WiMAXで絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX

V6プラスとは?ユーザー目線で分かりやすく解説してみた

更新日:

よく分からなくて悩む女性

V6プラスとは何でしょうか?

最近になって、インターネット業者が扱うようになってきました。

なんだかよく分からないですよね。

インターネット業界って、横文字や専門用語が多くてさっぱり分かりません。

そこで、ここではV6プラスをなるべく分かりやすく1ユーザーの目線で語っていこうかと思います。

V6プラスでネットの速度が超速くなる

素早く動くリス

V6プラスと聞くと何が何だか言葉では分かりません。

しかし、別に難しく考える必要はありません。

大事なのは、V6プラスを使うととにかくインターネットの速度が向上するということです。

ユーザーからしてみれば大事なのはこの1点のみです。

ちょっと詳しくV6プラスの解説

理解を深めるためにもう少しだけ詳しく解説します。

V6プラスは今までインターネットの問題だった、大勢の人が一斉にインターネットを使うと、回線の一部が混雑して、そこを通り抜けなければならないため、必然的に大多数の人のネット回線が遅くなってしまう状態を解決するために生まれた新技術です。

これまでと最近のネットワーク方式の違い

今まではIPv4(PPPoE)という方式でインターネットは通信を行っていました。

でもこのIPv4(PPPoE)は現在パソコンやスマホの普及により莫大に増加したネット利用者を捌ききれなくなりました

現在のインターネットはこんな感じで渋滞状態です。

IPv4(PPPoE)の通信イメージ(引用:I-O DATA

厳密に言うと、NTTの敷いている光ファイバーには問題はありません。問題なのはプロバイダ(インターネットの接続を提供している会社)の設備を通るときで、そこがこのように混雑しているため、全体としてスピードが低下してしまうと言うわけです。

どんな道路でも一部が渋滞してしまうと、そこを通り抜けなければならない時に必ず速度を落とさなければいけないですよね。

インターネットでもそのようなことが起きてしまっているのです。

そして新しく生まれた通信方式がIPv6(IPoE)というものです。

この方式だと原理的に混雑箇所が生まれないため、IPv4(PPPoE)のように渋滞を起こすことはありません。

IPv6(IPoE)の通信イメージ(引用:I-O DATA

すいすいサクサクとインターネットを使うことができるようになります。

今の増大したネット利用者にとっても、そして今後どんな機械がインターネットに接続するようになっても大丈夫なように作られたのがこの次世代のネットワーク方式IPv6(IPoE)なのです。

V6プラスによって全てがIPv6(IPoE)で通信可能に

でもIPv6ができたらといって、今までのウェブサイトが全てそれに対応しているというわけではありません。

従来IPv4(PPPoE)で通信するように作られてきたウェブサイトやWebサービスはIPv6(IPoE)では閲覧することも利用することもできません

全てのサイトやサービスがIPv6(IPoE)に対応するのを待っているわけにもいきません。

そこで、トンネリングという技術でIPv6(IPoE)の通信経路でIPv4(PPPoE)の通信を行えるようになりました。ユーザーは何もする必要はありません。

そして、IPv6(IPoE)とトンネリングを同時にパッケージとして提供するのがV6プラスという通信方式です。

簡単に言うとIPv6(IPoE)の速度でIPv6(IPoE)とIPv4(PPPoE)両方が同時に使えるのがV6プラスなのです。

V6プラスによって、IPv4(PPPoE)対応の従来のウェブサイトやサービスをIPv6(IPoE)の速度で楽しむことができます

ユーザーとしては「V6プラスで今までよりもインターネットが速くなるんだな」ぐらいに覚えておいても全然大丈夫です。

V6プラスを使っている人の感想・体験レビュー・口コミ

実際にV6プラスを使っている人の意見を見てみましょう。

どこを探しても、V6プラスで速度が遅くなったといった意見は見られませんでした。

前述の解説のとおり、今までのネットワークが理不尽に遅かっただけで、これが本来の光インターネットなのです。

ようやくだれでも本来の光回線インターネットを楽しめるような時代になったと言うべきでしょう。

V6プラスの別の呼び方

transix」や「IPv6高速ハイブリッド」という呼び方で同様のサービスを提供している会社もあります。

ただ、どれもユーザーからしてみればV6プラスと全く同じです。

とにかくインターネットが速くなるのです。難しく考えてはいけません。

「v6プラス」はJPNE(日本ネットワークイネイブラー)社の登録商標です(登録5602438)。

V6プラスを使うために必要なこと

ユーザーからしてみれば重要なのはここです。

どうしたら、V6プラスを利用できるようになるのでしょうか。

ここでも最初に言いますが、難しくありません。

ユーザーがすべきは以下の2点です。

  1. V6プラス対応のプロバイダと契約する
  2. V6プラス対応のルーターを使う

これだけです。

V6プラス対応のプロバイダで契約をし、V6プラス対応のルーターを家に置けばそれでOKです。

V6プラス対応のルーターを用意できない人はプロバイダから貸し出しもあるので安心です。

ここから下ではV6プラス対応のプロバイダとルーターはどんなのがあるか紹介していきます。

イメージをつかむためにご覧ください。

V6プラス対応のプロバイダ

ドコモ光×GMO

スマホキャリアのdocomoが行っている光コラボレーションです。V6プラス対応光コラボレーションで一番人気です。

ドコモ光はいろんなプロバイダから申し込めるのですが、GMOが一番速度が速いため一番人気となっています。

V6プラス対応のルーターも無料でもらえるため、難しく考えなくても高速インターネットが利用できる点が優れています。

また、ドコモのスマホを利用している方はdocomoスマホの料金が毎月800~3,500円安くなるため、docomoユーザーで光回線を選ぶならこれ一択といっても過言ではありません。

GMOとくとくBBのドコモ光

BIGLOBE光

キャッシュバックが確実に25,000円もらえて、初期費用工事費用無料で、auスマホの料金が2,000円安くなる。

とてもお得なV6プラス対応光コラボレーションです。

ただし、V6プラスを利用するには光電話への加入が必要なのが唯一の難点。

ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】

@nifty光

V6プラス対応ですが少し手間なのが難点なのが@nifty光です。

開通の翌月から申し込み可能(無料)で設定ページに入りID/PW等の入力後、数日後に登録メールに「v6プラス利用開始」メールが届くことでV6プラスを利用することができます。

月額料金は一番安い3,400円~。

しかしBIGLOBE光同様光電話への加入する必要があるため、実質3,900円~となるのが難点。

nifty光なら【nifty光.com】

So-net光

V6対応で信頼感のあるプロバイダと言えばSo-netです。

30,000円キャッシュバックは魅力的です。

【So-net 光 コラボ】

DMM光

DMMの行っている格安SIM「DMMモバイル」の月額料金が自動的に500円割引になるため、DMMモバイルを利用している方はDMM光が一番お得になります。

サービスページも分かりやすいため、すんなりサービス内容が理解できるところも好感がもてます。

また、DMMが運営している動画や書籍のダウンロードサービスにおいては、他の通信経路をたどることなくDMM光の設備からダイレクトにそれらのサービスのサーバーへつながるため、ダウンロードの時間が大幅に短縮されるメリットもあります。

エンタメ系のサービスも行っているDMMならではの他にはないうれしいサービスです。

今なら工事費用が無料!DMM光

V6プラス対応のルーター

V6プラス対応のルーターはそんなに種類は多くないです。

I-O DATA製とBUFFALO製のものがあります。

I-O DATA製

WN-AX1167GR2・WN-AX1167GR・WN-AX1167GR/V6

価格:8,300円(税抜き)

I-O DATA製の比較的購入しやすい、エントリーモデルです。

ただそれでもV6プラス対応のルーターなので、普通のルーターよりも高性能です。「360(さんろくまる)コネクト」搭載で家中どこでも死角を作らないように電波が届きます。そしてビームフォーミングで接続している機器に集中的に電波を送ることができるため、速度の向上も見込めます。

2台の端末に同時に電波を送ることができるため、それぞれ順番に送るよりも速度低下を防ぐことができる機能(MU-MIMO)が備わっています。

このルーターの詳細:http://www.iodata.jp/product/network/wnlan/wn-ax2033gr2/index.htm

WN-AX2033GR2・WN-AX2033GR

価格:13,100円(税抜き)

前述のモデルよりもグレードアップしたモデルで、価格も5,000円ほどアップし、速度が向上しています。

基本的な機能、性能は同じですが、11acの速度が向上し、MU-MIMOの台数も2から4に増えています。

このルーターの詳細:http://www.iodata.jp/product/network/wnlan/wn-ax2033gr2/index.htm

BUFFALO製

WXR-1750DHP2・WXR-1751DHP2・WXR-1750DHP

価格:14,300円(税抜き)

基本的な性能はI-O DATA製のものと同じですが、価格がこちらの方が高いです。

このルーターでは通信の優先順位を設定する「アドバンスドQoS」機能を搭載し、「動画」「音声」「ゲーム」等をライフスタイルに合わせて優先度を設定できるようになっています。

家中のパソコン、タブレット、スマホなどをすいている帯域へ誘導し、混雑を回避する仕組みも搭載されています。

このルーターの詳細:http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-1750dhp2/

WXR-1900DHP3・WXR-1901DHP3・WXR-1900DHP2・WXR-1900DHP

価格:16,500円(税抜き)

前述モデルのアップグレード版で、2.4GHz帯域の速度が450Mbpsから600Mbpsへと向上しています。

見た目も色が黒から白色に変わり、より清潔感のある部屋になじみやすいデザインになりました。

電子レンジなど他の電波を発する機械を電波干渉が起こってしまう問題を自動で察知し、干渉しない帯域へと変更することができる機能を備えています。

「アドバンスドQoS」機能もさらにパワーアップしています。4K配信を優先して通信し、快適な映像再生が可能です。

このルーターの詳細:http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-1900dhp3/

WXR-2533DHP2・WXR-2533DHP

価格:27,700円

とにかく全ての機能がグレードアップしたハイエンドモデルです。

本体も大きく、なかなか迫力があります。こちらはより広い家に住んでいる家庭向けとなっています。

デュアルコアCPU搭載で通信以外のことを行っている場合でも通信速度が低下しないパワフルな性能をしています。

下位モデルにある機能は全て網羅し、それぞれパワーアップしたものが搭載されています。

速度もより向上しV6プラス対応のルーターでは一番の高性能マシンといえるでしょう。

このルーターの詳細:http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-2533dhp2/

WTR-M2133HP

価格:27,700円

アンテナのような形をしたデザイン性のあるハイエンドモデルルーター。

機能もBUFFALO製の中ではトップクラスで、そして見た目を今までのルーターの常識を壊すような、革新的なデザインとなっています。好き嫌いは分かれそうですが、よりインテリアにこだわりたい人にはうれしいのではないでしょうか。

ただデザインだけでこのような見た目になっているわけではなく、ちゃんと機能としてのデザインになっています。

トライバンドで指向性のある通信が行え、電波の混雑を回避できる設計になっています。

真ん中のアンテナは向きを手動で変えることもでき、テレビやパソコン、中継器などへ向けることでより、電波を強力にすることができます。

このルーターの詳細:http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wtr-m2133hp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「V6プラス」についてなるべくわかりにくい用語を使わないように心がけて解説しました。

また、V6プラス対応のプロバイダやルーターも参考として紹介しました。

V6プラスとはどのようなものなのかイメージがつかめたなら幸いです。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,380円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっとW05の場合3,380円、WX04の場合3,280円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感もSo-netの良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から22ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

-インターネットの基礎知識
-, ,

Copyright© GetWiMAX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.