5Gの意外と知られていない事実|enhanced LTEとNew Radioについて

更新日:

5Gは4Gから発展する

5Gは夢のようなネット回線と噂されていますよね。

様々なニュースを見てもそんな感じではやし立てられています。

でも5Gが始まってすぐに、超高速、超低遅延、接続数増加が実現できるわけではありません。

5Gは実は2つの技術に分けられて運用される

5Gというとそれだけで「超高速、超低遅延、接続数増加」が実現できるという印象が強いです。事実メディアではそのように語られることがとても多いです。

しかし、5Gは2つの方向に発展する技術を合わせて運用するもの(回線)なのです。

5Gは

  • enhanced LTE(eLTE)・・・読み方:エンハンスドエルティーイー
  • New Radio(NR)・・・読み方:ニューレディオ

という2つの技術的発展のもと運用されます。

enhancd LTE(eLTE)

enhanced LTE(eLTE)は今の4G回線であるLTE技術をさらに発展させるもので、5Gの初期にはこのeLTEの比重が大きく、4Gの発展形として運用されていきます。

eLTEの特徴は4Gで扱っていた低周波数帯の電波を利用し、従来の4G回線と同じような感覚で使われます。

当然通信速度が上がったりはしますが、これまで語られているような超高速、超低遅延、接続数増加という特徴はありません。

この3つの特徴はどちらかというと次に説明するNew Radioが持つ能力のことです。

New Radio(NR)

New Radio(NR)は高周波数帯の電波を利用するもので、今までの低周波数帯(4GLTE)の電波では実現できなかった超高速を実現することができます。

基本的に5Gを語る時の特徴としてあげられるものはほぼすべて、このNew Radioの特徴です。

新しい無線アクセス技術として今後時間をかけて基地局(アンテナ)数を増やし、徐々に真の5G(超高速、超低遅延、接続数増加)として発展していく予定になっています。

なんで2つの技術に分かれているのか?

なぜ5Gは2つの技術を組み合わせて運用されるのでしょうか?

それは、New Radioは新しい技術のため、すぐに全国的にインフラ設置が完了しないからです。

5Gは順次拡大する

始めの内は、eLTEの比率が高く、4Gの発展形として運用されます。

そして、New Radioのインフラ設置が増加していくにつれて、徐々に通信速度が上がり、低遅延になり、接続数が増加していくという流れになります。

周波数による電波の特徴の違い

  • enhanced LTE(eLTE)
  • New Radio(NR)

の2つの技術をもとに運用される5Gですが、この2つ技術は周波数帯が異なり、それにより大きく特徴が異なります

周波数が高い電波の特徴(New Radio)

一般的に周波数が高いと電波は直進性が高くなります。障害物を回り込む能力が下がるので、アンテナから電波が減衰せず届く距離が短くなります

ただしその代わりに、通信速度が速くなります

正確に言うと、同時間内で伝えられる情報の量が増え、実質的に通信速度が速くなるというわけですが。

5Gでは4Gの時よりも高い周波数帯の電波を新たに利用することで、通信速度を4Gの100倍に引き上げようとしているのです。

周波数を高くするだけでいいのであれば4Gの時にもできたのでは?と疑問を持たれるかもしれませんが、高い周波数は減衰しやすく、技術的に今までは運用が難しく実現しなかったのです。

しかし、これからは新たな技術New Radioとして現実に運用できる段階になったため、5Gとして導入されることになりました。

5Gよりもっと未来の話になってしまいますが、6G、7G・・・と発展していく場合、更なる高周波数帯の電波を利用する方向へ技術発展するでしょう。

周波数が低い電波の特徴(eLTE)

周波数が低いと、直進性は弱まり、障害物を回り込む能力が増します。

そのため、アンテナから発される電波も高周波数の電波に比べ障害物に強くなり遠くまで届くようになります

ただし、その代わり、通信速度は控えめとなります。

今では全国的なインフラとして、どこでも接続可能を実現するために低周波数帯の電波が利用されていました。New Radioが実現できないということも理由としてありましたが。

最終的にはNew Radioの比率が高くなり、本当の意味での5Gが実現する

時が経つにつれてNew Radioの比率は高まっていきます。当然New Radioは電波が届く距離が短いため、設置する基地局(アンテナ)の数も4Gの時よりも膨大になり、インフラ整備に時間がかかります。

基本的には2020年から2~5年ほどかけて整備していくというスケジュールになっています。

最終的にはほぼすべての無線通信がNew Radioによるものになり、超高速、超低遅延、接続数増加が実現されるようになります。

このような状態になって初めてこれまで言われてきた5Gの真の実力が発揮されます。

なので、5Gの夢のような話というのは、まだ数年先のことと認識しておいてください。

真の5Gが実現するとできるようになること

主にNew Radioが全国的にどこでも使えるようになった先には自動運転や遠隔手術などが実現する可能性があります。

2020年からすぐに実現するわけではありませんが、近い将来、未来だと思っていた事柄が現実になっていきます。

大容量のデーターが行き交うインターネット
【超平易】5Gで何が変わる?第5世代通信システムの疑問と生活の変化

なにやら5G(ファイブジー)という超高速通信が2020年頃に日本や世界各国でサービス開始に向けて着々と進んでいるようです。 【2018年10月12日追記】NTTドコモなどの大手携帯電話3社が2019年 ...

続きを見る

まとめ

5Gは2020年から運用が始まりますが、すぐに超高速、超低遅延、接続数増加が実現するわけではありません。

eLTEとNRという2つの技術を組み合わせて運用し、はじめはeLTEの比率が高く4Gの発展形として運用されます。

時間が経つにつれてNRの比率が上がり、全国的な広がりを持った時に初めて超高速、超低遅延、接続数増加が実現します。

それまでは夢のような世界が訪れることはないですが、数年の内には実現可能です。

2020年からは毎年発展していく5Gの世界を楽しんでいくというのが正しい心構えといえるでしょう。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番オススメで安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金割引です。代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)有りませんが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は機器返却の送料はかかりますが契約をキャンセル(月額料金は支払わなくて良い)できるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多くWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOME01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:BIGLOBE WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,413円、3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

BIGLOBEは口座振替で支払える数少ないプロバイダです

BIGLOBEは普段使っているメールアドレスに手続きの通知が届くので見逃しにくく、キャッシュバックを受け取りやすいようになっています。

また、キャッシュバックキャンペーンは契約後9ヶ月目に受け取れ、キャッシュバックキャンペーンを行っている他のプロバイダよりも少し速いのも嬉しいポイント。

キャッシュバックキャンペーンの金額も30,000円と最高クラスの金額ですし、月額割引キャンペーンも別でやっています。

しかしそのどちらのキャンペーンも、特化したプロバイダに比べると劣るため、おすすめ度はワンランク下がります。

BIGLOBは老舗プロバイダでサポートなど運営に安心感あるのと会員ページが使いやすいのが利点です

-5G
-

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!WiMAX2+おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.