WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選

WiMAXを口座振替で契約できるおすすめプロバイダ1選とその理由

投稿日:

口座振替ならBIGLOBEがおすすめ

クレジットカードがない、クレジットカードの毎月の限度額が気になるなどの理由でWiMAXは口座振替で支払いたいと思っていませんか?

WiMAXでは基本クレジットカードの支払いで契約することになりますが、口座振替で契約できるプロバイダも少ないながら存在します。

口座振替できるWiMAXプロバイダ

現在WiMAXで口座振替で契約できるプロバイダは

の3社のみ。

このうち口座振替で契約するのにおすすめなのは圧倒的にBIGLOBEです。

その理由をこれからお話しします。

BIGLOBEが一番料金が安くなるためおすすめ

口座振替できるプロバイダの中でBIGLOBEがトータル金額が一番安くなるためおすすめです。

上記の3社の契約したときにかかるトータルの金額を比較した表が以下のものになります。

口座振替で契約した場合の3年間の合計金額と1か月の実質料金(ギガ放題)

わかりやすく料金が安い順に並べています。キャッシュバックを考慮した3年間のトータルの費用で計算しています。

※3年間の合計金額=月額料金+事務手数料+端末代-キャッシュバック

プロバイダ名  1か月の実質料金 3年間の合計金額
BIGLOBE WiMAX2+ 3,900円 144,310円
Broad WiMAX 4,103円 151,846円
UQ WiMAX 4,135円 153,008円

通常プランの場合すべてのプロバイダでギガ放題よりも料金が安くなりますが、順位の変動はありません。BIGLOBEが一番安いままとなります。

WiMAXで重要なのは月額料金の安さ

WiMAXはプロバイダ毎に通信速度やエリアなどの違いはありません。

異なるのは「月額料金」と「サポートの種類」、「取り揃えているルーターの種類」です。

この中で一番重要なのは月額料金です。

プロバイダ毎にサービスの質は同じなのでできれば安いほうが良いですよね。

そのため、口座振替で契約する場合はBIGLOBEが一番おすすめとなります。

BIGLOBEはサポートオプションに加入できないのが唯一のデメリット

ただしBIGLOBEにも欠点が一つあります。

それはサポートオプションがないというところです。

ルーターが紛失したり故障した場合に無料で端末を交換してもらえる「安心サポート」というどのプロバイダにもあるようなサポートオプションがBIGLOBEにはありません。

もしもサポートオプションが必要な場合はBIGLOBEは選択肢に入れることができないということを覚えておきましょう。

サポートオプションに加入する場合は2番目に料金の安いBroad WiMAXがおすすめとなります。

口座振替の場合UQ WiMAX、Broad WiMAXは料金が高くなるためおすすめできない

Broad WiMAXのデメリット

Broad WiMAXで口座振替した場合、初期費用の割引キャンペーンが受けられません。

初期費用は18,857円でクレジットカード支払いで契約した場合はこれが0円になります。

Broad WiMAX自体は月額料金が安くおすすめなプロバイダなのですが、口座振替の場合はこのデメリットが大きく、トータル金額はBIGLOBEのほうが安くなります。

UQ WiMAXのデメリット

UQ WiMAXは口座振替の手数料がかかりません。

この点はメリットなのですが、いかんせん元の月額料金がたかいため、BIGLOBEがたとえ手数料200円毎月とられるとしても、BIGLOBEのほうがUQ WiMAXより安くなるため、UQ WiMAXをおすすめすることはできません。

WiMAXを口座振替で選ぶべきプロバイダは

基本的にはBIGLOBEにしておけば間違いないです。口座振替で契約できるプロバイダの中で一番トータル金額が安くなるためおすすめです。

ただし、サポートオプションにどうしても加入したい人だけはBroad WiMAXを選ぶことをおすすめします。

BIGLOBEにはサポートオプションがないため、加入したくてもできません。

Broad WiMAX公式: Broad WiMAX

Broad WiMAXのサービス詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報まとめ

口座振替で契約する前に知っておくべきこと

口座振替ではクレジットカードで支払う場合に比べてデメリットになる要素がいくつかあるので契約前には必ず知っておいてください。

口座振替の契約手順(流れ)

口座振替ではクレジットカードで契約するよりも手順が多くなります

ネットで契約するまではクレジットカードと同じですが、その後にプロバイダから送られてくる預金口座振替依頼書自動払込利用申込書などの書類に必要事項を記入し返送しなければなりません。

UQ WiMAXの場合はそれに加えて本人確認書類のコピーも必要になります。

クレジットカードの場合はこのような作業はありません。契約してルーターが送られてきたら利用開始できます。

口座振替の場合は書類が送られてきてそれを返送し、それをプロバイダ側で確認して処理するといった流れがあるので利用開始までに時間がかかります。

クレジットカードよりも契約に日数がかかる

具体的にどれくらい時間がかかるかというと、書類を郵送する関係上WiMAXを利用開始できるのが契約から約2週間後となります。

そして口座振替がなされるようになるまで1~2ヶ月かかります。

なぜこれほど日数がかかるかというと、審査があるからです。支払い能力があるのか審査されます。

プロバイダでの審査に加えて、口座振替先の金融機関でも審査及び振替手続きが必要になるためこれくらいの時間がかかるのです。

クレジットカードの場合はほとんど審査はありません。

口座振替の審査について

審査はある程度時間がかかりますが、落ちることはほどんどないので安心してください。

ただし、スマホ料金を滞納していたり、各種ローンがたくさんあったりする人はもしかしたら落ちる可能性があるのでその心づもりは持っておいたほうが良いです。

もし心配でも審査はクレジットカードを作るほどは厳しくないので、契約前に断念せずとりあえずトライしてみることをおすすめします。

口座振替はほとんどの金融機関が対応している

口座振替できる銀行が限られているかもしれないと心配になるかもしれませんが安心してください。

口座振替できる金融機関はゆうちょ銀行をはじめ、地方銀行、都市銀行、信用金庫、ネットバンク(銀行)などほとんどが対応しています。

WiMAXの契約プランと機種の決め方

WiMAXを契約するためにはプランとルーターの機種を決めなければいけません。

ここではおすすめの「1.プラン」と「2.ルーターの機種」を紹介します。

1.おすすめのプランについて

お得なプロバイダと契約するにはまず、WiMAXのプランを選びましょう。

迷ったらギガ放題プランがおすすめです。

WiMAXの2つプラン概要

WiMAXのプランには大きく分けて、

  • ひと月のデータ使用量が7GBまでのプラン(ここでは分かりやすく「7GBプラン」と呼びます)
  • ひと月のデータ使用量が無制限の「ギガ放題プラン」

の2つのプランがあります。

WiMAXの契約は「ギガ放題プラン」にすべし

  • 7GBプラン:データ使用量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がある
  • ギガ放題プラン:データ使用量の月間制限がないため、制限を気にせずインターネットを利用できる

「7GBプラン」は料金に比べて使えるデータ量が少なくコスパがとても悪いです。

現在のWiMAX利用者の90%以上が「ギガ放題プラン」を選んでいます

「7GBプラン」の月額料金は3,696円で「ギガ放題プラン」は4,383円ですが、「ギガ放題プラン」の場合多くのプロバイダが割引キャンペーンキャッシュバックキャンペーンを行っており、実質料金・価格は3,200円程になります。

「7GBプラン」もキャンペーンにより安くなるプロバイダが多く実質料金は2,800円程になりますが、それでも7GBしか使えないのは容量無制限の「ギガ放題プラン」に比べるとコストパフォーマンスが悪いと言わざるおえません

参考までにデータ容量7GBでできることは以下の通りです。

動画視聴 約4.5時間
ホームページ閲覧 約7,200ページ(サイトにより前後します)
メールの送受信 約268万通
音楽のダウンロードおよびストリーミング 約250曲

動画を見たり、SNSで写真や動画をアップロードするなど、ある程度ネットを使う人は、ギガ放題プランにすることをおすすめします。

反対に、動画をほとんど見ないという人は通常プランのほうが料金的にお得です。通常プランを最初に選んでも、後から月ごとに通常プランとギガ放題プランを切り替えることもできます。

ただし切り替えた場合はキャンペーンを受けられないデメリットもあるので注意は必要です。

2.おすすめのルーターの機種について

おすすめのルーターの機種は現時点では「WX05」です。

わずかな差ですが時点で「W06」がおすすめです。

この2つ以外の機種は性能的に見劣りするので選ぶ理由はありません。

WX05について

現在、最もおすすめなWiMAXルーターはWX05(正式名称:Speed Wi-Fi NEXT WX05)です。

Speed Wi-Fi NEXT WX05のデザインとカラーの名称

おすすめポイントは以下の通り。

WX05のおすすめポイント

  • バッテリー持ちがWiMAXルーターの中で一番良い
  • 通信速度も実用上はほぼ最速
  • ハイスピードプラスエリアモードを使わないエリアでは自動でハイスピードモードに切り替わる
  • WiMAXハイパワー機能により通信のパフォーマンスが向上
  • その他スペックも高い

WX05は現在のWiMAXルーター端末としては準最新機種で、全てのスペックが高水準です。

W06と比べると端末のカタログスペックでは負けていますが、実際に使ってい見ると実測値はほとんど差がありません。体感でスピードの違いを感じることはまずできないほどです。

通信速度もWX05は最速で使用することができます。

特にバッテリーの持ちは全機種ナンバーワンです。ワンタッチで行える「おまかせ一括設定」でバッテリーと通信速度のバランスを簡単に切り替えられます。

WX05ならば「ハイスピードプラスエリアモード」を使い終わったら、自動的に「ハイスピードモード」に切り替わる「ワンタイム」機能を実装されています。モードの切り戻し忘れを防いでくれます。

ハイスピードプラスエリアモードってなに?という人はこちら→ハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

また、自身で設定した通信量に達すると自動で「ハイスピードプラスエリアモード」から「ハイスピードモード」に切り替えてくれる機能も搭載されています

WX05のワンタイム機能

また、WiMAXハイパワーに対応し、通信速度と電波のキャッチ力が向上しました。

WiMAXハイパワーの効果

ルーターとしてのその他の性能もWXシリーズの最新機種だけあって超高水準です。

一日中外でインターネットを利用する必要がある人やバッテリー容量に余裕が欲しいという人にはぴったりのWiMAXルーターとなります。

WX05はNEC製ということで日本製を重視する方はWX05が最適な選択となります。

Speed Wi-Fi NEXT WX05のデザインとカラーの名称
Speed Wi-Fi NEXT WX05の全まとめ|WX04,W06,W05との比較、スペック、新機能

UQコミュニケーションズからWiMAXのルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が2018年11月8日に発売されました。 WXシリーズのルーターではおよそ1年ぶりの新機種となります。 こ ...

続きを見る

W06について

もう一つのおすすめなWiMAXルーターはW06(正式名称:Speed Wi-Fi NEXT W06)です。

Speed Wi-Fi NEXT W06

おすすめポイントは以下の通り。

W06の進化した部分、特徴

  • 下り最大867Mbps!USB接続時には下り最大1.2Gbpsの超高速を達成
  • 高性能ハイモードアンテナ搭載、Wi-Fi TXビームフォーミング機能で通信性能向上
  • 丸みがあり持ちやすいデザイン
  • 通信モード自動切り替え機能

Wシリーズの一番新しいルーター端末であるため、過去の機種よりもスペックが高く、特に通信速度は一番速いです。

下り(ダウンロード)のみならず、上り(アップロード)速度も現行機種の中では一番速いため、画像や動画のアップロードを頻繁に行う「ビジネス作業」や「SNS(Instagram、Twitter、LINE、Facebook)」にも最適のルーターとなっています。

ただし、体感で速度が他のルーターと劇的に変わるかというとそうでもなく、実測値もあまり変わりません。あくまで最速ではありますが、実用上の違いは少しだけだとと思っておいたほうが良いです。

外で持ち運ぶことの多いモバイルルーターで重要な「バッテリー持ち」ですが、W06はWX05に比べると劣りますが、1日外で使う分には充分なバッテリー容量となっています。

基本的にWiMAXルーターは見た目がシンプルで誰が持っていても不自然ではないですが、W06もその流れを受け継いでおり、シンプルですっきりとした見た目なため、男女問わずどんな人にもおすすめできます。また、丸みのある形状のため、角が手に当たらないので持ちやすいです。

WX05にも搭載されているハイスピートプラスエリアモードの切り替え機能がWシリーズの最新機種W06に搭載されました。W05までの機種ではありませんでした。

W06はHuawei製ということで、今問題になっている会社の製品なので、少し不安は残ります。

Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT W06の全まとめ|WX05,W05との比較、スペック、新機能

WiMAXのモバイルWi-FiルーターのWシリーズの最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」が2019年1月24日に発売されました。UQWiMAX及び各プロバイダで取り扱いが開始しています ...

続きを見る

WX05とW06のスペック(性能)比較

表が横幅に収まりきらない場合、横にスクロールできます

機種名 W06 WX05
デザイン   WX05の外見
発売日 2019/1 2018/11
 重さ 125g 128g
 大きさ W128 ×H64 ×D11.9mm W111 ×H62 ×D13.3mm
SIM
サイズ
Nano Ic Nano Ic
下り最大通信速度 558Mbps
(LTE使用時867Mbps)
440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps
WiMAX2+
au4GLTE
最大連続通信時間 7時間10分
(ハイパフォーマンス) 
8時間10分
(おまかせ一括設定:通信速度を優先)
 11時間40分
(バッテリーセーブ)
14時間
(おまかせ一括設定:バッテリー持ちを優先)
10時間
(au 4G LTE)  
8時間
(au 4G LTE)
最大連続待受時間 800時間  700時間
バッテリー容量 3,000mAh
(取り外し可能)
3,200mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
16台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi)
3台
(Bluetooth)
 3台
(Bluetooth)
 メーカー HUAWEI NECプラットフォームズ

ルーター全機種の比較はこちら

ここではWX05とW06について紹介しましたが、ほかの機種も含めて現時点のWiMAXのルーターを全て比較してみたい人は以下の記事をご覧ください。

WiMAX2+のモバイルWiFiルーター比較最新版
WiMAXルーター全機種比較!W06,WX05,W05,WX04,W04,WX03でおすすめはどれ?

モバイル通信端末をWiMAXに決めて、いざWiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+を契約するときにルーターをどの機種にすれば良いのかよく分かりませんよね。 機種の種類はスマホやパソコンほど多くないで ...

続きを見る

まとめ

何かしらの理由でWiMAXをクレジットカード支払いできない人にとっては口座振替支払いできるのはうれしいことです。

しかし、口座振替ではクレジットカードに比べて少しデメリットもあるのでそれは承知しておいたほうが良いです。

口座振替で契約する場合は以下の組み合わせで契約するとよいでしょう。

口座振替で契約する場合のおすすめな組み合わせ

1.プロバイダ

口座振替でおすすめなプロバイダは BIGLOBE WiMAX2+ です。

もしもサポートオプションに加入したいという人は Broad WiMAX にするとよいでしょう。

2.プラン

選ぶべきプランは「ギガ放題」がおすすめです。

3.ルーター

ルーターはWX05が一番おすすめです。時点でW06となります。

クレジットカード支払いも含めてWiMAXの契約を検討したい人は↓の記事をご覧ください。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

↓↓↓↓↓

WiMAX比較!絶対失敗しないおすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になるキャンペーンも行っています。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

現在So-netは月額料金割引キャンペーンを継続中で、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円と安くなっています。キャッシュバックキャンペーンが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろ楽に以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金ではキャンペーンにより最安クラスになり、お得に安心して使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるキャンペーンも行っています。

So-net契約体験レポートはこちら→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:GMOとくとくBB WiMAX2+


1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,056円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

-WiMAX
-, ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.