WiMAX速度比較大全!ポケットWiFi・プロバイダ・端末・エリアの速度比較

更新日:

通信速度のイメージ

WiMAXの速度について気になっていませんか?

WiMAXと一括りにいっても、プロバイダや端末(ルーター)、エリアなどの違いで速度が異なります。

そして、WiMAXはポケットWiFiの一種です。ほかのポケットWiFiとの速度の違いは気になるところですよね。

この記事では、WiMAXの速度に関するあらゆる違いを比較し、WiMAXの速度に関する疑問を全て払しょくできるよう作成しました。

WiMAXの速度についての疑問が解消されれば幸いです。

WiMAXの通信モードによる速度の比較

まずは根本的なところで、WiMAXの速度について知りましょう。

WiMAXには3つの通信モードがあります。

各モード毎の通信速度は以下の通り。

通信モード WiMAX2+
(ハイスピードモード)
WiMAX
(ノーリミットモード)
au4GLTE
(ハイスピードプラスエリアモード)
通信速度 220~558Mbps 13Mbps 75Mbps

このうち現行のWiMAXの端末(ルーター)で使えるのはWiMAX2+(ハイスピードモード)とau4GLTE(ハイスピードプラスエリアモード)の2つです。

参考までにWiMAXの機種による対応モードの一覧表は以下のようになっています。

ルーター機種 WiMAX2+
(ハイスピードモード)
WiMAX
(ノーリミットモード)
au 4G LTE
(ハイスピードプラスエリアモード)
W06 ×
WX05 ×
W05 ×
WX04 ×
W04 ×
WX03 ×
W03 ×
WX02 ×
W02 ×
WX01 ×
W01 ×

ポイント

WiMAX(ノーリミットモード)は2020年に完全に停波します。

ちなみにここで言うWiMAXとは回線名でサービスとしてのWiMAX(WiMAX2+)はなくなりません。回線をWiMAX2+に移行してこれからもサービスが続きます。

WiMAXの実測値

実際にWiMAXの速度を測ってみました。

おおむね10~100Mbpsの範囲がWiMAXの実測値となります。

W05のSpeedtest.netでの通信速度測定結果

Fast.comでの通信速度測定結果

みんなのWiMAX測定値

ポケットWiFiとWiMAXの回線速度比較

WiMAXと他のポケットWiFiで速度の違いを見てみましょう。

ポケットWiFiでWiMAXが気になっているけど、実際に速度はどれくらいなのか気になりますよね。

他のポケットWiFiよりもWiMAXは速いのでしょうか?

ポケットWiFiとWiMAXの違いを比較

ここでは、WiMAX以外のポケットWiFiはdocomo、au、Softbankの回線を利用してサービスを行っています。そのため、それぞれ利用しているキャリア事に比較します。

横幅に収まりきらない場合スクロールできます。

ポケットWiFi名 docomo au Softbank WiMAX
端末 Wi-Fi STATION HW-01L W06 Pocket WiFi 802ZT W06
最大通信速度 1288Mbps 1237Mbps 988Mbps 1237Mbps

ポケットWiFiの最新機種での通信速度(下り)の比較はこうなります。

どのポケットWiFiでも1000Mbps前後と光回線並みでとても速いです。

数字上の違いはありますが、これらの数字はあくまでベストエフォートでの通信速度となります。あくまで「技術的な理論値としてこれくらいの速度が最大で出るよ」というものでしかありません。

どのポケットWiFiでも最高速度を出すには一部の都市圏で端末の通信モードを最大にした場合のみになります。

なので実際の通信速度はこれらの数字よりも低くなります。

ただどのポケットWiFiも使用している通信回線の規格が4Gで、大まかには同じくくりの通信回線なので、速度の違いはほぼありません

実際のポケットWiFiやWiMAXの通信速度はどれくらい?

実際にはWiMAXを含むポケットWiFiの速度は、10~100Mbpsです。

場所によって基地局との距離や回線の混雑具合が異なるので実測値には幅がありますが、おおむね上記の通りの実測値が出ます。

WiMAXは他のポケットWiFi比べて回線が強い

WiMAXは他のポケットWiFiと異なる部分があります。

それが回線です。

他のポケットWiFiは全てキャリアの通信回線を利用しているため、スマホの利用者と通信回線がバッティングします。そのため、通信回線は混雑し通信速度は遅くなりがちです。

しかし、WiMAXの場合専用の通信回線なため、WiMAX利用者のみの回線となります。

なので比較的通信回線に余裕ができます。

ポケットWiFiとWiMAXでは技術的には通信速度の違いはほぼありませんが、こういった事実により、WiMAXの通信速度は他のポケットWiFiよりも速くなる場合が多いです。

また、2020年には現在WiMAXの主流回線である「WiMAX2+」の回線がさらに強化され、より混雑しないようになり速度の向上が見込めます。

巨大なパラボラアンテナ
旧WiMAX回線が2020年に終了!?でも大丈夫!これからは完全にWiMAX 2+回線へ移行予定

「WiMAX2+」は停波になりません。WiMAX2+はサービスをこれからも続きます。終わるのは現在新規契約ができなくなっている旧WiMAX回線(「WiMAX」と「WiMAX2+」は別物の回線です)の方 ...

続きを見る

ポケットWiFiとWiMAXの速度制限について

ポケットWiFiの代表的なY!mobileのポケットWiFiとWiMAXの通信速度制限を比べてみましょう。

どちらも通信制限がかかる条件が全く同じで、「前日までの3日間のご利用通信量が10GB以上」となっています。厳密にはY!mobileのほうが若干少なく条件が厳しいです。ただ誤差の範囲内です。

どちらのサービスも制限後は約1Mbpsの速度になり、制限される時間帯も同じです。

ポケットWiFiでの通信速度制限の違いは全くないといっていいでしょう。

しかし、速度以外の観点になってしまいますが、Y!mobileので無制限に通信ができるのはアドバンスモードでAXGP回線に接続した場合のみになり、この時通信速度はWiMAXよりも遅くなります。

制限や速度、容量など総合的に見るとWiMAXのほうがY!mobileよりもポケットWiFiとしては有用性が高いです。

なるほどとうなづく猫
WiMAX2+の「3日10GB」通信制限は厳しい?意外とそうでもない?速度はどう?ビジネスマンには特におすすめ

WiMAXを契約するにあたって、通信制限、通称「3日10GB制限」が気がかりという方は多いのではないでしょうか。 はたして、この通信制限はユーザーにとって厳しい物なのか、はたまた全く気にする必要のない ...

続きを見る

WiMAXのプロバイダによる速度の違いを比較

ここからはWiMAX単体の各種速度の比較を確認していきます。

まずは、WiMAXのプロバイダによる速度の違いを比較します。

WiMAXについて気になっている方で、プロバイダの速度に違いがないか気になっている人は結構多いのではないでしょうか?

結論:WiMAXのプロバイダによる速度の違いはない

比較といっておきながらなんですが、WiMAXのプロバイダによる速度の違いはありません

どういうことかというと、WiMAXのプロバイダは全てMVNO形式でサービス運営しているからです。

MVNOとは、他社が所有しているインフラを借りて通信サービスを提供する事業者のことです。

格安SIM(docomoやauの設備を借りている)や光コラボ(フレッツ光から設備を借りている)はMVNO形式の代表的なものです。

WiMAXの場合ケーブルや基地局などの通信網をUQ WiMAXから借りています。

全てのプロバイダはUQ WiMAXの設備を借りて通信サービスを提供しているので、プロバイダによる通信速度の違いは全くありません

WiMAXプロバイダの通信速度に違いはない事実とその理由

実はWiMAXプロバイダの速度比較は意味が無い!? WiMAXを契約する前に知りたいのは、「どのWiMAXプロバイダの通信速度が一番速いか?」ですよね。 遅い通信回線なんかだれも使いたくないですから。 ...

続きを見る

WiMAXプロバイダの速度以外の比較

WiMAXのプロバイダは速度に関しては比較しても違いがありません。

ただし、なぜWiMAXのプロバイダが30社以上あるのかといえば、それぞれ料金、キャンペーン、サポート、解約金などのサービスに違いがあるためです。

それらの違いを知り、WiMAXのおすすめプロバイダを知りたいという人はWiMAXプロバイダ比較のまとめ記事があるのでそちらをご覧ください。

【最新】WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

WiMAXの端末(ルーター)毎の速度の違いを比較

プロバイダ毎に通信速度が違うならWiMAXの通信速度の違いは全くないのかというとそうではありません。

WiMAXには端末(ルーター)の種類がいくつかあります。

端末の機種によって、通信速度は異なります。

WiMAXの端末ごとの通信速度の違いは以下のようになります。

機種 最大通信速度(下り)
W06 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時867Mbps)
WX05 440Mbps
WX04 440Mbps
W05 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時758Mbps)
W04 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時758Mbps)
WX03 440Mbps

現行の機種は「W06、WX05、W05」となりますが、その中ではW06が通信速度に関しては一番速いです

速度で選ぶ場合はW06が第一候補となります。

WiMAX2+のモバイルWiFiルーター比較最新版
WiMAXルーター全機種比較!現行W06・WX05・W05でおすすめ端末はどれ?

モバイル通信端末をWiMAXに決めて、いざWiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+を契約するときにルーターをどの機種にすれば良いのかよく分かりませんよね。 機種の種類はスマホやパソコンほど多くないで ...

続きを見る

WiMAXの電力モードの速度比較

WiMAXの端末(ルーター)には3つの電力モードがあります。電力モードによって通信速度が異なります。

端末によって3モードの名称は異なりますが、意味合いとしてはどの機種も同じで、電力消費別に「最大出力のハイパフォーマンスモード」、「中間出力のノーマルモード」、「電力消費を抑えるエコモード」があります。

それぞれのモードの明確な通信速度は公表されていませんが、ハイパフォーマンスモードがその端末の最大速度でノーマルモードがその70%ほどの速度になり、エコモードはハイスピードモードの50%ほどの速度になります

ハイスピードプラスエリアモードの通信速度について

WiMAXにはハイスピードプラスエリアモードというものがあります。このモードにすると、一部地域でハイパフォーマンスモードよりも通信速度が速くなります。

ハイスピードプラスエリアモードは3つの電力モードとは違う特殊なモードです。

ハイスピードプラスエリアモードには2つの役割があります。

  1. WiMAX2+回線がつながらないエリアで通信ができるようにする
  2. 一部の地域(東京、大阪、名古屋などの大都市の中心部)でハイスピードモードよりも高速に通信ができるようにする

1.WiMAX2+回線がつながらないエリアで通信ができるようにする

1つ目はWiMAX2+がつながらないエリアにいる場合に、よりエリアの広いau4GLTEの回線に接続し通信を行えるようにするというものです。

WiMAXを運営するUQコミュニケーションズはau(KDDI)の関連企業なので、WiMAXの端末で補助回線としてau4GLTEが使えるようになっています。

2.一部の地域(東京、大阪、名古屋などの大都市の中心部)でハイスピードモードよりも高速に通信ができるようにする

そして2つ目が速度に関するものです。

これは、大都市圏の中心部のみにはなりますが、「WiMAX2+の回線」と「ハイスピードプラスエリアモードのau4GLTE回線」を併用することによって、通信速度のを向上させる機能です。

一番最初にポケットWiFiとの比較で表に掲載した速度はこの時の数値になります。

この機能を利用できるのはW06、W05、W04の3機種のみです。

もう一度端末ごとの通信速度を掲載します。かっこの中の速度がハイスピードプラスエリアモードを併用した場合の最高速度(下り)となります。

機種 最大通信速度(下り)
W06 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時867Mbps)
WX05 440Mbps
WX04 440Mbps
W05 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時758Mbps)
W04 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時758Mbps)
WX03 440Mbps

ハイスピードプラスエリアモードの詳しい解説記事

au 4G LTEの関東地方のエリア
WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

速い ハイスピードプラスエリアモードとは何でしょうか? 普段は通常モードであるハイスピードモード(WiMAX2+)で充分問題ないですよね。 ではこの「ハイスピードプラスエリアモード」って何のためにある ...

続きを見る

WiMAXの端末の接続方法による速度の違いを比較

WiMAXはPCやスマホ、タブレットなどの通信機器とWiFiなどの機能を使って接続しますが、この接続方法によって実際の通信速度が異なります。

接続方法は以下の4つ

  1. WiFi接続
  2. Bluetooth接続
  3. LANケーブル接続
  4. USB接続

このうち大きく無線接続「WiFi、Bluetooth」と有線接続「LANケーブル、USB」の2つにグループ分けされます。

基本的にWiMAXのスペック表などで数値が表記されているのは無線接続した場合のものです。

無線接続と有線接続の理論値が公式に発表されて両方分かっているものはW06しかありませんが、参考までにW06の数値は以下のようになります。

接続方法 無線接続(WiFi、Bluetooth) 有線接続(LANケーブル、USBケーブル)
通信速度 867Mbps 1237Mbps

では実測値ではどうなのかというと、有線接続した場合、無線接続よりも実測値が2倍ほど高くなります

検証記事↓

USB接続したW05
WiMAXをUSB接続すると通信速度がどれくらい向上するのか検証してみた

WiMAXにはWiFiでルーターとパソコンやスマホ、タブレットなどと接続する以外にもLANケーブルやUSBケーブルで有線接続することができます。 有線接続することで周りのWiFi電波と干渉しないため安 ...

続きを見る

WiMAXのエリアによる速度比較

WiMAXはエリアによっても速度が違うのでしょうか?

WiMAXは混雑具合によって通信速度が変化します。

エリアによる技術的、設備的な速度の違いはないですが、その地域の混雑具合によって速度が異なる場合があります

WiMAXのエリア内で人口密度が低いところは、混雑していないところが多いので、そういった場所では通信速度は比較的速くなります。

反対に都市部やベットタウンなどの人口密度が高くWiMAX利用者の数が多いところでは、回線が混雑しがちで速度が下がってしまいます。

実際にユーザーの実測値に基づいてマッピングされた実測マップというものがあるので参考にしてください。

WiMAX実測スピードマップ

WiMAXは建物の中と外では通信速度が異なる場合がある

WiMAXは同じエリアでも建物の中と外では通信速度が異なります。

特に高層階のマンションだと通信速度が遅くなる傾向にあります。

なぜそうなるのかというと、WiMAXは無線通信なので基地局(アンテナ)からの距離が遠ければ遠いほど電波が減衰し結果的に通信速度が落ちます。

また、建物内は壁がたくさんあるので、外からの電波が遮断されやすく、通信速度は外にいる場合よりも遅くなります

マンションの写真
WiMAXは高層階マンションでもつながるのか?速度はどうなる?

インターネットをより快適に利用することができる方法の一つに、高速かつ大容量の通信を可能とするWiMAXの利用があります。 しかし、このWiMAXには基地局の関係でマンション高層階には十分に電波が届かな ...

続きを見る

WiMAXの環境による速度の違い

雨が降っている日は通信速度が遅くなることがあります。

傘をさす女性
雨の日はWiMAXがつながりにくくなったり速度が低下したりする?

WiMAXは雨の日でも使えるのか心配になりますよね。 雨の日って意外と多いですから、雨が降るたびに通信が途切れるのであれば契約したくありません。 WiMAXは雨の日に使えるのでしょうか? WiMAXは ...

続きを見る

WiMAXの速度が遅いときの対処法

WiMAXは無線通信です。光回線などの有線でネットにつながる回線よりも、通信速度が遅くなる危険性が高いです。

原因はいろいろ考えられます。

回線そのものが混雑している場合はどうしようもないですが、それ以外の原因の場合通信速度を改善できることがあります。

それらの対処法を以下の記事にまとめました。

現在進行形で通信速度の低下に悩んでいる方、もしくはこれからWiMAXを契約しようと考えていて、事前に速度低下のリスクについて知っておきたい方に参考になるはずです。

頭を抱える女子高生
WiMAX・WiMAX2+の速度が遅い時に対処するための8つの方法

WiMAX(WiMAX 2+)の速度が遅い時がありませんか? WiMAXは電波も強くエリアも広いため基本的には速度が極端に遅くなったり、途切れたりといったことはありません。 しかし、無線通信なのでやは ...

続きを見る

WiMAXやポケットWiFiの通信速度を比較するのに便利なツール

速度が低下しているのかどうかはっきりと数字で知る必要があります。

以下の記事に通信速度を測定するのに便利なツールを紹介しています。

今使っている回線の速度を測定し、新しくWiMAXやポケットWiFiを契約する際の参考にしてください。

ネット回線の速度測定に使えるおすすめサイト・アプリまとめ|スマホ・光回線・WiMAX・ポケットWiFi・ADSL対応

スマホや光回線、WiMAX、ポケットWiFiの速度が今どのくらい出ているのか知りたいものですよね。 ウェブサイトが速く開かなかったり、アップロードやダウンロードが遅かったりする時は通信速度をまず疑いま ...

続きを見る

WiMAX速度比較のまとめ

WiMAXはポケットWiFiとして十分に速度が速く、実測値でも光回線と遜色ありません。

WiMAXではプロバイダ毎に通信速度の違いは原則あり得ませんが、端末(ルーター)の機種や電力モード、接続方法などによって通信速度が異なります。

WiMAXを契約しようと考えている方は通信速度はとても重要なファクターとなるはずです。

この記事で、WiMAXの通信速度についての疑問がなくなれば幸いです。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,000円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX比較・おすすめ, WiMAX2+の速度
-, ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.