WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選

WiMAX・WiMAX2+は地下街でも使える?調べ方とどれくらいの速度か

投稿日:

地下街を歩く人々WiMAXは地下でも使えるのでしょうか?

地下鉄はアンテナの設置が全国的に完了しており、ほとんどの場所で走行中でもWiMAXが使えます。

地下鉄構内で電車が来た様子
WiMAX・WiMAX2+は地下鉄でつながるのか?走行中はどう?

WiMAXは地下鉄でつながるかどうか心配な人がいるのではないでしょうか? でも安心してください、きちんとつながります。 どんな時につながってどんな時につながらないか アンテナが設置されていれば問題なく ...

続きを見る

それでは地下街ではどうでしょうか?

答え:WiMAXは地下街でも使える

地下鉄同様、WiMAXは地下でも使うことができます

地下街で使えるWiMAXの正確な回線名はWiMAX2+(ワイマックスツープラス)といいます。

WiMAXという名称は一般名詞となっており、現在はWiMAX2+が主流回線ですが、商品として呼ぶ場合はWiMAX(ワイマックス)と呼ばれています。勘違いしやすいのでここで補足して起きました。

WiMAXが使える地下街の調べ方

自分の住んでいる地域やこれから出向く地下街はWiMAXが使えるのか調べたいですよね。

そういう時はWiMAXの公式ページで確認することができます。

確認ページ:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/use/undergroundtown/

今や日本全国の地下街で使えるようになっています。

地下では速度が低下するのかどうか

WiMAXの速度はどの場所(地下でも地上でも)であっても以下の3要素によって速度が決まります。

  • アンテナの設置数
  • その場所でWiMAXを使っている人の数
  • アンテナとルーターの距離

アンテナの設置数

WiMAXはアンテナがたくさん設置されている場所では速度が速くなる傾向があります。

通信回線は多くの人が同じ回線を使っていると経路が詰まりやすくなりますが、その経路がたくさんあればつまりが起こりにくく速度も低下しにくいのです。

その場所でWiMAXを使っている人の数

アンテナの設置数と同じ原理で、近くにWiMAXを使っている人が多ければ多いほど回線は詰まりやすくなるので、遅くなります。

逆に自分以外にWiMAXを使っている人がいなければ、回線は詰まることなくスイスイと通信が行えます。

アンテナとルーターの距離

アンテナとルーターの間は無線です。

当然距離が長ければ届くまでに時間がかかるので通信速度は低下します。

また、距離が遠いことで無線の電波がほかのWiFiやスマホ回線の電波と干渉しやすくなるので、通信速度が遅くなります。

つまりは

WiMAXは地下街で使える場合、地下に専用のWiMAXのアンテナが設置されています。

地下街はお店が多く食べ物を食べるお店や喫茶店なんかも多いです。

そのため人が密集しやすく、WiMAXの速度は低下しやすいと思っておいたほうが良いです。

地下街で通信速度を上げるにはどうしたらよいか

地下街で通信速度が低下する場合どうしたらよいでしょうか?

すでに使っているWiMAXの速度をその場で急激に上げることは難しいですが多少は何とかできます。

モード変更を行う

WiMAXの通信モードを「ハイスピードモード」にすることによって少し通信速度を向上させることができます。

それと、地下街によっては「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」を併用することで通信速度を最大限に上げることができます。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードは7GB以上の通信量を使ってしまうと通信制限にかかるので非常に注意が必要です。

ハイスピードプラスエリアモードについて詳しくは↓

au 4G LTEの関東地方のエリア
ハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

速い ハイスピードプラスエリアモードとは何でしょうか? 普段は通常モードであるハイスピードモード(WiMAX2+)で充分問題ないですよね。 ではこの「ハイスピードプラスエリアモード」って何のためにある ...

続きを見る

ルーターと通信機器とをUSB接続する

普段はルーターとパソコンやスマホなどの通信機器をWiFiで接続していると思いますが、USB接続にすることによって通信速度が2倍ぐらい速くなります。

おそらくこれが一番効果がある方法でしょうか。

WiFiというのは意外と遅くて、USBやLANケーブルなどで有線接続したほうが速くなります。

LANケーブルはノートパソコンやスマホでは接続できませんしルーターにも端子がありませんので手軽にはできません。

その点USBケーブルであれば、充電用に持ち歩いている場合もあるので接続のハードルは下がります。

USBケーブルであればなんでも良いので、ルーターと通信機器を接続してみてください。

速度が向上することでしょう。

USB接続したW05
WiMAXをUSB接続すると通信速度がどれくらい向上するのか検証してみた

WiMAXにはWiFiでルーターとパソコンやスマホ、タブレットなどと接続する以外にもLANケーブルやUSBケーブルで有線接続することができます。 有線接続することで周りのWiFi電波と干渉しないため安 ...

続きを見る

Bluetooth接続のイメージ
WiMAX 2+ルーターの4つの接続方法を全て解説、メリット・デメリットもそれぞれ解説

WiMAX2+には4つの接続方法があります。 WiMAX2+ではそのいずれかの方法でPCやスマホ、タブレットなどを接続すれば、インターネットにつながり、使うことができます。 WiMAX2+初心者のため ...

続きを見る

通信速度の速いルーターの機種

WiMAXの機種によっては通信速度が変わります。

通信速度が速いルーターの機種にすればそれだけ速度向上が見込めます。

WiMAXのルーターの速度が現時点で一番なのは「W06」という機種です。

Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT W06の全まとめ|WX05,W05との比較、スペック、新機能

WiMAXのモバイルWi-FiルーターのWシリーズの最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」が2019年1月24日に発売されました。UQWiMAX及び各プロバイダで取り扱いが開始しています ...

続きを見る

もしもこれからWiMAXを契約して地下で使う予定のある方は、通信速度を考慮してW06を選ぶのが良いと思われます。

ルーターの全機種の比較に関しては以下の記事をご覧ください。

WiMAX2+のモバイルWiFiルーター比較最新版
WiMAXルーター全機種比較!W06,WX05,W05,WX04,W04,WX03でおすすめはどれ?

モバイル通信端末をWiMAXに決めて、いざWiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+を契約するときにルーターをどの機種にすれば良いのかよく分かりませんよね。 機種の種類はスマホやパソコンほど多くないで ...

続きを見る

まとめ

地下街でも地下鉄同様WiMAXがつながります。

ただし、速度は低下しやすいので、もしも遅いなと感じることがあったら、モードを変更したり、接続方法をUSBにしてみたりして対処してください。

地下で使うことがあるかもしれない人でこれからWiMAXを契約する場合は通信速度の速い機種を選ぶことをおすすめします。

これからWiMAXの契約を考えている人は↓の記事を参考にしてください。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

↓↓↓↓↓

WiMAX比較!絶対失敗しないおすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になるキャンペーンも行っています。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

現在So-netは月額料金割引キャンペーンを継続中で、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円と安くなっています。キャッシュバックキャンペーンが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろ楽に以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金ではキャンペーンにより最安クラスになり、お得に安心して使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるキャンペーンも行っています。

So-net契約体験レポートはこちら→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

Nifty WiMAXはキャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダです。

Nifty WiMAXのキャンペーンでは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダだと契約から1年以上必要です。

キャンペーンにより、本来は忘れやすいキャッシュバックが受け取りやすくなっています。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円でいうことなしです。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないため、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうところです。

Nifty WiMAXのキャンペーンはキャッシュバックに不安を覚える人におすすめとなっています

-WiMAX基礎知識

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.