WiMAXで絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX

WiMAXの通信モードについて知れば、一番良いルーターを選択できる!

更新日:

WiMAXの通信モードにについて知ろう!

ルーターどれが良いのかな?と思った時にまずよくわからないのが、「通信モード」ですね。

WiMAXには通信モードが3つあります。

  • ノーリミットモード
  • ハイスピードモード
  • ハイスピードエリアプラスモード

それぞれの特徴はこんな感じ、

WiMAXの通信モード

これだけじゃよくわからないと思うのでそれぞれのモードについて分かりやすく解説していきます。

ノーリミットモード

このモードは、旧WiMAX回線のみで使えるモードで、いくらデータ通信を行っても通信容量の制限がなく無制限にそして速度の制限もなく使うことができるモードです。

最大速度40Mbpsで実測値でもインターネットがしっかり使える速度でした。

「めっちゃいいじゃない」と思いますよね。

そうですめちゃくちゃいいモードなのです。WiMAXはこのノーリミットモードを引っさげて無線通信インターネット界に乗り込み、席巻していきました。

でもそれはもう昔の話、WiMAXというサービスは次の次世代サービスWiMAX2+への移行しました。

2018年3月に完全にWiMAX2+へ移行しWiMAXは無くなりました。

ちなみに、2018年3月までの移行期には、ノーリミットモードの速度は40Mbpsから13.3Mbpsまで引き下げられていました。しょうがないですね。同じサービスがずっと続くわけはないのです。栄枯盛衰なむなむです。

WiMAXは速度が13.3Mbpsまで縮小している

ハイスピードモード

現在主流になっているのがWiMAX2+です。

そのWiMAX2+の主流回線がWiMAX2+ハイスピードモードです。現在絶賛エリア拡大中(2018年8月2日現在)です。

このモードは最大440MbpsとWiMAXに比べると超々速くなっています。ただWiMAXノーリミットモードでも普通にインターネット使えていたことを考えると、そこまで速くしなくても良いんじゃ…という感想も無きにしもあらずです。

まあでも速くなるのは嬉しいですね。

ただし一つ注意しなければいけないのが、3日10GB制限です。この制限は3日で10GB以上通信をすると、10GBに到達したその翌日の18時から夜中の2時までにかけての8時間、通信速度が実測値で1Mbpsほどになってしまうというもの。

補足:速度制限は18時から夜中の2時までなので、朝昼は全くもって制限されません。速度も通常通りで快適に使えます。

昼間に外でWiMAXを使う用途のビジネスマンなどは実質制限なしで使えるようなものですね。

また、そもそもライト~中間ユーザーなら3日で10GB使ってしまうこともほとんどないでしょう。

この制限で厳しいのはインターネットヘビーユーザーです。

そういう人はおとなしく光回線を使うのが賢明な判断でしょう。

これからWiMAXというサービスを契約する人は選択肢がWiMAX2+になっています。UQWiMAXも販売を代理しているプロバイダもWiMAX2+で大きなキャンペーンを行っています。

↓はプロバイダ比較になります。どのプロバイダがよいか判断する材料として使ってください。

WiMAX2+で絶対失敗しないためのプロバイダ・キャンペーン・料金比較完全版

今からWiMAXを始める人はこのWiMAX2+ハイスピードモードを主回線として用いてインターネットをすることになります。

ハイスピードエリアプラスモード

このモードはいわゆる補助回線です。

WiMAX2+のエリアについてはこちらを参照してほしいのですが、WiMAX2+ハイスピードモードでは都心部以外はまだ十分でないエリアが存在します。

WiMAX2+のエリアの確認方法の解説はこちら。

WiMAXが使えるかどうか車でいろんな場所へ行き試している女性
WiMAXのエリアは大丈夫?自分の生活範囲で使えるのか調べる方法!と無料お試しのやり方

そういえばWiMAXのエリアは大丈夫?自分の生活範囲で使えなきゃ意味が無い! WiMAX(WiMAX2+)は無線通信な為、電波が届かないところでは、どうあがいても使いものになりません。 WiMAX(W ...

続きを見る

WiMAX2+のエリア外に行ってしまったら通信はできなくなっていしまいます。

そういう時に利用するのが、このハイスピードプラスエリアモードです。

このモードで利用する回線は安心と信頼のスマホ回線「au 4G LTE」です。WiMAX2+の提供元である「UQ WiMAX」はauの運営をおこなう「KDDI」のグループ会社です。なのでWiMAX2+でau回線が使えるのです。

「au 4G LTE」はauの回線でも一番エリアが広くつながりやすい回線です。

速度もスマホ利用者の同じ速さで使い勝手が良く、補助回線としては持って来いです。

ただし、2つ欠点があって、それは

  • このモードを利用した月は別途1000円程度料金がかかる
  • このモードで月7GB以上データ通信をおこなうと、ハイスピードモード、プラスエリアモードどちらのモードでも速度制限がかかり128Kbpsという超低速回線になってしまう

というものです。

仕方ないっちゃ仕方ないですね。auの回線タダで使えるわけもないですから。

でも7GB以上使用してしまうと、ハイスピードモード(WiMAX2+回線)でも速度制限がかかってしまうというのはちょっとひどすぎるんじゃないですかね…

ただハイスピードモードが使えないエリアで補助回線として使っただけなのに主回線まで影響を受けるなんて…

モードをハイスピードモードから切り替えるだけで、利用したことになり料金がかかるので、下手にモード切替をしないようにしましょう。また、WiMAX2+がつながるところでも、ハイスピードエリアプラスモードにしたまま通信をしないようにしましょう。

どうしても必要なときだけ使うようにしましょう。そういう場合の補助回線です。

補助回線にWiMAXを利用する機種もある

ハイスピードエリアモードに対応していないルーターではWiMAXの回線を補助回線として利用しています。

WiMAXはWiMAX2+よりも先に登場して、日本全国の基地局の設置を終えています。エリアはWiMAX2+よりも広いのです。

なのでWiMAX2+でつながらない場所では自動的にWiMAX回線に切り替えてそのままインターネットができます。

こちらの補助回線は料金がかからないので安心です。

その代わり、au 4G LTEにはエリアの広さではかなわない(それでも十分に広いが)です。

あくまでWiMAX2+の設備が全国にすみずみまで広がるまでのつなぎ的なものだと思ってください。

ただ、WiMAX回線でもハイスピードモードを使っていることと同じように判断されるので、使い過ぎると3日10GB制限には引っかかります。

現在WiMAX2+を契約した場合に手に入るルーターでは旧WiMAX回線は対応していません。

2,018年3月の「WiMAXからWiMAX2+への完全移行」を境に、現行機種のルーターの対応回線は「WiMAX2+回線」と「au 4G LTE回線」の2つに統一されました。

モードでいうとハイスピードモードとハイスピードエリアプラスモードの2つです。

どのルーターを選ぶべき?

難しいところです。通信モードだけで選ぶべきでもないです。

操作性や補助回線、バッテリー持ちなど考慮すべき項目は他にもあるので自分がどのようにWiMAXを利用するのかが一番重要です。

そういう観点でこちらの記事

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーター比較
WiMAXルーター全機種比較!最もおすすめはこれ!W05,W04,WX04,W03を徹底比較

WiMAXを契約するときどのルーターにすれば良いのか迷いますよね。 種類自体は多くないですが、公式のページやプロバイダの機種紹介を見ても決め手がよく分かりません。 できれば、ルーター選びでも失敗したく ...

続きを見る

を読んでいただければ、きっと目当てのルーターを選び出すことができるでしょう。

また、WiMAX2+の通信方式についても補足記事があるのでこちらを読んでいただければ、より、ルーター選びの参考になります。

CA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOの違いについて知ろう!
CA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOの違いを理解して賢くルーターを選ぼう!

WiMAX2+には2つの通信方式があります WiMAX2+で新たに導入された通信方式によって、110Mbps → 220MbpsへとWiMAXから劇的な速度アップを果たしました。 2倍も速くなるなんて ...

続きを見る

ぜひ自分にあったルーターを選択して失敗のないWiMAX生活にしましょう。

「WiMAXの通信モードについて知れば、一番良いルーターを選択できる!」まとめ

WiMAXの3つの通信モードについて紹介解説しました。

現在は「WiMAX2+ハイスピードモード」が通常の回線になるのでそれを踏まえた上でルーター選びをしましょう。

新しいルーターが登場する周期はスマホやパソコンなどと違い、長いです。なのでその時一番良いなと思ったルーターを長く使うことになります。

ぜひとも自分に合うルーターをじっくり選んでいただけたらと思います。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,380円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっとW05の場合3,380円、WX04の場合3,280円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感もSo-netの良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から22ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

-WiMAXルーター, WiMAX基礎知識
-, ,

Copyright© GetWiMAX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.