ドッグカメラ(Furbo)はWiMAXでも使えるのか?注意点や光回線とWiMAXの違いを解説

更新日:

眠そうなレトリーバー

ドッグカメラとして有名なFurboは光回線で使うことが推奨されています。

そのため、WiMAXを使っている人やこれからWiMAXをネット回線として使ってみようと考えている人にとっては、WiMAXでもドッグカメラが使えるのかどうか気になりますよね。

愛するペットの状態がネット回線のせいで見れなくなったら絶対に嫌です。

料金の高い光回線にするべきなのかどうかも踏まえてWiMAXとドッグカメラの関係について解説します。

結論:ドッグカメラはWiMAXでも使える

ドッグカメラは必要なアップロード速度が1Mbp以上となっています。

もちろん光回線であれば全く問題ないですが、WiMAXでもアップロード速度は5~15Mbpsほど出るのでドッグカメラを使うのに全く問題ありません。

しかし、WiMAXで問題になってくるのは通信量についてです。

WiMAXの通信速度制限には注意が必要

WiMAXには通信量制限が存在します。

3日間で10GB以上の通信量を使ってしまうと、翌日の1Mbpsの通信速度に制限されます。↓の図はWiMAXの速度制限のイメージです。

WiMAXの速度制限の利用イメージ詳細

通信速度制限されていても、画質を落とせばドッグカメラは問題なく使えます

ただ、より良い画質でペットの状態を知りたい人は、通信制限にかからないようにWiMAXを使用しなければいけないことは知っておいたほうが良いです。

ちなみに10GBでどれくらいのことができるのかというと↓の表が目安となります。

内容 画質 データ量 10GBでの視聴可能回数
YouTube (5分間) 超高画質 (フルHD:1080p) 約113MB 約88回 (約7時間)
高画質 (HD:720p) 約60MB 約166回 (約13時間)
標準画質 (SD:480p) 約17.5MB 約570回 (約47時間)
低画質(240p、144p) 約10MB 約1,000回 (約87時間)

YouTubeの動画だとこのくらいになります。

内容 データ量 10GBでできる回数
ウェブページ 約2.5MB 約4,000回
テキストメール 約30KB 約333,333回
Google Map 約3MB 約1,000回

動画以外だとこれくらいです。これらの用途であれば10GBに到達するのはまず不可能です。

これ以上の使い方をすると10GBを超えてしまいます。

当然ドッグカメラを長時間見続けることも動画視聴と同じで通信量を多く使ってしまうので、1回の監視時間も5分以内にとどめておくのがよいでしょう。

ドッグカメラはどちらかというと光回線のほうが間違いがない

もしもWiMAXの通信量制限に引っかかるネットの使い方をする人であれば、WiMAXでドッグカメラを使用することは避けたほうが賢明です。

WiMAXよりも光回線のほうが毎月の費用が掛かってしまいますが、通信制限がない分いつでも高画質でしかも何分でも出先でドッグカメラの映像を見ることができます

WiMAXと光回線の違いは通信速度にはそこまで差がありません。

なのでどちらでもドッグカメラを使うには充分です。

しかし、WiMAXには通信速度制限があるので、注意が必要ということです。

アップロード速度の速いWiMAXのルーター紹介

もしWiMAXでドッグカメラを使用するなら、アップロード速度の速いルーターを選ぶことをおすすめします。

ドッグカメラはスマホなどにライブ映像を届けるのに、映像をアップロードするため、重要なのはルーターのアップロード速度となります。

現在アップロード速度が速いWiMAXのルーターは「W06」と「L02」という機種があります。

W06について

W06の正式名称は「Speed Wi-Fi NEXT W06」といいます。

W06は持ち運び可能な小型ルーターで、小型ルーターの中では現時点でアップロード速度が一番速いです。

WiMAXの小型ルーターの中では最新機種で、アップロード速度以外にもダウンロードの速度も1番で、通信速度にこだわる人にはおすすめの機種となっています。

持ち運びでき出先でも使えるルーターですが、ドッグカメラのことを考えると家の中に置いておくことになるので、小型である利点は失われてしまうことは留意しておく必要があります。

ただ、ペットともに外出する場合に持ち運びできるネット回線として、小型ルーターの場合は利用できる利点もあります。

Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT W06の全まとめ|WX05,W05との比較、スペック、新機能

WiMAXのモバイルWi-FiルーターのWシリーズの最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」が2019年1月24日に発売されました。UQWiMAX及び各プロバイダで取り扱いが開始しています ...

続きを見る

L02について

L02の正式名称は「Speed Wi-Fi HOME L02」といいます。

L02はW06と違い、持ち運び出来ないルーターになります。

光回線と同様に家で使う専用の固定ルーターになります。

L02の最大の特徴は通信速度で、アップロード速度もWiMAXの固定ルーターの中では一番速いです。

固定ルーターは持ち運びできない分、小型ルーターよりも通信が安定します。

ドッグカメラの映像も画質が安定しやすいです。

WiMAXでドッグカメラを使用する場合は家の中で使うことになるので、L02が最適な機種となります。

WiMAXを外で利用することがない場合はL02にすることをおすすめします。

Speed Wi-Fi NEXT L02
Speed Wi-Fi HOME L02の全まとめ|スペック、新機能、HOME 01との比較、L01sから進化した部分はどこか?

WiMAXのホームルーターの最新機種「Speed Wi-Fi HOME L02(スピードワイファイホームエルゼロツー)」が2019年1月24日に発売されました。UQWiMAX及び各プロバイダで取り扱い ...

続きを見る

WiMAXに関する参考記事

WiMAXの通信制限についてもう少し詳しく知りたい方向け

なるほどとうなづく猫
WiMAX2+の「3日10GB」通信制限は厳しい?意外とそうでもない?速度はどう?ビジネスマンには特におすすめ

WiMAXを契約するにあたって、通信制限、通称「3日10GB制限」が気がかりという方は多いのではないでしょうか。 はたして、この通信制限はユーザーにとって厳しい物なのか、はたまた全く気にする必要のない ...

続きを見る

WiMAXを光回線の代わりに固定回線として使えるのかどうかについて

Speed Wi-Fi HOME L01
WiMAXが固定回線として使えないと思っている人へ伝えたいWiMAXの良さ、メリット・デメリットとおすすめプロバイダについて

WiMAX(ワイマックス)は固定回線として使えないと思っていませんか? 本当にそう思っているのなら、ちょっと認識を改めたほうが良いでしょう。 今のモバイルはスゴイですよ!ちょーー速いんですから。 昨今 ...

続きを見る

まとめ

WiMAXでもドッグカメラを問題なく使うことができます。

ただし、通信制限があるので、派手にネットを使う方には不向きです。

ネットをよく使う人はランニングコストがWiMAXよりもかかってしまいますが光回線にすることをおすすめします。

もしWiMAXでドッグカメラを使うなら、アップロード速度の速い「W06」や「L02」を選ぶことをおすすめします。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番失敗なく安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料で契約キャンセルできるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く、解約金が高いなどのデメリットもないためWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,100円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX実践・検証
-, ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.