WiMAXプロバイダの最安値はどこ?料金ランキングで比較

更新日:

プライスダウン

WiMAXの最安プロバイダを手っ取り早く知りたくないですか?

ネットにあるWiMAXの各種比較記事を読めば、自分で調べるよりはどのプロバイダにするか早く結論が出せますが、とにかく最安のプロバイダが知りたいという人にとっては実際に支払う月額料金だけが分かればそれでいいのです。

この記事では、WiMAXの現時点での最安プロバイダを比較しランキングにして紹介します。

WiMAXプロバイダ月額料金最安値ランキング

現時点でのWiMAXの月額料金の最安ランキングは以下の表のようになっています。

金額は通常の月額料金とキャッシュバックを全額受け取れたと仮定した場合となっています。

順位 1ヶ月の実質料金・価格
ギガ放題 通常プラン
1位:GMOとくとくBB 3,296円
(3年総額:121,965円
2,645円
(3年総額:97,874円
2位:JP WiMAX 3,329円
(3年総額:123,200円
3位:BIGLOBE WiMAX 2+(キャッシュバック) 3,413円
(3年総額:126,310円
2,784円
(3年総額:110,020円
4位:Smafi WiMAX  3,492円
(3年総額:129,240‬円
5位:Broad WiMAX 3,513円
(3年総額:129,989円
2,689円
(3年総額:99,499円
6位:BIGLOBE WiMAX 2+(月額割引) 3,522円
(3年総額:130,320円
3,074円
(3年総額:113,760‬円
7位:カシモWIMAX(最安級プラン) 3,523円
(3年総額:130,368円
 2,923円
(3年総額:108,168円
8位:Nifty WiMax 3,574円
(3年総額:132,240円
2,949円
(3年総額:109,120円
9位:hi-ho WiMAX(月額割引) 3,610円
(3年総額:133,570円
10位:カシモWIMAX(新端末プラン) 3,623円
(3年総額:134,048円
3,022円
(3年総額:111,848円
11位:DTI WiMAX2+ 3,630円
(3年総額:134,315円
3,500円
(3年総額:129,500円
12位:hi-ho WiMAX(キャッシュバック) 3,806円
(3年総額:140,850円
13位:novas WiMAX 3,807円
(3年総額:140,880円
3,501円
(3年総額:129,564円
14位:So-net WiMAX2+ 3,936円
(3年総額:145,656円
3,298円
(3年総額:122,040円
15位:UQ WiMAX 4,243円
(3年総額:157,008円
3,696円
(3年総額:136,752円

算出方法は以下の通り、

計算方法

  • 「37ヶ月分の合計月額料金」ー「キャッシュバック金額」= 3年間の総額
  • 3年間の総額」÷ 37 = 1ヶ月の実質料金・価格

利用開始月に日割り計算があるプロバイダは利用開始月を半月分の金額で計算しています。

ルーターの機種によって、キャッシュバック金額が異なるプロバイダは最新機種を選んだ場合の金額で計算しています。

安いプロバイダで契約する場合の注意点

WiMAXプロバイダの安さはランキング表の通りです。

とにかく安さを求める人は多いと思います。

しかし、ただ月額料金の安さだけで考えると損してしまう場合があるので注意しましょう。

WiMAXのサービスには月額料金以外にも、キャッシュバック、サポートオプション、電話サポート、解約金など考えなければいけない要素が他にもあります。

キャッシュバックキャンペーンに気を付ける

キャッシュバックキャンペーンは契約者の20~30%の人しか受け取れません

70%以上の人はキャッシュバックが受け取れず、月額料金割引のプロバイダと比較して高い月額料金を支払い、WiMAXを使用しています。

キャッシュバックキャンペーンの受け取り率が低い理由は「WiMAXのキャッシュバックが0円に!?お得なプロバイダには注意が必要!」に詳しく書きましたが、ここでも簡単に解説すると、以下の点が上げられます。

キャッシュバックキャンペーンの注意ポイント

  1. 受け取れるのは契約から1~2年後(それまで継続利用必須)
  2. 途中解約ではキャッシュバックが受け取れない
  3. 手続き期間が限定的(お知らせメールが来てから1ヶ月間)
  4. お知らせメールが普段使うメールアドレスに来ない(契約時強制的に作られるアドレスに送信される)
  5. その上宣伝メールに紛れていて分かりにくい
  6. 手続きが意外と面倒

このような要因が受け取り率を大幅に下げています。特に受け取りまで契約からかなり時期が空いてしまうので忘れてしまう人が多いようです。

キャッシュバックありプロバイダは基本的にキャッシュバックを受け取りにくい仕様にしています。

JP WiMAXは毎月最安付近だが、契約内容に注意しよう

JP WiMAXは実質料金が安く設定されていますが、その安さの裏にはいろいろとデメリットがあります。

具体的には以下のようなデメリットがあります。

  • 発送の連絡が来るのに1週間以上かかる(機種や在庫状況によっては平気で1ヶ月以上かかることも)
  • auスマートバリューmineが適用されない
  • 他社よりも解約金が超高額
  • 2年以内に解約する場合、端末の返却が必須
  • サポート体制が悪い
  • 選べる機種が少ない

JP WiMAXは発送が遅く1週間以上かかります。また、在庫状況によっては1か月以上待たされることもあります。そして、その間特に連絡がなかったりします。

WiMAXを契約する人の大きなニーズとして「契約後2,3日で届いて開通できる」というものがあります。固定回線よりも導入が簡単だから契約したのに、固定回線よりも開通が遅かったら何の意味もないですよね。

JP WiMAXはauスマートバリューmineが適用されません。auスマホを持っている人は他のプロバイダで契約したほうが、確実に通信費合計の出費が減ります

JP WiMAXは解約金が全プロバイダ中、断トツのナンバーワンの高さで、普通のプロバイダよりも全期間で10,000円以上高いです。

また、2年以内に解約すると端末を返却する必要があります。返却できなければ「端末違約金=契約月残数×1,600円」がかかります。

電話サポートの評判も悪く、Twitterなどでもサポート関係の不満が多いです。

あと、補足の注意点として、JP WiMAXは契約直後にもらえるキャッシュバックは10,000円分だけで、現金ではなくAmazonギフト券ということもおさえておきましょう。

残りの7,000円分のAmazonギフト券は契約から1年後で手続きも別途必要と他のキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダと変わりません。

なのでJP WiMAXも他プロバイダのキャッシュバックキャンペーンと同様に、7,000円分については受け取り手続きを忘れてしまう可能性が高いことを知っておいてください。

などなど、プロバイダとしての基本的なサービスが提供できてい可能性が高いです。

料金は安いですが、おすすめかと問われれば、現時点ではおすすめではないといわざる負えません。

新しいプロバイダなのでサービス改善を期待しますが、おそらく改善した場合、人件費等コストがかかるので、今のような安い料金は維持できないのではないかと思われます。

WiMAX最安プロバイダは解約金(契約解除料、違約金)に気をつけろ

WiMAXは基本3年契約となりますが、途中で解約する場合は解約金(契約解除料、違約金)がかかります。

この解約金もプロバイダによって料金が少し異なります。

実質的な月額料金が安くても、解約金が高く解約しづらく設定されているプロバイダがあります。

WiMAXギガ放題のプロバイダ毎の解約金(契約解除料)比較

3年プランの場合の違約金詳細

通常のプロバイダ GMOとくとくBB JP WiMAX
  • 1年目:19,000円
  • 2年目:14,000円
  • 3年目:9,500円
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

  • 1年目:24,800円
  • 2年目:24,800円
  • 3年目:9,500円
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

  • 1年目:30,000円
  • 2、3年目:25,000円:
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

WiMAXの解約金の比較はこのようになっています。

特にとくとくBBは1~2年目(1~24か月目まで)の契約解除料が他よりも抜きんでて高く簡単に解約できないようになっています。

また、JP WiMAXはとくとくBBよりもさらに金額が高く設定されており、特に3年目でも25,000円かかってしまうというのはかなり解約しずらく、実質更新月以外の解約がほぼできないようになっています。

このように、GMOとくとくBBやJP WiMAXは解約しづらくなっているので、実質料金は安いですが、契約する際は途中解約しないつもりで慎重に考えましょう。

契約解除料に関してはGMOとくとくBBとJP WiMAX以外がおすすめのプロバイダといえるでしょう。

月額料金の最安を求めない人へおすすめプロバイダ

最安を求めると、不安定なキャッシュバックを必ず受け取らなければいけません。また、サポートが悪かったり、解約金が高く実質的に3年契約を強制されてしまいます。

そういった面倒ごとや縛りを避けたい人はどのプロバイダにしたらいいのでしょうか?

おすすめのWiMAXプロバイダは Broad WiMAX です。

おすすめWiMAXプロバイダ

この2つのプロバイダはキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダを除けば、最安でなおかつ、長年プロバイダとして実績があり信頼のおける事業者です。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめな理由

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はキャッシュバックではなく月額料金割引に力を入れている

Broad WiMAXの2019年2月以降のキャンペーン内容

とくとくBB、BIGLOBE、Nifty等キャッシュバックが多いプロバイダでも、きちんとキャッシュバックが受け取れるのであれば、それらのプロバイダでも良いでしょう。

しかしキャッシュバックが受け取れなければ、ただ月額料金が高いだけのプロバイダとなってしまいます。

しかもキャッシュバックの受け取り手続きができる時期までに解約してしまったらキャッシュバックも受け取れず、高い違約金も払わなければいけません。

キャッシュバックキャンペーンは金額が高ければ高いほど、受け取り手続きを忘れた時のリスクが大きいです。

なので金額よりも、プロバイダの信頼性や手軽さなどが重要になってきます。

その点、Broad WiMAXはキャッシュバックキャンペーンがなく、そのかわりに月額料金を安くしているプロバイダなので、手続きなしで契約開始直後から何も考えずに安心して手軽にお得に使えます。

WiMAXのプロバイダ選択ではBroad WiMAXが失敗しない選択肢となります。

また、Broad WiMAXは更新月以降(3年~)の月額料金が一番安いです。(他のプロバイダよりも300円ほど安い)

長く使えば使うほどお得度が増していくプロバイダです。長く使う(3年~)可能性のある人はBroad WiMAXが一番お得なプロバイダにもなります。

そのほかにも即日発送、契約当日にルーターを受け取れる店舗受け取りサービスを行っていたり、契約後8日以内なら違約金(解約金)なしで契約をキャンセルできるようにもなっており、細かいところにも気を配ったサービスを行っており安心して契約しやすいプロバイダです。

現在Broad WiMAXでは「春の学割キャンペーン」を実施中で、18~25歳の学生もしくはその両親名義で申し込むと3年間の合計金額が通常よりも6,165円安くなります。大学生の一人暮らし新生活にとてもおすすめです。

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

Web限定特典有り!Broad WiMAXの申込み先はこちら

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad wimax

まとめ

月額料金が安いプロバイダの紹介を行いました。

ただし、安いなりにはそれなりの理由があるので、そういった面も含めてプロバイダ選びは慎重に行った方が良いです。

この記事が、WiMAXのプロバイダ選びの参考になれば幸いです。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番オススメで安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金割引です。代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)有りませんが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は機器返却の送料はかかりますが契約をキャンセル(月額料金は支払わなくて良い)できるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多くWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOME01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:BIGLOBE WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,413円、3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

BIGLOBEは口座振替で支払える数少ないプロバイダです

BIGLOBEは普段使っているメールアドレスに手続きの通知が届くので見逃しにくく、キャッシュバックを受け取りやすいようになっています。

また、キャッシュバックキャンペーンは契約後9ヶ月目に受け取れ、キャッシュバックキャンペーンを行っている他のプロバイダよりも少し速いのも嬉しいポイント。

キャッシュバックキャンペーンの金額も30,000円と最高クラスの金額ですし、月額割引キャンペーンも別でやっています。

しかしそのどちらのキャンペーンも、特化したプロバイダに比べると劣るため、おすすめ度はワンランク下がります。

BIGLOBは老舗プロバイダでサポートなど運営に安心感あるのと会員ページが使いやすいのが利点です

-WiMAX比較・おすすめ
-, , , ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!WiMAX2+おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.