WiMAX・WiMAX2+、プロバイダとUQ WiMAXの違いとは【基礎知識】

更新日:

WiMAX・WiMAX2+プロバイダーとUQWiMAXの違いとは?

WiMAX・WiMAX2+とは本来UQ WiMAXというのが正式名称です。そしてUQWiMAXはUQコミュニケーションズが提供しています。

でも、家電量販店やネットでプロバイダと呼ばれるようなあらゆる媒体でWiMAXは申し込み契約することができます。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

「UQ WiMAX」以外はすべて販売代理店+サポート窓口

UQ WiMAX」を提供しているのはUQコミュニケーションズというKDDI系列の会社です。

プロバイダや家電量販店はこのUQ WiMAXというサービスを代理販売しているのです。家電製品やパソコンなどの小売店のようなものです。そのためサポートの一番最初窓口にもなります。

プロバイダや家電量販店は販売数に応じて、UQコミュニケーションズからお金がもらえる仕組みになっています。

では、なぜこのような販売形式をとっているのでしょうか。UQコミュニケーションズが直接販売もサービス運営も行っているのでそれでよい気がしてしまいます。

WiMAXの窓口が広がる

答えは簡単です。

やはりUQWiMAXとしても、自身のウェブサイトだけで販売を行うと、窓口が一つしか無いため、認知度もなかなか高まらず顧客の獲得が難しいです。

対して、代理で申し込みを行ってくれる業者をたくさん増やして、それぞれに競争をさせたらどうでしょうか?

代理店同士が頑張って露出を増やし、結果ユーザーはあらゆる媒体で「WiMAX」という文字を目にすることになりますよね?

現に家電量販店ではdocomo、au、softbankなどのスマートフォンキャリアの横にWiMAXが並んでいるのを目にしますね。

これがUQコミュニケーションズの狙いなんです。

WiMAXというサービスの認知度を上げる役目と、

代理で販売しサポートは代理店が窓口になるので、UQWiMAX自体の販売やサイトのメンテナンス、サポートの受付などの人件費を削減することができます。

企業間の詳しい提携はどのようになっているのかまでは分かりませんが、プロバイダがこぞって参入し競っているのを見ると上手くいっているのでしょう。

ユーザーにとってもメリットが多い

このプロバイダ間の競争というのはユーザーにとってもすごくメリットがあります。

今では、So-net、GMOとくとくBB、BIGLOBEなど有名どころを始めとする20~30ほどのプロバイダがWiMAXを販売しており、それぞれにキャッシュバックや独自のキャンペーンを契約の特典として盛り込んで、それぞれ競っています

プロバイダは自分のところで契約してもらえるように、UQWiMAXよりも

  • 基本料金が安い
  • 最初の1ヶ月間は無料
  • 高額キャッシュバックがある

などユーザーに対するメリットを設けています。

キャッシュバックやその他諸々の特典により、圧倒的にプロバイダで申し込んだほうがお得になります

WiMAX及びWiMAX2+をこれから申し込もうかと考えている人は、絶対にプロバイダで申し込むべきなのです。

プロバイダには種類がたくさんあり、なかなか自分にベストなところを探すのが難しいです。

プロバイダ毎に特典やオプションなど異なるので、それぞれのサービス内容を吟味するのには苦労します。

当サイトでは、それらの難しいトコロをなるべく楽に選べるように、プロバイダ比較やおすすめプロバイダ提示をおこなっています。詳しくは専用のページを御覧ください。

 

「WiMAX」と「WiMAX 2+」はどちらも「UQ WiMAX」と同じ意味です

WiMAXとWiMAX2+の違いって何?と疑問に思っている人もいるかもしれないのでここで簡単に解説します。

WiMAXとWiMAX2+はどちらも「UQ WiMAX」を指しています。

WiMAX = WiMAX 2+ = UQ WiMAX

UQ WiMAX」は現在では一般的に「WiMAX(ワイマックス)」と呼ばれています。

WiMAXはもともと回線の名称でしたが、サービスの呼称として事実上、一般名詞化してしましました

現在、「WiMAX(ワイマックス)」ではWiMAX回線に代わりWiMAX 2+回線がサービスとして提供されています。

そのため、現在はWiMAX 2+もUQ WiMAXを指す言葉としてWiMAX同様の扱いになっています。

プロバイダーから申し込むべき人

  • 月額料金や初期費用を抑えたい人
  • キャッシュバックやタブレット等がもらえるキャンペーンを利用してお得にWiMAX・WiMAX2+を利用したい人
  • 店舗まで足を運ぶのが面倒だと感じる人
  • サポートの充実具合を重視する人
  • ネットで自分のペースで検討しながら申し込みたい人

家電量販店で申し込むべき人

  • 販売員(人間の口)からしっかり説明を聞いたり、直接確認したいことがある人

「WiMAX・WiMAX2+、プロバイダとUQ WiMAXの違いとは」まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロバイダとUQ WiMAXとの違いについて理解できたでしょうか。

WiMAXの場合プロバイダと言っても光回線のようにインターネット接続を請け負うのではなく、単なる代理の販売店という認識で良いです。

ですが、代理店での購入の方がお得であるということは覚えておきましょう。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番失敗なく安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料で契約キャンセルできるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く、解約金が高いなどのデメリットもないためWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,100円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX基礎知識
-,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.