WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

ワイマックス比較!おすすめプロバイダ6選

WiMAXや光回線・ポケットWiFiの速度測定に使えるおすすめサイト・アプリまとめ

更新日:

速度を測る

WiMAXや光回線、ポケットWiFiの速度が今どのくらい出ているのか知りたいものですよね。

ウェブサイトが速く開かなかったり、アップロードやダウンロードが遅かったりする時は通信速度をまず疑います。

速度を測定することによって、これからその回線を使い続けるかどうかの判断材料になります

なので、気になる場合は通信速度を測定するとよいのです。

今回はインターネット回線の速度を手軽に測定できるツール(ウェブサイト・アプリ)を紹介します

ただし、以下のツールで測定した通信速度はあくまで参考値で、ツールごとに結果が異なります。

いくつかのツールで測定してみて、その平均値ぐらいが正確な通信速度だと考えると良いでしょう。

面倒な場合は、だいたいの速度を知るという意味で、一つ使いやすそうなものをピックアップして、使ってみてください。

速度測定できるWebサイト

ブラウザで速度測定できるサイトを紹介します。アプリよりは不便ですが、PC・スマホ・タブレット問わず利用できるのがウェブサイトの良さです。

たまに速度を測定するだけならアプリをいちいちインストールする必要はありません。

手軽にちょっと測定してみたい人はサイトで行うと良いでしょう。

では紹介していきます。

BNRスピードテスト

BNRスピードテストトップページ画像

http://www.musen-lan.com/speed/

このサイトは見た目はカジュアルではありませんが、通信速度を測るという点においてはとても優れているサイトです。

通信速度をかなり正確に測ってくれます。

FLASHを用いて測定プログラムが動いていますが、Flashを導入していないPCやスマートフォンでも「画像読み込み版」を利用することで、測定可能です。

測定方法はボタンをクリック(タッチパネルの場合はタップ)すれば測定が開始されるので簡単

通信速度測定界ではとても有名なサイトです。

fast.com

fast.comで通信速度を測定した時の画面

https://fast.com/ja/

とてもシンプルな作りの測定サイト。VOD(ビデオオンデマンド)の大手NETFLIXが運営しているサイトですが特にNETFLIXのサービスへの誘導はありません。

ウェブページを開くと、何もしなくても勝手に速度測定が始まるようになっています。

測定もすぐ終わります。ただ、精度はそこまで高くなく、数値は実際より速めに表示されるので注意。

画面中央に通信速度が表示されるだけですが、速度を知りたいだけの人にとっては非常に分かりやすい作りになっています。

ただし、そのシンプルさゆえに、下り(ダウンロード)の測定しか行えません。でも、皆さんだいたいは下り速度が知りたいだけなので、ほとんど問題ないでしょう。

測定が終わると速度が表示され別サイトとの速度結果を比較できるように次に紹介するサイト(Speedtest.net)へ誘導もしてくれます。提携でもしているんでしょうか?よく分かりません。

SNSアイコンを押せば簡単に画像をアップロードできて共有も簡単。

Speedtest.net

Speedtest.netで通信速度を測定しているときの画面

http://www.speedtest.net/

アプリ版も存在するシンプルかつ視覚的にも速度が分かりやすい設計になっているサイト。結構人気のある速度測定サイト。

SNSに投稿する際は、測定結果が見やすい画像が自動で生成されます。

上記の画像のように、計測中、自動車の速度メーターのようなものが表示され、そこに速度が表示されるようになっています。

数字だけでなく、視覚的に、自分の回線の速度が速いか遅いかを感じることができるようになっています。

測定方法も「GO」ボタンを押すだけなのでとても簡単。

シンプルですが、分かりやすく、「Ping、下り、上り」の3つを同時に測ることができ情報量としては十分なサイトです。

ただちょっと数値は大きめに表示されるので、油断は禁物。

あと、性能は優れいているので仕方ないかもしれませんが、最近広告が多くなり使いづらくなったのはマイナスポイント。

USEN

USENスピードテストトップページ画像

http://www.usen.com/speedtest02/

回線別に測定が行える測定サイト。

フレッツ光とフレッツ光以外で分かれている。

このサイトで表示される通信速度は他のツールよりも遅く表示されがちなので、自分の回線が遅くてもあまり気にしない方が良いでしょう。

他のサイトと合わせて測定結果を比較することで真価を発揮するサイトです。

辛めな測定結果を知りたい方は使ってみるのをオススメします。

RBB SPEED TEST

RBBSPEEDTESTトップページ画像

http://speed.rbbtoday.com/

通信速度に関するあらゆる情報が網羅されているサイト。

速度を測定し、このサイトで測定した人同士の結果を見比べることができる。

どんな回線が速くか、どの都道府県が速いかなど、いろいろな要素ごとに分けた通信速度の比較結果も分かります。

RBB SPEED TESTで測定した結果を集計したグラフ

このサイトで測定した結果を集計したものをグラフなどで見ることができる。

ただいろいろな要素を比較するために、測定の時に「郵便番号」「回線の種類」を入力する必要があり、少し面倒な作りになっている

手軽に通信速度を知りたい人にはおすすめできません。

詳しく測定結果を知りたい人、本気で回線の変更を検討している方にとってはとても味方になってくれるサイトです。

使いづらい測定サイトまとめ

上記の測定サイト以外にもいろいろと測定サイトはありますが、使いづらいのが多いのでそれらをここでまとめて紹介します。注意喚起の意味で掲載します。これらのサイトはなるべく使わない方が良いでしょう。

広告が多すぎて測定がどこで行えるかぱっと見では分かりづらい

auの公式サイトだが、測定まで数ステップ画面を遷移する必要があるため面倒

測定のために新しいウィンドウが開くのがわずらわしい

NURO光とそれ以外を分けて測定できるが、郵便番号の入力も必要で、測定しても「RBB SPEED TEST」ほど情報量があるわけでもないのでオススメはしない。

正確に速度を測ることができるが、いかんせんサイトの構成が分かりづらく、測定まで何ステップも踏む必要があり、面倒なのであまりオススメはできない。

速度測定できるアプリ

スマホやタブレットで使える速度測定アプリを紹介します。

ウェブサイトは測定したいときにブラウザを開いてそのサイトへ飛ぶというように、2ステップ必要ですが、アプリなら一度インストールしてしまえば、いつでもアプリを開くだけで1ステップで測定可能です。

何回も測定したい人はアプリを入れておくと良いでしょう。

では紹介していきます。

Speedtest

Speedtestで通信速度を測っている画像

Web版でも紹介したSpeedtest.netのアプリ版。

もともとアプリ版が先です。

シンプルながらスマートな見た目で一番使われている速度測定アプリです。

Web版同様「Ping、下り、上り」の3つを測定でき十分な情報を得られる

アプリ内で広告が表示されるが、全画面を覆うわずらわしい広告は無く、下の方にバナーが出るだけなのも良い点。

広告は一度課金すれば永久的に消すことができます。

iNet Speed

iNet Speedで通信速度を測っている画像

このアプリは全部英語ですが、簡単に使える速度測定アプリです。

測定結果画面ではどの回線で測定したかも分かるようになっている点がうれしい。複数の回線につなげてみてそれぞれ測定した結果を比べることが簡単です。

サーバーを変えることによってどの国を経由して測定するかなどが選べる。

動作が軽快なのも良い点。

結果のシェアもアプリ内から簡単にできるようになっている。

広告は一度課金すれば永久的に消すことができる。

ドコモスピードテスト

ドコモスピードテストで通信速度を測っている画像

位置情報をオンにすることで、地図で周辺のdocomo LTEの平均速度が分かるアプリ。

速度を測定することがメインの機能ですが、位置情報をオンにすることで周辺にあるdocomoショップやdocomoWi-Fiのスポットの場所が分かったり、docomoLTEのエリアマップを表示することができる機能がある。

どの回線でも速度測定はきちんと行える。

測定後、周辺のdocomoLTEの速度の平均値が表示されるため自分の回線がどのくらい速いのか分かりやすい。

地図は表示されるが、GoogleMapなどの地図アプリのような機能は無い。あくまでエリアやスポットを表示する機能に限定されている。

docomoのアプリなので、docomoユーザーにはより使いやすいものになっています。

SPEEDCHECKER

Speedcheckerで通信速度を測っている画像

シンプルで使いやすい速度測定アプリ。

機能が速度測定と履歴表示のみのシンプルな作りのアプリです。

しかしながら、測定を何度も行うと全画面を覆う動画の広告が表示されてしまうのがわずらわしい。

それ以外は使いやすいアプリとなっています。

アップグレード(アプリ内課金:600円)することによって、広告を消したり、サーバーを選べたり、あらゆるデバイスで使うことができる機能が追加される。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はインターネットの通信速度を測定するのにオススメなツールを紹介しました。

Web版もアプリ版もどちらも使い勝手の良いものを紹介しました。

中にはブラウザやスマホのOSの種類によって使えないものもあるかもしれません。

自分の環境で使いやすいものを選んで、通信速度を測ってみてください。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,380円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっと3,380円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感もSo-netの良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から22ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

-WiMAX, インターネットの基礎知識
-

Copyright© ワイマックス比較!おすすめプロバイダ6選 , 2018 All Rights Reserved.