雨の日はWiMAXがつながりにくくなったり速度が低下したりする?

更新日:

傘をさす女性

WiMAXは雨の日でも使えるのか心配になりますよね。

雨の日って意外と多いですから、雨が降るたびに通信が途切れるのであれば契約したくありません。

WiMAXは雨の日に使えるのでしょうか?

WiMAXは雨の日でも使える

基本的に雨の日でWiMAXが使えなくなるということはありません。

事実として、WiMAXは無線の電波のやり取りでインターネットに接続するので、障害物の影響を受けやすいです。

しかし、雨程度の障害物であればほとんど問題なくつながりますし、速度の低下も起こりません。

WiMAXの回線はスマホキャリア回線の違い

WiMAXとスマホキャリアの回線は同じ無線通信です。

しかし、それぞれ周波数が異なります。

周波数が高いと直進性が高くなり、通信速度が向上する代わりに、障害物に弱くなります

逆に周波数が低いと通信速度は低下しますが、障害物を回り込む能力が増すので、障害物に邪魔されにくくなります

WiMAXの周波数はスマホキャリアのものよりも高いです。

周波数
WiMAXの周波数帯(バンド幅)はどれくらい?ルーターのWiFi周波数と区別しよう

WiMAXやスマホのように無線でつながるインターネット回線では大気中を飛び交う電波によってつながります。 この電波は各通信会社によって使える周波数帯が異なります。 例えばスマホのプラチナバンドと呼ばれ ...

続きを見る

そのため比較的障害物に弱いのは事実です。

しかし、実際に使ってみると、雨が降っている日でも特段不便を感じるような速度低下や接続の不安定さなどはありません

逆に通信速度はスマホキャリアよりも速いので、よっぽど障害物に囲まれている場所でなければ、むしろ速度は速い部類なので安心してください。

つながりにくくなるのは事実なので油断は禁物

雨の日でも基本問題はないですが、やはり雨という障害物が無数に大気中にある状態なので、晴天のときよりはつながりにくくなるのは事実です。

なので、もしかしたら普段通りの使い勝手にならないこともあります。

大雨に注意

特に大雨が降っているときは気を付けたほうが良いでしょう。

雨の量が多ければそれだけ障害物が増えることになるので、ルーターまでの電波が遮断されやすくなります。

出張や旅行でWiMAXを使う場合は出先の天気はきちんと把握しておいた方が良いでしょう。

大雪も注意

大雨同様、大雪も障害物が多いので、速度低下などには注意が必要です。

台風の時はつながらないことが増える

台風の時は大雨に加えて大気が高速で移動しているので、電波がまっすぐ届かないです。

台風の時はWiMAXを快適に使うことはできません。

プロバイダによってつながりやすさや速度に違いはない

WiMAXにはプロバイダがたくさんあります。その数なんと30社以上!

これだけあれば、速度やエリア、つながりやすさの違いがあるのでは?と思うかもしれませんが、そんなことは全くないです。

プロバイダはどれもWiMAXのサービスを大本で提供しているUQコミュニケーションズから委託され販売している代理店に過ぎないので、WiMAXのインフラは全て共通です。

そのため通信速度も、エリアもつながりやすさも全く同じです。

雨の日のつながりやすさも同様です。

つながりにくいな、速度が遅いなと思ってプロバイダを変更しても意味がないことはあらかじめ知っておきましょう。

WiMAX・WiMAX2+プロバイダーとUQWiMAXの違いとは?
WiMAX・WiMAX2+、プロバイダとUQ WiMAXの違いとは【基礎知識】

WiMAX・WiMAX2+とは本来UQ WiMAXというのが正式名称です。そしてUQWiMAXはUQコミュニケーションズが提供しています。 でも、家電量販店やネットでプロバイダと呼ばれるようなあらゆる ...

続きを見る

もしもWiMAXの速度が低下するorつながりにくくなったら

以下の記事にある方法を試してみてください。

頭を抱える女子高生
WiMAX・WiMAX2+の速度が遅い時に対処するための8つの方法

WiMAX(WiMAX 2+)の速度が遅い時がありませんか? WiMAXは電波も強くエリアも広いため基本的には速度が極端に遅くなったり、途切れたりといったことはありません。 しかし、無線通信なのでやは ...

続きを見る

WiMAXの速度低下やつながりにくいといった問題を解決できる可能性があります。

ぜひ参考にしてみてください。

特に簡易的なパラボラアンテナ的なものを作る方法は効果が高く、作るのも簡単なのでおすすめの方法です。

また、アンテナの近くに移動したり、家の中であればなるべく窓際にルーターを置くことによって障害物を減らすことができるのでおすすめです。

ハイスピードプラスエリアモードを利用する

もし、通信が途切れたりした場合はハイスピードプラスエリアモードを利用してみるのも手です。

ハイスピードプラスエリアモードはau4GLTE回線を利用して、WiMAXがつながらない場合に補助として使える回線となっています。

月間7GBまでしか使えませんが、雨の日などWiMAXがつながりにくくなった時に緊急で使う分には十分です。

なぜハイスピードプラスエリアモードが有効かというと、このモードで利用できるau4GLTE回線は周波数が低いからです。

通常WiMAXの周波数は2.5GHz帯ですが、au4GLTE回線の周波数は800MHz帯とかなり低く、つながりやすくなります。

800MHz帯はいわゆるプラチナバンドと呼ばれるもので、無線通信の中では一番つながりやすい回線となっています。

ハイスピードプラスエリアモードについて詳しくは↓をご覧ください。

au 4G LTEの関東地方のエリア
WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、制限、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

速い ハイスピードプラスエリアモードとは何でしょうか? 普段は通常モードであるハイスピードモード(WiMAX2+)で充分問題ないですよね。 ではこの「ハイスピードプラスエリアモード」って何のためにある ...

続きを見る

WiMAX障害情報

WiMAXでは通信障害がおこることがあります。特に大雨や台風の影響で通信回線に障害がおこることがあります。

それらの情報をUQコミュニケーションズ公式で公開しているので、心配な時は確認してみてください。

障害後の復旧情報についても掲載されています。

WiMAX通信障害情報:https://www.uqwimax.jp/information/maintenance/

まとめ

雨の日でもWiMAXは問題なく使えます。

速度低下が起こったり、つながりにくくなったりはまずしないので心配無用です。

ただし、原理上、雨の日は障害物が増えることになるので、大雨や大雪、台風の時などはWiMAXの電波も届きにくくなり、結果的に速度低下が起こったり途切れたりする可能性が高まります。

もしも通信速度が低下したりつながりにくくなったりした場合は以下の記事を参考にして、改善策を試してみてください。

頭を抱える女子高生
WiMAX・WiMAX2+の速度が遅い時に対処するための8つの方法

WiMAX(WiMAX 2+)の速度が遅い時がありませんか? WiMAXは電波も強くエリアも広いため基本的には速度が極端に遅くなったり、途切れたりといったことはありません。 しかし、無線通信なのでやは ...

続きを見る

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番失敗なく安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料で契約キャンセルできるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く、解約金が高いなどのデメリットもないためWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,100円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX2+の速度
-,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.