WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選

WiMAXは5Gが登場したらどうなるの?

更新日:

5GとスマホとWiMAX

2020年には登場するといわれている5G(ファイブジー)。

次世代通信規格である5Gによって、スマホなどの無線通信ネット回線はより高速に低遅延となり、スムーズな通信が今以上に行えるようになります。

大容量のデーターが行き交うインターネット
【超平易】5Gで何が変わる?第5世代通信システムの疑問と生活の変化

なにやら5G(ファイブジー)という超高速通信が2020年頃に日本や世界各国でサービス開始に向けて着々と進んでいるようです。 【2018年10月12日追記】NTTドコモなどの大手携帯電話3社が2019年 ...

続きを見る

こんなすごい回線が登場したらWiMAXはどうなってしまうのでしょうか?

WiMAX関連のサイトである当サイトの管理人も素直に疑問に思ったので調べて分かったことをこの記事にまとめてみようと思います。

WiMAXは5G回線になるの?

WiMAXは世代的には4G回線ですが、ゆくゆくは5G回線に変化していくのか、それとも4G回線で料金的に安くなっていく路線なのかはっきりとはわかりません。

現在分かっていることは

  • 関連会社のauが5G回線の周波数帯を3枠の割り当てられた
  • すでにWiMAXでも「Massive MIMO」5Gの要素となる技術を開発し導入している
  • 旧WiMAX回線が停波しWiMAX2+回線の周波数帯が増える

という2点です。

auが5G回線の周波数帯を3枠の割り当てられた

WiMAXを運営するUQコミュニケーションズの関連会社にあたるKDDI(au)が5G回線の周波数帯を国から3枠割り当てられました。

電波は同じ周波数で送ると干渉が起きるため、各社異なる周波数帯を割り当てられます。

周波数帯は有限なので、どんな会社にも割り当てられるわけではありません。

現在のところ、NTTドコモとKDDIが3枠(3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯)でソフトバンクと楽天モバイルが2枠(3.7GHz帯と4.5GHz帯の内1つと28GHz帯)割り当てられています。

これまでスマホキャリアなど実績の大きく会社規模が大きいところが割り当てを受けれているみたいです。

割り当てについて詳細→https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1904/10/news110.html

KDDIが最大の3枠割り当てを受けたことで、WiMAXも今後auの5G回線を利用することができるようになる可能性が高くなりました。

現在でもauの4GLTE回線を補助回線として利用できます。5Gも何かしらの形で利用できるようになるでしょう。

WiMAXでも「Massive MIMO」5Gの要素となる技術を開発し導入している

UQコミュニケーションズが何も5Gの到来に対して行っていないわけではありません。

5Gの主要な要素技術である「Massive MIMO(マッシブマイモ)」という技術を横浜スタジアム、東京ドーム、京セラドームに導入しました。

この「Massive MIMO」という技術は、人が多く集まる場所で効果を最大限に発揮する技術で最初にドームなどで導入するのは理にかなっています。

「Massive MIMO」は、平面に多数のアンテナ素子を配置することで電波に複数の指向性をもたせ、3次元制御を可能にし、ユーザーそれぞれに異なるビームを割り当てることができる技術です。

Massive MIMO技術の概要図

Massive MIMOの効果

画像は5G実現に向けたネットワークサービスより引用

これにより、理論上の速度を引き上げることができます

そしてユーザーごとに専用の帯域の電波をビームで送ることで混雑するエリアでも速度の低下を防ぐことができるのです。

従来のWiMAX2+回線だと人混みでは回線速度が低下する傾向がありました。

旧WiMAX回線が停波しWiMAX2+回線の周波数帯が増える

2018年に新規契約を完全終了した旧WiMAX回線ですが、2020年をもって完全に停波することが決まっています。

それに伴いWiMAX2+回線に割ける周波数帯の割合が増えるので、WiMAX2+回線はさらに速度が向上し混雑しにくくなります。

巨大なパラボラアンテナ
旧WiMAX回線が2020年に終了!?でも大丈夫!これからは完全にWiMAX 2+回線へ移行予定

「WiMAX2+」は停波になりません。WiMAX2+はサービスをこれからも続きます。終わるのは現在新規契約ができなくなっている旧WiMAX回線(「WiMAX」と「WiMAX2+」は別物の回線です)の方 ...

続きを見る

WiMAXは5Gに近い回線を実現する可能性がある?

Massive MIMOのように5G回線の帯域を割り当てられいない状態でも5Gの要素技術は導入できるみたいなので、WiMAXが5G回線にならずとも、今より回線速度が向上し、混雑せず速度低下が避けられる状態になっていくことはほぼ確実でしょう

このまま4Gのままならどうなる?

回線品質向上

もしもWiMAXが4G回線のままであれば、先ほども書いたように、速度は向上し、混雑しにくくなると予想されます。

正直なところ4G回線でも超高画質の映像を見ない限りは不便を強いられることはまずないですよね。

なので、WiMAXが今よりも回線品質が上がるのであれば、4Gだろうが5Gだろうがユーザーにとっては別にどうでもいいことになります。

料金は安くなるかも?

WiMAXの現在の回線はWiMAX2+といいます。

このWiMAX2+回線の全国的な施設がほぼ終わり、UQWiMAXというサービスは安定期に入っていきます。

そして、周りの回線は5Gに移っていき、ある意味4Gが時代遅れとなってきます。(実用的には何も問題ないのですが。)

そうすると、市場原理によりWiMAX2+回線の料金は下がる可能性が高くなります。

時代は5Gとなっていきますが、めちゃくちゃ速い(人間が体感できるかどうかは別)回線でなくても実用上問題なければ安いほうがよいというユーザー層にUQWiMAXはマッチする回線サービスとなっていくと思われます。

まとめ

これから始まる5Gに期待は膨らみますが、WiMAXも回線サービスとしては続いていきます。

たとえ5Gにならなくても、新技術の導入なので今よりも通信品質することは間違いないでしょう。

そして、関連会社であるKDDIが5G回線を割り当てられたことにより、WiMAXでも今後何かしらの形で5G回線を利用できる可能性が高まりました。

これからの時代無線通信だとしても、固定回線(光回線)と同等の通信品質でインターネットが楽しめる時代となります。

回線工事が必要なくルーターさえあれば家の中でも外でもどこでもインターネットに接続できるモバイル通信の新しい夜明けとなるに違いないです。

期待して5Gの到来を待つことにしましょう。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

↓↓↓↓↓

WiMAX比較!絶対失敗しないおすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になるキャンペーンも行っています。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

現在So-netは月額料金割引キャンペーンを継続中で、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円と安くなっています。キャッシュバックキャンペーンが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろ楽に以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金ではキャンペーンにより最安クラスになり、お得に安心して使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるキャンペーンも行っています。

So-net契約体験レポートはこちら→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:GMOとくとくBB WiMAX2+


1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,056円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

-WiMAX, モバイルネットの基礎知識
-, ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.