クレードルって何?WiMAXの充電器?機能やメリットをまとめました

更新日:

WX05とクレードルの見た目

 

クレードルとはなんだろう?

WiMAXの事を調べていると、時々クレードルという言葉を目にします。

クレードルっていったいなんだろう?と思った方も多いと思います。

無理もありません、WiMAXでだけ登場する言葉なので普通は知らないはずです。

クレードルの見た目はただの充電スタンドのようなものです。

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーター「WX02」専用のクレードル

W05のクレードルを前から見た様子

でもただのスタンドではありません。意外と便利な機能があったりします。

今回は必要そうで必要なさそうな、よくわからないクレードルという物について、

  • 使いみち
  • 使い方
  • メリット

などについて紹介します。

クレードルとは?

「クレードル」とは、簡単に言うとモバイルWi-Fiルーターのスタンド型拡張機器です。

モバイルWi-Fiルーターを置いておけるスタンドとして機能します。置いておきながら充電することもできます。

置くとこんな感じになります↓

モバイルWi-Fiルーターをクレードルに置いた状態

WX05とクレードルの見た目

ガラケー時代の充電スタンドと似たような使い方が一般的です。

なかなかいい見栄えだと思いませんか?ルーターはそのままだとどこかに立てかける事もできず、部屋においておくと不格好になるので、クレードルはちょうどいいインテリアにもなります。

ただし、これだけで終わらないのがWiMAXクレードルのスゴイところなのです。

クレードルを利用すると得られるメリット

WiMAXのクレードルはLANケーブルを挿しこむことができます。つまり有線LAN化できるようになります。

このようにクレードルの裏にLANケーブルの差込口があります。

WX02のクレードル↓

クレードルの裏側にあるLANケーブルの差込口

W05のクレードル↓

W05のクレードルを後ろから見た様子

これにより

  • 無線LANの付いていないパソコンなど電子機器がWiMAXでもインターネット接続できるようになる
  • 固定回線を無線化することができる(ハブルーター代わりになる)

という2つのメリットが生まれます。

インターネットが使える機器には色々なものがあります。無線LAN機能が搭載されていない機器というものは意外と多くあります。

クレードルによってWiMAXも様々な利用スタイルに合わせた自由な使い方ができるようになるのです。

メリット1:WiMAXでも有線LAN接続できるようになる

クレードルが有線LANを接続できることによって、無線LAN機能のないデスクトップPCや古いノートパソコンでWiMAXと接続してインターネットを利用できるようになります。

デスクトップでは有線接続しかできないものは多くありますし、ノートパソコンでも古い機種は無線LAN機能がないものもあります。

そういった機器でも有線LAN接続によってWiMAXを利用できるわけです。

「クレードルのLANポート」 ←←LANケーブル→→ 「PCのLANポート」
  接続

また、速度に関してもWiFiで接続するよりも有線接続のほうがスピードが2倍ほど向上するメリットもあります

USB接続でLANケーブル同様に有線接続できる

LANケーブルで接続できるメリットに関してはUSB接続でも同様の恩恵が受けられます。

USB接続の場合はクレードルがなくてもできるので、通信速度を向上させたりWiFi接続できない機器と接続するという用途の場合は必ずしもクレードル必須ではありません

USB接続を含むWiMAXのルーターの接続方法については以下の記事にまとめてあるのでご覧ください。

Bluetooth接続のイメージ
WiMAX2+ルーターの4つの接続方法を全て解説、メリット・デメリットもそれぞれ解説

WiMAX2+には4つの接続方法があります。 WiMAX2+ではそのいずれかの方法でPCやスマホ、タブレットなどを接続すれば、インターネットにつながり、使うことができます。 WiMAX2+初心者のため ...

続きを見る

USB接続での速度の向上(LANケーブル接続でも同様の効果が期待できる)について検証した記事↓

USB接続したW05
WiMAXをUSB接続すると通信速度がどれくらい向上するのか検証してみた

WiMAXにはWiFiでルーターとパソコンやスマホ、タブレットなどと接続する以外にもLANケーブルやUSBケーブルで有線接続することができます。 有線接続することで周りのWiFi電波と干渉しないため安 ...

続きを見る

メリット2:WiMAXルーターがが固定回線(光回線やADSL)の無線ルーター代わりになる

固定回線を利用している人は、回線を無線LANルーターに繋いで家族全員で利用していると思います。

その無線LANルーターはWi-Fiの無線アクセスポイントとなるわけですが、これをWiMAXのモバイルWi-Fiルーターでも可能にするのがクレードルです。

使い方は簡単で、普通の無線LANルーターと同じように固定回線のモデムとモバイルWi-FiルーターをセットしたクレードルとをLANケーブルで繋ぐだけです。

家で使う分には専用の無線LANケーブルを利用したほうが電波の届く範囲などもより強力なので良いのですが、出張先などで固定回線しかないホテルや旅館などがあった場合クレードルがあれば無線化することができます。

相部屋で二人以上で1本の固定回線を使いたい場合や自分がパソコンを使いたい場所にケーブルが届かない時などに便利です。

WiMAXルーター持ってるならそれでネットすれば良いんじゃない?と思った方もいるかもしれません。

ですが、WiMAXの回線が繋がりにくかったり、WiMAXの通信量を節約したい場合などは使える回線があるならそちらを優先的に使いたいですよね。

そういった場合に無線LANルーター代わりになるWiMAXのモバイルWi-Fiルーターは便利です。

充電スタンドとしての機能も案外役に立つ

外へWiMAXを持っていく時はルーターがしっかり充電されている必要があります。

いざ自宅を出ようとして、「WiMAXの充電を忘れていた」と困ったことがある人もいるのではないでしょうか?

充電ケーブルに常にクレードルをつなげておけば、家にいる時はクレードルに置いておくという習慣にしておけば、外へ出るときは必ず充電満タンで困ることもありません。

また、「WiMAXルーターをどこに置いておいたか忘れてしまう」という人には、きまった場所にクレードルを置けば、ルーターも充電されるし無くすこともなくなるしで一石二鳥です。

モバイルWi-Fiルーターの置き場所(定位置)にもなりますし、充電で困ることもありませんし、クレードルがあって役に立つことは案外たくさんあります。

逆にあって困ることはまずないでしょう。

見た目的にもクレードルにセットした状態のほうがスッキリとしていて、部屋のインテリアにも馴染みやすいです。

クレードルはどうしたら手に入れられる?

ここまで読んだ人はクレードルの便利さを理解できたのではないでしょうか。

WiMAXを使うなら結構使えるクレードル。

持っておいて損は無いものです。

では手に入れるにはどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

クレードルはWiMAXを契約するときに購入できます。

普通、プロバイダではモバイルWi-Fiルーターの値段が無料になるキャンペーンを行っていますが、クレードルは別売で2500円程度お金がかかります。

高いと思いましたか?それとも安いと思いましたか?

安いと思った人はクレードルを購入したほうが良いでしょう。

何かと便利ですし家にいる時のルーターの置き場所にもなります。

どのプロバイダで購入するにしてもクレードルの代金はほぼ同じです。

なので、WiMAXを契約する際はプロバイダの特徴を知った上で契約するようにしましょう。

絶対に失敗しないためのWiMAX2+プロバイダ・キャンペーン徹底比較に色々とプロバイダの料金、キャッシュバック、サポートなどを比較してオススメのプロバイダを紹介しています。

参考になれると思いますので、ぜひご覧ください。

以下にダイジェストでプロバイダを紹介しますので、こちらも参考にしてみてください。

クレードルを購入するのにオススメなプロバイダ

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに、月々の料金が他のプロバイダよりも格段に安く、毎月の支払が少なくて済むうえに余計な手続き無しでお得に使える便利なプロバイダ。お得さはキャッシュバックのあるプロバイダと同等。

プランや料金支払いなどの簡素さから人気が上昇してきたプロバイダです。

申し込みから最短でその日に発送され、次の日にはもう使えるようになるのが特徴

クレードルをいち早く手に入れる事のできるプロバイダです。

Broad WiMAXのサービス内容詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

So-net

キャッシュバックも高額で、サポートも充実し、料金も安い優良プロバイダです。WiMAXプロバイダとしての総合的なサービス内容で言えばトップのプロバイダだといえます。

クレードルに関しても、時期によっては無料になるキャンペーンも行っていたりします。

一番安くクレードルを手に入れるならSo-netが良いかもしれません。

So-netのサービス内容詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

BIGLOBE

契約後のアンケートに答えれば、確実にキャッシュバックが受け取れるプロバイダ。口座振替の料金支払いにも対応している数少ないプロバイダです。

キャッシュバックの受け取り忘れをしてしまう人が結構いるので、それを確実に回避できるのはBIGLOBEの強み。

クレードルは無料ではありませんが、インターネット関係のプロバイダ事業を数多く展開する老舗の安心感が良いところですね。

BIGLOBEの格安スマホ(格安SIM)と一緒に契約すると料金がより安くなるサービスも展開しているので、対象者はとてもお得にWiMAXが使えます。

BIGLOBEのサービス内容詳細:「BIGLOBE」サービス内容・キャンペーン情報

BIGLOBEでWiMAXのキャンペーンをチェック

DTI

キャッシュバック金額が高いプロバイダです。どの時期でも常に、トップレベルのキャッシュバック金額になっています。

あまり有名ではないが、優良度で言えばかなりの上位に入るプロバイダです。

月額料金も安く注目を浴びていないのが不思議なくらい。独自のサービスも無料で得られるのでそれに惹かれる方にはぜひおすすめです。

DTIのサービス内容詳細:「DTI」サービス内容・キャンペーン情報

DTI WiMAX2+

WiMAX契約時にクレードルが無料で付いてくるキャンペーンがあれば積極的に活用すべし

プロバイダで契約する場合、クレードルがキャンペーンにより無料で付いてくる事があります。

クレードルはあって損することはないですから、そういったキャンペーンを実施しているときは積極的に申し込んだほうが良いでしょう。

また、最新機種だとクレードルが別売りで2,500円ほどで契約と同時に購入することができますが、ここまで見てきたように結構便利なので買っても損はないでしょう。

上記に紹介したプロバイダで無料になるキャンペーンを行っている場合があるので、一度チェックしてみることをおすすめします。

「クレードルって何?WiMAXの充電器?意外と便利な機能あり!」まとめ

いかがでしたでしょうか。

クレードルって何という人向けにメリットや使い方などを解説させていただきました。

クレードルは意外とすぐれものなので、絶対にあって損は無いです。

プロバイダで無料で手に入るなら必ず手に入れるべきですね。

So-netやとくとくBBは年中クレードル無料キャンペーンをやっていたりするので、他のプロバイダよりもおすすめです。

料金の安さやキャッシュバック金額の高さもトップクラスな2つのプロバイダなので、サービス自体も不満はないでしょう。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,000円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX基礎知識
-, ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.