WiMAXで絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX

WiMAX HOME 01の特徴・スペック・発売日まとめ|L01sとの徹底比較!

更新日:

UQコミュニケーションズから新しいWiMAXのホームルーターが発表されました。

名前は「WiMAX HOME 01」。

まだ発売は先ですが、現時点で分かる情報をまとめました

また、同じWiMAXのホームルーターである「Speed Wi-Fi HOME L01s」とのスペックや性能・機能など、どちらのルーターがホームルーターとして優秀なのか比較しました

WiMAX HOME 01の発売日

「WiMAX HOME 01」の発売は2018年12月上旬頃になります。

WiMAX HOME 01の特徴・注目機能

WiMAX HOME 01の特徴・注目機能

  • WiMAXハイパワー対応
  • ビームフォーミング機能
  • スマホアプリから簡単設定
  • 買い替え時の初期設定が簡単な「Wi-Fi設定お引越し」機能

WiMAXハイパワーとビームフォーミング機能で家庭内の全ての端末が快適にインターネットを楽しめる

WiMAX HOME 01のWiMAXハイパワー機能とビームフォーミング機能の利用イメージ

従来のWiMAXルーターでは窓際など、なるべく屋外に近い位置にルーターを置くことが一般的でした。それは外に近い方が電波が入りやすいからです。

「WiMAX HOME 01」ではWiMAXハイパワー機能とNEC社製Aterm Wi-Fiルータで採用されているワイドレンジアンテナとμSRアンテナ(2.4GHzのみ対応)により従来のWiMAXルーターよりも電波が弱い場所でも受信可能になり、受信速度が約50%向上しました。

今までのように窓際でなくても好きな場所にルーターを設置することが可能になります。

また、ビームフォーミング機能により端末一つ一つに向けた指向性の高いWi-Fi電波を送信することができるため、通信速度が向上しています。

スマホアプリから簡単設定

スマホアプリからかんたん設定

「WiMAX HOME 01」ではスマートフォンアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool(つなぎかたガイドにQRコードが記載されている)」ををダウンロードすれば、PCでログインしなくても簡単にルータの状態を見たり、通信モー ドを切り替えることができます

電波の受信レベルを13段階で表示でき、最適な位置に「WiMAX HOME 01」を設置することが可能になります

買い替え時の初期設定が簡単な「Wi-Fi設定お引越し」機能

HOME 01の簡単Wi-Fi設定引っ越し

「WiMAX HOME 01」には、これまで利用していたWi-FiルーターのWi-Fi接続情報(SSID、暗号化モード、パスワード)を難しい操作不要で「WiMAX HOME 01」へそのままコピーできます。

これまでのWi-Fiルーターに接続していた機器側の設定変更が不要非常に便利です。

WiMAX HOME 01の全体像・各部名称

「WiMAX HOME 01」の正面

「WiMAX HOME 01」の背面

「WiMAX HOME 01」の上面

「WiMAX HOME 01」の底面

「WiMAX HOME 01」と「Speed Wi-Fi HOME L01s」を徹底比較

WiMAXのホームルーターといえば、すでに「Speed Wi-Fi HOME L01s」というルーターが発売しています。

「WiMAX HOME 01」の方が新しい機種となるわけですが、「Speed Wi-Fi HOME L01s」と比較してどのような違いがあるのでしょうか?

見ていきましょう。

「WiMAX HOME 01」と「Speed Wi-Fi HOME L01s」のスペック比較

名称 WiMAX HOME 01 Speed Wi-Fi HOME L01s
デザイン HOME 01 Speed Wi-Fi HOME L01
重さ  約338g L01s 約450g
大きさ  約H155×W70×D100mm  約H180×W93×D93mm
回線の種類  WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大通信速度  440Mbps 440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps
最大接続台数 22台 42台
WiFi対応接続方式 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、11n/11g/11b(2.4GHz帯) IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、11n/11g/11b(2.4GHz帯)
WiMAXハイパワー ×
ビームフォーミング ×
NFCタッチ接続 ×
スマホ確認・設定 △(確認のみ)
簡単引越し ×
メーカー NECプラットフォームズ HUAWEI

上りの通信速度が「WiMAX HOME 01」の方が速くなっています。

また、「WiMAX HOME 01」の方がWiMAXハイパワーやビームフォーミングなど通信を安定させ速度を向上させる機能が充実しより快適なインターネット環境になるでしょう。

ただし、最大接続台数には大きな差があり、この点は「Speed Wi-Fi HOME L01s」が勝っています。

「WiMAX HOME 01」と「Speed Wi-Fi HOME L01s」の見た目を比較

「WiMAX HOME 01」の見た目

「WiMAX HOME 01」は全身がホワイト一色で、楕円形の円柱になっています。

「Speed Wi-Fi HOME L01s」の見た目

Speed Wi-Fi HOME L01s

「Speed Wi-Fi HOME L01s」は全体的にスタイリッシュな見た目です。

端子を挿入する部分も「WiMAX HOME 01」より少なく、必要なものだけをシンプルにまとめている印象です。

「WiMAX HOME 01」と「Speed Wi-Fi HOME L01s」はどちらがおすすめ?

性能的には「WiMAX HOME 01」の方がおすすめ

「WiMAX HOME 01」の方がおすすめです。

「WiMAX HOME 01」の方が便利な機能が多く、上り(アップロード)の速度が速いからです。

ホームルーターはコンセント式で、充電やバッテリーといったモバイルWi-Fiルーターのような比較要素はありません。

そのため、通信速度やその他、パソコンやスマホとの繋がりやすさなどが重要です。

その点「WiMAX HOME 01」はWiMAXハイパワーやビームフォーミング機能、簡単引越し、スマホからの電波状況や使用状況確認と設定変更が可能で、機能やスペックの総合力が「Speed Wi-Fi HOME L01s」よりも上です。

しかし、デザイン性は「Speed Wi-Fi HOME L01s」のほうがよい

Speed Wi-Fi HOME L01s

ホームルーターはずっと見えるところに置いておくものなので、インテリアとしての要素も持ち合わせています。

そのため、なるべくならおしゃれな方を選びたいです。

そういう意味では「Speed Wi-Fi HOME L01s」のほうが、デザイン性は上だと思います。形はよどみのない円柱ですっきりとした印象です。

シンプルなデザインでどんな部屋にもピッタリ合う!

「WiMAX HOME 01」はというと、なんとなく日本の家電感を彷彿とさせます。別に悪くないデザインなのですが少しだけ野暮ったい感じがあります。

「Speed Wi-Fi HOME L01s」の性能も「WiMAX HOME 01」より劣っているとはいえ、使用上困るほどの差はありません。

一番重要な下り(ダウンロード)の速度は同じなので、実際使ってみると性能差はほぼ感じないと言って良いでしょう。

なので、「WiMAX HOME 01」が絶対的に優位というわけでもないのです。

見た目も重視して「Speed Wi-Fi HOME L01s」を選ぶというのも全然ありです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はWiMAXのホームルーター「WiMAX HOME 01」についてまとめました。

以前のホームルーターよりも性能がアップしました。大きさも小さくなり軽くコンパクトになりました。

今後はWiMAXのホームルーターにも選択肢が増え、ユーザーとしてはうれしいですね。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,380円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっと3,380円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感もSo-netの良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から22ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

-WiMAXルーター
-, ,

Copyright© GetWiMAX , 2018 All Rights Reserved.