【超平易】5Gで何が変わる?第5世代通信システムの疑問と生活の変化

更新日:

大容量のデーターが行き交うインターネット

なにやら5G(ファイブジー)という超高速通信が2020年頃に日本や世界各国でサービス開始に向けて着々と進んでいるようです。

【2018年10月12日追記】NTTドコモなどの大手携帯電話3社が2019年にサービスを始める発表をしました。「20年頃」という見通しでしたが、より早く5Gの時代が来るようです。

5Gとは今の4GLTE(スマホの通信に使われているやつ)の後継ネットワーク技術です。

5Gになるとめちゃくちゃ通信速度が速くなるらしいです。

そんなふわっとしかわからない5Gについて調べてみたので、

ここでは技術的なことは抜きにして、5Gで今後のモバイルインターネットや世の中がどう変わるのかを簡単な言葉でまとめてみました。

5G(ファイブジー)ってそもそも何?

5Gは今のスマホに使われている無線通信規格4Gの後継の通信規格です。

光回線みたいな有線ではなく、無線の通信規格です。

なんで5(ファイブ)Gなのかというと、5世代目の規格だからです。

1,990年代の携帯電話初期に使われていたのが1G(1世代目)と2G(2世代目)です。

ガラケー全盛期になって使われていたのが3G(3世代目)で、スマホの通信に使われていたのが現行の通信規格である4G(4世代目)となります。

この1~4Gというのは厳密には3.9Gとかいろいろあるみたいですけど、難しいことは考えず大まかに歴史をたどるとこんな感じになります。

ポイント

5Gは5世代目の無線通信の規格。これまでに1~4Gまであり、どれも携帯電話およびスマホの通信に使われていた。

  • 1G(電話ができるようになった)
  • 2G(電話に加えてメールもできるようになった)
  • 3G(ガラケー時代、静止画も通信可能に)
  • 4G(スマホ時代、動画も通信可能に)
  • 5G(これからの無線通信規格)

5G(ファイブジー)になるとどうなるの?

速度が超速くなる

4Gから5Gになると理論上は100倍の速度が出るようになるみたいです。

4G(今のスマホ)は実際には10~100Mbpsくらいの速度が出ますが、5Gになると数百Mbpsくらい実速度が出るようになるのではないでしょうか。

そうなると、今は難しい4K動画や8K動画といった超高画質の動画をモバイル端末でもサクサク見ることができるようになるでしょう。

まだ実用化されていないのでなんとも言えませんが。

とにかくめちゃくちゃ速くなることは確実です。

接続可能台数大幅アップ

現状の100倍ぐらいの端末をサポートできるようになります。

現状だと都心など人口が密集している場所だと通信速度が遅くなったりしますよね。

5Gだとそれが解消されるようになります。

そして、あらゆる家電や電子機器がインターネットにつながるような時代(IoT時代)がもうすぐ来ますが、それに耐えうるものになります。

遅延がとても少なく、通信の信頼性が向上

めちゃくちゃ遅延が少なくなります。そして通信の信頼性が向上します。

無線ネットワークの弱点であった遅延がほぼなくなります。

1MS(ミリ秒)以下の伝送遅延となる予定です。

省電力で低コスト化

能力が超向上するにもかかわらず、省電力で低コスト化が実現できます。

通信スペックが良くなってもコストが上がったんじゃあまり実用には耐えられませんよね。

ですが5Gでは今のWi-Fi並のコストで能力が大幅アップした通信が可能になるのです。

なんで5Gにする必要があるの?

現行の4Gでも十分速いですよね。スマホで動画も見れるし、画像や動画のアップロードだってそんなに遅くありません。

実際「4Gなんて使い物にならねーよ」と思っている人はほぼいないのではないでしょうか。

ですが、5Gなのです。これからは。

なぜでしょう。

これからの時代はIoTといってどんなものでもインターネットにつながっている時代が来ます。

そうすると、ネットのトラフィック(通信量)が膨大に増えます。

それだと今の4Gじゃスペック的に足りないんですね。

なので5Gというめちゃくちゃパワーアップしたネットワーク技術が必要となるのです。

5Gでできるようになる事

5Gになると、4Gでは実現不可能だった様々なサービスが可能となります。

ここではその例をいくつか紹介します。

車の自動運転

遅延なく通信が行えるようになると、車の自動運転やりやすくなります。

今は自動車の中にあるコンピュータがオフラインで制御していますが、オンラインのサーバーへ問い合わせで運転ができるようになります。

自動車自体の処理能力はほとんど必要なくなり、自動車は受信機のようなものになります。

そうすれば、オンラインで自動車同士の位置関係なども完全に把握できるようになるので、今までよりも事故が減り、かつ経路も最適なものを選べるようになりスムーズな移動ができるようになります。

3D通信

メガネ型の通信機器やコンタクト型のコンピュータを装着し、目の前にあたかも人が存在しているような映像をリアルタイムで送受信可能になります。

どこにいても、別の空間にいるような映像を見る事ができるようになります。

審判の目線からスポーツ中継をみられたり、ボクシングを選手目線でみられるような日が来るかもしれません。

また、あたかも目の前に人がるような感覚で別の場所にいる人同士が会話をすることも可能になります。

リアルな遠隔会議

今までになかったような、遠隔地にいながらでも、3Dの映像を送りあって、あたかも会議室にいるように見せる事ができるようになります。

そして、会話も全くの遅延なくスムーズに行えるようになります。

遠隔手術

遠隔手術などもより正確に安全に行えるようになります。

これまでの遠隔手術はデータ通信の遅延のせいで、それを見越した操作が必要でしたが、5G環境では医者は遅延を気にせず、リアルに極めて近い形で手術する事が可能になります。

医者の動きを別の場所にいる手術ロボットが遅延なく正確に再現し手術を行うことができるようになります。

遠隔介護

遠隔手術と同じ要領で遠隔で車椅子を操作したり、介護ロボットを操作する事ができるようになります。

今まではその遅延のせいで、車椅子も壁にぶつかったりしてしまい、危なかったのです。

警備体制の超強化

4Kの超高精細な映像を監視カメラで撮り、即座に遅延なく映像を確認することができるため、警備体制の強化につながります。

また、映像が精細なのでAIによる危険人物判定などが行いやすく、映像をリアルタイムで見ながら即座に犯人を特定することも可能になる時代が来ます。

遠隔見守りサービス

5Gによってより高速に遅延なく通信ができるため、家の中を遠隔地にいながらリアルタイムで監視することもできます。

子供を家に置いておいても、見守る事ができます。

年老いた両親を子供世代がその場でつきっきりになることなく、見守ることも可能です。

スポーツ観戦時のリアルタイムハイライト

そしてこれからの超高精細なディスプレイを持った機器でも快適に動画を配信できたりします。

スポーツの観戦中に超高精細なリプレイ動画をスタジアムの観客全員に同時にリアルタイムで送ることも可能になるようで、これからのスポーツ観戦やコンサートなど人が超密集している場所でも新しいエンターテインメントの形が実現するようです。

5Gだとこれまでのネットの利用方法は超快適に

なるでしょう。間違いないです。

なんせ速度100倍ですからね。

しかも人口の多い地域でもしっかりみんなに届くようになります。

超高性能な分散型アンテナによって、電波の干渉を低減し、一つ一つのデバイスに、直に電波を送れるような仕組みになるため、どんな場所でも今までより快適にネットが使えるようになります。

ポケットWi-Fiの未来はどうなるの?

ポケットWi-Fiは4Gを利用して通信を行っていますが、5Gへ移行することになるでしょう。

スマホやその他の機器同様めちゃくちゃ速くなることは確実です。

それか、全ての機器やモノがスマホの様になり、単体でインターネットにつながるようになるかもしれません。

そうするとポケットWi-Fiみたいにモバイルルーターを介す必要がなくなるかもしれません。

5G時代では十分に考えられる未来です。ポケットWi-Fiという概念がなくなるかもしれませんね。

まとめ

とてもざっくりとした解説(これを解説と呼んでいいものか?)となりましたが、5Gってどういうモノなのかはなんとなく分かっていただけたのではないでしょうか。

いろんなモノがネットにつながる時代がもうすぐ来ますね。自動運転も本当の意味で実用化される日も近いですね。

そんな時代に必要な通信規格が5Gなのです。

人口増加して都市部に一極集中が加速する世界においては、密集地での快適なネット環境を実現する必要があります。

今その実現に向けて各国の企業が動いている真っ最中なのです。

ユーザー視点だと、確実に便利な世の中になるでしょうし、ハッピーなことしかありません。

速く5Gが実用化されるといいですね。

この記事では5Gの明るい未来について紹介しましたが、5G実用直後からすぐにこのような社会になるわけではありません。

このことについては興味があれば以下の記事をご覧ください。

5Gは4Gから発展する
5Gの意外と知られていない事実|enhanced LTEとNew Radioについて

5Gは夢のようなネット回線と噂されていますよね。 様々なニュースを見てもそんな感じではやし立てられています。 でも5Gが始まってすぐに、超高速、超低遅延、接続数増加が実現できるわけではありません。 目 ...

続きを見る

もっと詳しく5Gについて知りたい方は以下の記事が参考になります。

落合陽一さんの「日本再興戦略」という本の中にも5Gの未来について書かれています。この記事はこの本も参考にして書いています。

日本再興戦略:https://www.amazon.co.jp/dp/B0797K44CH/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番失敗なく安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料で契約キャンセルできるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く、解約金が高いなどのデメリットもないためWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,100円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-5G

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.