GetWiMAX

WiMAXで絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

【WiMAXとは?】基礎から比較まで、まとめ。一人暮らしにWiMAX。どれもUQ WiMAX結局どこがいいのだろうか?

      2017/06/23

WiMAX2+を活用してカフェでパソコンとスマホを使いこなす女性

WiMAXは一人暮らしや転勤族にうってつけのインターネット回線です。工事もいらない。モバイルなのに高速。

そしてどこでもネットが使えて、持っているとなんだかカッコイイ!

というのがWiMAXというサービスです。

回線工事がいらないので、申し込んでルーターが届いたら即その場で使えるようになります。無線で高速なのにすぐに使えるのはとても便利です。

スマホもSIMカード無しでもWiMAXと一緒なら外でもインターネットにつながります。電話もIP電話やLINEやSkypeを上手に使えば電話代わりになります。

そうすればWiMAX料金だけで通信費がすんじゃいます。まさに究極の通信費節約ってわけです。ただしWiMAXの電波が届くところしか生息できません。

都会ではまったくもって問題無いですが、山奥とかに暮らしている人には圏外かもしれないという難点があります。

WiMAXの特徴

  • 一人暮らし、転勤族にはうってつけ
  • 工事がいらない
  • モバイルなのに高速
  • どこでもインターネットが使えるようになる
  • WiMAXとスマホを一緒に持ち歩けばスマホのSIMカードがいらない
  • 持っているとなんだかカッコイイ!

WiMAXってそもそもなに?って今思っている人がいるでしょう。まずはWiMAXとな何かを知らない人向けに説明から入りましょう。

WiMAXとは

WiMAXは無線通信

ひとことで言うとWiMAXとは高速の無線通信技術のことです。

携帯電話やスマホの無線基地とは別に、WiMAX専用の無線基地局が施設されていて、高速のデータ通信ができるようになっています。

UQコミュニケーションズが運営している

KDDIの関連会社のUQコミュニケーションズが運営しているので「UQ WiMAX」というのが一般的な呼び方です。

KDDIなのでauですね。そのためauにはこのWiMAXと連携したサービスなどがあります。これがauの強みになっています。

プロバイダの代理販売導入で価格競争によりサービス品質が上がりより安くなった

WiMAXはUQWiMAX自身も販売していますが、代理でMVNOとして他のプロバイダが再販売しているプランやコースがあります。

どこも似たような金額なのですが、キャンペーン合戦を繰り広げて、今ではUQ WiMAXよりも安くお得に契約できる様になっています。

今では「WiMAX2+」が主流

WiMAXはUQコミュニケーションズの最初のサービスで、今では「WiMAX2+」という通常のWiMAXよりも高速のものが登場しました。

さらに、「auのLTE回線」や「WiMAXの回線」も一緒に使えるようにして、使えるエリアをより広げたサービスになっています。

インターネットにつなげるためにはモバイルルーターを使う

インターネットに繋げる通信網なので、その通信網につなげる「モバイルルーター」というネットにつなげる機械が必要になります。

自宅や会社などにある光回線やADSLのインターネット回線につながっているルーターというものがあるはずです。

それを持ち運びできるよう小型化したもので無線でネットにつなげるようにするものです。

WiMAXモバイルルーターは、その周りにWi-Fi網を作りパソコンやタブレット、スマホ、ゲーム機などをネットにつなげることができるようになります。

WiMAX(ワイマックス)とWi-Fi(ワイファイ)って名前が似ていてちょっとややこしいですね。

様々な機器をネットに繋げる橋渡しをするのがWiMAXモバイルルーターなのです。

このWiMAXモバイルルーターさえ持っていれば、家の中だろうと外だろうとどこでもネットにつながることができるというわけです。

スゴイですね。

WiMAXの速度

しかもWiMAXは無線なのに下り最大40Mbpsという高速な回線です。インターネットに接続して動画や音楽、ネットサーフィンなどが十分楽しめる速度です。

WiMAX2+はそれよりももっともっと速い、下り最大220Mbpsになります。

超高速と言ってもいいでしょう。

WiMAX2+の実際の使用感は光回線のそれです。光回線でインターネットをしているのかWiMAX2+でインターネットをしているのか、わからないくらいには遜色ありません。

速いというのは良いことです。

無線なので光回線やADSL回線のように工事する必要もなく、申し込んでルーターさえ手に入れればすぐにネット接続できます。

WiMAX及びWiMAX2+と他のモバイル回線の違い

UQWiMAXと似たようなので、携帯電話会社(キャリア)のやっているWi-Fiモバイルルーターなんかもあります。代表的なのはYahoo!Wi-Fiですね。

WiMAX2+とYahoo!Wi-Fi、容量無制限の格安SIMとの比較はこちらで詳しく行っています↓

これらの高速モバイル回線は、高速なのですが、WiMAX2+よりは遅く、使えるデータ量に制限があったり、料金がすこし高かったりして、総合的にWiMAX2+よりもサービスの質は良くありません。

専用回線を使っているWiMAX2+の方が通信品質も速度も良いです。

WiMAXの概要

WiMAXの全体像についてはこのサイト全体を通して読んでいただければわかると思いますが、ここで概要を簡単にまとめてみます。

WiMAX回線の種類

WiMAXには幾つかの回線を複合して有してます。それらを使い分けることであらゆるエリアでの通信を可能にしています。

その回線は次の3つ

  • 通常のWiMAX
  • WiMAX2+
  • auの4GLTE網

UQ WiMAXには現在「WiMAX」と「WiMAX2+」という2つのサービスがあります。

現在はWiMAX2+への移行期で2018年3月には完全にWiMAX2+に一本化されます。

WiMAXはUQ WiMAXという回線を提供している元の会社が電波設備の施設やエリア拡大を行っていて、プロバイダやサーバー会社などが再販売(代理販売)をしています。

本家UQ WiMAXでも直接販売もしています。

UQ WiMAX

通常のWiMAXよりもWiMAX2+の方が高速です。

WiMAXはWiMAX2+へ移行する

通常のWiMAXは、より高速になったWiMAX2+へと以降が決まっています。

2018年3月には「通常のWiMAX」は廃止となり、完全に「WiMAX2+」に移行します。

WiMAX2+はより高速通信に磨きがかかり、下り最大220Mbpsとなります。

WiMAX2+は月7GBまでの「UQ Flat ツープラス」と容量無制限の「UQ Flat ツープラス ギガ放題」という2つの料金プランとなります。

現在ではWiMAXのみのコースは募集をやめており、新規の方の場合は実質的にWiMAX2+に移行しているといえるでしょう。

概要をまとめると

  • WiMAXは2018年3月までにWiMAX2+へ移行する
  • WiMAX2+はより高速通信になり、下り最大220Mbpsになる
  • WiMAX2+では「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の2つの料金プランになる

「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の違い

「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の2つの料金プランの違いを見てみましょう。

  • 「UQ Flat ツープラス」は、月のデータ通信容量が7GBで月3,609円
  • 「UQ Flat ツープラス ギガ放題」は月のデータ通信容量が無制限で月4,380円

違いはデータ通信容量だけだけです。パソコンのインターネットも利用するとスマホよりも画面が大きいぶんデータ通信容量も増加します。

なのでパソコンでインターネットをする人はギガ放題プランのほうが適しています

「UQ Flat ツープラス」は月7GBまでしか使えませんので、外での仕事用に必要だという人向けでしょうか。家では光回線などの固定回線でインターネットをしている人向けですね。

どちらのプランにも現在は速度制限が存在します。これは通信回線の混雑を避けるために設けられています。

ですが、安心してください。WiMAX2+の速度制限は制限と名のつくほど怖いものではありません。

制限時でも実測で5~6Mbpsの速度で安定してインターネットができます。

動画も見れるし、インターネットもサクサクです。基本的に不便なことはありません。

Yahoo!Wi-Fiやスマホキャリアの行っているモバイルWi-Fiサービスではこうはいきません。それらは速度制限時の速度がなかなかどうして使いものにならないものばかりなので、モバイル回線では現在はWiMAX2+が頭一つ抜けている印象です

auの4G LTE回線について

UQ WiMAXを提供している会社の母体はKDDIで、携帯電話のauと同じ会社です。そのため、WiMAX2+ではau 4G LTE回線との切替に対応したWiMAXルーターが存在します。

超高速のWiMAX2+の回線と従来のWiMAX回線にau 4G LTE回線を加えたエリアでネットに接続することができます。

WiMAXルーターに関してはこちらを参照してください→「W04、WX03、W03比較-今選ぶならどのWiMAX2+ルーターが最適なのか?

au 4G LTEを加える事によって、ほぼ全国で使えるというわけです。

WiMAX2+の回線だけでも使えないところがほとんど無いくらいには広いですが、より広くという意味でオプションとしてau 4G LTEがついています。

au 4G LTEはオプションなので、利用した月はオプション料金として1005円(税抜き)が必要になります。少しでもau 4G LTEの回線を使うとその月にはオプション料金が加算されます。注意してください。

WiMAX2+をキャッシュバック付きでお得に手に入れるには

本家のUQ WiMAXを再販売している会社がたくさんあります。いろいろと本家よりもキャッシュバックがあったり、特典をつけていたりと得するコースがあります。

期間限定のキャンペーンが多いですが、上手くキャンペーンに乗っかれば、ルーターや初期費用などが無料になったり、キャッシュバックがあったりしてお得にWiMAX2+を始めることができます。

現在新規で申し込む方はWiMAX2+のみとなります。

2月、3月、4月、9月、10月など進入学や就職などの時期の引越しシーズンにはよくやっているキャンペーンです。

キャンペーン比較の詳しい物はこちらで徹底的に考察しているので参考にしてください→絶対に失敗させないWiMAX2+のプロバイダ比較完全版

そのページで長々とキャンペーンの比較をした結果のオススメを以下に載せておきます。

最後は自分自身で比較して納得したものを選ぶのが一番よいです。時期によってキャッシュバックなどいろいろとプロバイダ毎にやっています。

UQ WiMAX UQ WiMAX本家。商品券10,000円分なのが他のキャッシュバックに比べると見劣りするが、本家の安心感もあるので悪くない選択肢。
So-net WiMAX2+ キャッシュバック金額が20,000~27,000円と高額で、月額料金も最安クラスなのが魅力的。老舗プロバイダで安心感も◎。サポートオプションが充実しており、サポート体制も整っている。
DTI WiMAX2+ 最高25,000円のキャッシュバックが魅力的。時期によってはもう少し高額になるときも。プランも料金もスッキリしていて分かりやすい。
BIGLOBE WiMAX2+ 20,000円キャッシュバックで受け取り易さ◎。BIGLOBEも老舗プロバイダで安心感があり、会員ページの使いやすさはナンバー・ワン。ストレス無く利用できるでしょう。
Broad WiMAX キャッシュバック0円! がしかし、月額料金が激安なのでお得度は上記のキャッシュバックありプロバイダとほぼ同等。長期的に月額料金が安いので、26ヶ月目以降はずっとどのプロバイダよりも安くお得に使えるのが魅力。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX 

Broad wimax

WiMAXプロバイダの中では月額料金が最安値なのが「Broad WiMAX」です。Broad WiMAXは普通のプロバイダとは少し異なる特徴があります。それは月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。それでも2年間の利用では他のプロバイダと遜色ないお得さです。2年間を過ぎた後はその月額料金の安さから他と比較してお得度が増していくプロバイダです。また、最新機種のルーターでもその料金体系は変わらないのでお得感があります。他のプロバイダだとキャッシュバックを受け取るには利用開始から1年ほど待つ必要があるうえ、手続きをする必要があるので意外と面倒なのです。Broad WiMAXはそういう面倒な作業が一切なく、毎月の料金が安いという単純明快なプロバイダなので何も考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。プロバイダの中で申し込みから利用できるようになるまでが最短(契約したら即日発送。)なのもBroad WiMAXのメリット。東京なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメなプロバイダです。また、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。初期費用割引キャンペーンについて少しだけ注意すべきことがあるので、申し込みを検討している方は一度サービス詳細ページを一読することをおすすめします。

2位:So-net モバイル WiMAX2+

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、安心サポートが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。また年中無休24時間の無料電話サポートもおこなっています。月額料金もキャッシュバックありのプロバイダの中でもトップクラスに安い。そしてキャッシュバック金額もトップクラス3拍子そろった非常にバランスの取れたプロバイダです20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感もあります。サポートオプションに関しては、初心者用のパソコンやインターネットにまつわる疑問を解消する「安心サポート」、インターネット機器の水濡れや破損に加え自宅の水廻り・カギ・ガラスなどの生活トラブルを解決するサポートが一体になったお得な「くらしのお守りワイド」、「セキュリティオプション」などサポートオプションの種類と中身が充実しています(しかもオプション料は他のプロバイダのより安いか同等なのです)。キャッシュバックの受け取りに関しては、申し込み後の最初のメールで受け取りページやキャッシュバック適応に関する案内がしっかりとされていて対応の親切さがあるのが嬉しいところです。キャンペーン適用の時期も年月日まで個人ページから確認でき、受け取りを忘れたり間違えることもまずないでしょう。キャッシュバックキャンペーン有りのプロバイダの中では、特にこだわりの条件などなければSo-netを選べば失敗はないでしょう。So-netに関しては申込手順の解説も行っています。

3位:BIGLOBE WiMAX

キャッシュバックの受け取り忘れがしにくいように工夫されているプロバイダ。また口座振替で支払える特徴も持っている。老舗プロバイダとしての安心感もあり、長年培った経験から作られた会員ページの使いやすさはNo.1。プランの変更やオプションの申し込みなどがスムーズに行えます。他のプロバイダはキャッシュバックの際に専用のメールアドレスに通知が来て一定期間を逃すとキャッシュバックを受け取れません。しかしBIGLOBEは封筒(振替払出証書が入っている)で家に通知が来るのでキャッシュバックを見逃すことがありません。金額はDTI、とくとくBB、So-netその他プロバイダなどに比べると劣りますが、「必ず受け取りたい」「キャッシュバックのことを覚えているのすらメンドクサイ」という人ならBIGLOBEにするとよいでしょう。月額料金も例に漏れずお得で、特に他のBIGLOBE接続サービスを利用中の場合は月額料金が割引になるので人によっては最安なプロバイダになりえます。10月は月額料金が20,000円から安くなった代わりに月額料金が割引になりました。お得度で言えば少し先月以前の方が良かったです。ただ、BIGLOBEはキャッシュバック受け取りミスがほぼないので、安心感という意味で他のプロバイダで心配ならBIGLOBEがおすすめです。

※契約後に会員ページでアンケートに答えることで、振替払出証書が送られてくるようになります。この点だけは注意しておきましょう。

 - WiMAX, WiMAX一人暮らし・新生活, WiMAX基礎知識 , ,