「どんなときもWiFi」3日・月間制限なし!日本でも海外でも使えるモバイルWiFiがすごい!

更新日:

どんなときもWiFi

公式:どんなときもWiFi

3日制限や月間のデータ容量に縛りのあるのが常識なモバイル・ポケットWiFiですが、そんな縛りや制限がなくなったらうれしいと思いませんか?

この記事で紹介する「どんなときもWiFi」はそういった縛りなく割とリーズナブルに利用できるポケットWiFiサービスです。

「どんなときもWiFi」とは

だんだんとシェアを伸ばしているWiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」。

その関連会社である株式会社グッド・ラックが提供する新しいポケットWiFiサービスが「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFiはSIMカードの差し込み不要でインターネットを利用できる「クラウドSIM」という仕組みを利用した「クラウドwifi」というジャンルの新しいポケットWiFiです。

クラウドSIMの仕組み

クラウドSIMの仕組みにより、日本のみならず世界のどこでも、一つの端末(モバイルルーター)で最適な回線を自動で探し出し、通信することができます

公式:どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」のメリット

クラウドSIMの仕組みにより、他のポケットWiFiサービスにはない、どんなときもWiFiにはいろいろなメリットがあります。

3日・月間の縛りなし

どんなときもWiFiはデータ容量無制限

「どんなときもWiFi」が他のポケットWiFiサービスと一番大きく違うのは通信量の縛りがないところです。

通常のポケットWiFiサービスは月間の通信量に上限があったり、月間の容量が無制限でも3日間での容量制限があったりします。

ですが、どんなときもWiFiではそのどちらもなく、月間の容量は無制限ですし、3日間で何GBとかの縛りもありません。

いつでも、どこでも、いくらでもデータ通信が行えます。

ポケットWiFiはどこでもインターネットができて便利ですが、データ容量がネックだったヘビーユーザーに親和性の高いポケットWiFiサービスとなっています。

3大キャリア対応

どんなときもWiFiは3大キャリア対応

ソフトバンク/ドコモ/auのLTE回線に対応。ご利用いただくエリアや建物の環境によって最適な通信キャリアの回線を自動で掴みます。

どんなときもWiFi公式より

クラウドSIMの仕組みにより、「どんなときもWiFi」はdocomo、au、SoftbankのLTE回線に対応しています。

どこにいても常に自動で3つの内から最適な回線を選び接続してくれます。

エリアやその場所での通信強度などは大手3キャリアでもほんの少しずつ違います。

普通のポケットWiFiでは1キャリアのLTE回線しか対応していないので、通信速度が遅かったりつながりにくい地域があったりしますが、「どんなときもWiFi」ならその弱点を他のキャリア回線で補うことができます。

「どんなときもWiFi」は他のポケットWiFiサービスよりもエリアが少し広く、通信の安定性が向上していると考えるとわかりやすいです。

なんと海外でも設定なしでそのまま使える

どんなときもWiFiは海外でもSIMカード入れ替えなしで使える

クラウドSIMの能力は海外でも発揮されます。

海外のLTE回線もクラウドSIMなら自動で最適な回線を探し出し、接続することができます。

他の海外用ポケットWiFiサービスのように現地の回線に合わせてSIMカードを購入し設定する必要はありません。

国内でも海外でも「どんなときもWiFi」の端末(モバイルルーター)があれば電源をONにするだけで接続完了なのです。

シンプルなプラン設計

この後プランについては詳細に解説しますが、「どんなときもWiFi」のプラン設計はいたってシンプルです。

それもそのはずで、クラウドSIMの仕組みにより、データ容量の制限がないため、みんな一律の同じプランに加入することになります。

なのでプランは必然的に1つになり分かりやすくなります。

口座振替で支払いができる

プラン設計と関連しますが、ポケットWiFiはクレジットカードだけでしか支払いができないサービスが多い中、「どんなときもWiFi」は口座振替で支払いが可能です。

ただし、クレジットカード払いの場合よりも料金が高くなってしまうことに注意です。

「どんなときもWiFi」のプラン料金

「どんなときもWiFi」プランは1つで料金は以下のようになっています。

どんなときもWiFiのクレジットカード支払いの月額料金詳細

どんなときもWiFiの口座振替支払いの月額料金詳細

支払い方法 利用開始月 1~24か月目 25か月目以降
クレジットカード 3,280円の日割り 3,280円 3,980円
口座振替 3,980円の日割り 3,980円 4,410円

「どんなときもWiFi」は契約期間が2年でその間はWiMAXや容量制限のあるポケットWiFiにも匹敵する、かなり安い料金で使うことができます。

クレジットカード支払いの場合の通常月額は3,480円ですが、現在キャンペーンにより毎月200円割引となり上記の月額料金となっています。

口座振替での支払いもできることが「どんなときもWiFi」のメリットですが、料金はクレジットカード支払いの場合と比べると毎月700円も高くなってしまい、割高感が否めません。

ただ、クレジットカードを持っていない人やどうしても支払いにクレジットカードを使用したくない人のポケットWiFiの選択肢としては、WiMAXやその他のポケットWiFiサービスと比べると、かなり優良な部類のサービスであることは間違いないです。

公式:どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」は法人でも契約できる

法人でも個人と同じプランと料金で契約することができます。

法人でもクレジットカード支払いか口座振替かを選ぶことができます。

また、法人では請求書での支払いにも対応しています。手数料は300円かかりますが、会社の経費としてしっかりと請求書が残るのは経理作業がしやすくなるため、良い点かもしれません。

「どんなときもWiFi」の月額以外の契約に関係する料金

月額料金は安めでどんなときもWiFiのメリットを考えたらお得ですが、それ以外の料金はどうでしょうか。

事務手数料

事務手数料は契約の時に最初だけかかる料金で、ポケットWiFiやWiMAXなどモバイル型のネット回線の契約であればどのサービスもかかるものです。

「どんなときもWiFi」も例にもれずあります。

料金は3,000円と他のサービスと全く同じ金額となっています。

特に事務手数料が高いということもないですね。

端末代

モバイルWiFiはネットに接続するための端末(モバイルルーター)が必要です。

端末は契約後家に送られてくるのですが、サービスによって貸出(解約後返却の必要あり)なのか買い切り(解約後返却の必要なし)なのかに分かれます。

「どんなときもWiFi」は貸出型で解約後返却する必要があります。

端末代は0円です。

しかし、あとで解説しますが、契約途中で故障したりしてしまうと端末代18,000円を支払う必要があります。

新しい端末は無料でレンタルできますが、故障したらその都度18,000円を支払う必要があるので注意しましょう。

契約解除料(解約金・違約金)

契約期間の途中で解約すると契約解除料がかかります。いわゆる違約金とか解約金とか呼ばれるものです。

「どんなときもWiFi」の契約解除料はポケットWiFiサービスの平均的な金額で以下のようになっています。

期間 契約解除料
0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)
26ヶ月目以降 9,500円(税抜)
更新月 0円

「どんなときもWiFi」に限らずポケットWiFiはこのように契約解除料が高く設定してあるため、早期解約がしづらくなっています。

契約する際は長期で利用する見通しがある人だけが契約するようにしましょう。

端末詳細「U2s」

端末のスペックはどのようになっているでしょうか。見てみましょう。

見た目

U2sの見た目

シンプルなデザインで、カラーはグレーとゴールドの2色となっています。

ゴールドはiPhoneなどスマホのゴールドに近い色合いとなっています。

グレーは光沢のあるグレーでスタイリッシュさや高級感があります。

スペック詳細

スペックは以下の通りです。

端末名 U2s
大きさ W127 x H65.7 x W14.2 mm
重さ 151g
下り最大 150Mbps
上り最大 50Mbps
連続通信時間 12時間
バッテリー容量 3,500 mAh
WiFi対応規格 IEEE802.11b/g/n
端子 USB2.0ポート
対応周波数帯 LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
LTE-TDD Band: 38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
CDMA/EVDO: BC0/BC1
製造元 uCloudlink

この端末のいいところ

操作が簡単

U2sは操作が簡単で、必要な操作は電源を入れるだけです。

タッチパネルなどはなく、余計なボタンもないです。

電源を入れるだけで自動で回線につながるクラウドSIMならではのシンプル設計となっています。

バッテリー容量が多い

バッテリー容量は3,500 mAhで連続通信時間は12時間とポケットWiFiの中では最大レベルです。

外で利用することの多いポケットWiFiはバッテリーが命です。

この部分がしっかりしているのは、あるいみこの端末の一番いいところかもしれません。

ただ、最適な回線を自動で探し出すため、その頻度によってはバッテリー消耗が早まる可能性があることに注意しておきましょう。

わりと上り速度が速い

上りの通信速度がポケットWiFiの端末の中ではわりと速いほうです。

文章や画像、映像などをアップロードする際に上り速度が遅いと、それだけ作業が中断されてしまします。

なので、速めなのはうれしいところです。

この端末の良くないところ

下りの通信速度があまり速くない

下り最大(ダウンロード)150Mbpsと他のポケットWiFiサービスと比較すると数字的にはかなり遅いです。

他のポケットWiFiサービスの下り最大速度は大体400Mbpsほどあり、U2sはそれの半分以下です。

これらの数字は理論値なので、実際に使う上ではそこまで速度の差は感じないはずですが、やはり他のポケットWiFiサービスよりは通信速度が遅い瞬間が多くなると思われます。

対応しているWiFi規格が古い

通信速度とも関連しますが、この端末は新しいWiFi規格には対応していません。

対応しているのは「IEEE802.11b/g/n」までで、最新で通信速度の速い11acに対応していないのは痛いです。

これにより端末とスマホやPCとのWiFiの速度が下がるため結果的に通信速度が他のポケットWiFiサービスに比べると下がってしまいます。

端末が大きい

他のポケットWiFiのルーターに比べて大きいのがU2sの最大の欠点です。

当然大きいので重さもそれなりです。

他のポケットWiFiの端末に比べると大きい3~4周りほど大きく、5~6インチのスマホと同じぐらいの大きさがあります。

持ち運びを考えるとポケットには入りづらく、カバンのポケットも少し大きめのところにしか入らないのはちょっと面倒ですね。

「どんな時もWiFi」のデメリット

「どんなときもWiFi」は優れたポケットWiFiサービスですが、メリットばかりではありません。

デメリットもあるので契約の際は考慮する必要があります。

ルーターは貸出

 新品の端末をレンタルで無料貸し出しとなります。解約時に返却必須となり、返却期日までにご返却頂けない場合、返却時故障している場合は機器損害金18,000円を請求する場合があります。

どんなときもWiFi公式より

ルーターが貸出なので解約した後に端末が手元に残りません。

そして貸出なので、契約途中で故障してしまったら、端末代を支払う必要があります。WiMAXのように故障しても中古端末を安くショップで購入して利用再開というふうにはいきません。

故障したら18,000円の代金を支払う必要があるので注意して使用するようにしなければいけません。

WiMAXなんかは端末の返却が必要ないので、中古品として売りに出したり、ルーターが対応している格安SIMなどのSIMカードをさして新たにモバイルルーターとして再利用することができます。

返却された「どんなときもWiFi」の中古端末は保証の際の貸し出し機器として再利用されています。

通信速度が他のポケットWiFiに比べると遅い

端末(モバイルルーター)のところでも言及しましたが、ネット回線として重要な下り(ダウンロード)の速度が遅いです。

さらにWiFi規格も最新のものに対応しておらずそれも通信速度の遅さをさらに増長します。

ただ、実際使ってみると、動画視聴もウェブサイト閲覧も全く問題ないはずです。

動画視聴に関しては最大画質にするとカクつく可能性は否定できませんが、損場合は画質を1段階下げれば問題なくなるでしょう。

若干料金が高い

WiMAXや通信容量の制限があるポケットWiFiに比べると若干ですが料金が高く設定されています。

現在は月額200円割引キャンペーンを行っているためWiMAXなどと同等の料金になっていますが、キャンペーンがない場合の料金は少し高く感じると思います。

ただこれも、「どんなときもWiFi」の3日・月間通信制限がないというメリットを考えると全然安いと思われます。

海外での利用は別途料金がかかる

「どんなときもWiFi」はクラウドSIMなので特別な操作なく海外でもそのままネットに接続することができます。

しかし、海外での利用は通常の月額料金に加えて特別料金がかかります。

利用した日数に応じて料金が加算される仕組みになっています。

肝心の料金は地域によって2つに分けられています。

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米をはじめとする69ヵ国

どんなときもWiFiの海外利用料金1アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米

アジア・オセアニア26地域 韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー
ヨーロッパ41地域 オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島
北米2地域 アメリカ・カナダ

中東・南米・アフリカなどの37ヵ国

どんなときもWiFiの海外利用料金2中東、南米、アフリカ

中東7地域 UAE・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン
中米・南米17地域 コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ
アフリカ13地域 南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス

料金は高い

先進国を含む地域でネットワーク設備が整っている国が多いアジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米では1,280円/日、ネットワーク設備がまだ完全ではない発展途上国の多い中東・南米・アフリカでは1,880円/日と地域によって金額に差があります。

旅行や出張で行くことの多いアジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米は中東・南米・アフリカに比べると安くなります。

ただ、それでも他の海外ポケットのほうが1日当たりの料金は安くなります

「どんなときもWiFi」の特徴は料金が高い代わりに1日のデータ容量が無制限なところです。

他の海外ポケットWiFiサービスは1日のデータ容量に上限があります。そして、国ごとに契約してSIMカードを入れ替える必要があります。

こういった違いがあるので、料金を高いと思うかどうかはその人の用途次第になります。

海外旅行・出張で使えるポケットWi-Fiまとめ
海外旅行・出張で使えるレンタルのポケットWiFiおすすめ7選

海外旅行・出張でもインターネット回線はなくてはならないですよね。 現地の名産品、お店を調べたり、マップを開いてナビを行う際もネットにつながってないとできません。 InstagramやTwitterに現 ...

続きを見る

大容量のデータ通信を行うと通信制限がかかる

公式には以下のような注意書きがなされています。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。

どんなときもWiFi公式より

大体どのポケットWiFiでもこのような注意書きがかかれているのですが、そのどれもがどのくらいの容量の通信を行うと制限に引っかかるのかが明記されていません。

制限がないと謳っておきながら、実際はあいまいな表記にして、WiMAXやその他制限の明確な表記のあるポケットWiFiよりも制限が厳しいなんてことがあります。

「どんなときもWiFi」も大容量通信というのがどれくらいの容量を指すのか明確でないため、3日制限がないといっても実際はどうかわかりません。

この点は契約前に頭に入れておかなければいけないポイントです。

「どんなときもWiFi」はこんな人におすすめ

「どんなときもWiFi」は3日・月間容量制限がネックでポケットWiFiサービスを契約しにくい比較的ヘビーユーザーにおすすめなポケットWiFiサービスです。

また、3日・月間容量制限に悩まされていた既存のポケットWiFiサービス利用者にも乗り換え先としておすすめできるポケットWiFiサービスとなります。

特に動画をよく見る人にとっては月間の容量は無制限でも3日制限が厄介です。

これが無いことによって見放題となるので、手軽に導入できて文字通り容量無制限で使えるネット回線として今現在唯一といっていいネット回線サービスといえるでしょう。

WiMAXや他のポケットWiFiと比べてどう?

WiMAXは月間の容量は無制限ですが、3日制限がありヘビーユーザーには向いていません。

その代わり月額料金が「どんなときもWiFi」よりも安いです。

WiMAXはその安い料金によりポケットWiFiの中では一番おすすめできるサービスです。

参考:WiMAXの料金比較など

他のポケットWiFiサービスはコストパフォーマンス的にWiMAXよりは劣ります。

そのためライトユーザーから中間層のユーザーまではWiMAXを利用するのが料金的にもおすすめで、ヘビーユーザーは「どんなときもWiFi」を利用するのが選択肢としてベストなのではないかと思います。

まとめ

「どんなときもWiFi」はクラウドSIMという仕組みにより、国内でも海外でも使え、容量制限もなくなりました。

3日・月間容量制限のない文字通り容量無制限のポケットWiFiサービスです。

これまで3日・月間容量制限がネックだった人はこの機に「どんなときもWiFi」を検討してみてはいかがでしょうか。

ヘビーユーザーに特におすすめのポケットWiFiです。

公式:どんなときもWiFi

ライトユーザーはWiMAXのほうが安いのでWiMAXをおすすめします。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番失敗なく安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料で契約キャンセルできるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く、解約金が高いなどのデメリットもないためWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,100円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-国内ポケットWiFi
-, , ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.