WiMAXで絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX

「SoftBank Air3」と「L01s」はどっちが優秀?比較した結果はいかに・・・

更新日:

固定回線(主に光回線)は回線を引くまでに工事等で時間がかかります。でもって、プロバイダによっては全然速くないという現状もあります。

そのため、最近自宅のインターネット回線を光回線などの固定回線ではなくWiMAXやポケットWiFiなどを使用するニーズが増えてきました

その中でも自宅専用の持ち運び不可の「ホームルーター」という種類の機種が登場したことでより注目する人が増えています。

ホームルーターで代表的なのが

  • SoftBank回線の「SoftBank Air(端末名:Airターミナル3)
  • WiMAX回線の「Speed Wi-Fi HOME L01s

の2つです。

今回はこの2つのホームルーターの性能やサービス全般の比較をしていこうと思います。

ホームルーターを契約しようか迷っている人におすすめの記事となっています。

両者の似ているところと違うところそれぞれ明らかにし、どちらがより優秀なのか見ていきましょう。

【結論】Speed Wi-Fi HOME L01sの方が優秀

結論を最初に言ってしまうと、Speed Wi-Fi HOME L01sの方が優秀です。

どちらも似た部類のルーターですが、通信速度と特にサービス関連で料金がWiMAXの方がお得なことが大きな要因です。

ネット回線として重要な速度と料金の両方がより優秀なのがSpeed Wi-Fi HOME L01sなので、ホームルーターで迷ったら、基本的にSpeed Wi-Fi HOME L01sを選べば正解となります。

では細かい比較を両者の異なるところ(差別点)と似ているところを詳しく見ていきます。

両者の異なるところ

  1. ルーター性能
  2. 回線
  3. 実質月額料金
  4. エリア
  5. 通信制限

この5つが主に両者の異なるところと言えるでしょう。

まずは表にして、性能を分かりやすくまとめ比較してみます。

名称 Airターミナル3 Speed Wi-Fi HOME L01/L01s
デザイン Speed Wi-Fi HOME L01
重さ  本体:約 550g
アダプタ:約 150g
 L01 約493g / L01s 約450g
大きさ  約 208x95x95mm  約H180×W93×D93mm
回線の種類  SoftBank 4G:AXGP,TDD-LTE
SoftBank 4G LTE
 WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大通信速度  350Mbps  440Mbps
上り最大通信速度  10Mbps  30Mbps
最大接続台数 64台  42台
WiFi対応接続方式 a/b/g/n/ac  a/b/g/n/ac
 運営母体 SoftBank  au(UQコミュニケーションズ)
 エリアの広さ
3日間の容量制限 無し  有り(3日間で10GB)
 実質月額料金  3,800円 約3,300円
 契約期間 2年(実質4年)  2年or3年
 スマホ割引(毎月) SoftBankスマホ1,080円割引  auスマホ1,000円割引

ルーターの基本性能・スペックについて

大きさ・重さ

ルーター本体の大きさはSpeed Wi-Fi HOME L01sのほうが2センチほど背が低く、それに伴い100g軽軽くなっています

Speed Wi-Fi HOME L01sの方がよりコンパクトです。家に備え付けるものですが、できれば小さい方が省スペースですむのでよいですね。

ルーター性能

アンテナからの電波をキャッチする能力はどちらも同じぐらいです。

ルーターとしての性能では最大の接続台数がSoftBank AirのAirターミナル3の方が優秀です。

ただ、Speed Wi-Fi HOME L01sの最大接続台数も42台と十分すぎるほど多いので、この点はどちらでもよいという感じでしょうか。

Wi-Fiの接続範囲ですが、これもどちらも優秀で、家全体を一台でまかなえる程には強力なので心配ないでしょう。

ルーターとしての基本性能にはほとんど差が無いと言って良いでしょう。

回線およびエリアの違いについて

サービス SoftBank Air Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)
回線の種類  SoftBank 4G:AXGP,TDD-LTE
SoftBank 4G LTE
 WiMAX2+、au 4G LTE

SoftBankは現在スマホで使われている4G LTEに対応しているため、エリア的には全く問題ないでしょう。

SoftBankAirのエリアについてはこちらで確認することができます→https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/

Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)も現在のWiMAX 2+回線はスマホ同様全国に広がっており、問題なく使うことができます。

WiMAX 2+のエリアの確認はこちらからできます→https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

WiMAX 2+に関してはこちらの記事も参考にしてください→WiMAXのエリアは大丈夫?自分の生活範囲で使えるか調べる方法!と無料お試しのやり方

通信速度の違いについて

サービス SoftBank Air Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)
下り最大通信速度  350Mbps  440Mbps
上り最大通信速度  10Mbps  30Mbps

ここに表示されているのは最大速度です。

下り回線(ダウンロード)

下り(ダウンロード)回線はSoftBank Airの場合は一部の地域でのみ350Mbpsで、基本的には216Mbpsとなります。

Speed Wi-Fi HOME L01sの場合は多くの地域で440Mbpsとなっており、速度に関してはSpeed Wi-Fi HOME L01sのほうが優位です。

この数字はあくまでベストエフォートといって、一番理想的な場合での速度となるので、実際はもっと遅くなります。

実際の速度は

サービス SoftBank Air Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)
下り最大通信速度  3~30Mbps  5~80Mbps

ほどになります。

最大値も最低値もアンテナの近くであればより速くなり、遠ければそれだけ遅くなりやすいです。

住む地域やルーターを置く場所によっても速度は変わることを覚えておくと良いでしょう。

また、マンションの高層階ではやはりアンテナから遠く、壁もコンクリートで厚いため速度低下や接続のしづらさにつながります。

上り回線(アップロード)

上り(アップロード)回線に関してもSoftBank Airは10Mbps、Speed Wi-Fi HOME L01sは30Mbpsと結構差があります。

SoftBank Airだと実際の速度は数Mbpsとなり、Instagramなど画像のアップロードを頻繁に行うSNSでは使いづらさを感じることがあるかもしれません。

最高速が30Mbpsであれば実際の速度で10Mbpsほどは出るはずなので、その辺は問題ないでしょう。

料金の違いについて

サービス SoftBank Air Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)
1月の実質料金 3,800円 約3,300円

SoftBankAirの場合はキャッシュバックなどがなく、キャンペーンで割引が適用され月々3,800円となります。

L01sの場合は契約するプロバイダにもよりますが、だいたい3,300円が平均です。プロバイダにより月額料金のみが安い場合や、月額料金はそれほど安くありませんが、キャッシュバック金額が多いため実質料金が安くなっている場合などがあります。

料金で見ると、Speed Wi-Fi HOME L01sの方があきらかに優秀です。

通信速度でもSpeed Wi-Fi HOME L01sの方が勝っているため、ネット回線として一番重要な速度と料金の2つでSpeed Wi-Fi HOME L01sの方がより優秀であるということが分かります。

契約年数について、SoftBank Airの契約年数の落とし穴

サービス SoftBank Air Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)
 契約期間 2年(実質4年)  2年or3年

SoftBank Airは契約年数が2年です。それに対しSpeed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)の場合はプロバイダによって違い2年or3年となります。

WiMAXの場合は3年契約だとau 4G LTE回線のオプション料(1,000円)が無料になります。その代わり契約期間が長くなります。

WiMAXの2年契約プランは取り扱うプロバイダが少なくなってきており、現在とくとくBBとBIGLOBEの2つのみになってしまいました。なので多くのプロバイダではSpeed Wi-Fi HOME L01sは3年契約となってしまいます。

ここまでだと契約年数が2年のみのSoftBank Airの方が縛りが少ないように見えますが、これには注意が必要です。

SoftBank Airの端末代金は分割払い(1ヶ月1,620円)で支払うのですが、割引により実質0円となります。ここまではよいですが、この分割の期間が36ヶ月あるのです。

結局2年の契約満了で解約しようとしてもそこで解約してしまうと端末代金の割引がなくなり、のこりの12回分を一括で請求されます。1,620円✕12=19,440円とかなりの金額を支払わなければいけません。

端末代を0円にしようとすると、もう2年契約を継続し割り引きを受けたままにしておかなければなりません。

これだと実質契約期間4年となってしまいます。3年継続して、端末代を支払い終えた時点で解約しようとしても違約金が9,500円かかります。

どうでしょうか、SoftBank Airはそもそも端末代が58,320円(1,620円✕36)という意味不明な値段設定されている時点であくどい気がします。

WiMAXであれば端末代は初期費用として一括で請求されますが、どのプロバイダでも初期費用割引として、端末代は0円となります。いつ契約をやめてもサービスの途中解約としての違約金は請求されますが、端末代は0円となっているので特に請求はありません

WiMAXは2年と3年のプランが選べるので、契約期間の縛りについてもWiMAXの方が分かりやすくかつ緩いといえます。

通信制限の違いについて

サービス SoftBank Air Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)
3日間の容量制限 無し  有り(3日間で10GB)

SoftBankAirには3日間での容量制限がありません。

Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)の場合は10GBという制限があります。制限に引っかかってしまうと翌日の18時から夜中の2時の8時間速度が1Mbpsほどになってしまいます。朝から夕方までの時間帯は制限はかかりません。

このWiMAXの速度制限はあまり、厳しい物ではありません。10GBの通信量の目安は以下の通りです。

内容 画質 データ量 10GBでの視聴可能回数
 

YouTube (5分間)

超高画質 (フルHD:1080p) 約113MB 約88回 (約7時間)
高画質 (HD:720p) 約60MB 約166回 (約13時間)
標準画質 (SD:480p) 約17.5MB 約570回 (約47時間)
低画質(240p、144p) 約10MB 約1,000回 (約87時間)

毎日動画をたくさん見る人にとってはきびしいかもしれませんが、それでもかなりの時間動画を見ることができます。これは動画での指標となりますが、ウェブサイト閲覧やメールやLINEのやりとりなどは全然通信量を食わないので気にする必要はありません。

内容 データ量 10GBでできる回数
ウェブページ 約2.5MB 約4,000回
テキストメール 約30KB 約333,333回
Google Map 約3MB 約1,000回

WiMAXの速度制限に関してより詳しい解説はこちら→WiMAX2+の速度制限は厳しい?意外とそうでもない?ビジネスマンには特におすすめ

さて、SoftBank Airには3日間の容量制限がないと述べましたが、これはあくまで3日間での容量の制限がないだけで、速度が遅くならないとは言っていません

SoftBank AirはWiMAXのように明確な速度制限を設けてはいませんが、普段の速度から制限がかかることがあります。

以下の口コミなどを参考にして貰えればより分かりやすいですが、SoftBank Airで動画を見たり大容量のデータをダウンロードしたりアップロードする場合には通信速度が制限されることがあります。

しかもこれはどれくらい通信すればというのは明記されておらず、契約して実際に使ってみるまで分かりません。

きちんと公式で明記している分WiMAXの方が信用度できます。

SoftBank Air(Airターミナル3)とSpeed Wi-Fi HOME L01sの口コミ・評判・レビュー・感想

両者を比較する上で実際使っている人の感想や口コミは参考になるのではないでしょうか。

SoftBank Airの口コミ・評判・レビュー・感想

https://twitter.com/keieihou_k/status/984419552808153093

SoftBank Airの場合速度が遅いと言う意見が多数ありました。

速度が出ている人もいますが、圧倒的に遅いという意見の方が多く、3日間10GBの制限こそ無いものの、普段の使用から速度制限されてしまうようです。

公式に明記せず、勝手に速度制限するのはいかがなものなのでしょうか?

Speed Wi-Fi HOME L01sの口コミ・評判・レビュー・感想

SoftBank Airと比べると速度が遅いと言う人の意見がかなり少なかったです。

速度に関してはカタログスペックでSpeed Wi-Fi HOME L01sの方が速いため、実際の速度でも差が出てくるのでしょう。

両者の似ているところ

  1. 開通工事不要
  2. 自宅で使う用の無線回線
  3. 容量無制限
  4. ルーターのデザイン

開通工事不要

どちらも無線回線なため、光回線で必要な光ファイバーを自宅へ引き込む工事等が一切ありません。

無線回線では契約したらルーター等の必要な機器がが家に届けられます。

そしてルーターをコンセントにつないで電源をONにすれば自動的にアンテナから発せられる電波をキャッチしインターネットにつなげてくれます

後はWi-Fiでスマホやパソコンをルーターに接続するだけです。

自宅用であるということ

どちらもバッテリーが内蔵されていませんし、持ち運ぶには大きすぎる筐体をしています。

自宅でのインターネット用に作られた物なのです。

その代わり、モバイルWi-FiルーターよりもWi-Fiの届く範囲も広く2階建ての一軒家全体に届くくらいに強力です。Wi-Fiには同時に40台までの接続が可能です。

「Speed Wi-Fi HOME L01」のWi-Fiは家の中全体に届くぐらい強力

自宅で、特に家族でも使えるようにルーターとしてのパワーが強化されています

データ容量無制限

WiMAXの場合は一応月7GBと無制限の2つから選べますが、どちらもデータ容量無制限のプランを有しています。

容量無制限という点は共通です。速度制限に関してはことなるところで見ていきます。

筐体の見た目が似ている

Speed Wi-Fi HOME L01s

Speed Wi-Fi HOME L01

 

SoftBank Air(Airターミナル3)

 

SoftBankAir Airターミナル3裏表

どちらも白色で、表も裏もほぼ同じデザインとなっています。

唯一異なるのは「L01s」は円柱型なのに対して、「Airターミナル3」は四角柱型であるという点でしょうか。

SoftBankAirの方は表にロゴが入っているため、これがイヤだと感じる人もいるでしょうね。スマホでもキャリアのロゴがスマホに刻まれていて、ダサいという意見が結構ありますからね。

結論はやはりSpeed Wi-Fi HOME L01sの方が優秀

確かに両者は似ているところが多いです。

どちらを選んでも別に不満な点はそうないでしょう。

ですが、より優秀なのはどちらかと問われれば、Speed Wi-Fi HOME L01sという結論になるでしょう。

決め手はやはり月額料金です。

Speed Wi-Fi HOME L01sではWiMAXの様々なプロバイダ(事業者)でお得なキャンペーンを実施しています。

そのため、実質料金はSpeed Wi-Fi HOME L01sの方が毎月500円ほど(契約するプロバイダによって多少変わります)安くなります。

速度、エリア、その他ルーターの性能がほとんど変わらないなら、より料金がお得な方がよいですよね。

WiMAXには3日間で10GB以上合計で利用すると、速度制限がかかってしまいます。これは利用する人によってはデメリットです。しかし、動画をたくさん見ないと言う人にとっては、そもそも10GBに到達することは難しいので関係の無い話です。

動画をたくさん見るからと言ってSoftBank Airにしたとしても、これはこれで、容量の多い通信を行っていると日時に関わらず速度を制限されてしまう場合があります。

どちらもヘビーユーザーには向かないという点では同じです

なのでやはり、料金的にお得なSpeed Wi-Fi HOME L01sに軍配が上がると言って良いでしょう。

ただしSoftBankスマホを使っているならSoftBank Airの方が良い

SoftBank Airでは、SoftBankで契約したスマホを利用している方なら、スマホ料金が1,080円安くなる「おうち割り」というお得なキャンペーンが存在します。

これはSoftBankAirを契約する方でSoftBankのスマホを持っている方なら家族全員のスマホ代が毎月1,080円安くなります。

家族4人なら4✕1,080=4,320円安くなる計算です。

ただし、「おうち割り」を適用するとSoftBankAirの月額料金の割引が月額1,080円から580円となってしまうので注意が必要。

それでもこれはとてもお得です。

家族がいると光回線を引く人の方が多いとは思いますが、家族全員そんなにインターネットを使いまくる訳ではない場合はSoftBank Airを検討する価値は十分にあるでしょう。

SoftBank Air

WiMAXもauのスマホなら毎月1,000円割引される

SoftBank Airと同様WiMAXもauで契約しているスマホを利用している方なら、WiMAX契約時に「スマートバリューmine」というものが適用されます。

こちらはauスマホ代が毎月1,000円割引になるという物です。

auスマホを使っている人ならWiMAXの方が月額料金も考慮してよりお得に契約できますね。

WiMAX2+と「auスマートバリュー」でauスマホ代を節約できる

WiMAXのおすすめプロバイダ

Speed Wi-Fi HOME L01/L01sでどこがおすすめプロバイダかを提示します。当サイトでWiMAXを徹底的に比較した結果です。

WiMAXの詳しい比較はWiMAX比較!絶対に失敗させないおすすめプロバイダ5選と契約人気ランキングお読みください。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAXはWiMAXの中でも月額料金割引に特化したプロバイダで、ごちゃごちゃしたプロバイダが多い中、とてもシンプルな料金体系とキャンペーンの仕様となっているのでとてもわかりやすいプロバイダとなっています。

そして実質料金も最安級なので、シンプルさも相まって人気のプロバイダです。

Speed Wi-Fi HOME L01/L01sでもその料金体系は変わらず、お得です。

長期間つかっていく際も37ヶ月以降の月額料金が最安級なので、数年使用していく回線としてもおすすめです。

Broad WiMAXのサービス詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

Broad WiMAX契約してみた:Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

Web限定キャンペーンの申し込みはこちらからできます↓

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

DTI WiMAX

Broad WiMAXと同じでキャッシュバックなしですが、月額料金がシンプルに安い、分かりやすいプロバイダです。

3年間の料金はBroad WiMAXのほうが少し安いですが、DTIは「DTI Club Off」という会員限定のサービスが無料でついてきます。

「DTI Club Off」は宿泊施設や遊園地などのレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、ホテルレスト ランや居酒屋の飲食代金などがDTI会員様限定の特別優待価格で利用できる、お得なサービスです。

また、DTIではサポートオプションが2ヶ月無料で、公衆無線LANアクセスサービス「au Wi-Fi SPOT」も無料で利用することができます。

これらの特典に魅力を感じる方はDTIをオススメします。

DTI WiMAX2+ 使い放題の超高速モバイルサービス

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

So-net(ソネット)

So-netはWiMAXプロバイダの中では一番サポートオプションが充実しているプロバイダです。

Wi-Fiルーターの故障やインターネット関係のトラブルなどが心配な人はSo-netにするとサポートオプションが12ヶ月無料なのでとてもお得に利用できます。

また、実質の月額料金もかなり安い方で、サポートオプション込みの月額料金であれば最安のプロバイダになります。

プロバイダとていも老舗なので安心感もあります。安定したプロバイダを好む人に好評となっています。

So-netのサービス詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

So-netを契約してみた→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

Web限定キャンペーンの申し込みはこちらからできます↓

お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX(当サイトからの申込数および人気No.1)

Broad wimax

・1ヶ月の実質料金 ・・・ 3,513円
・契約期間 ・・・ 3年
・取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
・支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバック特典は受け取るのに利用開始から1年以上待つ必要があるうえ、手続しなければならないので意外と面倒です。そして、手続きし忘れるとキャッシュバックが1円ももらえないため、多くのユーザーから不評をかっています。

Broad WiMAXはそのようなことは一切なく、「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのでお得です。

契約して即日発送なのは、プロバイダの中では一番早くうれしい。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。初期費用割引等、普通に契約する場合と同じキャンペーンにプラスして違約金0円で乗り換えられるうれしいサービスです。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

・1ヶ月の実質料金 ・・・ WX04:3,280円、W05:3,380円
・契約期間 ・・・ 3年
・取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
・支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっとW05の場合3,380円、WX04の場合3,280円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できる用になりました。料金的にもとてもお勧めできるプロバイダです。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感もSo-netの良いところです。

実質的に2年プランはなくなり(割引特典なし、キャッシュバックなし)、3年プランのみとなりました。ただ、サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダです

サポートオプションに関しては、初心者用のパソコンやインターネットにまつわる疑問を解消する「安心サポート」、インターネット機器の水濡れや破損に加え自宅の水廻り・カギ・ガラスなどの生活トラブルを特別価格で受けられるサポートが一体になったお得な「くらしのお守りワイド」、「セキュリティオプション」などサポートオプションの種類と中身が充実しています(しかもオプション料は他のプロバイダのより安いか同等)

契約から22ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

・1ヶ月の実質料金 ・・・ 3,384円
・契約期間 ・・・ 3年
・取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
・支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。

他のキャッシュバック有りプロバイダはどこも契約から1~2年後となっており、契約した人の大多数(70~80%)の人がキャッシュバック手続きを忘れてしまい、あえなくキャッシュバック0円となってしまっています。

その点Nifty WiMAXは契約から4ヶ月後に受け取り手続きの案内メールが届くため、他プロバイダの半分以内の期間でキャッシュバックの手続きが可能となっています。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,100円!

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのが一つNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

-WiMAXルーター
-,

Copyright© GetWiMAX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.