WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ6選

Speed Wi-Fi HOME L02の全まとめ|スペック、新機能、HOME 01との比較、L01sから進化した部分はどこか?

更新日:

Speed Wi-Fi NEXT L02

WiMAXのホームルーターの最新機種「Speed Wi-Fi HOME L02(スピードワイファイホームエルゼロツー)」が2019年1月24日に発売されました。UQWiMAX及び各プロバイダで取り扱いが開始しています。

この記事では「Speed Wi-Fi HOME L02」の機能やスペックなどをまとめて、「Speed Wi-Fi HOME L02」がどのようなルーターなのか解説しています。

また、少し前に発売された同じホームルーターの「WiMAX HOME 01」とのスペックや機能の比較も行って、より「Speed Wi-Fi HOME L02」がどのようなルータなのかを分かりやすく紹介しています。

「Speed Wi-Fi HOME L02」について知りたい方や、他の機種との違いなどを知りたかたにおすすめの記事となっています。

Speed Wi-Fi HOME L02のすごいところ|新機能やL01sから進化した部分

Speed Wi-Fi HOME L02のすごいところ

  • 最大1Gbps!超速い通信速度
  • 360度カバーできる4本の高性能アンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング搭載
  • スマホアプリで簡単に設定や機能を変更・管理できる
  • コンセントを指すだけで利用開始できる
  • 簡単引越し機能

最大1Gbps!超速い通信速度

L02の最大通信速度

LANケーブルをつないだ状態で通信を行う場合、最大で1Gbpsという速い部類の光回線と同等の速度になります(あくまで理論上ですが)。1Gbps超えるのは無線通信のインターネットでは初めてではないでしょうか(光回線は光ファイバーケーブルが家まで届いている)。

無線の状態で通信しても、最大で867Mbpsという速度が出ます。

ただし注意しなければならないのは、あくまでフルパワーで通信をした場合であることです。

L02の出せる最高速度の仕組み

上の図のように、au 4G LTEという補助回線を併用した状態で通信を行うことによって、受信側のアンテナ数が増え、それを同時利用することによって通信速度を疑似的に上げています。

au 4G LTE回線はハイスピートプラスエリアモードという追加料金のかかるオプションを利用することによって使えるようになります。

au 4G LTEの関東地方のエリア
ハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

速い ハイスピードプラスエリアモードとは何でしょうか? 普段は通常モードであるハイスピードモード(WiMAX2+)で充分問題ないですよね。 ではこの「ハイスピードプラスエリアモード」って何のためにある ...

続きを見る

しかし、このハイスピートプラスエリアモードには欠点があり、月に7GBの通信容量までしか利用できません。

それを超えるとWiMAX2+とau 4G LTE両方の回線に通信速度制限がかかります。そのため、ほとんどの場合使うことのないオプションになります。

なのでL02を実際に使用する場合は通常モードの最大通信速度の558Mbpsで使うことになります。

360度カバーできる4本の高性能アンテナ

L02は家の中360度電波を飛ばすことができるアンテナを備えている

L02では高性能なアンテナにより家の中のどこにでもまんべんなく電波を飛ばすことができるようになっています。

ホームルーターはその名の通り、家の中で使う用のルーターなので、この機能が強化されているのはうれしいところです。

Wi-Fi TXビームフォーミング搭載

L02のビームフォーミング機能

L02にはビームフォーミング機能が備わっています。

これまでの、Wi-Fiの電波は家の中に幅広く飛ばすことができますが、より高速な通信を求めるなら、ビームフォーミング機能を使って、スマホやパソコンなど端末がある方向に集中して強力な電波を飛ばすこともできます。

端末側でビームフォーミング機能に対応している必要がありますが、もし対応している場合はこの機能を使うことによって、通信速度が30%ほど速くなります

スマホアプリで簡単に設定や機能を変更・管理できる

スマホアプリからいろいろと設定が可能

L02では「HUAWEI HiLink」という専用のスマホアプリから通信の状態を確認したり、ルーターのオンオフからモードの切明などあらゆる設定が変更できます。

ホームルーター本体にはスイッチ類が無く、そのままでは設定を行えません。

なので、リモコン代わりになる「HUAWEI HiLink」は必須といえるでしょう。

コンセントを指すだけで利用開始できる

L02はインターネット開始が簡単

これはL02に限った話ではありませんが、ホームルーターはいずれもコンセントを指して電源をオンにするだけで、勝手にインターネットが使えるようになります。

スマホやパソコンなどからSSIDを入力すれば、ホームルーターとWi-Fiを接続できます。

そうすれば設定は終了で、その時点からインターネットに接続可能になります。

簡単引越し機能

L02の簡単Wi-Fi設定引越し機能

L02にはWi-Fi設定を前のルーターからそのままコピーしてルーターの移行を楽にしてくれる機能が搭載されています。

これにより、W06に接続する場合スマホやパソコン側でWi-Fi設定(新たにSSIDを入力するなど)を切り替える必要がありません。

「WiMAX HOME 01」と「Speed Wi-Fi HOME L02」のスペック比較

ホームルーターのスペック比較表

名称 Speed Wi-Fi HOME L02  WiMAX HOME 01 Speed Wi-Fi HOME L01s
デザイン L02の見た目 HOME 01 Speed Wi-Fi HOME L01
重さ 約436g  約338g L01s 約450g
大きさ 約H178×W93×D93mm  約H155×W70×D100mm  約H180×W93×D93mm
回線の種類 WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大通信速度 867Mbps  440Mbps 440Mbps
上り最大通信速度  75Mbps 75Mbps 30Mbps
最大接続台数 42台 22台 42台
WiFi対応接続方式 IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
WiMAXハイパワー × ×
ビームフォーミング 〇  ×
NFCタッチ接続 × ×
スマホ確認・設定  〇 △(確認のみ)
簡単引越し ×
メーカー HUAWEI NECプラットフォームズ HUAWEI

Speed Wi-Fi HOME L02のスペック的特徴

前機種Speed Wi-Fi HOME L01sから進化したところ

スペック的に進化したのは実質的に上り(アップロード)の通信速度だけです。

下りのスピードも上がっているように思われますが、L02の下り最大867Mbpsというのはハイスピードプラスエリアモードという限定的な通信モードをオンにした状態で発揮される最大速度だからです。

au 4G LTEの関東地方のエリア
ハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

速い ハイスピードプラスエリアモードとは何でしょうか? 普段は通常モードであるハイスピードモード(WiMAX2+)で充分問題ないですよね。 ではこの「ハイスピードプラスエリアモード」って何のためにある ...

続きを見る

ハイスピードプラスエリアモードについては上の記事で詳しく書いていますが、このモードは基本的にホームルーターでは使用しないものです。ほぼモバイルルーター用の機能です。

そのため、L02も普通の使い方では実質的にL01sと同じ440Mbpsとなります。

最大接続台数が多い

必要かどうかはさておき、42台というのは多いですね。

多すぎますね。オーバースペックですが、それだけWi-Fi性能が高く余裕があるということでしょう。

ちなみに5GHzのWi-Fi電波が最大20台接続可能で、2.4GHzのWi-Fi電波が最大20台接続可能という内訳になっています。

なので高速で電子レンジや隣の家のWi-Fi電波と干渉しにくい5GHzの電波で通信しようと思ったら最大20台までとなります。

WiMAXハイパワー機能が搭載されていないことが惜しい

少し前に発売した同じホームルーターの「WiMAX HOME 01」では搭載されていた、WiMAXハイパワー機能。

この機能は電柱などに設置されているWiMAXのアンテナとの電波のやり取りのパワーを向上させるもので、搭載されているルーターは通常よりも電波の弱い場所でも受信が可能になり、WiMAXアンテナからの受信速度が50%上昇します。

これが「Speed Wi-Fi HOME L02」には搭載されていないことは、通信性能的に少し残念なところです。

モバイルルーターのスペックとホームルーターの違いは?

ホームルーターとモバイルルーターってなにが違うの?と思っている方もいるかもしれません。

そういった方向けに、モバイルルーターのスペック比較表も載せておきます。

モバイルルータースペック比較表

機種名  W06 WX05
WX04
(3年プラン限定)
W05
デザイン   WX05の外見 WX04アクアブルー、クリアホワイト W05
発売日 2019/1/24 2018/11 2017/11 2018/1
 重さ 約125g 128g 128g 131g
 大きさ 約 W128 ×H64 ×D11.9mm 約 W111 ×H62 ×D13.3mm 約 W111 ×H62 ×W13.3mm 約 W130 ×H55 ×D12.6mm
SIM
サイズ
Nano Ic Nano Ic Nano Ic Nano Ic
下り最大通信速度 558Mbps
(LTE使用時867Mbps)
440Mbps 440Mbps 558Mbps
(LTE使用時758Mbps)
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps 30Mbps 75Mbps
WiMAX2+
au4GLTE
最大連続通信時間 7時間10分
(ハイパフォーマンス) 
8時間10分
(おまかせ一括設定:通信速度を優先)
8時間6分
(ハイパフォーマンスモード)
6時間30分
(ハイパフォーマンスモード)
 11時間40分
(バッテリーセーブ)
 14時間
(おまかせ一括設定:バッテリー持ちを優先)
13時間48分
(バッテリーセーブモード)
10時間30分
(バッテリーセーブモード)
10時間
(au 4G LTE)  
8時間
(au 4G LTE)
8時間
(au 4G LTE)
9時間10分
(au 4G LTE)
最大連続待受時間 800時間  700時間 700時間 850時間
バッテリー容量 3,000mAh
(取り外し可能)
3,200mAh
(取り外し可能)
3,200mAh
(取り外し可能)
2,750mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
16台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi)
3台
(Bluetooth)
 3台
(Bluetooth)
3台
(Bluetooth)
3台
(Bluetooth)
 メーカー HUAWEI NECプラットフォームズ NECプラットフォームズ HUAWEI

スペック表の数字でわかるホームルーターとモバイルルーターとの違いはほとんどありません。

最大接続台数がホームルーターのほうが多いというのがわかるくらいでしょうか。

ホームルーターの良いところは、Wi-Fiルーターとしてのアンテナの性能がモバイルルーターよりも高いところです。

ホームルーターはその名の通り家の中で使うこと全体の性能になっていて、一軒家でもルーター一台ですべての部屋にWi-Fiの電波が届くようになっています。

対してモバイルルーターは持ち運びできるよう手のひらに乗るくらいコンパクトなため、アンテナ性能はホームルーターよりも弱いです。そのため、一軒家ですべての部屋にもというわけにはいきません。

モバイルルーターも性能が上がってきたので、最近では家の大きさによっては電波は弱まりますが、すべての部屋に届いたりします。

ただ、それでもホームルーターのほうが、アンテナ性能に関しては上で、光回線の代わりとして導入しやすいインターネット回線を利用したいならモバイルルーターよりもホームルーターを選ぶことをお勧めします。

で、Speed Wi-Fi HOME L02は実際どうなの?

通信が速いことが最大の特徴だが・・・

通信速度が速いことがこのルーターの最大の特徴です。

しかし、この通信速度も条件付きで、ほとんどの場合この速度での運用はしません。そのため、通信速度が速いというのはあまり大きなポイントにはなりません。

それでも他のホームルーターと同等以上の通信速度なのでそこは素直に良い点です。

最大接続台数も多すぎて過剰スペック

また、最大接続台数も42台ととても多いですが、実際こんなにも多くの端末を接続することはまずありえません。

「Speed Wi-Fi HOME L02」の少し前に発売した、「WiMAX HOME 01」の22台でも全く問題はありません。

なのでこれもあまり良いところとは言えません。

Speed Wi-Fi HOME L02は前モデルのL01からそこまで変わっていない

それ以外のことを考えると、「Speed Wi-Fi HOME L02」はL01から多少機能的に進化はしていますが、特別大きな進化をしているわけではありません。

最初に解説したビームフォーミング機能やアンテナの強化が進化した部分の主なところで、それ以外はほぼ同じルーターといえます。

ではホームルーターの決め手はどこ?

L02発売時点では、WiMAXを契約する場合、選ぶことのできるホームルーターは「Speed Wi-Fi HOME L02 」と「WiMAX HOME 01」の2択となります。

「WiMAX HOME 01」の特徴としては、L02よりも100gほど軽くて大きさもコンパクトなところです。

部屋に置く際に邪魔にならないのは「WiMAX HOME 01」の方になります。

「WiMAX HOME 01」の通信速度や接続台数は必要十分で「Speed Wi-Fi HOME L02」と実用上ほとんど差はないので、最新機種だからと言って、「Speed Wi-Fi HOME L02」が必ずしもすべて優れいているというわけでもありません。

現時点で、ホームルーターを選ぶ場合は通信速度や接続台数に「気持ち的に」余裕を持っていたいなら「Speed Wi-Fi HOME L02」、より軽くコンパクトで邪魔になりにくさをを求めるなら「WiMAX HOME 01」という選択となるでしょう。

「WiMAX HOME 01」のほうが良いルーターのような書き方になっていますが、実際に通信速度がほとんど同じなら、コンパクトなほうが良いような気がします。

スペック表で示した通り、ビームフォーミング機能や通信速度など通信性能はどちらも同じですから。

「WiMAX HOME 01」の情報は以下の記事にあります。

WiMAX HOME 01のデザイン
WiMAX HOME 01の全まとめ|L02,L01sとの徹底比較!特徴・スペック・進化したところ

UQコミュニケーションズから新しいWiMAXのホームルーターが発表されました。 名前は「WiMAX HOME 01」。 また、同じWiMAXのホームルーターである「Speed Wi-Fi HOME L ...

続きを見る

新しくホームルーターの比較とおすすめを書きました↓ホームルーター選びで迷っている方はこれを参考にしてください。

WiMAXのホームルーター比較
WiMAXのホームルーター全機種比較!L02、HOME 01、L01sではどれがおすすめ?

WiMAXのホームルーターはどれにしたらよいか迷っていませんか? 回線工事が必要なくて導入が簡単だからWiMAXを固定回線代わりにと考えているけど、肝心のホームルーターはどれが良いのかわからない。 そ ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では「Speed Wi-Fi HOME L02」についての情報をまとめました。

また、同じホームルーターの「WiMAX HOME 01」とスペックや機能の簡単な比較を行いました。

ホームルーターを選ぶ際の参考になったら幸いです。

他のホームルーターの記事

WiMAX HOME 01

WiMAX HOME 01のデザイン
WiMAX HOME 01の全まとめ|L02,L01sとの徹底比較!特徴・スペック・進化したところ

UQコミュニケーションズから新しいWiMAXのホームルーターが発表されました。 名前は「WiMAX HOME 01」。 また、同じWiMAXのホームルーターである「Speed Wi-Fi HOME L ...

続きを見る

Speed Wi-Fi HOME L01s,L01

Speed Wi-Fi HOME L01s
Speed Wi-Fi HOME L01s良い・悪いところまとめ、評判・口コミ、モバイルWiFiルーターとの違い、どんな人におすすめか?Q&A集

WiMAXやWiMAX2+のルーターを調べていると、なにやらモバイルWi-Fiルーターとは別に据え置き型の大きめなルーターを発見しますよね。 これですね↓ 表側 後ろ側 このルーターはいったいなんなの ...

続きを見る

ホームルーター比較

WiMAXのホームルーター比較
WiMAXのホームルーター全機種比較!L02、HOME 01、L01sではどれがおすすめ?

WiMAXのホームルーターはどれにしたらよいか迷っていませんか? 回線工事が必要なくて導入が簡単だからWiMAXを固定回線代わりにと考えているけど、肝心のホームルーターはどれが良いのかわからない。 そ ...

続きを見る

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないとキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人は契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

-WiMAXルーター
-, , ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ6選 , 2019 All Rights Reserved.