WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

ワイマックス比較!おすすめプロバイダ6選

CA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOの違いを理解して賢くルーターを選ぼう!

更新日:

CA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOの違いについて知ろう!

WiMAX2+には2つの通信方式があります

WiMAX2+で新たに導入された通信方式によって、110Mbps → 220MbpsへとWiMAXから劇的な速度アップを果たしました。

2倍も速くなるなんてスゴイですよね。

2つの方式の名前はCA(キャリアアグリゲーション)4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)といいます。

なんでこんなにも速くすることができるのでしょう?

ただ通信回線1本の速度だって電波とか光だし速度の限界がありそうなものです。

実は一本一本を速くしたというよりも、アンテナ側とルーター側を上手く組み合わせてはやーくしているみたいですね。

ではそれぞれの方式について学んでいきましょう。

CA(キャリアアグリゲーション)とは?その仕組みはどうなってるの?

まずはCAから。

この方式はこれまでに利用していた通信回線を束ねてより速いデータ通信を実現する技術です。

CA(キャリアアグリゲーション)のイメージ

でもその実は束ねるというよりかは今までの回線を周波数の異なるものまでまとめて使ったら速くなるよね?っていう考えです。

周波数には~ヘルツという単位で数値が異なるもの同士ならば電波が干渉し合わないため、異なる回線として利用できます。

CAでは最大速度110Mbpsの異なる周波数の回線を2つ同時に使ってルーターに電波を送ってうまい具合にそのデータを処理できれば、速度が2倍になるよね!というような至極単純な発想の技術です。

実現はそれはかなり難しいのですがね…

というわけで、CAによって今現在WiMAX2+は下り最速220Mbpsを達成しています。あくまで理論値ですが。

実測でも30Mbpsほど出ます。ついに無線回線でも光回線並みに速くなったのです。

4×4MIMO(マイモ)とは?その仕組みはどうなってるの?

こちらの技術もCAとおなじような発想です。

4×4MIMOは、送信側(基地局)と受信側(ルーター)それぞれに4本ずつのアンテナを利用して通信する技術です。

4×4MIMOのイメージ

4×4なのはまさに4本利用するからで、2×2MIMOならアンテナは2本ずつです。

MIMOというのはMulti-Input Multi-Output(マルチインプット マルチアウトプット)の略で、名前から「ああ複数ののアンテナを使うのね」というのが分かりますね。

この方式の良い所はアンテナ1本1本の出力や帯域幅(周波数)を変えること無くデータ通信の速度を擬似的に上げることができるところにあります。

少々荒っぽく言うと「とにかくアンテナ増やしていっぱいデータ送るよ」といった感じでしょうか。

イメージとしてはアンテナ増やしたから速くなったんだと理解しておけば特に問題はないです。

これを実現したUQWiMAXはかなり頑張ったみたいですけどね。

どちらの通信方式も似たようなものです

どちらも送る電波を複数にしてルーターやパソコン側で上手くバラバラのデータをつなぎ合わせるという通信方式です。

ユーザー目線からすると、やってることはほとんど変わらないですね。

技術的には結構違うみたいですけど、そんなことはどうでもいいのです。

ユーザーにとっては速くなってくれれば何でもね。

CAと4×4MIMOどちらが優れているのか?どちらが速いのか?

現在のWiMAX2+対応ルーターはCAか4×4MIMOのどちらかしか採用していません。

両方採用しているルーターは今のところありません。

現行の「W05」「WX04」「W04」あたりから、CAと4×4MIMOどちらも採用し、さらに速度を向上した機種が出てきました。

「採用している方式によってルーターの良し悪しが変わるの?」

という疑問がわくかもしれませんが、特にそんな心配はいりません。

速度に優劣はない

下りの最高速度はどちらも220Mbpsで違いはありません。

正直どっちの技術を使っているのか、実際使ってみてもわからないです。

電波のつかみなども同じ

WiMAX2+電波のエリアは全く同じで、つかみ具合も変わりません

WiMAX2+ルーターの場合起動してほんの数秒でエリア内のWiMAX2+回線と繋がります。その速さに優劣はありません。

電波が途切れたりする場合も結局は通信方式というよりは、機器の不調であったり、エリアがギリギリだったり、大きな建物や壁など何かに遮られている場合がほとんどです。

CAと4×4MIMOの違いは使っている側からすると特にありません。

CAと4×4MIMOを採用しているWiMAX2+対応ルーターについての情報

「WX01」「WX02」「WX03」は4×4MIMOを採用している

WX02とWX01

この3つはWiMAX2+の通信方式に4×4MIMOを用いています。

「W01」「W02」「W03」はCA(キャリアアグリゲーション)を採用している

W02とW01
W03(ホワイト)の表側のデザイン

W03、W02、W01はWiMAX2+の通信方式にCAを用いています。

タッチパネルを採用したディスプレイが特徴で、操作のしやすさが売りなルーターです。

現行の「WX05」「W05」「WX04」「W04」はCAと4×4MIMO両方を同時に使用して440Mbpsを達成!

2017年2月から

WX05

WX05

W05

W05

 

WX04

WX04アクアブルー、クリアホワイト

 

W04

W04

W05、WX04、W04はCAと4×4MIMOを両方採用しています。

そして、2つを同時に利用し組み合わせることによって、

220Mbps+220Mbps=440Mbps

というスピードで利用できるようになりました。

W04の通信速度440Mbps

これはあくまで理論値ですが、220Mbpsの時よりも速度が速くなるでしょう。

また、速度の上限値が高いことで、混雑時の速度低下も抑えられると考えられます。

そして、通信の安定性が上がることにもつながります。

ではルーターを選ぶ基準とはいったいなんだろうか?

現在のWiMAX 2+のルーターW05、WX04、W04はどれもCAと4×4MIMOを両方採用しています。

なので通信方式では差別化はされていませんね。

通信品質に関してはどのルーターを選んでも違いはありません。

では、

「通信方式は特に何も変わらないのなら、WiMAX2+のルーターは何を選んでも同じなの?」

という疑問が出てきて当然ですね。

でもルーターにはそれぞれ特徴があって、ルーターの選ぶ基準というのはWiMAX2+の通信方式とは別なところにあるのです。

その基準を箇条書きにすると

  1. バッテリー持ち
  2. 操作性
  3. 見た目

の3つとなります。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

現行ルーターのスペック比較表

まずは現在WiMAX契約時に選べるルーターの比較表を載せておきます。

最新機種WX05スペック

機種名 WX05
デザイン WX05の外見
発売日 2018/11
 重さ 128g
 大きさ 約 W111 ×H62 ×D13.3mm
SIM
サイズ
Nano Ic
下り最大通信速度 440Mbps
上り最大通信速度 30Mbps
WiMAX2+
au4GLTE
最大連続通信時間 8時間10分
(おまかせ一括設定:通信速度を優先)
 14時間
(おまかせ一括設定:バッテリー持ちを優先)
8時間
(au 4G LTE) 
最大連続待受時間  700時間
バッテリー容量  3,200mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
10台(Wi-Fi)
 3台
(Bluetooth)
 メーカー  NECプラットフォームズ

WX05以外の機種のスペック

機種名 W05 WX04
(3年プラン限定)
W04 WX03
デザイン W05 WX04アクアブルー、クリアホワイト W04
発売日 2018/1 2017/11 2017/1 2016/12
 重さ 131g 128g 140g 110g
 大きさ 約 W130 ×H55 ×D12.6mm 約 W111 ×H62 ×W13.3mm 約 W53 ×H130 ×D14.2mm 約 W99 ×H62 ×D13.2mm
SIM
サイズ
Nano Ic Nano Ic Micro Ic Micro Ic
下り最大通信速度 558Mbps
(LTE使用時758Mbps)
440Mbps 558Mbps
(LTE使用時758Mbps)
440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps 30Mbps 30Mbps
WiMAX2+
au4GLTE ×
最大連続通信時間
6時間30分
(ハイパフォーマンスモード)
8時間6分
(ハイパフォーマンスモード)
6時間30分
(ハイパフォーマンスモード)
7時間20分
(ハイパフォーマンスモード)
10時間30分
(バッテリーセーブモード)
13時間48分
(バッテリーセーブモード)
10時間30分
(バッテリーセーブモード)
12時間20分
(バッテリーセーブモード)
9時間10分
(au 4G LTE)
8時間
(au 4G LTE)
9時間10分
(au 4G LTE)
非対応
最大連続待受時間 850時間 700時間 850時間 1100時間
バッテリー容量 2,750mAh
(取り外し可能)
3,200mAh
(取り外し可能)
2,750mAh
(取り外し可能)
2,890mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi)
3台
(Bluetooth)
 3台
(Bluetooth)
3台
(Bluetooth) 
3台
(Bluetooth)
 メーカー HUAWEI  NECプラットフォームズ HUAWEI  NECプラットフォームズ 

バッテリー持ちは重要

WiMAXルーターのバッテリー比較は必須

外で使うことの多いWiMAXはバッテリーはとても重要な要素です。バッテリー切れでせっかくの利便性を失ってしまっては無線通信サービスの意味がありません。

なので、しっかりと比較していきましょう。

WiMAXルーターには電力モードが3つある

それぞれのルーターには、共通して3つの電力モード(エコモード、ノーマルモード、ハイパフォーマンスモード)があります。それぞれ電力の消費量が異なります。

3モードのルーター機種毎の連続通信時間を比較

3つのモードそれぞれについてルーター毎の連続通信時間を比較すると以下のようになります。

連続通信時間
機種/モード ハイパフォーマンス ノーマル(バランス) バッテリーセーブ(エコ)
WX05 8時間10分 11時間30分 14時間
W05 6時間30分 9時間 10時間30分
WX04 8時間10分 11時間30分 13時間
W04 6時間30分 9時間 10時間30分
WX03 7時間20分 10時間 12時間20分

この数字はWi-Fiで機器と接続した場合の物です。Bluetooth接続だとこれよりも長持ちしますが、機種による優劣はWi-Fi時同様です。

バッテリー持ちに関してはWX05とWX04が良さそう

現時点でバッテリー持ちという観点からするとWX05に軍配が上がります。時点で同じWXシリーズのWX04となっています。

W05とW04は本体が薄く軽い分、バッテリーに関しては少し性能が劣ります。

操作性も重要

WiMAXルーターには「W05」「W04」のWシリーズ(製造元:HUAWEI)と「WX05」「WX04」「WX03」のWXシリーズ(製造元:NECプラットフォームズ)があります。

どちらも異なる会社が開発しているもので、見た目のみならずその操作性にも差があります。

WiMAXとしての基本的な機能はどちらも同じです。

これまではWシリーズとWXシリーズではその操作性に差がありました。↓をクリックすると以前のシリーズごとの比較が見れます。

以前のWシリーズとWXシリーズの比較

「W」シリーズの操作性

「W」シリーズは約2.4インチの大き目のディスプレイでタッチパネルによって操作ができます。図はW02。W03も同様の操作性。

W02タッチパネル操作「ブラック」
W02タッチパネル操作「ホワイト」

スマートフォンで慣れ親しんだタッチパネル操作は直感的で、操作自体は画面のボタンをタッチするだけの簡単なものだけなので誰でも迷うこと無く使うことができるでしょう。

「WX」シリーズの操作性

対して「WX」シリーズの場合は、ディスプレイの下に付いている「set」と「select」の2つのボタンを駆使して操作を行います。図はWX02。

WX02の操作性は悪い
WX02の操作性は悪い

「select」を何回かおして項目を選択し「set」で決定という操作になっています。

決して難しい訳ではなのですが、やはり一つの操作をするためにボタンを何回も押してやっと希望の項目にたどり着く感じなので、単純に操作に時間がかかりますし、煩わしいです。

また画面表示もカラーではありませんし、基本白黒のドットで描かれます。そのため、表示の意味が分かりにくいのも「WX」シリーズの操作性の悪い部分でもあります。

操作に関しては「W」シリーズの圧勝

扱いやすさという面では圧倒的に「W」シリーズの方です。

「WX」ではわざわざ説明書を読まないとできない操作もあったりして機械に疎い人にはなかなか使いづらいです。

「W」シリーズなら画面に操作案内が表示されたり、どこをタッチすべきかも分かりやすいので機械に疎い人でもとっつきやすいようになっています。

また単純に操作性も「WX」シリーズより上なので、「電子機器は任せろ!」な上級者でもこちらのほうが便利に使えるはずです。

結論から言うと、以前はWXシリーズがタッチパネルを採用していなかったことによって操作性は圧倒的にWシリーズのほうが上だったのです。

しかし、WXシリーズの最新作である「WX03」がついにタッチパネルを採用しました。採用されたのはWシリーズと同じ大きさ(2.4インチ)のタッチディスプレイです。

wx03

これにより、操作性に関してWX03からはWシリーズと同じように使いやすくなりました。

「WX04、WX03」と「W05、W04」との操作性に以前のような差はなくなりました。

どれもタッチ操作で簡単に扱えるようなっています。

W04は縦型ルーターで持ちやすい

W04

その上で操作性を比較するとW04が良さそうです。

この4つのルーターの中でW04のみ縦型のルーターになります。縦型なので持ちやすく、スマートフォンの操作性に似ています。

片手操作も可能なのはW04のみになります。他の3つは横持ちしないといけないので基本的に両手で操作することになります。

両手でも片手でも使いやすい、W04が操作性の面では1歩リードしていると言えるでしょう

見た目も意外と重要

WiMAXは2年もしくは3年契約となるサービスです。

長く使うものになる可能性が高いので、性能もそうですが、見た目も大事です。

自分の好きなデザインのものを選んだほうがなにかと気分がいいと思います。

WiMAX2+ルーター、W05、WX04、W04、WX03を横に並べて大きさを比較した写真

機種の写真や大きさ比較などを確認したい人はこちらの記事を参考にしてください。

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーター比較
WiMAXルーター全機種比較!WX05,W05,WX04,W04,WX03でおすすめは?

WiMAXの新ルーター「WiMAX HOME 01」が発売されました。 Broad WiMAX、So-net、とくとくBB、BIGLOBE等主要プロバイダにて取り扱いが開始しています。WiMAX HO ...

続きを見る

おすすめWiMAXルーターはこれだ!

おすすめのルーターは3年契約プランと2年契約プランで少しだけ選択できる機種が違うのでそれぞれのおすすめを別々に紹介します。

3年契約プランと2年契約プランって何?って人はここを読んでください

「3年契約」プランの特徴

  • その名の通り契約が3年間継続する
  • そのため「2年契約」プランよりも更新月(解約金が0円になる月)が遅く来る
  • ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)(利用した月に別途1,004円かかる)が無料になる
  • 取り扱いプロバイダが多い

「2年契約」プランの特徴

  • その名の通り契約が2年間継続する
  • 「3年契約」プランよりも更新月が来るのが速い
  • 取り扱うプロバイダが少ない

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAXの回線の電波が届かない、エリア外の場所でも「auのLTE回線」を使ってネット接続を可能にするオプションです。利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットがありますが、円田舎や山間部などでも安心して使うことでき、電波の弱いエリアへの旅行や出張中などいざというときに非常に役に立ちます

ハイスピードプラスエリアモードについてより詳しく知りたい方はこちらをどうぞ→ハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

「3年契約」プランなら「WX05」か「W05」がおすすめ

WX05の見た目

WX05

 

W05の見た目

W05

  • バッテリーを特に重視するなら「WX05
  • 通信速度と総合的なスペックを重視なら「W05

「3年契約」プランであればどのルーターも選べるのですが、最新機種のWX05と準最新機種のW05ならどちらも遜色ないくらいにおすすめです。

あえて差別化するなら「バッテリー持ち最強のWX05」、「総合力のW05」という感じでしょう。

あとWX05とW05の細かい違いですが、上り(アップロード)速度がWX05は30Mbps、W05は75Mbpsとなっています。

上り速度の違いをどう考えるかですが、オンラインで作業したり、文章や画像その他をアップロードする機会が多い方はW05にすべきです。そうでない方はほとんど違いが無いのと同じです。

以上を重視し、最後は見た目などフィーリングで選んで良いと思います。長く使うことになるはずなので好きなデザインの方がなにかと良いでしょう。

「2年契約」プランなら「W05」、「W04」、「WX03」が選択肢に

  • W05の見た目W05
  • W04W04
  • WX03

2年契約のギガ放題プランで契約するなら、「W05」「W04」、「WX03」が選択肢となります

※注意

W05を2年契約で扱っているプロバイダはとくとくBBカシモWiMAXのみです。

WX03BIGLOBEしか取り扱っていません。

WiMAXルーターは新機種が登場するたびに操作性もよくなり、バッテリー持ちも向上しており、現行の機種はどれもポケットWi-Fiとしての機能は十分すぎるほどです。

どれを選んでも後悔はしません

ただこの中でなら、一番おすすめなのは最新機種で速度などの性能が良いW05です。

縦持ちできて扱いやすいルーターが欲しいならW04がおすすめです。また、W04は通信速度が速いのもうれしいところです。

よりバッテリーを気にするならWX03が良いでしょう。

W05、WX04、W04、WX03、W03の対応回線の違いについて

WX04、W04、WX03、W03では対応する回線の種類に違いがあります。

「WX03」はWiMAX 2+(主回線)の回線のみに対応していますが、

「WX04」「W05」「W04」はWiMAX 2+(主回線)とau 4G LTE(補助回線)の2つに対応しています。

エリアの観点からみるとWX04、W05、W04が補助回線がある分より広範囲となります。

ただ、au 4G LTE回線を利用する場合は「ハイスピードプラスエリアモード」というモードに設定し、利用月に追加料金として1005円支払う必要があります。利用できる通信量も月7GBまでとなります。そしてなぜかau 4G LTE回線で7GBの上限まで利用してしまうと、主回線であるWiMAX 2+も(ギガ放題だとしても)その速度の制限対象になってしまう(au 4G LTE回線を7GB以上利用すると通信速度が128Kbpsになる)というわけのわからない制約までついてきます。

そのため、au 4G LTEは本当に緊急の時以外は使わないようにしましょう。

最新ルーターを選べるプロバイダを紹介

最後に「WX05」を始めとする最新ルーターたちを選べるプロバイダを紹介します。詳細ページへリンクしてあるので、ルーター選びと同時にプロバイダ選びの参考になればと思います。

ここでは簡易的に紹介していますが、より詳しくおすすめプロバイダを知りたい場合はこちらをどうぞ→WiMAXで絶対に失敗させないプロバイダ全社比較とおすすめプロバイダ6選と契約人気ランキング

WiMAXに関する比較・総合まとめページとなっています。

Broad WiMAX

Broad WiMAXはちょっと特殊なプロバイダで、月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがありません。

それでも、3年間の利用では他のプロバイダと遜色ないお得さです。そして3年間を過ぎた後はその月額料金の安さから他と比較してお得度が増していくプロバイダです。

WX05でもそれは変わらず。W05やWX04と全く同じ料金体系です。

So-net同様最新機種を最大限お得に使えるプロバイダなのです。

Broad WiMAX詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

Web限定キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

So-net

現在Broad WiMAX同様月額料金割引に力を入れていて安心感のあるプロバイダです。

受け取り率が20~30%程しかなく安定感のないキャッシュバック特典を廃止しユーザーがより安心して契約できるように配慮されています。

プロバイダとしての信頼性もWiMAXプロバイダの中ではトップクラスですし、サポートもどこよりも充実しています。

So-netは最新機種でも過去の機種でも同様のキャンペーンを行っていることで有名です。

So-net詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

Web限定キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

「CA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOの違いについて知ろう!」まとめ

いかがでしたでしょうか。

CAと4×4MIMOの説明から飛躍してルーターの選び方まで書いてしまったので長くなってしまいました。

でも、通信方式の違いとルーターの違いは重要だったのでセットで解説させていただきました。

WiMAX2+の通信方式からルーターそれぞれの特徴などが分かっていただけたら幸いです。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,380円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっと3,380円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感もSo-netの良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から22ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

-WiMAXルーター, WiMAX基礎知識
-, ,

Copyright© ワイマックス比較!おすすめプロバイダ6選 , 2018 All Rights Reserved.