注意!auのWiMAX2+を契約してはいけない理由と解決策

更新日:

auショップのWiMAXは高い

auショップでWiMAX2+(ワイマックスツープラス)を契約しようと考えていませんか?

WiMAXは通信費節約を可能にするアイテムですが、auショップでスマホのついでに契約してしまうのは絶対にやめた方が良いです。

auショップで契約できるWiMAX2+は非常に割高で損をするからです。

じゃあWiMAX2+を契約したい人はどうするのかというと、ネットでプロバイダから申し込むのが一番安く使えてお得です。

プロバイダで契約すれば、auショップで契約するよりも2~3万円安くなります

通信速度やエリアなど回線サービスが「全く同じWiMAXなのに」です。

では詳しくauショップで契約する際のデメリットととプロバイダで契約する場合の料金の違いとメリットを見ていきましょう。

auショップでWiMAX2+を契約する際のデメリット

1.料金が高い

auショップで契約できるWiMAX2+は料金が高いです。

なぜかというと、まったく割引がされていないからです。

auは自身のスマホ事業が忙しいみたいでWiMAX2+の販売には力を入れていません。

WiMAX2+を提供しているUQコミュニケーションズとauは関連会社なので、片手間でWiMAX2+の販売もauスマホと一緒に行っています。

そのため、auのWiMAX2+はUQコミュニケーションズが設定している定価での販売となっています。

後で詳しく説明しますが、ネットのプロバイダ(so-netやBroad WiMAX、とくとくBB、BIGLOBE)ではそれぞれのプロバイダが価格やキャンペーンの競争を行っておりUQコミュニケーションズやauで販売しているWiMAX2+よりも安く契約できます。

auのWiMAX2+が月額4380円なのですが、プロバイダで契約すれば平均ですが月々3,200円程度で使用できます。

2.店頭での契約しかできない

契約っていちいち店頭で行うのは面倒ですよね。

契約内容をよく読むといっても目の前に店員さんがいるとしっかりとは読み込めず、結局言われるがままに高いプランを選んでしまったりということになってしまいます。

auで契約できるWiMAX2+は店頭のみでネットでの契約はできません。

逆にプロバイダではネットのみの販売となっており、自分でじっくり契約内容を吟味することができ、契約するかどうかしっかり考えることができます。

また、ネット申し込みだとショップのように待たされることもないです。

3.ショップの店員がWiMAX2+に詳しくない

ショップといっても「auの」です。

そのためauショップの店員はWiMAX2+の知識はそこまでありません。

なので、WiMAX2+の場合は、「ショップだとその場で説明を聞きながら契約できるから安心」ということにもならないのです。

実際に更新月や請求額がショップの説明と違ったなんてトラブルが起きています。

4.選べるルーターの種類が少ない

auのWiMAX2+で選ぶことのできるルーターは以下の2種類です。

auのWiMAX2+で選ぶことのできるルーターの種類

どちらの機種も新しく優秀なルーターですが、プロバイダで選べるルーターの種類よりも少ないです。

プロバイダでは通常4種類以上の中から選ぶことができます。

プロバイダで契約するメリット

WiMAX2+はauショップで契約するよりもネットでプロバイダから契約したほうが断然お得に契約できます。

1.料金が安い

auのWiMAX2+が月額4380円なのですが、プロバイダで契約すれば平均ですが月々3,200円程度で使用できます。

順位 1ヶ月の実質料金・価格
ギガ放題 通常プラン
1位:GMOとくとくBB 3,296円
(3年総額:121,965円
2,645円
(3年総額:97,874円
2位:JP WiMAX 3,329円
(3年総額:123,200円
3位:Smafi WiMAX  3,492円
(3年総額:129,240‬円
4位:Broad WiMAX 3,513円
(3年総額:129,989円
2,689円
(3年総額:99,499円
5位:カシモWIMAX(最安級プラン) 3,523円
(3年総額:130,368円
 2,923円
(3年総額:108,168円
6位:Nifty WiMax 3,574円
(3年総額:132,240円
2,949円
(3年総額:109,120円
7位:BIGLOBE WiMAX 2+(キャッシュバック) 3,413円
(3年総額:133,310円
2,784円
(3年総額:110,020円
8位:hi-ho WiMAX(月額割引) 3,610円
(3年総額:133,570円
9位:カシモWIMAX(新端末プラン) 3,623円
(3年総額:134,048円
3,022円
(3年総額:111,848円
10位:DTI WiMAX2+ 3,630円
(3年総額:134,315円
3,500円
(3年総額:129,500円
11位:BIGLOBE WiMAX 2+(月額割引) 3,697円
(3年総額:136,800円
3,074円
(3年総額:113,760‬円
12位:hi-ho WiMAX(キャッシュバック) 3,806円
(3年総額:140,850円
13位:novas WiMAX 3,807円
(3年総額:140,880円
3,501円
(3年総額:129,564円
14位:So-net WiMAX2+ 3,936円
(3年総額:145,656円
3,298円
(3年総額:122,040円
15位:UQ WiMAX 4,243円
(3年総額:157,008円
3,696円
(3年総額:136,752円

WiMAX2+は基本的に3年契約なので、月々の料金が1000円以上違うと、トータルで見ると40,000円ほど料金に差があることになります。

これはめちゃくちゃ大きな金額ですよね。40,000円あればいろんなものが買えてしまいます。

2.ネットで契約できる

これは人によっては最大のメリットかもしれませんね。

かくいう筆者の私も契約ごとは対面ではしたくない派です。

どうしても、言われるがままになってしまいがちだからです。

ネットであれば考える時間も自由ですし、契約するかどうかの判断もすぐにしなくてよいです。そして、契約時の個人情報の記入などもあせらずゆっくりできるので楽です。

3.選べるルーターの機種の種類が多い

auショップで選べるWiMAX2+のルーターの機種の種類は2種類だけでしたが、プロバイダでは4種類以上の中から選ぶことができます。

最新機種も発売直後から選ぶことできます。

ルーターにもそれぞれ特徴があって、バッテリーの持ちがよい機種や軽い機種、見た目がいい機種などがあります。

それぞれ求めるポイントによって異なる機種を選べるため種類が多いほうが何かと良いです。

auとプロバイダで契約できるWiMAX2+に違いはないの?

auとプロバイダのWiMAX2+に違いはありません。

どちらもUQコミュニケーションズという会社が提供しているWiMAX2+というサービスを代理で販売しているだけだからです。

違いはauはUQコミュニケーションズの関連会社で、プロバイダはUQコミュニケーションズから代理店のような形で依頼を受けて販売をしているというところです。

UQコミュニケーションズに近い分auのほうが安くなりそうなものですが、最初のほうにも話したように、auはWiMAX2+の販売には力を入れていません。

WiMAX2+事態はUQコミュニケーションズが施設したネットインフラ(回線、アンテナ)とルーターを使用するためどこで契約しようが全く同じサービス品質(通信速度やエリアなど)のWiMAX2+となります

auのWiMAXのプランはUQWiMAXと全く同じ

auのWiMAXには以下のように2つのプランがありますが、

月間7GBの容量制限のあるプラン(WiMAX 2+フラットfor DATA):  月額3,696円(税別)

月間容量制限のないプラン(WiMAX 2+フラットfor DATA EX):月額4,380円(税別)

それぞれUQWiMAXの「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題(いわゆるギガ放題プラン)」と同じプランです。

  • WiMAX 2+フラットfor DATA = UQ Flat ツープラス
  • WiMAX 2+フラットfor DATA EX = UQ Flat ツープラス ギガ放題

このように名前こそ異なりますが、中身は一緒のサービスで、回線、速度、エリア、ルーターなど全く同じです。

auスマートバリューはプロバイダでもしっかり受けられる

auスマホの月額料金が安くなるauスマートバリューですが、WiMAX2+を契約した場合もこれが適用できます。

WiMAX2+を契約した場合はauスマホの料金が月1,000円割引されます。

これはプロバイダでWiMAX2+を契約した場合でも適用されます。

プロバイダで適用されるものは「auスマートバリューmine」という名称になっています。

まとめ

いかがでしょうか。

この記事ではauショップでWiMAX2+を契約すべきでない理由とプロバイダのメリットを解説しました。

WiMAX2+自体はどこで契約しても同じサービスのものが使えますが、契約する場所によって料金が大きく異なります。

もしもWiMAX2+をauショップで契約しようと考えている人は、プロバイダで安くお得に契約するようにしましょう。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番失敗なく安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料で契約キャンセルできるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く、解約金が高いなどのデメリットもないためWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,100円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX基礎知識
-,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.