WiMAXはクーリングオフできないけど、実質同等の初期契約解除制度が利用できます

投稿日:

Broad WiMAX契約キャンセル可能

WiMAXを契約したいけど、実際につながるか心配ですよね。

いざ契約してつながらなかった場合に、使い物にならない契約を続けて無駄にお金を払い続けるのなんて絶対に避けたいです。

そんな時に、頭によぎるのはWiMAXはクーリングオフができるのかどうか?ということだと思います。

結論から言ってしまうと、WiMAXではクーリングオフはできません。

でも安心してください。

初期契約解除制度」というクーリングオフに似た制度を活用して、違約金なしで解約することができます

初期契約解除制度とは

初期契約解除制度とは契約から8日以内であれば違約金なしで契約を解除できる制度です。

初期契約解除制度は2016年5月21日に施行された改正電気通信事業法令に基づいています。

光回線インターネットサービス、ケーブルテレビインターネットサービス、主なプロバイダ(インターネット接続)サービス等、一定の範囲の電気通信サービスの契約については、基本として、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまで、利用者の都合により契約を解除できます(初期契約解除制度)。また、主要な携帯電話サービスについては、8日間以内に申し出て、電波の状況が不十分と判明した場合や契約前の説明等の状況が基準に達しなかったことが分かった場合に、端末も含めて契約解除できます(確認措置)。

消費者保護ルール(平成27年改正電気通信事業法関係)より引用

この制度を利用する場合、契約後に送られてきた以下のものを返却する必要があります。

  1. 端末(ルーター)
  2. SIMカード
  3. 保障書
  4. USBケーブル
  5. 端末個装箱

どれかが欠けても、この制度が活用できません。

そして、8日以内に返却を完了しなければいけないので、届くまでのラグを考えると、契約から6日目か遅くとも7日目までには返送する必要があります。

初期契約解除制度の注意点(帰ってこないお金はある)

初期契約解除制度では、8日以内なら違約金を支払わずにWiMAXを解約することが可能です。

しかし、それは違約金に限った話で、実は支払わなければならない料金もあります。

非常に残念ですが、全くお金を損することなく(完全にタダで)解約することはできません。

WiMAXでは以下の4つの料金がかかります。

  1. 初期費用(事務手数料):約3,000円
  2. 月額料金:約3,300円
  3. 端末代金:約20,000円
  4. 違約金:時期により9500円~19,000円、24,000円

この中で、初期契約解除制度で支払う必要のないお金はこの中で違約金のみです。また、契約をキャンセルする形になるので1日もWiMAXを使っていない扱いになり、月額料金も支払う必要はありません

それ以外の2つは契約の最初に支払ってしまっているので、帰ってこないお金になりますが、端末代金はどのプロバイダで契約した場合でも必ずキャンペーンにより無料なので、実質的に支払う必要があるのは初期費用の事務手数料だけです。

本当なら初期費用すら払いたくないですが、一度は自分で納得して契約にサインしてしまっており、相手方の仕事を生んでいるため仕方のないことではあります。

あともう一つ付け加えておくと、初期契約解除制度を利用する場合は、届いたルーター等の機器などを返却する必要があるので、その返送料がかかることも忘れてはいけません。これも負担してくれると嬉しいですけどしょうがないですね。

契約9日目以降の解約は違約金を支払う必要があります

初期契約解除制度が適用できるのは契約から8日以内なので9日目以降の解約は通常の解約となります。

そのため当然違約金もかかってきます。

違約金はほとんどのプロバイダが最初の12か月目までであれば19,000円となっています。とくとくBBなど一部24,800円かかるところもあります。

初期契約解除制度ができるWiMAXのプロバイダ

WiMAXのプロバイダによっては初期契約解除制度のことを明記していないところもありますが、 基本的にどのプロバイダもこの制度が適用されます。

ホームページにこの制度のことを明記しているプロバイダは今のところとくとくBBBroad WiMAXのみです。

とくとくBBは20日以内の解約でも違約金なしに?

GMOとくとくBBのホームページには20日以内でもこの初期契約解除制度が適用できるような書き方をされています。

20日以内ならキャンセル可能

しかしこれには条件があって、それは、WiMAXのピンポイントエリア判定で申し込んだ住所が「◯」判定であることです。

ピンポイントエリア判定の方法は以下の記事にまとめてあります。参考にしてください。

ピンポイントエリア判定→https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

WiMAXが使えるかどうか車でいろんな場所へ行き試している女性
WiMAXのエリア範囲はどのくらい?エリア判定方法と悩み解決まとめ

今や2,000万回線を突破したWiMAXですが、今までもこれからもWiMAXを契約しようか迷っている人の最大の悩みの1つは 「WiMAXが自分の使いたい場所で使えるか」ということです。 つまり、WiM ...

続きを見る

ピンポイント判定で「×」や「△」の場合は20日以内に解約しても違約金無料にはなりません。

ただし、初期契約解除制度の対象にはなるので、8日以内の解約であれば違約金がかかりません。

初期契約解除制度を申請する方法

初期契約解除制度に関してしっかりとページを作成していて、手順の解説をしているプロバイダはBroad WiMAXのみです。

Broad WiMAXの例ですと、カスタマーセンターに連絡して、指定の物を8日以内に返送するという手順になります。

おそらくどのプロバイダもカスタマーセンターに連絡すれば対応はしてくれると思いますが、ホームページで詳しく書いてない時点で、あまり信用はできません。

正直Broad WiMAXととくとくBB以外のプロバイダではどのような対応になるかわからないのが現状です。

初期契約解除制度を使う必要がないように事前にWiMAXを無料でお試しする方法

初期契約解除制度があるため、思うようにWiMAXがつながらない場合でも違約金なしで解約できるため、ユーザー側からすれば安心材料なのは間違いないです。

しかし、いちいち契約してからこの制度を利用しなくても、そもそも契約する前にWiMAXがつながるかどうか試す方法があります。

それがTry WiMAXというサービスです。

WiMAXというサービスの大本であるUQコミュニケーションズが行っているものです。

UQコミュニケーションズとプロバイダの関係性については以下の記事をご覧ください。

新事実を知り驚く様子
WiMAXはUQコミュニケーションズよりもプロバイダから契約するべき理由

「WiMAX」ってUQコミュニケーションズという会社のデータ通信サービスだって知っていますか? So-netやとくとくBB、Broad WiMAXなどのプロバイダは全てUQコミュニケーションズから「W ...

続きを見る

Try WiMAXを利用すれば、実際に本物のWiMAX端末でサービスを試すことができます。

Try WiMAXの詳しい解説や注意点は以下の記事にまとめています。参考にしてください。

Try WiMAXで15日間WiMAX・WiMAX2+を無料でお試し
WiMAXを無料でレンタルする方法とその注意点!Try WiMAXでお試しWiMAX2+

Try WiMAXの公式ページ:https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/ 失敗は絶対したくない!契約前に使えるTry WiMAXで無料で15日間お ...

続きを見る

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,000円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX基礎知識
-, , , , ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.