくBBがずば抜けて金額が高かったですが、最近は他のプロバイダと同じぐらいの金額となっています。

JPWiMAXは比較的新しいプロバイダで、キャッシュバックキャンペーンで現金の代わりにAmazonギフト券を用意しています。Amazonギフト券なので現金よりも早く受け取れるようになっており、17,000円の内10,000円を契約後すぐに受け取ることができるようになっています

安いだけでは良いプロバイダとは限らない!?キャッシュバックキャンペーンの落とし穴

総額が安いだけのプロバイダにするのは、あまりおすすめできません。

なぜなら、キャッシュバックキャンペーンは契約者の20~30%の人しか受け取れないからです。

70%以上の人はキャッシュバックが受け取れず、月額料金割引のプロバイダと比較して高い月額料金を支払い、WiMAXを使用しています。

キャッシュバックキャンペーンの受け取り率が低い理由は「WiMAXのキャッシュバックが0円に!?お得なプロバイダには注意が必要!」に詳しく書きましたが、ここでも簡単に解説すると、以下の点が上げられます。

キャッシュバックキャンペーンの注意ポイント

  1. 受け取れるのは契約から1~2年後(それまで継続利用必須)
  2. 途中解約ではキャッシュバックが受け取れない
  3. 手続き期間が限定的(お知らせメールが来てから1ヶ月間)
  4. お知らせメールが普段使うメールアドレスに来ない(契約時強制的に作られるアドレスに送信される)
  5. その上宣伝メールに紛れていて分かりにくい
  6. 手続きが意外と面倒

このような要因が受け取り率を大幅に下げています。特に受け取りまで契約からかなり時期が空いてしまうので忘れてしまう人が多いようです。

キャッシュバックありプロバイダは基本的にキャッシュバックを受け取りにくい仕様にしています。

では、WiMAXのプランはどのプロバイダがおすすめなのか

おすすめWiMAXプロバイダ

の2つが今現在おすすめのプロバイダです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめな理由

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はキャッシュバックではなく月額料金割引に力を入れている

Broad WiMAXの2019年2月以降のキャンペーン内容

とくとくBB、BIGLOBE、Nifty等キャッシュバックが多いプロバイダでも、きちんとキャッシュバックが受け取れるのであれば、それらのプロバイダでも良いでしょう。

しかしキャッシュバックが受け取れなければ、ただ月額料金が高いだけのプロバイダとなってしまいます。

しかもキャッシュバックの受け取り手続きができる時期までに解約してしまったらキャッシュバックも受け取れず、高い違約金も払わなければいけません。

キャッシュバックキャンペーンは金額が高ければ高いほど、受け取り手続きを忘れた時のリスクが大きいです。

なので金額よりも、プロバイダの信頼性や手軽さなどが重要になってきます。

その点、Broad WiMAXはキャッシュバックキャンペーンがなく、そのかわりに月額料金を安くしているプロバイダなので、手続きなしで契約開始直後から何も考えずに安心して手軽にお得に使えます。

WiMAXのプロバイダ選択ではBroad WiMAXが失敗しない選択肢となります。

また、Broad WiMAXは更新月以降(3年~)の月額料金が一番安いです。(他のプロバイダよりも300円ほど安い)

長く使えば使うほどお得度が増していくプロバイダです。長く使う(3年~)可能性のある人はBroad WiMAXが一番お得なプロバイダにもなります。

そのほかにも即日発送、契約当日にルーターを受け取れる店舗受け取りサービスを行っていたり、契約後8日以内なら違約金(解約金)なしで契約をキャンセルできるようにもなっており、細かいところにも気を配ったサービスを行っており安心して契約しやすいプロバイダです。

現在Broad WiMAXでは「春の学割キャンペーン」を実施中で、18~25歳の学生もしくはその両親名義で申し込むと3年間の合計金額が通常よりも6,165円安くなります。大学生の一人暮らし新生活にとてもおすすめです。

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

Web限定特典有り!Broad WiMAXの申込み先はこちら

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad wimax

現在「So-net」も「Broad WiMAX」と同じくらいにおすすめ

So-netも月額料金割引に力を入れている

現在So-netは受け取り不安定なキャッシュバックキャンペーンを廃止し、月額料金割引でキャンペーンを行っています

so-netの2019年2月以降のキャンペーン内容

Broad WiMAXと同様、キャッシュバックの面倒な手続きも必要なく、かつお得にWiMAXを利用できるようになりました

3年間の総額が安くサポート込みでは最安になるためおすすめ

3年間の総額はBroad WiMAX同様の安さで、キャッシュバック特典がないため、手続きが必要なく簡単にお得なキャンペーンが受けられます。

しかもSo-netはサポートオプションもキャンペーンにより12ヶ月無料になり、それによりサポートオプション料金込みであれば全プロバイダ中最安でWiMAXを使えます。

so-netサポートオプションキャンペーン詳細

また、22ヶ月以降無料でルーターを最新機種に交換することができるのも長期的に使う人にとってはうれしい特典です。

So-netかBroad WiMAXにすればWiMAX契約で失敗しない

今現在(2019年5月)WiMAXを契約するなら「So-net」と「Broad WiMAX」の2強と言っても良いでしょう

どちらにするかは最後は自分に合った方を選んでください。

どちらを選んでも失敗しません。

今キャッシュバックに注目するのはあまり良い選択とは言えません。

キャッシュバックを1年後に確実にもらうために、頑張ってWiMAXのキャンペーンやキャッシュバックのことを覚えておくのは正直疲れます

しかし、So-netとBroad WiMAXのようなキャッシュバックなしで月額料金割引を重視しているプロバイダならば何もせずとも毎月安くWiMAXを使い続けられます。

「3年契約」プランではBroad WiMAX同様、So-netも1番おすすめなプロバイダと言えるでしょう

So-netのサービス内容詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

So-netを実際に契約して使ってみた→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

Web限定特典有り!So-net WiMAX2+の申込み先はこちら

So-net モバイル WiMAX 2+

JP WiMAXは安いがサポートや解約金等サービス内容に重大な欠点あり

JP WiMAXの注意点

JP WiMAXは実質料金が安く設定されていますが、その安さの裏にはいろいろとデメリットがあります。

具体的には以下のようなデメリットがあります。

  • 発送の連絡が来るのに1週間以上かかる(機種や在庫状況によっては平気で1ヶ月以上かかることも)
  • auスマートバリューmineが適用されない
  • 他社よりも解約金が超高額
  • 2年以内に解約する場合、端末の返却が必須
  • サポート体制が悪い
  • 選べる機種が少ない

JP WiMAXは発送が遅く1週間以上かかります。また、在庫状況によっては1か月以上待たされることもあります。そして、その間特に連絡がなかったりします。

WiMAXを契約する人の大きなニーズとして「契約後2,3日で届いて開通できる」というものがあります。固定回線よりも導入が簡単だから契約したのに、固定回線よりも開通が遅かったら何の意味もないですよね。

JP WiMAXはauスマートバリューmineが適用されません。auスマホを持っている人は他のプロバイダで契約したほうが、確実に通信費合計の出費が減ります

JP WiMAXは解約金が全プロバイダ中、断トツのナンバーワンの高さで、普通のプロバイダよりも全期間で10,000円以上高いです。

解約金については当ページの「WiMAXプロバイダの解約金比較」の項目で行っています。

また、2年以内に解約すると端末を返却する必要があります。返却できなければ「端末違約金=契約月残数×1,600円」がかかります。

電話サポートの評判も悪く、Twitterなどでもサポート関係の不満が多いです。

あと、補足の注意点として、JP WiMAXは契約直後にもらえるキャッシュバックは10,000円分だけで、現金ではなくAmazonギフト券ということもおさえておきましょう。

残りの7,000円分のAmazonギフト券は契約から1年後で手続きも別途必要と他のキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダと変わりません。

なのでJP WiMAXも他プロバイダのキャッシュバックキャンペーンと同様に、7,000円分については受け取り手続きを忘れてしまう可能性が高いことを知っておいてください。

などなど、プロバイダとしての基本的なサービスが提供できてい可能性が高いです。

料金は安いですが、おすすめかと問われれば、現時点ではおすすめではないといわざる負えません。

新しいプロバイダなのでサービス改善を期待しますが、おそらく改善した場合、人件費等コストがかかるので、今のような安い料金は維持できないのではないかと思われます。

やはり、長年サービスを続けている信用のおけるプロバイダを選ぶことをおすすめします。

当サイトでは Broad WiMAX So-net モバイル WiMAX2+ をおすすめします。

GMOとくとくBBは月額料金割引キャンペーンも行っている

キャッシュバック特典のせいで不評なとくとくBBですが、月額料金割引キャンペーンも行っています

サポート体制などはSo-netにはかないませんが、料金が安いため、キャッシュバック受け取りが不安な方におすすめのキャンペーンです。

キャッシュバックに関するやり方から、プロバイダとしてはあまりおすすめしませんが、安さだけはピカイチです。

更新月以降の月額料金は4,263円と他のプロバイダよりも高いので、長期間WiMAXを使用しようと考えている人は注意しましょう。

とくとくBBのサービス内容の詳細:「GMOとくとくBB」サービス内容・キャンペーン情報

GMOとくとくBB月額料金割引キャンペーン申込み先はこちら

GMOとくとくBB月額料金割引キャンペーン

ステップ3:ルーターの機種を決める|WiMAXのルーター機種比較とおすすめ機種紹介

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーター比較

WiMAXルーターの機種もきちんと比較しましょう

プロバイダ比較の後はルーターをどれにするか決めなければいけません。

WiMAXではルーターの機種比較も超重要です。

きちんと比較して自分に合ったルーターを決めましょう。

WiMAXのルーターには2種類のタイプを比較

  • モバイルルーター
  • ホームルーター

WiMAXには上記の2種類のタイプの異なるルーターがあります。

モバイルルーターはバッテリーが内蔵され、持ち運びのできる小型のルーターです。外でもインターネットを使いたい人や一人暮らしの人ははこれを選びます。

ホームルーターは据え置き型のもので、光回線などの固定回線の代わりに家の中で使用するものです。バッテリーが内蔵されておらずコンセント接続で動きます。本体の大きさがモバイルWi-Fiルーターよりも大きく、その分だけWi-Fiが強力で一軒家でも家の中全体に電波を飛ばすことができます。回線工事が必要なく、月額料金が安いため光回線の代わりとして導入する人が増えています。

モバイルWi-Fiルーターとホームルーターは用途が違うためそれぞれ別のまとまりで比較を行っています。

WiMAXのモバイルルーター比較

現在最もおすすめなWiMAXのモバイルルーターは「WX05」

現在、最もおすすめなWiMAXルーターはWX05(正式名称:Speed Wi-Fi NEXT WX05)です。

Speed Wi-Fi NEXT WX05のデザインとカラーの名称

WX05のおすすめポイントは以下の通り。

WX05のおすすめポイント

  • バッテリー持ちがモバイルルーターの中で一番良い(一押しポイント)
  • ハイスピードプラスエリアモードを使わないエリアでは自動でハイスピードモードに切り替わる
  • WiMAXハイパワー機能により通信のパフォーマンスが向上
  • TXビームフォーミングとWウイングアンテナによる速度の向上
  • 通信速度も最速ではないが実用上全く問題ない充分な性能
  • その他スペックも高い

WX05は全てのスペックが高水準で総合力が高いです。

その中でも特にバッテリーの持ちは全機種ナンバーワンです。ワンタッチで行える「おまかせ一括設定」でバッテリーと通信速度のバランスを簡単に切り替えられます。

一日中外でインターネットを利用する必要がある人やバッテリーに余裕が欲しいという人にはぴったりのWiMAXルーターとなります。

WiMAXハイパワーに対応し、通信速度と電波のキャッチ力(りょく)が向上したことも魅力の一つです。建物内で使用してもつながりやすいです。

WiMAXハイパワーの効果

そして、WX05にはビームフォーミング機能とWウイングアンテナが搭載されており、スマホやPC、タブレットなどWi-Fi接続している機器に向けて電波の指向性を高める機能で、最大約30%の通信速度の向上が見込めます。

WX05のビームフォーミング機能とWX05クレードルのWウイングアンテナにより屋内での通信性能がアップする

総合的に見て現在WiMAXのルーターは「WX05」が一番おすすめな機種です。

製造がNECという日本の会社なのも安心しておすすめできるポイントです。

より詳しいWX05の解説:WX05のスペック・特徴・評判まとめ

選ぶべき2種のWiMAXモバイルルーターのスペックを表で比較

最初にWX05がおすすめと言いましたが、現在WiMAXではおすすめのモバイルルーターがWX05以外にもう一つあります。それはW06という機種です。

現状ではW06とWX05以外のモバイルルーターはこの2機種の下位互換となっているため、ここでは比較対象に含めません。

WiMAXのモバイルルーターを選ぶ際はWX05かもしくはW06を選ぶようにしましょう。

WiMAXの最新機種W06とWX05スペック比較表

表が横幅に収まりきらない場合、横にスクロールできます

機種名 W06 WX05
デザイン   WX05の外見
発売日 2019/1 2018/11
 重さ 125g 128g
 大きさ W128 ×H64 ×D11.9mm W111 ×H62 ×D13.3mm
SIM
サイズ
Nano Ic Nano Ic
下り最大通信速度 558Mbps
(LTE使用時867Mbps)
440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps
WiMAX2+
au4GLTE
最大連続通信時間 7時間10分
(ハイパフォーマンス) 
8時間10分
(おまかせ一括設定:通信速度を優先)
 11時間40分
(バッテリーセーブ)
14時間
(おまかせ一括設定:バッテリー持ちを優先)
10時間
(au 4G LTE)  
8時間
(au 4G LTE)
最大連続待受時間 800時間  700時間
バッテリー容量 3,000mAh
(取り外し可能)
3,200mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
16台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi)
3台
(Bluetooth)
 3台
(Bluetooth)
 メーカー HUAWEI NECプラットフォームズ

各ルーターのおすすめポイント

W06の一番のおすすめポイント:通信速度がWiMAXルーターの中で最速

WX05の一番のおすすめポイント:バッテリーの持ちがWiMAXルーターの中で最長

WiMAXモバイルルーター通信速度を比較

下り(ダウンロード)の速度はほとんど違いはありません。

W06のほうが通信速度のカタログスペックが良く圧倒的にW06のほうが良いみたいに書かれている解説サイトを多く見かけますが、W06の最高速度が出るのは一定の条件下でのみで、その方法は実用的なものではなく実際に利用することはまずありません。

実際に使う際は通常速度での利用となります。そして通常速度の場合はW06もWX05のどちらもほぼ同じ通信速度になります。体感で速度の違いを感じることはできません。

上り(アップロード)の速度については、WX05は30Mbps、W06は75MbpsとほうがカタログスペックではW06が2倍以上の数値となっています。

実際に使う場合、上りの速度は比較的W06のほうが少し速く感じることがありますが、その差は小さいです。

W06とWX05の2機種の通信速度の違いはほとんどない(体感できない)というのが結論です。

WiMAXモバイルルーターのバッテリー持ちを比較

WiMAXモバイルルーターのバッテリー比較は必須

外で使うことの多いWiMAXはバッテリーはとても重要な要素です。バッテリー切れでせっかくの利便性を失ってしまっては無線通信サービスの意味がありません。

なので、しっかりと比較していきましょう。

機種毎の3モードの連続通信時間を比較

3つのモードそれぞれについてルーター毎の連続通信時間を比較すると以下のようになります。

※W06とWX05以外の機種も掲載しています。

連続通信時間
機種/モード ハイパフォーマンス ノーマル(バランス) バッテリーセーブ(エコ)
W06 7時間10分 9時間 11時間40分
WX05 8時間10分 11時間30分 14時間
W05 6時間30分 9時間 10時間30分
WX04 8時間10分 11時間30分 13時間
W04 6時間30分 9時間 10時間30分
WX03 7時間20分 10時間 12時間20分

この数字はWi-Fiで機器と接続した場合のものです。Bluetooth接続だとこれよりも長持ちしますが、機種による優劣はWi-Fi時と同じです。

現時点でバッテリー持ちという観点からするとWX05に軍配が上がります。

バッテリー持ちに関してはWX05がおすすめとなります。

WiMAXで今おすすめなモバイルルーターはこれだ!

「WX05」か「W06」がおすすめ
W06の見た目

W06

WX05の見た目

WX05

  • バッテリーを重視するなら「WX05
  • 通信速度を重視なら「W06

がおすすめです。

この2機種以外も選べるプロバイダが多いですが、最新機種であるWX05とW06以外はスペックが低くおすすめしません。

WX05とW06を比較するなら「バッテリー持ち最強のWX05」、「通信速度最強のW06」となります。

当サイトではWiMAXはバッテリーのほうが重要だと考えているため、WX05をおすすめしています

上り速度の違いをどう考えるかですが、オンラインでの作業が多かったり、文章や画像その他データをアップロードする機会が多い方のみW06をおすすめします。

以上を重視し、最後は見た目などフィーリングで選んで良いと思います。

別にWX05ほどのバッテリーが必要ないなと感じたら、長く使うことになるので、好きなデザインの方を選んだほうが気分もいいです。

WX05やW06以外の全ルーターの比較はこちら

おすすめWiMAXモバイルルーター「WX05」と「W06」をお得に契約できるプロバイダのキャンペーンは?

最新機種を選ぶのにおすすめなプロバイダのキャンペーンはBroad WiMAXとSo-netがおすすめです。

どちらも、最新機種のルーターでも古い機種と同じキャンペーンが適用され、お得さが変わりません。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)サービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad wimax

So-net

So-netサービス内容の詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

So-net モバイル WiMAX 2+

WiMAXのホームルーター比較

ホームルーターの比較を知りたい人は以下の専用記事をご覧ください。

ホームルーターのみに絞ったルーター比較を行い、おすすめのホームルーターの紹介を行っています。

WiMAXのホームルーター全機種比較!L02、HOME 01、L01sではどれがおすすめ?

ここまでのWiMAX比較の3ステップまとめ

WiMAX比較の3ステップをまとめると、WiMAXを失敗せず契約するおすすめのプラン・プロバイダ・ルーターの組み合わせは、

  • プラン:ギガ放題プラン
  • プロバイダ: Broad WiMAX
  • ルーターの機種:WX05

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

となります。

この組み合わせでWiMAXを契約すれば失敗しません。

サポートオプションに加入する人なら So-net モバイル WiMAX2+ もおすすめの選択肢です。

ただ、WiMAXのプロバイダは料金以外にもそれぞれいろいろな特徴を持っています。

なので、そいった要素もプロバイダを選ぶ際の参考にしたいという人は、これ以降に記載している内容をご覧ください。

特に「WiMAXおすすめプロバイダ特徴別8選」では、主要なWiMAXプロバイダを特徴別に8つ紹介していますので、WiMAX比較だけではわからないプロバイダ毎のおすすめな点(強み)を知るのに良いと思います。

また、それ以外にもWiMAXのサポートオプションや解約金、キャンペーンの種類などについてもプロバイダ毎の比較も行っています。料金ほどではありませんが、人によってはプロバイダを選ぶのに大切な要素ですので参考にしてください。

WiMAXおすすめプロバイダ特徴別8選

自分のニーズ(利用シーン)に合うWiMAXプロバイダで契約したい人へ

ここからはWiMAX比較ではなく、おすすめのWiMAXプロバイダを紹介します。

料金以外の部分でWiMAXのプロバイダとそのキャンペーンにはどういった特徴があるのか知ったうえでプロバイダを決定したい人におすすめです。

以下のニーズに合った、おすすめのプロバイダをその特徴とともに8つ紹介します。

1.キャッシュバック受け取り手続きなんて面倒!気軽に安くWiMAXを使いたい + なるべく早くWiMAXを使いたいなら「Broad WiMAX」がおすすめ

月額料金割引のプロバイダではBroad WiMAXがおすすめです。

プロバイダのキャンペーンには普通キャッシュバックがありますが、受け取るには手続きが必要です。そして肝心の受け取りの手続きも利用開始から1年以上待たなければいけません。

忘れたらお得なキャッシュバックが全てパーなので、長い期間覚えておく労力が必要です

これが意外としんどいのです…。

メモしていたとしても貰える時期になったときには1年以上経っているので、緊急性が分からなくなっていたりして、気づいていても放置してしまいがちです。

放置していると、30日ほどしか受けとり手続き可能な期間がないので、貰える権利が消滅してしまう恐れがあります。

受け取り手続きの方法も普段使わない「契約後プロバイダから勝手に付与されたメールアドレス」に案内が届くため、面倒だし分かりにくいです。

キャッシュバックは確かにうれしいですが、こういったハードルがあるのも確かです。

今読んでいて「面倒そうだなぁ」「忘れてしまうかも」と思った人はキャッシュバックありプロバイダはやめたほうがよいでしょう。

そういう人には代わりに、面倒な手続き一切無しでもキャッシュバックありプロバイダと同レベルかそれ以上のお得さで使える「Broad WiMAX」がおすすめです。

Broad WiMAXはキャッシュバックキャンペーンがない代わりに、月々の基本料金が他のプロバイダよりかなり安く設定されています。

ギガ放題のプランなら

【Broad WiMAX月額料金体系】

プロバイダ名 利用開始月 1・2ヶ月目 3ヶ月目~24ヶ月目 25ヶ月目以降
Broad WiMAX 2,726円の日割り 2,726円 3,411円 4,011円

BroadWiMAX料金プラン

となっています。

普通のプロバイダの料金はというと↓のようになっていますので、いかにBroad WiMAXの月額料金が安いかがわかると思います。

【通常のプロバイダの月額料金体系】

利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目まで 25ヶ月目以降
0円 3,670円 4,380円 4,380円

Broad WiMAXは料金が安いおかげで毎月の支払いも少なくて済みますし、面倒なキャッシュバックの手続きも必要ありません。

他のプロバイダとの差額を36カ月分合計すると、だいたい30,000円ほどになります。

これは他のプロバイダで言えば30,000円キャッシュバックをもらえるということと同じになります。

WiMAXプロバイダの中でキャッシュバック金額を比較してみても、キャッシュバック有りのプロバイダと全く引けを取らないお得さです。

これだけでも結構な金額になりますが、Broad WiMAXは37ヶ月目以降もずっと他のプロバイダより安いので、長く使えば使うほどその差額は大きくなっていきます。

これから長くWiMAXを使う予定の人にはとてもお得なプロバイダです。

「キャッシュバック手続き」や、「もらえるまで1年以上覚えて待つ必要がある」のが面倒だと感じる人にもとてもおすすめです。

また、Broad WiMAXは即日発送なので最速で、申し込みの翌日にはルーターが家に届きます。

Broad WiMAXなら最短即日発送で全国送料無料!

  • 急用でなるべく早く使えるようにしたい
  • 急ぎじゃないけど遅いよりは早く届く方がうれしい

という方にもBroad WiMAXがおすすめです。

また、東京(渋谷、秋葉原)埼玉(大宮)、大阪(梅田)ならば即日受け取り可能なサービスもあるので急ぎの方にはこれ以上ない体制となっています。

現在「春の学割キャンペーン」実施中で、18~25歳の学生もしくはその両親名義で申し込むとトータル金額が通常よりも6,165円安くなります。新生活を始める大学生はチャンスです。

Broad WiMAXのサービス内容詳細:Broad WiMAXサービス・キャンペーンなどの詳細解説はこちら

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

初期費用無料など、Web限定割引キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad wimax

2.WiMAXプロバイダの中でサポートの充実・安さを求めるなら「So-net」がおすすめ

サポートで選ぶならSo-netがおすすめです。

サポートオプションの種類が他WiMAXプロバイダと比較するとSo-netが断然多いです。So-netでは24時間年中無休電話サポート受付も行っています。

サポートオプション料金も安く、かつオプション料12ヶ月無料キャンペーンも行っており、オプション加入時の実質料金は他プロバイダと比較してSo-netが最安になります。

「So-net」はSONYの関連会社でインターネットプロバイダ事業を始めて20年以上たつ老舗ブランドです。そういった意味で安心感もあります。

サポートで選ぶなら間違いなくおすすめのプロバイダです。

So-net詳細はこちら:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

So-net モバイル WiMAX 2+

3.@Niftyの回線サービスを利用しているなら「@Nifty WiMAX」がおすすめ

Nifty WiMAXなら契約から5ヶ月後にキャッシュバックがもらえるのでキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダの中では一番おすすめです。

キャッシュバックが貰える時期が契約後12ヶ月経過してからとなりました。

最短でもらえるプロバイダではなくなりましたが、キャッシュバック金額が高く、3年契約の合計金額もトップクラスに安いので、WiMAXプロバイダとしてはおすすめです。

@Nifty WiMAXは@Niftyの他の接続サービスを契約している場合、基本料金が共通でNifty WiMAX用に支払う必要がないため、実質的に毎月250円割引になります。

そのため、@Niftyの接続サービスを契約している人は一番安く使えるWiMAXプロバイダとなります。

Nifty WiMAX詳細はこちら:「Nifty WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

Nifty WiMax

4.キャッシュバックの受け取り忘れをしにくいWiMAXプロバイダを選ぶなら「BIGLOBE」がおすすめ

BIGLOBEは普段使用しているメールアドレスにキャッシュバック受け取りの案内がくるため、忘れにくいためおすすめです

BIGLOBE以外のプロバイダは契約時に与えられる会員専用のメールアドレスにキャッシュバックの通知が来ます。

そのアドレスは普段利用するものではないので気づきにくいのが難点です。

そしてその知らせに気付かず30~45日以上放置してしまうと、キャッシュバックを受け取る権利が消滅します

こういった事態を避けたい人でキャッシュバック特典ありのプロバイダを選ぶならBIGLOBEがおすすめです。

BIGLOBEサービス内容の詳細:「BIGLOBE」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

BIGLOBE

5.とにかくキャッシュバック金額が多くて最安なWiMAXプロバイダを求めるなら「とくとくBB」がおすすめ

キャッシュバック金額がプロバイダの中で一番高いGMOとくとくBBにするべきでしょう。

ただし、契約解除料が他のプロバイダより高いのに注意です

また、GMOとくとくBBはキャッシュバックが受け取れなかったという声が相当な割合で存在するプロバイダなので、受け取りに関してはしっかりと「見逃さない」「忘れない」という注意をしましょう。

損するかしないかが自分にかかっているプロバイダなので当サイトでは積極的にはおすすめはしていません。

もしも、申し込む際は自己責任でお願いします。

とくとくBBサービス内容の詳細:「GMOとくとくBB」サービス内容・キャンペーン情報まとめ

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

GMOとくとくBB WiMAX2+

6.アウトドア派に嬉しい特典で選ぶならDTIがおすすめ

DTIにはDTI Club OffというDTI会員だけのうれしい特典があります。アウトドア派の人におすすめプロバイダです。

特典「DTI Club Off」について

DTI WiMAX 2+を契約しDTI会員になると、会員限定の特典サービス「DTI Club Off」が利用できるようになります。

「DTI Club Off」は宿泊施設や遊園地などのレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、ホテルレスト ランや居酒屋の飲食代金などがDTI会員様限定の特別優待価格で利用できる、お得なサービスです。

例えば、国内約20,000軒のホテルや旅館が最大90%OFFになったり全国約700カ所の遊園地やテーマパークが最大75%OFFになったりするとてもお得なサービスです。

外でもインターネットが使えるWiMAX 2+ととても相性の良い特典なので、アウトドア派の人にはおすすめのプロバイダです。

DTIのサービス詳細:「DTI」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

DTI WiMAX2+

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

7.契約後即キャッシュバックが欲しいならJP WiMAXがおすすめ

即キャッシュバックが欲しいという欲張りな方はJP WiMAXがおすすめです。

キャッシュバック特典はたいてい契約後1年経過しないともらえる権利が与えられません。

Niftyのように5か月経過でもらえるプロバイダもありますが、それでも5か月かかります。

JP WiMAXなら時間経過せず契約後すぐにキャッシュバックがもらえます

ただし、JP WiMAXの場合は現金ではなくアマゾンギフト券にてキャッシュバックがもらえます。

アマゾンギフト券はアマゾンでの買い物に利用できるので、用途的には現金でもらう場合とほとんど変わらない便利さです。

キャッシュバックの受け取りが遅いのが嫌な人はJP WiMAXがおすすめのプロバイダとなります。

JPWiMAXのサービス詳細は→「JP WiMAX」サービス内容・キャンペーン詳細

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

JP WiMAX

8.シンプルさや分かりやすさを求めるならSmafi WiMAXがおすすめ

料金体系の分かりやすさや契約のしやすさを重視するならSmafi WiMAXがおすすめです。

月額料金はずっと変わらず3,590円。そしてキャッシュバックはなし。オプションなし。オプション加入不要。

と、とにかく契約して月額料金を払うだけというとても分かりやすいサービス内容になっています

シンプルであらゆるものをそぎ落としているだけではなく、「auスマートバリューmine」や「ギガMAX月割」などあると嬉しい割引はきちんと残してあります。

惜しむらくは37か月以降の料金が4,263円と他のプロバイダよりも高いところでしょうか。

Smafi WiMAXは公式サイトを見るのも面倒でとにかく分かりやすくサービス内容の見逃しのない契約がしたいという方に特におすすめのプロバイダです。

Smafi WiMAXのサービス詳細:「Smafi WiMAX」サービス内容・キャンペーン詳細

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

Smafi WiMAX

WiMAXサポートオプション、解約金、速度、キャンペーン等比較

ここからはWiMAXの比較3ステップでは拾いきれなかった、もうちょっと細かい部分のWiMAXプロバイダの比較を行います。

プロバイダを決めるのにそこまで重要な内容ではないですが、知っておいて損はないので「まだプロバイダ選びに悩んでいる」もしくは「プロバイダ決定の決め手が欲しい」といった人はぜひ読んでください。

比較の内容は以下のつです。ページ内リンクになっています。気になる項目をクリックしてお読みください。

WiMAXプロバイダのサポートオプションの比較|サポート体制・充実度・コスパを比較しておすすめはどこ?

WiMAXプロバイダでサポートオプションの充実度とコスパが一番良いのはどこか?比較してみると・・・

WiMAXのサポートで一番重要なのはWiMAXのルーターが故障したときに無料で新品と交換してくれるオプションです。通称安心サポートオプション

主要プロバイダの安心サポートオプションの料金は以下の通りです。

So-net WiMAX2+ 450円(12ヶ月無料、故障・破損・水濡れ対象、その他)
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 550円(故障・破損・水濡れ対象)
GMOとくとくBB 300円(故障・破損のみ対象)、500円(水濡れも対象)
BIGLOBE WiMAX2+ なし
Nifty WiMax なし
DTI WiMAX2+ 300円(2ヶ月無料、故障・破損のみ対象)、500円(水濡れも対象)
カシモWIMAX 300円(故障・破損のみ対象)

金額は300~550円の間にあります。

2種類あるプロバイダでは、安い方だと故障と破損のみサポート対象となるようです。そして高い方のオプションだと水濡れも対象になると言うのが全体的な傾向ですね。

では、どのプロバイダの安心サポートオプションが優秀なのでしょうか?

So-netが安心サポートオプションに関しては頭一つ抜けている

So-netだけは450円で故障・破損・水濡れはもちろんのこと、WiMAX端末だけでなく、生活のトラブル(鍵のトラブル、水回りのトラブル、窓ガラスのトラブルを特別価格にて対応してくれる)まで対象に入っています。

So-netのワイドなサポート対象

オプション名が「くらしのお守りワイド」というのですが、WiMAXの契約で入るオプションにしてはワイドすぎる気もしますね。

ただ、料金的にも他プロバイダの水濡れ対象オプションよりも安いのでこれはとてもお得なサポートオプションと言えるでしょう。

そしてなんとSo-netはこのオプションが12ヶ月無料です。なので、金額的にもどのプロバイダよりも安く内容も充実しています

そのためサポートオプションに加入すると仮定して、実質の月額料金を全WiMAXプロバイダで比較してみるとSo-netが最安になります。

また、So-netはそれ以外にも初心者用のPC(パソコン)やインターネットにまつわる疑問を解消する「安心サポート」、セキュリティに関するオプションなど充実しています。

また、1年中24時間電話サポートも行っており、サポート重視で選ぶならSo-net以外に選択肢はありえません。

So-netサポートオプション無料キャンペーン

サポート料金という面で見るとSo-netとDTIに「サポートオプション無料キャンペーン」があってお得です。

So-netのサポート12ヶ月無料キャンペーン

So-netサポートオプション12ヶ月無料キャンペーン概要

公式: So-net モバイル WiMAX2+

とくとくBBサポートオプション無料キャンペーン

とくとくBBもSo-netほどの期間ではありませんがサポートオプションの無料キャンペーンを行っています。

とくとくBBの安心サポート2か月無料キャンペーンの内容

公衆無線LANとインターネット安心セキュリティオプションの無料キャンペーン内容

公式: GMOとくとくBB

DTIの安心サポートオプション2か月無料キャンペーン

DTIも安心サポートオプションが2ヶ月無料になるキャンペーンを行っています。

公式: DTI WiMAX2+

WiMAXプロバイダの解約金(契約解除料)比較

WiMAXプロバイダの解約金(契約解除料)を比較すると、GMOとくとくBB以外差が無い

WiMAXプロバイダ毎に解約金の比較をしていきます。

結論を先に書いておくと、GMOとくとくBBを除いて、解約金に差はありません

WiMAXギガ放題のプロバイダ毎の解約金(契約解除料)比較

3年プランの場合の違約金詳細

通常のプロバイダ GMOとくとくBB JP WiMAX
  • 1年目:19,000円
  • 2年目:14,000円
  • 3年目:9,500円
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

  • 1年目:24,800円
  • 2年目:24,800円
  • 3年目:9,500円
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

  • 1年目:30,000円
  • 2、3年目:25,000円:
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

WiMAXは早期解約はどのプロバイダでも契約解除料が高いです。

特にとくとくBBは1~2年目(1~24か月目まで)の契約解除料が他よりも抜きんでて高く簡単に解約できないようになっています。

また、JP WiMAXはとくとくBBよりもさらに金額が高く設定されており、特に3年目でも25,000円かかってしまうというのはかなり解約しずらく、実質更新月以外の解約ができないようになっています。

このように、GMOとくとくBBやJP WiMAXは解約しづらくなっているので、契約する際は慎重に考えましょう。

契約解除料に関してはGMOとくとくBB以外がおすすめのプロバイダといえるでしょう。

WiMAXのキャンペーンを比較

WiMAXのキャンペーンには以下の3つの種類があります。

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 月額料金割引キャンペーン
  • プレゼント系キャンペーン

プロバイダを選ぶ際、プロバイダごとにキャンペーンが異なり、どれがどういうものなのかわからず決め手が見つからない人がいると思います。

なので、ここではそれぞれのキャンペーンについて概要・メリット・デメリットを解説します。

キャッシュバックキャンペーン

概要

約10,000円~30,000円のキャッシュバックもしくは商品券、アマゾンギフト券がもらえるキャンペーンです。

WiMAXは基本3年契約で、支払総額が3年間で約13万円ですので、その1割~3割にあたる金額が貰える計算になる。

月額料金割引キャンペーンと併用されているケースもある。

メリット

  • もらえるものが現金や商品券のため、使い道が自由
  • 月額料金割引やプレゼント系よりも金額的にお得なケースが多い

デメリット

  • キャッシュバックを受け取るには手続きが必要で、忘れると貰えなくなる
  • 高額キャッシュバックの場合、手続きは契約から1年経たないと行えない
  • キャッシュバックがもらえるのも当然、契約開始から約1年後のためすぐに受け取れない
  • キャッシュバックを貰う前に解約するとそのままキャッシュバックを受け取る権利は消滅する

どういう人におすすめか

キャッシュバック手続きを忘れなければ金額的に一番お得なため、WiMAXを極限まで安く使いたい人におすすめ。

月額料金割引キャンペーン

概要

キャッシュバックやプレゼントなど何かが貰えるというものではなく、契約開始から基本の月額料金が大きく割引されるキャンペーンです。

キャッシュバックキャンペーンと併用されているケースもある。

メリット

  • キャッシュバックキャンペーンやプレゼント系キャンペーンのような手続きが必要ない
  • 契約開始から割引が適用されており、最初から支払月額料金が安い
  • 途中解約した場合のリスクが少ない

デメリット

  • 割引額の合計はキャッシュバックキャンペーンに比べると少し劣る

どういう人におすすめか

キャッシュバックやプレゼントの手続きを忘れてしまうリスクを冒したくない人や手続きが面倒な人におすすめです。

また、キャッシュバックキャンペーンが適用される時期まで利用するかどうかが分からない人にもおすすめです。

プレゼント系キャンペーン

概要

最新のパソコンやタブレットが無料あるいは割引価格(格安)で手に入るキャンペーンです。

メリット

  • キャッシュバックキャンペーンに比べて契約開始からすぐに商品が手に入る
  • WiMAXを活用できる端末がすぐに手に入るため便利

デメリット

  • 解約した場合の、契約解除料(解約金)が非常に高く、プレゼントの商品よりも高くなる場合もある
  • キャッシュバックよりも金額的にお得ではないケースが多い

どういう人におすすめか

WiMAXで使えるおすすめの端末がどれかわからない人や、すぐに商品を受け取りたい人におすすめです。

また、キャンペーンで自分の欲しい商品がある場合にもおすすめです。

どのキャンペーンがおすすめか

このようにどのキャンペーンもメリットとデメリットがあります。

これまでのWiMAXキャンペーンの傾向からみると、キャッシュバックキャンペーンと月額料金割引キャンペーンがおすすめです。

プレゼント系キャンペーンは「価格.com」や「Amazon」、「楽天」などで商品の価格を調べても、金額的にもあまりお得でない場合がほとんどなのでおすすめできません。

キャッシュバックキャンペーンと月額料金割引キャンペーンのどちらが良いかは、難しいところです。

月額料金割引キャンペーンのほうが面倒な手続きが必要なくリスクも少ないので万人向けなため、おすすめです。しかし、キャッシュバックキャンペーンは割引額が大きく安さだけで言えばこちらに分があります。

今一度両キャンペーンのメリット・デメリットを確認し検討してみてください。

WiMAXのプロバイダ毎の通信速度の違いを比較

WiMAXのプロバイダによる通信速度の違いはありません。

なぜ通信速度に違いがないのか

いきなり結論から入ってしまいましたが、本当にそうなのです。

理由はWiMAXのプロバイダがただの販売代理店であって、WiMAXというサービスを提供・運営しているのはUQコミュニケーションズという会社だからです。

WiMAXの正式なサービス名は「UQ WiMAX」と言います。

プロバイダはこのUQ WiMAXを販売する権利をUQコミュニケーションズから買って、再販売している小売店のようなものなのです。

正確にはプロバイダとUQコミュニケーションズ間で販売数に応じた契約料が発生している形になりますが、イメージとしては小売店と考えたほうが分かりやすいです。

そして、再販売する際にプロバイダ独自のキャンペーンやオプションを付け加えてプロバイダ間の競争を行っています。

UQコミュニケーションズはそれでいいの?

なぜUQコミュニケーションズはこのような形態の販売を許可しているのでしょうか?

答えは簡単で、販路が広がるのと顧客管理のための人件費を削減できるという2つのメリットがあるからです。

プロバイダが独自のキャンペーンを行ってプロモーションを行ってくれることによって、UQコミュニケーションズ1社ではできなかったユーザー層までアプローチできるからです。

WEB上の宣伝はもちろんですし、家電量販店での販売などWiMAXが人の目につきやすくなり、それによってWiMAXの利用者数が増えます。

また、プロバイダで契約した場合サービスはUQ WiMAXですが、契約したのはプロバイダとなるので、顧客の管理(サポート)はプロバイダが行います。それによりUQコミュニケーションズ1社ではリスクが大きくなかなか拡大しづらい顧客管理体制をプロバイダに分散させることができるのです。

このようなメリットがあるため、UQコミュニケーションズは自身で全て販売するより利益は減りますが、プロバイダと提携しているのです。

WiMAXではプロバイダによる通信速度の違いはない!

というわけで、WiMAXではプロバイダ間で通信速度の違いは100%ありません

もしも通信速度が遅かったり速かったりした場合は、ルーターの端末の違いかエリアの違い(アンテナに近いかどうかも重要)によるものです。

「口座振替」・「auスマートバリューmine」・「ギガMAX月割」ができるプロバイダの紹介と比較

口座振替で支払いができるプロバイダの紹介と比較

口座振替で支払いができるプロバイダでおすすめは以下の2つ。

クレジットカードを持っていない人もいるでしょう。そういう人にとっては口座振替ができるプロバイダがありがたいですよね。

Broad WiMAXのみクレジットカードで支払うと初期費用割引キャンペーンを受けれられないので注意してください。お得に使うならクレジットカードで申し込みましょう。

BIGLOBEは口座振替でもキャッシュバック金額が半額になりますが、2つのプロバイダを比較した場合BIGLOBEがお得に契約できるのでおすすめです。

口座振替ならBIGLOBEが現時点では一番おすすめなプロバイダです。

BIGLOBEが口座振替でおすすめな理由をさらに詳しく→WiMAXを口座振替で契約できるおすすめプロバイダ1選とその理由

auスマートバリューmineを適用できるプロバイダ一覧と比較

スマートバリューmine

auでスマホを契約している人は、「auスマートバリューmine」が選べるプロバイダにするべきです。

「auスマートバリューmine」でもれなく月々のauスマホ料金が最大1,000円割引きになります。

auスマートバリューmineの割引額はどのプロバイダでも同じで比較することはできません。

「auスマートバリューmine」が申し込めるプロバイダ

auスマートバリューのあるWiMAX 2+プロバイダは以下の通りです。

ギガMAX月割が適用できるプロバイダの一覧と比較

UQ mobileとWiMAXをセットで契約するとUQ mobileの月額料金が毎月300円割引になる「ギガMAX月割」が適用されます。

ギガMAX月割について詳しくは→ギガMAX月割とは?UQ mobileとWiMAXのセット割の内容と注意事項まとめ

WiMAXのプロバイダの中で、ギガMAX月割を利用できるプロバイダは以下の通りです。これら以外のプロバイダではまだギガMAX月割が利用できないので注意しましょう。

ギガMAX月割のプロバイダごとの比較ですが、どのプロバイダでも割引額は一律です。そのため比較することはできません。

Y!mobile(ワイモバイル)とWiMAXの比較

モバイル回線として有名なY!mobileとWiMAXを比較してみましょう。

Y!mobileのSIM単体契約プランとWiMAXギガ放題プランのデータ使用量と月額料金を比較するとこのようになります。

容量 月額料金 契約期間
スマホプランS 3GB 1,080円 2年
スマホプランM 9GB 1,680円 2年
スマホプランL 21GB 3,380円 2年
Poket WiFi プラン2 7GB 3,680円 3年
WiMAX 無制限 平均3,300円 2年、3年

Y!mobileのスマホプランはキャンペーンにより通常よりも容量が増加しています。

この表を見ても分かる通り、Y!mobileはWiMAXと比較すると、データ容量当たりの料金が高いです。

Y!mobileのプランもワンキュッパ割、おうち割光セット、SIM単体契約特別割引の3つの割引を最大限利用した場合の料金となります。

Y!mobileのSIM単体契約のキャンペーンによる月額料金とデータ容量、割引額の詳細

もしも割引を適用できない場合はスマホプランS,M,Lそれぞれ、2,980円/月,3,980円/月,5,980円/月という料金になります。

Y!mobileの利点

料金と容量の関係を見るとY!mobileはWiMAXと比較するとおすすめではありません。しかし、Y!mobileはそもそもスマホSIMですので、国内で1回の通話が10分以内あれば通話料金が無料になります。

スマホSIMとしてはdocomo、au、Softbankの3大キャリアに比べたらお得になります。

WiMAXの方がおすすめ

ただそれでも、長い通話をするならデータ回線を利用するLineやSkype(スカイプ)等の通話アプリを使用したほうが無料で長く話せます。

データ容量を無制限に利用できるWiMAXは通話アプリも無制限に使用できます。

Y!mobileのデータ容量では動画を毎日見るような用途には向いていません。

モバイル回線で動画を見たり長時間通話がしたいなどの考えを持っている人は、モバイルWiFiとしてWiMAXがおすすめです。

光回線とWiMAXを比較

新しく家に引くネット回線は光回線とWiMAXどっちが良いのか困っている人もいるでしょう。

ここではそんな人のために光回線とWiMAXを比較します。

どちらが良いかは、ネットをどう使うかによって必要な回線が変わってきます。

光回線とWiMAXの違い

光回線の特徴

光回線はいわゆる固定回線で、家まで光ファイバーケーブルで物理的につながっています。そのため、電柱からケーブルを家の中に引き込まなければいけません。その時工事のため家の中に人が入ります。

光回線は通信速度がWiMAXよりも速いことが特徴です。

その分WiMAXよりも月額料金が高いです。

WiMAXの特徴

WiMAXは近くの電柱までは光ファイバーケーブルでつながっているのは同じですが、その電柱にアンテナが設置されており、そのアンテナとWiMAXのルーターとで送受信することによってインターネット通信を行います。そのため、ケーブルを引き込む工事が必要なく、家の中にも人が入ってきません。

ルーターが届いたその日からインターネット利用が開始できるのもWiMAXの特徴です。

通信速度は光回線と比べると劣りますが、体感での速度の違いはほとんどわからない程度です。

ルーターがあれば家の中でも外でもインターネットが可能なのもWiMAXの大きな特徴の一つです。

そして、光回線よりも月額料金が安いです。

どちらがおすすめか

WiMAXには通信制限があり3日間で10GB以上のデータ通信を行うと通信制限に引っかかり、制限後は通信速度が約1Mbpsとなります。これはYouTubeの標準動画がギリギリ視聴できるぐらいの速度です。

この通信制限に引っかかる使い方をする人は光回線のほうが良いでしょう。

以下の表はWiMAXで通信制限に引っかかるまでどれくらい使えるかの目安です。

内容 画質 データ量 10GBでの視聴可能回数
YouTube (5分間) 超高画質 (フルHD:1080p) 約113MB 約88回 (約7時間)
高画質 (HD:720p) 約60MB 約166回 (約13時間)
標準画質 (SD:480p) 約17.5MB 約570回 (約47時間)
低画質(240p、144p) 約10MB 約1,000回 (約87時間)
内容 データ量 10GBでできる回数
ウェブページ 約2.5MB 約4,000回
テキストメール 約30KB 約333,333回
Google Map 約3MB 約1,000回

動画を一日1時間以上見るorネットゲームをする人

インターネットで動画をよく見る人やネットゲームをする人は光回線がおすすめです。

動画はデータ容量が大きく、1日に1時間以上見る人だとWiMAXの場合、通信制限に引っかかる可能性が高まります。

また、通信速度が重要なネットゲームはデータ容量にかかわらず、光回線にしたほうが無難です

別にWiMAXでも大丈夫ですが、対戦型のゲームだと相手が光回線の場合、通信速度や応答性の関係で不利になってしまいます。

それ以外の人

ネットの利用はSNSやサイト閲覧が主で、少し動画を視聴するぐらい人はWiMAXで充分です。

WiMAXは外に持ち運ぶことができるため、社外でネットを使う必要のあるビジネスマンや出張先や旅行先でネットが使えないと困る人には特におすすめです。

どれか一つおすすめのWiMAXプロバイダを教えてくれと言われたら

絶対に失敗しないおすすめプロバイダはBroad WiMAX(ブロードワイマックス)

WiMAXのプロバイダを選ぶのに迷ったら、シンプルイズベストな料金体系をずっと貫いてきた、Broad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXは数年前から他のプロバイダが受け取れるかどうか不確実なキャッシュバックキャンペーンを盛大にやっていたころ、唯一月額料金割引のみで勝負していたプロバイダです。

キャッシュバックキャンペーンはほとんどのプロバイダが契約から1年以上待たないともらえないうえ、申込期間が1か月ほどしかなく、忘れてしまうユーザーが多発しています。

参考:WiMAX2+のキャッシュバックが0円に!?お得なプロバイダには注意が必要!

そのため、数万円の大々的なキャッシュバック金額に期待して安くWiMAXを使えると思っていたユーザーがキャッシュバックを受け取れず、結局高い月額料金のプロバイダを使い続ける(途中で解約するのも9,500円~24,800円の違約金がかかるため簡単には解約できない)という残念な事態になっています。

その点Broad WiMAXはサービス開始からずっと月額料金割引を守り続けており、契約してからずっと何も考えずにトップクラスの安さで使い続けることができます。

GMOとくとくBBのような超高額のキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダには3年間の合計金額の安さではかないませんが、それでも何も考えなくて済むという気軽さも込みだと充分にお得なプロバイダといえるでしょう。

また、Broad WiMAXではWiMAXのプロバイダでは唯一、店舗受け取りサービスを行っており、東京(渋谷、秋葉原)、埼玉(大宮)、大阪(梅田)限定ですが、その地域の人であれば、契約当日に端末を受け取ることができその時点からWiMAXを使い始められます。

そしてさらに、WiMAXの通信が思うようにいかない場合、契約から8日以内であれば、違約金なしで解約することもできます。

参考:WiMAXはクーリングオフできないけど、実質同等の初期契約解除制度が利用できます

Broad WiMAXは当日発送を行っており、店舗受け取りほど早くはありませんが、宅配便によっては契約の翌日からWiMAXを使い始められます。

急ぎで使いたい人にもおすすめのプロバイダとなっています。

総合的に見て、どれかおすすめのプロバイダを1つ教えてくれと言われたら、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)と答えます。

現在Broad WiMAXでは「春の学割キャンペーン」実施中で、18~25歳の学生もしくはその両親名義で申し込むと3年間の合計金額が通常よりも6,165円安くなります

Broad WiMAXのサービス内容詳細:Broad WiMAXサービス・キャンペーンなどの詳細解説はこちら

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

初期費用無料など、Web限定割引キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad wimax

今月のおすすめWiMAXキャンペーン

Broad WiMAX:学生限定の春の学割キャンペーン

通常の料金体系でも安く使える人気のプロバイダBroad WiMAXですが、学生限定で春の学割キャンペーンを実施中です。

実施期間は5月31日までです。

キャンペーン内容は12ヶ月毎月685円割引されるというもの。

WiMAXは平均の月額料金が約3,300円なので、685円はその5分の1でかなりの金額なことが分かります。

12か月間は20%オフということになります。

学生のみ対象のキャンペーンですが、新生活を始める大学生や専門学生がWiMAXを始めるなら今がベストタイミングです。

学生証等証明するものがあれば、ご両親が申し込むことも可能なので申し込みやすいようになっています。

Broad WiMAX

Broad wimax

とくとくBB:最大37,150円キャッシュバックキャンペーン

毎月高額なキャッシュバックキャンペーンを行っていることで有名なとくとくBBですが、今月もこれまで同様高額なキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

今月のキャッシュバック金額は以下の通りです。選ぶルーターの機種ごとに金額が異なります。

  • 「W06」・・・32,000円
  • 「WX05」・・・32,000円、クレードルセット:29,000円
  • 「W05」・・・37,150円、クレードルセット:32,950円
  • 「WiMAX HOME 01」・・・31,400円
  • 「Speed Wi-Fi HOME L02」・・・31,400円

キャッシュバック金額は先月や先々月とほぼ変わらず横ばいでとてもお得です。

最安値でWiMAXを使いたい人におすすめなプロバイダとなっています。

GMOとくとくBB

~おすすめ記事~ WiMAX比較・評判・口コミ・疑問解決・コラム

WiMAX(ワイマックス)契約前に知っておきたい情報

  1. WiMAXはUQコミュニケーションズよりもプロバイダから契約するべき理由
  2. WiMAXは「7GBプラン」か「ギガ放題プラン」を比較どちらがおすすめ?
  3. WiMAXのエリア範囲はどのくらい?エリア判定方法と悩み解決まとめ
  4. WiMAXを無料でレンタルする方法とその注意点!Try WiMAXでお試しWiMAX2+
  5. クレードルって何?WiMAXの充電器?機能やメリットをまとめました
  6. WiMAX 2+の「3日10GB」通信制限は厳しい?意外とそうでもない?速度はどう?ビジネスマンには特におすすめ
  7. LTEオプション無料のWiMAX2+「3年プラン」はいったいどういうものなのか?メリット・デメリットを比較
  8. WiMAX・WiMAX2+の安心サポートに加入する必要はあるのか?安心サポートのメリット・デメリットを解説
  9. WiMAX・WiMAX2+の更新月ってなに?契約解除料との関係は?
  10. 【最新】契約する前に知っておきたいWiMAXのネットの評判・口コミまとめ

WiMAXで困った時の解決策

  1. WiMAXを違約金0円で解約する方法と全プロバイダの解約方法まとめ
  2. 【簡単】WiMAX2+の初期設定方法を写真つきで解説

WiMAXといろいろな通信サービスを比較

  1. 注意!auのWiMAX2+を契約してはいけない理由と解決策
  2. 「SoftBank Air3」と「L01s」はどっちが優秀?比較した結果はいかに・・・

コラム・WiMAX比較をなぜ行うのか

このサイトを作った経緯でもあるのですが、WiMAXの比較は大変だというのが第一にあります。

WiMAXを比較しようとすると、多くの(25以上)プロバイダを比較しなければいけません。

ネット回線ってだいたい今すぐほしいから契約しようとしているはずです。

そうすると、どこがお得なのか吟味する時間があまりないことが多いですよね。

なので、煩雑なネット回線の特にWiMAXに絞って、比較するという行為を短縮できないかと思いこのサイトを立ち上げました。

WiMAXは数年前は光回線に比べて扱うプロバイダも少なかったのですが、ここ1~2年でどんどん新しいプロバイダが登場してきました。

これまで以上にこのWiMAX比較サイトを作る意味ができました。

当サイトを利用して新生活のあわただしい時期にネット回線の比較に時間をかけず選ぶことができたら、このサイトを立ち上げた甲斐があります。

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になるキャンペーンも行っています。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

現在So-netは月額料金割引キャンペーンを継続中で、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円と安くなっています。キャッシュバックキャンペーンが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろ楽に以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金ではキャンペーンにより最安クラスになり、お得に安心して使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるキャンペーンも行っています。

So-net契約体験レポートはこちら→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:GMOとくとくBB WiMAX2+


1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,056円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.