WiMAXは高層階マンションでもつながるのか?速度はどうなる?

更新日:

マンションの写真

インターネットをより快適に利用することができる方法の一つに、高速かつ大容量の通信を可能とするWiMAXの利用があります。

しかし、このWiMAXには基地局の関係でマンション高層階には十分に電波が届かないという噂がまことしやかに囁かれています。

そこで以下では、その噂の真偽について見ていくことにしましょう。

マンション内でつながりにくいと言われる理由

最初に、WiMAXがマンション高層階でつながりにくいと言われる根拠として、WiMAXの周波数やマンションの構造的な問題が影響していると言われることがあります。

まず、一点目の周波数ですが、WiMAXは2.5GHzという高周波帯域の電波を使用しており、この帯域の電波の直進性が強いというのが特徴です。

そのため、マンションのように多くの壁が存在していて電波の直進を妨げるものが多く存在する環境においては、WiMAXがつながりにくくなるという考え方には一定の合理性があるとも考えられます。

また、二点目のマンションの構造ですが、ほとんどのマンションは鉄筋コンクリート造であり、鉄筋の性質として電波を吸収しやすいことから、WiMAXを通しにくいという考え方であり、この考え方もある程度は説得力があるようにも見えます。

マンション内でつながりにくい理由は正しいのか?

周波数とマンション構造からWiMAXがマンション内ではつながりにくくなっているという主張は、かつてはある程度正しいものでした。

しかしながら、技術の進歩とともにWiMAXの通信可能エリアは日進月歩で拡大を続けており、電波の性能も従来とは比較にならないほど向上してきています。

また、かつてWiMAXはその利便性の高さゆえに速度制限が設けられていたことがありましたが、そのような制限は既に解除されており、基本的にはその性能をいかんなく発揮することができる環境が整ってきていると言えるでしょう。

このような状況を受けて、マンション内でWiMAXがつながりにくいという事態は相当程度緩和されてきていますので、かつてのような主張はもはや当てはまらなくなっています。

高層階ではつながらないというのは本当か

マンション内でWiMAXを使用することは可能であるとしても、高層階では依然として繋がりにくい状況が続いているという噂の真偽について見ていくことにしましょう。

そのような噂の根拠として考えられるのは、WiMAXの基地局は多くの場合に地上に設置されており、そこから距離が離れている高層階には電波が届きにくいということです。

しかしながら、この考え方は正しくありません。

既に述べたように、WiMAXの電波の特徴はその直進性の強さであり、この特徴によってたとえ基地局から離されていたとしても、途中に障害物がない限りは高層階であっても十分に電波を受信することは可能だからです。

また、基地局から高層階までは数多くの壁や床などの障害物を通過する必要があるために、電波が届きにくくなっているという主張も考えられますが、これも必ずしも正しくはありません。

というのも、近年のマンションは吹き抜けなどを活用して上層階までの障害物が極力減らされているようなケースも増えてきていますし、仮に各階の間に床や天井と言った障害物があったとしても、クレードルと言われる電波の中継器を設置することで上層階へ電波を届かせることはさほど難しいことではなくなってきています。

さらに、電波そのものの性能も向上しており、ちょっとした電波の通り道が確保されていれば十分に上層階まで到達することが可能となってきています。

このような点を踏まえると、WiMAXの電波はマンション高層階ではつながらないという噂は正しくないと言うことができるでしょう。

機種によってはつながりにくいこともある

WiMAXの電波はマンション高層階であっても十分に届くとはいえ、それを受信するパソコンやスマートフォンなどの機種の性能によってはつながりにくいと感じることはありえないことではありません。

特に古いタイプの機種の場合には、最新のWiMAXの規格に対応していない場合があり、そうするとせっかく電波が届いていたとしてもそれを機器側で受信することができないというケースがあり得るのです。

特に2013年にWiMAX2+という規格が用いられるようになったことを受けてWiMAXの通信環境は格段に向上したのですが、それ以前に流通していた機種を使用している場合には、その恩恵を受けられない可能性があるのです。

そのため、使用する機器が古いタイプのものであるという前提のもとであれば、マンション高層階においてWiMAXの電波はつながりにくいという意見はそれなりに正しいといえるかもしれません。

とは言え、この問題は機種を新しいものに変えることによって容易に解決することが可能ですので、必ずしもWiMAXのデメリットであるということには無理があるでしょう。

基地局の問題からWiMAXの電波がマンション高層階ではつながりにくいという見解は正しくない

WiMAXがマンション高層階でつながりにくいという見解は現在においては正しくありません。

基地局から高層階までは距離があるとはいえ、向上した電波性能にとっては特に問題とはならず、マンションの構造も電波の高層階への到達を完全に阻止できるようなものではないためです。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番失敗なく安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料で契約キャンセルできるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く、解約金が高いなどのデメリットもないためWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,100円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX2+の対応エリア
-

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.