WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ6選

WiMAX・WiMAX 2+で絶対に損しない・失敗しないプロバイダ比較、キャンペーン比較と選び方、おすすめのプロバイダ6選!

WiMAX(ワイマックス)おすすめプロバイダ6選!絶対に損しない・失敗しないプロバイダ全社比較と契約方法

WiMAXの新ルーター機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」が登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W06

W06について詳しくは→Speed Wi-Fi NEXT W06の全まとめ|スペック、新機能、進化した部分をご覧ください。

W06を含めたWiMAXのルーター機種比較の記事はこちら→WiMAXルーター全機種比較!W06,WX05,W05,WX04,W04,WX03でおすすめは?

新しいホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」も発売しました。

Speed Wi-Fi NEXT L02

Speed Wi-Fi HOME L02の情報まとめはこちら→Speed Wi-Fi HOME L02の全まとめ|スペック、新機能、HOME 01との比較、L01sから進化した部分はどこか?

【2019年2月24日更新】WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+の全プロバイダ比較とおすすめプロバイダ6選!絶対に失敗させない!

WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+のプロバイダ選びは悩むものですよね・・・

WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+のプロバイダ比較でどこにしようか悩む様子

WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+を契約しようと思ったけど、申し込めるプロバイダ(事業者)がありすぎて、どこもサービス内容や料金が少しずつ違っていたり、キャッシュバックやキャンペーンなどの特典もあったり、比較も難しい・・・

はぁ、一体どこにしたらいいの??・・・

WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+をいざ契約しようと思っても、結局どのプロバイダにしたら良いのか分かりませんよね。

WiMAX・WiMAX2+を申し込めるプロバイダは25社以上とたくさんあって、比較するのがたいへんです。

正直めんどくさいですよね。

でもだからと言って、てきとうに選んで失敗なんて絶対にイヤです。

そこで、当サイト(GetWiMAX.jp)ではそんな思いに答えるために、

徹底的にWiMAX・WiMAX2+のプロバイダを比較し、「どのプロバイダがおすすめなのか」を分かりやすく解説します。

WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+プロバイダの選び方【このページの使い方】

このページの使い方を案内するオペレーター

当サイトでは以下の4つの内容で最適なWiMAX・WiMAX2+のプロバイダとルーターを選ぶことができるようになっています。

このページの主な内容

  1. WiMAX・WiMAX2+プロバイダのおすすめランキング(結論
  2. プロバイダ徹底比較
  3. ニーズ別おすすめWiMAX・WiMAX2+プロバイダ6選
  4. WiMAX・WiMAX2+ルーター比較

最初のWiMAX・WiMAX2+プロバイダおすすめランキングはWiMAX・WiMAX2+プロバイダ比較の結果とこれまでの当サイト訪問者のプロバイダ人気を考慮した順位となっています。

時間が無い人はランキングだけでWiMAX・WiMAX2+プロバイダを選んでも問題ありません。

より納得してからWiMAX・WiMAX2+を契約したい場合は「WiMAX・WiMAX2+プロバイダ比較」や「ニーズ別おすすめのプロバイダ」などをご覧ください。

以下は、それぞれの項目のページ内リンクです。適宜活用してください。

前提知識(1/2):「WiMAX」と「WiMAX 2+」は同じ意味です

これ以降読んでいて惑わないよう比較や解説の前に補足しておきます。

WiMAXとWiMAX2+はどちらも同じサービスを指しています。

WiMAX = WiMAX 2+

正式なサービス名は「UQ WiMAX」といい、サービスを提供しているのはUQコミュニケーションズというKDDI系列の会社です。

WiMAX = WiMAX 2+ = UQ WiMAX

UQ WiMAX」は現在では一般的に「WiMAX(ワイマックス)」と呼ばれています。WiMAXはもともと回線の名称でしたが、サービスの呼称として事実上、一般名詞化してしましました。

現在、「WiMAX(ワイマックス)」ではWiMAX回線に代わりWiMAX 2+回線がサービスとして提供されています。

そのため、現在はWiMAX 2+もUQ WiMAXを指す言葉としてWiMAX同様の扱いになっているのです。

当サイトではこれ以降はUQ WiMAXを表すサービスの一般名詞として「WiMAX(ワイマックス)」という名称を使いますが、回線はWiMAX 2+を示していることに注意してください。

前提知識(2/2):プロバイダの通信速度やルーターはすべてUQ WiMAXと同じです

プロバイダの比較に入る前にもう一つだけ前提知識として頭に入れておいてほしいことがあるので、ここで簡単に解説します。面倒かもしれませんが、大切なことなのでぜひとも読んでください。

WiMAXのプロバイダはすべてUQWiMAXの販売代理店です

プロバイダはUQWiMAXのサービスを、自社で独自の割引やサポートオプションなどを追加して販売(ユーザーと直接契約)しています。

また、プロバイダは販売代理店としてサポートなどの窓口となります。

プロバイダは販売数に応じた契約金をUQWiMAXを運営するUQコミュニケーションズからもらいます。

プロバイダとUQ WiMAXとの関係性はこのようになっているので、プロバイダ間のWiMAXのサービス品質に違いは全くありません

全てUQ WiMAXと同じです。WiMAXというサービスの提供を行っているのはUQコミュニケーションズだからです。

プロバイダどうしで異なるのは月額料金がどれくらい安いかやキャッシュバック特典があるかないか、サポートオプションにどのようなものがあるか、サポート体制は優良かなどです。

このページではこれらの要素を比較していって、総合的に見てどのプロバイダがおすすめなのかをはっきりさせます。

閑話休題、↓からWiMAXプロバイダ比較です。まず結論としておすすめのプロバイダを知っていたほうが比較も読みやすいと思うので、ランキング形式で紹介します。そのあとにプロバイダ比較を掲載しています。

WiMAX(ワイマックス)プロバイダのおすすめランキング【2019年2月時点】

おすすめのWiMAXプロバイダをランキングで5つ紹介

WiMAXにはたくさんのプロバイダ(25社以上)があります。多すぎてどれが良いプロバイダなのか分かりにくいです。

このランキングではWiMAXを実際に使用するうえで重要な以下の要素とプロバイダ比較結果を考慮して、ランキング形式でおすすめ上位5つのプロバイダを紹介します。ただし、完全に客観的な事実だけに基づくものではありません。これらの要素を考慮したうえで当サイト独自の見解(当サイト管理人が実際に契約したことのあるプロバイダ、サポートやプロバイダの信頼性などを強めに考慮しています)も入ったランキングになります。

  • 月額料金の安さ
  • プロバイダの人気度(ユーザーからの評判・評価)
  • キャッシュバック金額と受け取りやすさ
  • サポートの充実度
  • プロバイダの信頼度
  • 発送の速さ

このランキングで大まかに優良プロバイダを知った上で、後につづく「プロバイダ徹底比較」や「おすすめプロバイダ6選」などを参考にしていただければ、あなたに合った最適なプロバイダが選べるようになっています。

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないとキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人は契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

4位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,056円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、WX04、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバック金額トップで、実質料金が一番安いプロバイダがとくとくBBです。金額的にはお得ですが、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くない。また、解約金も他のプロバイダより高く設定されている。もしとくとくBBで契約する場合は月額割引のみのプランもあるので、キャッシュバック特典が不安な方はそちらを選ぶことをおすすめします。

5位:BIGLOBE WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,413円、3,576円
契約期間 ・・・ 2年、3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、WX04、WX03、L02、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

BIGLOBEは口座振替で支払える数少ないプロバイダです。BIGLOBEは普段使っているメールアドレスに手続きの通知が届くので見逃しにくく、キャッシュバックを受け取りやすいようになっています。キャッシュバック金額も高く月額割引キャンペーンもやっているが、そのどれも、特化したプロバイダより劣るためおすすめ度は低い。BIGLOBは老舗プロバイダでサポートなど運営に安心感あるのと会員ページが使いやすいのが利点

WiMAX(ワイマックス)・WiMAX 2+プロバイダ徹底比較|おすすめなWiMAXのプロバイダ|モバイルWi-Fiルーター機種比較|疑問解決コラム

ここより下では、WiMAX徹底比較、おすすめプロバイダ6選紹介、ルーターの機種スペック等比較などを掲載しています。

目次は以下の通りとなっています。

~目次~

【WiMAXのプロバイダ選びに関すること】ここが本題。

↑ここまででWiMAX・WiMAX2+のプロバイダとルーターはきちんと選ぶことができます。

↓ここからは補足。WiMAXで多くの人が疑問に思っていることなどをまとめています。

(それぞれページ内リンクになっています。)

基本的には「WiMAXプロバイダ比較」と「おすすめプロバイダ6選」、「ルーター比較」の3つで最適なプロバイダとルーターを選べるようになっています。

その後に掲載しているのはWiMAXに関する疑問や知っておくと便利な情報など補足的な内容となっています。

このページはWiMAXのプロバイダ選びとWiMAXに関する様々な情報を1つにまとめた総合的な記事になっています。

【最新】WiMAXプロバイダ比較【2019年2月時点】

WiMAXプロバイダ比較2018年最新版

それではWiMAX・WiMAX2+プロバイダを比較していきましょう。

まずは現在お得な(実質料金・価格が安い)キャンペーンの多い「3年契約」プランからです。

2年契約のプランは大手プロバイダであるとくとくBBも取り扱いが終了し、めぼしいプロバイダはBIGLOBEとカシモのみになり以前よりも割高になってしまいました。

「2年契約」できるプロバイダの比較がみたい方はこちらから飛んでください→「2年契約」プランの各社料金・価格、キャッシュバック金額比較

【最新】WiMAXギガ放題「3年契約」プランでのプロバイダ各社の比較【2019年2月時点】

WiMAXは「2年契約」よりも「3年契約」プランがおすすめ

「3年契約」プランはハイスピードプラスエリアモードが無料になるため、料金的にお得なプランです。

では、そんな「3年契約」プランではどのプロバイダの料金が安くてお得なのでしょうか?

WiMAX「3年契約」ギガ放題プランの月額料金・価格とキャッシュバック金額の比較

結論を先に書いてしまいましたが、プロバイダ毎の詳細な月額料金・価格とキャッシュバック金額を比較表にしました。

月額料金・価格は「ギガ放題プラン」と「7GBプラン」に分けてそれぞれ比較しやすいようにまとめました。

より細かく比較したい人は活用してください。

WiMAX3年契約「ギガ放題」プランの各プロバイダの月額料金・価格比較表

プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25~36ヶ月目 37ヶ月目~
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 2,726円の日割り 2,726円 3,411円 4,011円 4,011円
GMO とくとくBB 3,690円の日割り 3,609円 4,263円 4,263円 4,263円
GMOとくとくBB(月額割引) 2,170円の日割り 2,170円 3,480円 3,480円 4,263円
So-net WiMAX2+ 0円 3,620円 3,620円 3,620円 4,379円
BIGLOBE WiMAX2+(月額割引) 0円 3,620円 3,620円 3,620円 4,380円
BIGLOBE WiMAX2+(キャッシュバック) 0円 3,695円 4,380円 4,380円 4,380円
DTI WiMAX2+ 0円 1ヶ月目0円、2ヶ月目2,590円 3,760円 3,760円 3,760円
Nifty WiMax 0円 3,670円 4,350円 4,350円 4,350円
カシモWIMAX(最安級プラン) 0円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目3,480円 3,480円  4,079円 4,079円
カシモWIMAX(新端末プラン) 1,380円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目3,580円 3,580円  4,079円 4,079円
UQ WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
JP WiMAX 2,800円 2,800円 3,500円 4,100円 4,100円
hi-ho WiMAX 2,980円の日割り 2,980円 ~5ヶ月目:2,980円 6ヶ月目~:3,780円 3,780円 4,300円
novas WiMAX 0円 2,780円 3,980円 3,980円 4,380円

So-netとBIGLOBEは会員料として月200円かか--ります。表の数字は会員料を含んだ金額になっています。すでにSo-netやBIGLOBEの他の回線(光回線、ADSLなど)を利用していて会員になっている人は、この料金は新たに発生しないので、WiMAX2+の料金は表から200円引いた金額になります。

参考:家電量販店がネットで販売するWiMAXの月額料金
プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25~36ヶ月目 37ヶ月目~
BIC WiMAX 4,380円 4,380円 4,380円 4,880円 4,880円
YAMADA Air Mobile WiMAX 4,267円 4,267円 4,267円 4,267円 4,267円
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ 3,991円 3,991円 3,991円 4,730円 4,730円
エディオン WiMAX2+ 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
FUJI Wifi(WiMAX) 2,980円 2,980円 2,980円 2,980円 2,980円
KT-WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
ASAHIネット WiMAX2+ 4,290円 4,290円 4,290円 4,290円 4,350円
DIS Mobile 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
PC DEPOT 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円 4,380円
Pilina WiMAX 2+ 4,195円 4,195円 4,195円 4,195円 4,195円
月額料金・価格はキャッシュバック無しプロバイダがやはり安い

月額料金はキャッシュバック特典が無く月額料金の安さで勝負しているBroad WiMAXとSo-net、DTIが頭1つ抜けていますね。

キャッシュバックがない分月額料金の安さで勝負しています。

とくとくBB、BIGLOBEなどのキャッシュバック有りのプロバイダの月額料金はそんなに大きな違いはありません。

BIGLOBEも3~24ヶ月目までが他のキャッシュバック有りプロバイダよりも350円ほど安いのが魅力ですね。

BICやYAMADAなどの家電系WiMAXはおすすめできない

WiMAXは大手家電量販店でも契約できるように、幅広く展開されています。

「店舗のみで契約できる家電量販店」と「店舗とネットの両方で契約することができる家電量販店」とがあります。

家電量販店では店員の説明を受けながら契約することができる反面、WiMAXの月額料金は高いです。

また、後述するキャッシュバック金額比較で書いてあるように、キャッシュバックがありません。0円です。

そのため、3年間の実質料金で考えると到底安いとはいえません

家電量販店で契約したからといってWiMAX 2+の質が上がるわけでもないです。WiMAXの契約は素直にBroad WiMAXやSo-netなどのインターネットプロバイダから選ぶのがよい選択です。

WiMAX3年契約「7GBプラン」の各プロバイダの月額料金・価格比較表

プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25~36ヶ月目 37ヶ月目~
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 2,726円の日割り 2,726円 2,726円 2,726円 3,326円
GMO とくとくBB 3,609円の日割り 3,609円 3,609円 3,609円 3,609円
GMOとくとくBB(月額割引) 2,170円の日割り 2,170円 2,690円 2,690円 3,609円
So-net WiMAX2+ 0円 3,020円 3,020円 3,020円 3,695円
BIGLOBE WiMAX2+(キャッシュバック) 0円 3,695円 3,695円 3,695円 3,695円
BIGLOBE WiMAX2+(月額割引) 0円 2,975円 2,975円 2,975円 3,695円
DTI WiMAX2+ 3,500円 3,500円 3,500円 3,500円 3,500円
Nifty WiMax 0円 3,670円 3,670円 3,670円 3,670円
カシモWIMAX(最安級プラン) 0円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目2,880円 2,880円 3,379円 3,379円
カシモWIMAX(新端末プラン) 1,380円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目2,980円 2,980円 3,379円 3,379円
UQ WiMAX 3,696円 3,696円 3,696円 3,696円 3,696円
JP WiMAX - - - - -
novas WiMAX 0円 3,599円 3,599円 3,599円 3,599円

「7GBプラン」は基本的に通信量に対する月額料金が割高です。どのプロバイダもその傾向は変わりません。

「7GBプラン」を契約するなら、とくとくBBの月額料金割引キャンペーンが一番安いため、おすすめです。

とくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの方は、受け取りできるかどうかが不安定なのであまりおすすめはできません。

長く使うなら37~以降の金額が一番安いBroad WiMAXがおすすめです。

WiMAX「3年契約」プランのキャッシュバック金額比較表

この比較表の金額は最新機種であるW06,WX05を選んだ場合の金額となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT WX05のデザインとカラーの名称

キャッシュバック金額はどのプロバイダも「ギガ放題」「7GB 」プランで共通となっています。

プロバイダ名 キャッシュバック金額
GMOとくとくBB 32,000円
GMOとくとくBB(月額割引) なし(0円)
Nifty WiMax 30,000円
BIGLOBE WiMAX 2+(月額割引) なし(0円)
BIGLOBE WiMAX 2+(キャッシュバック) 30,000円
DTI WiMAX2+ なし(0円)
カシモWIMAX なし(0円)
UQ WiMAX 10,000円
JP WiMAX 10,000円(Amazonギフト券)
So-net WiMAX2+ なし(0円)
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) なし(0円)
novas WiMAX なし(0円)

「3年契約」プランのキャッシュバック金額はこのようになっています。

補足:家電量販店がネットで販売するWiMAXのキャッシュバック金額
プロバイダ名 キャッシュバック金額
BIC WiMAX なし(0円)
YAMADA Air Mobile WiMAX なし(0円)
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ なし(0円)
エディオン WiMAX2+ なし(0円)
FUJI Wifi(WiMAX) なし(0円)
KT-WiMAX なし(0円)
ASAHIネット WiMAX2+ なし(0円)
DIS Mobile なし(0円)
PC DEPOT なし(0円)
Pilina WiMAX 2+ なし(0円)
キャッシュバック特典で勝負するプロバイダはやはり高額

今月はとくとくBBが32,000円と一番の金額となっています。相変わらずここはキャッシュバック金額だけは突出しています。

2番目はNiftyのの30,000円です。

So-netはキャッシュバックがなくなり、月額割引中心の料金体系に移行しました。

今BIGLOBEがキャッシュバック特典プランで30,000円となっており、キャッシュバック金額は多くなっています。ただ月額料金が高いのがネックです。

UQWiMAXは相変わらず10,000円とあまり金額は多くありません。

これまではキャッシュバック特典を主軸にしているプロバイダはとくとくBBがずば抜けて金額が高かったですが、今月はどのプロバイダも同じぐらいの金額となっています。

WiMAXギガ放題「3年契約」プランの実質月額・価格を比較!3年間の総額はどのプロバイダが一番安いのか?

それではいったいどこのプロバイダが「3年契約」では安くてお得なのでしょうか?

3年間契約すると仮定して3年間(利用開始月を入れて37ヶ月分)の総額1ヶ月の実質的な月額料金・価格を算出してみたランキング結果が以下の表になります。(8位まで。それ以降は全くお得でないため選ぶ理由がないです。)

計算方法↓

  • 「37ヶ月分の合計月額料金」ー「キャッシュバック金額」= 3年間の総額
  • 3年間の総額」÷ 37 = 1ヶ月の実質料金・価格

利用開始月に日割り計算があるプロバイダは半月の金額で計算しています。

順位 3年間の総額 1ヶ月の実質料金・価格
1位:GMOとくとくBB 113,005円 3,056円
2位:Nifty WiMax 125,240円 3,384円
3位:BIGLOBE WiMAX 2+(キャッシュバック) 126,310円 3,413円
4位:Broad WiMAX 129,989円 3,513円
5位:So-net WiMAX2+ 130,320円 3,522円
6位:BIGLOBE WiMAX 2+(月額割引) 132,310円 3,576円
7位:DTI WiMAX2+ 134,315円 3,630円

3年間で全体で6,000円~20,000円ほど変わります。この金額をどう見るかですが、3年間(利用開始月を入れて37ヶ月)という長い期間を考慮すると、金額的にそこまで大きな差があるようには見えません。

この比較表のプロバイダごとの最安値をグラフにすると以下のようになります。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

安いだけでは良いプロバイダとは限らない!?キャッシュバック特典の落とし穴

総額が安いだけのプロバイダにするのは、あまりおすすめできません。

なぜなら、キャッシュバック特典は契約者の20~30%の人しか受け取れないからです。

70%以上の人は、キャッシュバックがもらえず高い月額料金を支払い続けて、WiMAXを利用しています。

キャッシュバック特典の受け取り率が低い理由は「WiMAXのキャッシュバックが0円に!?お得なプロバイダには注意が必要!」に詳しく書きましたが、ここでも簡単に解説すると、以下の点が上げられます。

キャッシュバック特典の注意ポイント

  1. 受け取れるのは契約から1~2年後(それまで継続利用必須)
  2. 途中解約ではキャッシュバックはもらえない
  3. 手続き期間が限定的(お知らせメールが来てから1ヶ月間)
  4. お知らせメールが普段使うメールアドレスに来ない(契約時強制的に作られるアドレスに送信される)
  5. その上宣伝メールに紛れていて分かりにくい
  6. 手続きが意外と面倒

このような要因が受け取り率を大幅に下げています。特に受け取りまで契約からかなり時期が空いてしまうので忘れてしまう人が多いようです。

宣伝だけは大々的に行い、中身はキャッシュバックが受け取りにくいようにしています。

こういうプロバイダをあまりおすすめはできません

では、WiMAXの「3年契約」プランはどのプロバイダがおすすめなのか

おすすめWiMAXプロバイダ

の2つが今現在おすすめのプロバイダです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめな理由

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はキャッシュバックではなく月額料金割引に力を入れている

Broad WiMAXの2019年2月以降のキャンペーン内容

とくとくBB、BIGLOBE等キャッシュバックが多いプロバイダでも、きちんとキャッシュバックが受け取れるのであれば、それらのプロバイダでも良いでしょう。

しかし、途中解約ではキャッシュバックも貰えず、高い違約金も払わなければならなくなります。そうするとただ月額料金が高いだけのプロバイダとなってしまいます。

キャッシュバック金額が高ければ高いほど、受け取り手続きを忘れてしまったり、途中解約時のリスクが高まります。

なので金額よりも、プロバイダの信頼性や手軽さなどが重要になってきます。

その点、Broad WiMAXはキャッシュバックがなく、そのかわりに月額料金を安くしているプロバイダなので、一番手軽に安心して何も考えずにお得に使えます。

「3年契約」プランはBroad WiMAXが特に失敗しない選択肢となるでしょう。

また、Broad WiMAXは更新月以降(3年~)の月額料金が一番安いです。(他のプロバイダよりも300円ほど安い)

長く使えば使うほどお得度が増していくプロバイダです。長く使う(3年~)可能性のある人はBroad WiMAXが一番お得なプロバイダにもなります。

そのほかにも即日発送、契約当日にルーターを受け取れる店舗受け取りサービスを行っていたり、契約後8日以内なら違約金(解約金)なしで契約をキャンセルできるようにもなっており、細かいところにも気を配ったサービスを行っており安心して契約しやすいプロバイダです。

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

Web限定特典有り!Broad WiMAXの申込はこちらからできます

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

現在「So-net」も「Broad WiMAX」と同じくらいにおすすめ

So-netも月額料金割引に力を入れている

現在So-netは受け取り不安定なキャッシュバック特典を廃止し、月額料金割引でキャンペーンを行っています

so-netの2019年2月以降のキャンペーン内容

Broad WiMAXと同様、キャッシュバックの面倒な手続きも必要なく、かつお得にWiMAXを利用できるようになりました

3年間の総額が安くサポート込みでは最安になるためおすすめ

3年間の総額はBroad WiMAX同様の安さで、キャッシュバック特典がないため、手続きが必要なく簡単にお得なキャンペーンが受けられます。

しかもSo-netはサポートオプションもキャンペーンにより12ヶ月無料になり、それによりサポート料金込みであればどのプロバイダよりも安い料金でWiMAXを使えます。

また、22ヶ月以降無料でルーターを最新機種に交換することができるのも長期的に使う人にとってはうれしいですね。

So-netかBroad WiMAXにすればWiMAX契約で失敗しない

今現在(2019年2月)WiMAXを契約するなら「So-net」と「Broad WiMAX」の2強と言っても良いでしょう

どちらにするかは最後は自分に合った方を選んでください。

どちらを選んでも失敗しません。

今キャッシュバックに注目するのはあまり良い選択とは言えません。

キャッシュバックを1年後に確実にもらうために、頑張ってWiMAXのキャンペーンやキャッシュバックのことを覚えておくのは正直疲れます

しかし、So-netとBroad WiMAXのようなキャッシュバックなしで月額料金割引を重視しているプロバイダならば何もせずとも毎月安くWiMAXを使い続けられます。

とても楽です。

「3年契約」プランではBroad WiMAX同様、So-netも1番おすすめなプロバイダと言えるでしょう。

So-netのサービス内容詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

So-netを実際に契約して使ってみた→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

Web限定特典有り!So-net WiMAX2+の申込はこちらからできます

So-net モバイル WiMAX 2+

GMOとくとくBBは月額料金割引キャンペーンも行っている

キャッシュバック特典のせいでそれなりに不評なとくとくBBですが、月額料金割引キャンペーンも行っています

サポート体制などはSo-netにはかないませんが、料金が安いため、キャッシュバック受け取りが不安な方におすすめのキャンペーンです。

キャッシュバックに関するやり方から、プロバイダとしてはあまりとくとくBBはおすすめできませんが、安さだけはピカイチです。

ただし、更新月以降の月額料金は4,263円と他のプロバイダよりも高いので、長期間WiMAXを利用しようと考えている人は注意しましょう。

とくとくBBのサービス内容の詳細:「GMOとくとくBB」サービス内容・キャンペーン情報

GMOとくとくBB月額料金割引キャンペーン申込み先はこちら

GMOとくとくBB月額料金割引キャンペーン

【最新】WiMAXギガ放題「2年契約」プランのプロバイダ各社の比較 【2019年2月時点】

主要WiMAXプロバイダの実質料金・価格はや見グラフ(「2年契約」プランの場合)「2019年2月時点」WiMAX比較表を元に作成

現在の主要なWiMAXプロバイダの実質的な月額料金・価格をグラフにしてみました。

このグラフの実質料金・価格は後述するWiMAXの料金・価格比較表とキャッシュバック金額比較表を元に算出したものです。

参考までに「実質的な料金はこうなっているよ」というのを視覚的に分かりやすいようにしたものです。

月額料金とキャッシュバック込みで計算すると24ヶ月間の実質月額料金はこうなります↓

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

安いプロバイダもあれば、料金が高く実質的に2年プランを廃止しているプロバイダもありますね。

WiMAX2年契約「ギガ放題」プランの月額料金・価格を比較する(比較表)

2年契約の場合のプロバイダ各社の月額料金を表にして比較してみるとこうなります。

プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25ヶ月目以降
BIGLOBE WiMAX2+(月額割引) 0円 3,620円 3,620円 3,620円、37か月目以降4,380円
BIGLOBE WiMAX2+(キャッシュバック) 0円 3,695円 4,380円 4,380円
DTI WiMAX2+ 3,500円 3,500円 4,300円 4,300円
カシモWIMAX 0円 1,380円 3,380円 4,079円
Drive WiMAX2 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
novas WiMAX 0円 2,780円 3,980円 4,380円
Yahoo! WiFi 3,696円の日割り 3,696円 4,380円 4,380円

BIGLOBEは会員料として月200円かかります。表の数字は会員料を含んだ金額になっています。すでにBIGLOBEの他の回線(光回線、ADSLなど)を利用していて会員になっている人は、この料金は新たに発生しないので、WiMAX2+の料金は表から200円引いた金額になります。

補足:家電量販店がネットで販売するWiMAXの月額料金
プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25ヶ月目以降
BIC WiMAX 4,380円 4,380円 4,380円 4,880円
YAMADA Air Mobile WiMAX 4,267円 4,267円 4,267円 4,267円
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ 3,991円 3,991円 3,991円 4,730円
エディオン WiMAX2+ 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
FUJI Wifi 2,980円 2,980円 2,980円 2,980円
KT-WiMAX 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
DIS Mobile 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
J:COM WiMAX2+ 4,379円 4,379円 4,379円 4,879円
J:COM WiMAX2+(J:COMサービス
加入者)
4,113円 4,113円 4,113円 4,879円
PC DEPOT 3,696円 3,696円 4,380円 4,380円
Pilina WiMAX 2+ 4,195円 4,195円 4,195円 4,195円

キャッシュバックありのプロバイダではどこが安いか?

「2年契約」プランでキャッシュバック有りのプロバイダだとBIGLOBEがお得なプロバイダになります。

先月までとくとくBBも2年プランを扱っていましたが、ルーターの在庫が切れたため、完全に2年契約の取り扱いが終了しました。キャッシュバック有りの実質月額料金は2年プランでは最安だっただけに惜しいですね。

BIGLOBEは24ヶ月目まで他のプロバイダより安い金額となっています。毎月少しづつお得になる計算です。

キャッシュバックなしだとカシモが安い

カシモWiMAXととくとくBBの月額料金割引キャンペーンがが月額料金の安さでトップにいます。

カシモは新しいプロバイダで信頼性はまだ分かりませんが、安さではトップクラスです。

ただし、2年契約できるのはUSB型のルーターのみで、他の一般的なモバイルWi-Fiルーターは選べません

とくとくBBの月額料金割引キャンペーンは終了してしまいました。キャッシュバックキャンペーン同様実質料金が安かっただけに惜しまれます。

WiMAX2年契約「7GBプラン」の各プロバイダの月額料金・価格比較表

プロバイダ名 利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25~36ヶ月目
BIGLOBE WiMAX2+(キャッシュバック) - - - -
BIGLOBE WiMAX2+(月額割引) - - - -
カシモWIMAX 1,380円 1ヶ月目1,380円、2ヶ月目2,680円 2,680円 3,379円
DTI WiMAX2+ 3,500円 3,500円 3,500円 3,500円
UQ WiMAX 3,696円 3,696円 3,696円 3,696円
novas WiMAX 0円 3,599円 3,599円 3,599円

「7GBプラン」は基本的に通信量に対する月額料金が割高です。どのプロバイダもその傾向は変わりません。

表を見ても分かるとおり、2年契約になるとほとんどのプロバイダが「7GBプラン」を扱っていません。

めぼしいプロバイダはカシモWiMAXくらいでしょうか。

料金的にもカシモWiMAXが飛び抜けて安いため、2年契約の「7GBプラン」はカシモWiMAX1択でしょう。

WiMAX2年契約のプランのキャッシュバック金額を比較する(比較表)

どのプロバイダが一番キャッシュバック金額が高いのか?

WiMAXプロバイダ全社とUQ WiMAXのキャッシュバック金額を表にして比較してみましょう。

ルーターを最新機種を選ぶかどうかでもキャンペーンによってキャッシュバック金額が異なることがあります。ここでは最新機種のルーターを選んだ場合のランキングとなっています。最新機種を選ぶ人が多いためです。現在はW06が最新機種です。

プロバイダ名 キャッシュバック金額
BIGLOBE WiMAX 2+(月額割引) なし(0円)
BIGLOBE WiMAX 2+(キャッシュバック) 30,000円
DTI WiMAX2+ なし(0円)
novas WiMAX なし(0円)
UQ WiMAX なし(0円)
カシモWIMAX なし(0円)
Drive WiMAX2 5,000円
Yahoo! WiFi なし(0円)
補足:家電量販店がネットで販売するWiMAXのキャッシュバック金額
プロバイダ名 キャッシュバック金額
BIC WiMAX なし(0円)
YAMADA Air Mobile WiMAX なし(0円)
ワイヤレスゲート Wi-Fi+ WiMAX2+ なし(0円)
エディオン WiMAX2+ なし(0円)
FUJI Wifi なし(0円)
KT-WiMAX なし(0円)
ASAHIネット WiMAX2+ なし(0円)
DIS Mobile なし(0円)
J:COM WiMAX2+ なし(0円)
J:COM WiMAX2+(J:COMサービス
加入者)
なし(0円)
PC DEPOT なし(0円)
Pilina WiMAX 2+ なし(0円)

WiMAX2年契約のプランのキャッシュバックキャンペーンはBIGLOBEのみに

1位はとくとくBBです。34,050円は2年契約のプランでは驚異的な金額です。しかし、W05の販売が終了し、1世代前のW04しか選べないのはちょっと痛い。

2位は3WiMAX(11月30日終了)とBIGLOBEとなります。金額は30,000円です。3WiMAXは、auスマホを利用している方が契約できる「スマホ割りプラン」のみでしか、キャッシュバックが適用されないので注意が必要です。

DTIもSo-net同様「2年契約」プランのキャッシュバック特典が無くなりました。月額料金は据え置きですが、トータルの金額では2年プランはお得とは言えません。

とくとくBBは2年プランの取り扱いが終了しました。3WiMAXは全体の受付自体が終了しました。

これにより2年プランではBIGLOBEのみキャッシュバックキャンペーンのあるプロバイダとなりました。

家電系のWiMAX 2+はどれもキャッシュバックがありません。その上料金も特別安いわけではないので、選ぶ候補には入らないでしょう。

WiMAXのギガ放題の「2年契約」プランなら比較した結果BIGLOBE、カシモの2つのプロバイダがおすすめ

とくとくBBはキャッシュバック金額が1番高く、実質的な月額料金・価格も一番安いです。

ただし、キャッシュバックが受け取りにくいため、その辺の注意が必要です。

参考:WiMAX2+のキャッシュバックが0円に!?お得なプロバイダには注意が必要!

とくとくBBの月額料金割引キャンペーンはキャッシュバックがないため、お得度では少し落ちますが、安心感があります。

2年契約の場合はどちらのプランもおすすめです。

しかし、現在とくとくBBの2年契約ではW05が選ぶことができなくなり、W04しか選択肢がないのが惜しいところ。

とくとくBBは2年プランでは料金的に安くおすすめでしたが、ついにルーターの在庫が切れ、2年契約のプランの取り扱いが終了しました。これからは3年契約プランのみの契約となります。

BIGLOBEもキャッシュバックが高く、実質的な月額料金・価格もやすいためおすすめです。しかもとくとくBBと違い、キャッシュバックが若干受け取りやすいため、失敗しづらいです。

カシモはキャッシュバックなしで月額料金割引キャンペーンに力を入れているため、とくとくBBとBIGLOBよりもキャッシュバック受け取り忘れがないため安心感があります。その分実質的な月額料金・価格が少し高くなります。

「2年契約」プランでどのプロバイダを選ぶかは最終的にはあなたの判断ですが、どちらのプロバイダも一長一短です。

自分にあったプロバイダを選択するようにしてください。

それぞれの公式サイトはこちら。

WiMAXギガ放題の違約金・解約金(契約解除料)を比較する

WiMAXプロバイダの違約金(解約金)はGMOとくとくBB以外差が無い

WiMAXプロバイダ毎に解約金の比較をしていきます。

結論を先に書いておくと、GMOとくとくBBを除いて、解約金に差はありません

「2年契約」プランと「3年契約」プランではそれぞれ以下のようになっています。

WiMAXギガ放題の「2年契約」プランのプロバイダ毎の比較

2年プランの場合の違約金詳細

どのプロバイダーも2年契約となっており、24ヶ月毎に契約期間の更新月がありその月の契約解除料金は不要になります。

ちょうどドコモ、au、softbankのような携帯キャリアと同じ仕組となっています。

ただ一つだけ異なるのはWiMAX 2+の場合は年を重ねる毎に契約解除料が安くなるというところです。

上記の画像でも分かりますが、テキストにて書いておくと、

GMOとくとくBB以外のプロバイダの契約解除料

  • 1年目……19,000円
  • 2年目……14,000円
  • 3年目以降……9,500円

更新月は2年ごとに来る

となっています。

GMOとくとくBBの場合は、2年毎に更新月が来るのは他のプロバイダと変わりませんが、解約金の金額が他と異なります。

GMOとくとくBBの契約解除料

  • 1,2年目……24,800円
  • 3年目以降……9,500円

更新月は2年ごとに来る

GMOとくとくBBだけ1,2年目に解約した時の金額が高いですね。キャッシュバックや月額料金が安いですが、早め(2年以内)の解約には他よりもペナルティが大きいということでしょう。

WiMAXギガ放題の「3年契約」プランのプロバイダ毎の比較

3年プランの場合の違約金詳細

「3年契約」プランの場合は違約金の金額自体は「2年契約」プランと同じで、更新月が1年後にずれるという感じになります。

GMOとくとくBB以外のプロバイダの契約解除料

  • 1年目……19,000円
  • 2年目……14,000円
  • 3年目……9,500円
  • 4年目以降……9,500円

更新月は3年ごとに来る

とくとくBBもこの傾向は同じで、2年プラン同様1、2年目は24,800円で3年目以降は9,500円となります。もちろん更新月は3年ごとです。

GMOとくとくBBの契約解除料

  • 1,2年目……24,800円
  • 3年目……9,500円
  • 4年目以降……9,500円

更新月は3年ごとに来る

なので3年目以降はとくとくBBを含め、どのプロバイダも違約金は変わらないですね。

WiMAXは無線インターネットで一度使いだすと長く利用するものなので、解約金はそれほど気にならないかもしれません。

がしかし、万一WiMAXを気に入らない可能性もありますし、そもそも数ヶ月間だけ使いたいとかであれば、GMOとくとくBBではなく他のプロバイダで申し込む方が良いでしょう。

WiMAXプロバイダのサポート体制・サポートオプションの充実度・コスパを比較する

WiMAXプロバイダでサポートオプションの充実度とコスパが一番良いのはどこか?

WiMAXのサポートで一番重要なのはモバイルWi-Fiルーターが故障したときに無料で新品と交換してくれるオプションです。通称「安心サポートオプション」。

このオプションはどのプロバイダにもあり、その月額料金はさまざまです。主要プロバイダの安心サポートオプション料を見てみましょう。

So-net 450円(12ヶ月無料、故障・破損・水濡れ対象、その他)
Broad WiMAX 550円(故障・破損・水濡れ対象)
とくとくBB 300円(故障・破損のみ対象)、500円(水濡れも対象)
BIGLOBE なし
Nifty WiMAX なし
DTI 300円(2ヶ月無料、故障・破損のみ対象)、500円(水濡れも対象)
カシモWiMAX 300円(故障・破損のみ対象)

金額は300~550円の間にあります。

300円の安い方だと故障と破損のみサポート対象となるようです。そして500円以上するオプションだと水濡れも対象になると言うのが全体の傾向ですね。

So-netがサポートオプションに関しては頭一つ飛び抜けている

ただSo-netだけは450円で故障・破損・水濡れはもちろんのこと、WiMAX端末だけでなく、生活のトラブル(鍵のトラブル、水回りのトラブル、窓ガラスのトラブルを特別価格にて対応してくれる)まで対象に入っています。

So-netのワイドなサポート対象

オプション名が「くらしのお守りワイド」というのですが、WiMAXの契約で入るオプションにしてはワイドすぎる気もしますね。

ただ、料金が他の水濡れ対象のオプションよりも安いのでこれはとてもお得なサポートオプションと言えるでしょう。

そしてSo-netはこのオプションが12ヶ月無料です。なので、金額的にもどのプロバイダよりも安く内容も充実しています

そのためサポートオプションに加入する場合は実質の月額料金はSo-netが最安になります。

また、So-netはそれ以外にも初心者用のPC(パソコン)やインターネットにまつわる疑問を解消する「安心サポート」、セキュリティに関するオプションなど充実しています。

また、1年中24時間電話サポートも行っており、サポート重視で選ぶならSo-net以外に選択肢はありえません。

サポートオプション無料キャンペーン

サポート料金という面で見るとSo-netとDTIに「サポートオプション無料キャンペーン」ががあってお得です。

So-netのサポート12ヶ月無料キャンペーン

So-netサポートオプション12ヶ月無料キャンペーン概要

So-netは今説明した、サポートオプションを含む3つのオプションが初期費用と12ヶ月間のオプション料金が無料になるキャンペーンを実施しています。

期間限定なので早めにチェックしておいたほうが良さそうです。

So-net WiMAX2+サポートオプション12ヶ月無料キャンペーン実施中

DTIのサポート無料キャンペーン

DTIは期間限定で3つの特典がつくキャンペーンを行っています。

その中に、安心サポートオプションが2ヶ月無料になる特典が含まれています。

WiMAX 2+を契約するときに安心サポートオプションに申し込むつもりの人なら2ヶ月無料は見逃せませんね。

DTIもキャンペーンは期間限定なのでいつまで続くかチェックしておくことをおすすめします。

DTI WiMAX2+期間限定キャンペーン実施中

WiMAXおすすめプロバイダ6選!特徴・ニーズ(利用シーン)別

自分のニーズ(利用シーン)に合うWiMAXプロバイダで契約したい人へ

人によってプロバイダやキャンペーンを選ぶ基準は異なるでしょう。

  • 面倒な手続きなしで手軽に安くWiMAXを使いたい人
  • なるべく早くWiMAXを使いたい人
  • 手厚いサポートが欲しい人
  • キャッシュバックを早く受け取りたい人
  • キャッシュバックを確実に受け取りたい人
  • キャッシュバック金額が多くてとにかく安くWiMAX使いたい人
  • 外でアクティブにWiMAXを使いたい人

といった人に向けて、ニーズ(利用シーン)別におすすめプロバイダをその特徴とともに6つ提示します。

1.キャッシュバック受け取り手続きなんて面倒!気軽に安くWiMAXを使いたい + なるべく早くWiMAXを使いたいなら

プロバイダのキャンペーンには普通キャッシュバックがありますが、受け取るには手続きが必要です。そして肝心の受け取りの手続きも利用開始から1年以上待たなければいけません。

忘れたらお得なキャッシュバックが全てパーなので、長い期間覚えておく労力が必要です

これが意外としんどいのです…。

メモしていたとしても貰える時期になったときには1年以上経っているので、緊急性が分からなくなっていたりして、気づいていても放置してしまいがちです。

放置していると、30日ほどしか受けとり手続き可能な期間がないので、貰える権利が消滅してしまう恐れがあります。

受け取り手続きの方法も普段使わない「契約後プロバイダから勝手に付与されたメールアドレス」に案内が届くため、面倒なことが多いです。

キャッシュバックは確かにうれしいですが、こういったハードルがあるのも確かです。

今読んでいて「面倒そうだなぁ」「忘れてしまうかも」と思った人はキャッシュバックありプロバイダはやめたほうがよいでしょう。

そういう人には代わりに、面倒な手続き一切無しでもキャッシュバックありプロバイダと同レベルかそれ以上のお得さで使える「Broad WiMAX」がおすすめです。

Broad WiMAXはキャッシュバックキャンペーンがない代わりに、月々の基本料金が他のプロバイダよりかなり安く設定されています。

ギガ放題のプランなら

【Broad WiMAX月額料金体系】

プロバイダ名 利用開始月 1・2ヶ月目 3ヶ月目~24ヶ月目 25ヶ月目以降
Broad WiMAX 2,726円の日割り 2,726円 3,411円 4,011円

となっています。

図で表すとこんな感じです。

BroadWiMAX料金プラン

普通のプロバイダの料金はというと↓のようになっていますので、いかにBroad WiMAXの月額料金が安いかがわかると思います。

【通常のプロバイダの月額料金体系】

利用開始月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目まで 25ヶ月目以降
0円 3,670円 4,380円 4,380円

Broad WiMAXは料金が安いおかげで毎月の支払いも少なくて済みますし、面倒なキャッシュバックの手続きも必要ありません。

他のプロバイダとの差額を36カ月分合計すると、だいたい30,000円ほどになります。

これは他のプロバイダで言えば30,000円キャッシュバックをもらえるということと同じになります。

これだけでも結構な金額になりますが、Broad WiMAXは37ヶ月目以降もずっと他のプロバイダより安いので、長く使えば使うほどどんどんその差額は大きくなっていきます。

これから長くWiMAXを使う予定の人にはとてもお得なプロバイダです。

「キャッシュバック手続き」や、「もらえるまで1年以上覚えて待つ必要がある」のが面倒だと感じる人にもとてもおすすめです。手続き不要で安くなるのは嬉しいですね。

また、Broad WiMAXは即日発送なので最速で申し込みの翌日にはルーターが家に届きます。

Broad WiMAXなら最短即日発送で全国送料無料!

  • 急用でなるべく早く使えるようにしたい
  • 急ぎじゃないけど遅いよりは早く届く方がうれしい

というような方にもBroad WiMAXがオススメです。

また、東京(渋谷、秋葉原)埼玉(大宮)、大阪(梅田)ならば即日受け取り可能なサービスもあるので急ぎの方にはこれ以上ない体制となっています。

Broad WiMAXのサービス内容詳細:Broad WiMAXサービス・キャンペーンなどの詳細解説はこちら

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

初期費用無料など、Web限定割引キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

2.WiMAXプロバイダの中でサポートの充実・安さを求めるなら

So-netがオススメです。サポートオプションの数が他プロバイダよりも多いです。24時間年中無休電話サポート受付も行っています。

サポートオプション料金も安く、かつオプション料12ヶ月無料キャンペーンも行っており、オプション加入時の実質料金は他プロバイダと比べて最安になります。

インターネット関係の事業を多数運営しているSONYの関連会社で「So-net」は20週年を迎える老舗ブランドだという安心感もあります。

サポートで選ぶなら間違いなくおすすめのプロバイダです。

So-net詳細はこちら:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

So-net モバイル WiMAX 2+

3.最短でキャッシュバックがもらえるWiMAXプロバイダなら

契約から5ヶ月後にキャッシュバックがもらえるNifty WiMAXがおすすめです。

他のプロバイダであれば必ず契約から12~24ヶ月後にしかキャッシュバックをもらうことができません。

そのため、Nifty WiMAX以外のプロバイダで契約した人の大多数(70~80%)の人は現実にキャッシュバック受け取り手続きをわすれてしまって、受け取れていません。

Nifty WiMAXはどこよりも早くキャッシュバックを受け取れるため、途中解約もしやすいです。

2年契約や3年契約の縛りに抵抗がある人はNifty WiMAXを選ぶのをオススメします。

Nifty WiMAX詳細はこちら:「Nifty WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

Nifty WiMax

4.キャッシュバックの受け取り忘れをしにくいWiMAXプロバイダを選ぶなら

普段使っているメールアドレスにお知らせが届くBIGLOBEがおすすめです。

BIGLOBE以外のプロバイダは契約時に与えられる会員専用のメールアドレスにキャッシュバックの通知が来ます。

そのアドレスは普段利用するものではないので気づきにくいのが難点です。

そしてその知らせに気付かず30~45日以上放置してしまうと、キャッシュバックを受け取る権利が消滅します

このようなことになりたくないのなら、キャッシュバック金額が少し少なくてもBIGLOBEにするのが懸命な判断でしょう。

BIGLOBEの場合は普段使っているメールアドレスに手続きの通知が来るので、気づきやすくなっています。ただそれでも契約から12ヶ月後に届くので、忘れてしまって、見逃してしまう可能性はあります。

BIGLOBEサービス内容の詳細:「BIGLOBE」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

BIGLOBEでWiMAXのキャンペーンをチェック

5.とにかくキャッシュバック金額が多くて最安なWiMAXプロバイダを求めるなら

キャッシュバック金額がプロバイダの中で一番高いGMOとくとくBBにするべきでしょう。

ただし、契約解除料が他のプロバイダより高いのに注意です。他のプロバイダよりも1年目は約6,000円、2年目は約10,000円高いです。

また、GMOとくとくBBはキャッシュバックが受け取れなかったという声が相当な割合で存在するプロバイダなので、受け取りに関してはしっかりと「見逃さない」「忘れない」という注意をしましょう。

注意とくとくBBのキャッシュバック受け取り方法は、契約から1~2年後に普段使うことのないGMOのメールアドレスに大量に送られてくる宣伝メールに紛れたキャッシュバック受け取り案内のメールから、1ヶ月以内に口座振替の手続きを行う必要があります。

事前に手続きを行うこともできません。

それができなければ一番損するプロバイダでもあるのです。

それに、サポートに関しても不親切だという評判が多いです。

損するかしないかが自分にかかっているプロバイダなので当サイトでは積極的にはおすすめはしていません。

もしも、申し込む際は自己責任でお願いします。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~

6.アウトドア派に嬉しい特典で選ぶなら

料金体系がシンプルで分かりやすいプロバイダです。キャッシュバックはありません。サポートオプションが2ヶ月無料です。

また、DTIにはDTI会員だけのうれしい特典があるのが一番の差別化要素となっています。

嬉しい特典「DTI Club Off」について

DTI SIMやDTI WiMAX 2+を契約しDTI会員になると、会員限定の特典サービス「DTI Club Off」が利用できるようになります。

「DTI Club Off」は宿泊施設や遊園地などのレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、ホテルレスト ランや居酒屋の飲食代金などがDTI会員様限定の特別優待価格で利用できる、お得なサービスです。

例えば、国内約20,000軒のホテルや旅館が最大90%OFFになったり全国約700カ所の遊園地やテーマパークが最大75%OFFになったりするとてもお得なサービスです。

外でもインターネットが使えるWiMAX 2+ととても相性の良い特典なので、アウトドア派の人には是非オススメしたいプロバイダです。

DTIのサービス詳細:「DTI」サービス内容・キャンペーン情報

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

DTI WiMAX2+ 使い放題の超高速モバイルサービス

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

7.アマゾンギフト券なので契約後即キャッシュバックがもらえるJP WiMAX

キャッシュバック特典はたいてい契約後1年経過しないともらえる権利が与えられません。

Niftyのように5か月経過でもらえるプロバイダもありますが、それでも5か月かかります。

JPWiMAXなら時間経過せず契約後すぐにキャッシュバックに似た特典がもらえます。

それはキャッシュバックをアマゾンギフト券でもらえるというものです。

キャッシュバックの用途は皆さんだいたいが生活用品か少し贅沢なものを買うというのが相場です。

であればキャッシュバックを現金で受け取っても、アマゾンギフト券で受け取ってもほぼ同じです。

JPWiMAXのサービス詳細は→「JP WiMAX」サービス内容・キャンペーン詳細

キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

JP WiMAX

さらに細かな要望に応えるWiMAX(ワイマックス)プロバイダを紹介!

上記のニーズ別5選のプロバイダも含めて、さらに細かいニーズに対応したプロバイダをそのニーズ毎に紹介していきます。

以下の3つのニーズについてそれぞれおすすめプロバイダ+ポケットWi-Fiを紹介しています。

  • WiMAXの容量無制限プランが必要なほどは使わないけど、安いモバイルWi-Fiが欲しい人
  • 口座振替で料金支払いしたい
  • USBタイプのルーターが欲しい
  • auスマホを持っている人なら安く使えるプロバイダを教えて欲しい

容量無制限までは必要ないけど、WiMAXより安いポケットWiFiがあるなら契約したいという人へ

nextmobileのサービス概要

そういう人にはNEXT mobileがおすすめです。

料金体系は以下の通りです。

容量 契約期間 料金
利用開始月 1~12ヶ月目 13~24ヶ月目  25ヶ月目以降
20GB 2年 2,760円の日割り 2,760円 2,760円 3,695円
30GB 2年 3,490円の日割り 3,490円 3,490円 3,695円
50GB 2年 4,880円の日割り 3,490円 4,880円 5,815円

多めのデータ容量が必要で、かつ料金をWiMAX以下に抑えたいなら20GBプランはオススメです

回線がSoftBankのLTEなのでエリア、速度ともにモバイルWiFiとして申し分ないです。

WiMAXではないので3日の容量制限もありません使いたい日に重点的に使えるため、自分のライフスタイルに合わせた使い方が可能です。外出先で急に仕事をしなければならないビジネスマンなどにも、もってこいの回線です。

また、スマホのテザリングでPC(パソコン)、タブレットなどをネットにつなげている人にも、安くデータ容量を増やすことができオススメです。

スマホを格安SIMにする必要も無く、キャリアのままで、追加でデータ容量が欲しいというニーズに合っているモバイルWi-Fiです。

【NEXTmobile】また通信制限...!!それならwifiルーターをお得に使おう!

NEXT mobile

クレジットカードが無い、使いたくないなどの理由で、口座振替での料金支払いをしたいなら

口座振替で支払いができるプロバイダはBIGLOBE、Broad WiMAXの2つがあります。

クレジットカードを持っていない人もいるでしょう。そういう人にとってはありがたいプロバイダですね。

Broad WiMAXのみクレジットカードで支払うと初期費用割引キャンペーンを受けれられないので注意してください。お得に使うならクレジットカードで申し込みましょう。

BIGLOBEは口座振替でもキャッシュバック金額が半額になりますが、この中では一番お得に契約できます。

口座振替ならBIGLOBEが現時点では一番オススメです。

それぞれ、キャンペーンが適用されるWeb限定申し込みページは↓。

BIGLOBE申し込みはこちら

Broad WiMAX申し込みはこちら
Broad wimax

USBスティックタイプのモバイルWi-Fiルーターが欲しいなら

普通プロバイダで契約する場合はUSBタイプのモバイルWi-Fiルーターを選ぶことはできません。なぜなら取り扱っていないからです。

USBタイプのルーターならPC(パソコン)に挿して使うので充電も必要ありませんし、よりコンパクトなので持ち歩きには便利です。

このタイプのWiMAXルーターが欲しい人もいるでしょう。

USBタイプのルーターを選ぶことができるのはカシモWiMAXだけです。

以前はBroad WiMAX(ブロードワイマックス)もUSBタイプのルーターをラインナップしていたのですが、現在ではなくなってしまいました。

カシモWiMAXでは「Speed USB STICK U01」という名前のルーターが選べます。Broad WiMAX(ブロードワイマックス)に昔あったのもこのルーターです。

カシモWiMAXのSpeed USB STICK U01について(現在唯一のUSB型ルーター)

ルーターの見た目は↓こんな感じです。

Speed USB STICK U01
Speed USB STICK U01

下り速度は最大で220Mbpsと現行のモバイルWi-Fiルーターたちに比べると見劣りします。

見た目は黒を基調としたメタリックな感じになっています。

またこのU01は「Triprouter」というアタッチメントに装着するとモバイルWi-Fiルーターにもなります。

TriprouterとUSBルーターを接続する様子

USBでパソコンに直接接続するだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとして複数台の機器をインターネットにつなげることができるので2WAYルーターとしての特徴があります。

カシモWIMAX

カシモWiMAX

auで契約したスマホを使っている人なら

auでスマホを契約している人は、「auスマートバリューmine」が選べるプロバイダーにするべきです。

auの方は「auスマートバリューmine」でもれなく月々のauスマホ料金が最大1,000円割引きになります。

スマートバリューmine

「auスマートバリューmine」が申し込めるプロバイダ

auスマートバリューのあるWiMAX 2+プロバイダはSo-netBroad WiMAXとくとくBBBIGLOBEです。

どれも優秀なプロバイダです。

それぞれの公式申し込みページはこちら↓

WiMAX(ワイマックス)ルーター機種比較!【2019年2月時点】

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーター比較

WiMAX(ワイマックス)ルーターの機種もきちんと比較して選んだほうがよいです

WiMAXではルーターの比較と機種選びも超重要です。

プロバイダが決まったらルーター選びに入りましょう。

「WiMAXのルーター」とはWiMAXの電波を受信し、それを各端末に送るハブの役割をします。

WiMAXのルーターがあればPC(パソコン)でもスマホでもタブレットでもゲーム機でも、Wi-FiあるいはBluetoothが使える端末ならどれでもインターネットに接続できるようになります

WiMAXの通信ではルーターがとても重要(というか本体)な役割をするので、どのルーターを選ぶかもとても重要になってきます。

ルーターには2種類のタイプがある

  • モバイルWi-Fiルーター
  • ホームルーター

WiMAXには上記の2種類のタイプの異なるルーターがあります。

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びのできるバッテリーが内蔵された小型のルーターです。外でインターネットを使いたい人はこれを選びます。

ホームルーターは据え置き型のもので、家の中専用のものです。バッテリーが内蔵されておらずコンセント接続で動きます。本体の大きさがモバイルWi-Fiルーターよりも大きく、その分だけWi-Fiが強力で家の中全体に飛ばすことができます。回線工事がなく、月額料金が安いため光回線の代わりとして導入する人が増えています。

モバイルWi-Fiルーターとホームルーターは用途が違うためそれぞれ別のまとまりで比較を行っています。

WiMAX・WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーター比較

現在最もおすすめなWiMAXのモバイルWi-Fiルーターは「WX05」

現在、最もおすすめなWiMAXルーターはWX05(正式名称:Speed Wi-Fi NEXT WX05)です。

発売日的には最新機種はW06ですが、総合的に見てWX05のほうがWiMAXのルーターとして優秀です。

Speed Wi-Fi NEXT WX05のデザインとカラーの名称

おすすめポイントは以下の通り。

WX05のおすすめポイント

  • バッテリー持ちがWiMAXルーターの中で一番良い(一押しポイント)
  • ハイスピードプラスエリアモードを使わないエリアでは自動でハイスピードモードに切り替わる
  • WiMAXハイパワー機能により通信のパフォーマンスが向上
  • 通信速度も最速ではないが実用上全く問題ない充分な性能
  • その他スペックも高い

WX05は現在のWiMAXルーターの最新機種で、全てのスペックが高水準で総合力が高いです。

その中でも特にバッテリーの持ちは全機種ナンバーワンです。ワンタッチで行える「おまかせ一括設定」でバッテリーと通信速度のバランスを簡単に切り替えられます。

WX05ならば「ハイスピードプラスエリアモード」を使い終わったら、自動的に「ハイスピードモード」に切り替わる「ワンタイム」機能を実装されています。モードの切り戻し忘れを防いでくれます。

また、自身で設定した通信量に達すると自動で「ハイスピードプラスエリアモード」から「ハイスピードモード」に切り替えてくれる機能も搭載されています

WX05のワンタイム機能

また、WiMAXハイパワーに対応し、通信速度と電波のキャッチ力(りょく)が向上しました。

WiMAXハイパワーの効果

ルーターとしてのその他の性能も最新機種だけあって高水準です。

一日中外でインターネットを利用する必要がある人やバッテリーに余裕が欲しいという人にはぴったりのWiMAXルーターとなります。

現在はWX05を選んでおけば間違いありません。NECという日本の会社が製造していることも安心できるポイントです。

参考:WX05のスペック・特徴・評判まとめ|WX04,W06,W05との違いを徹底比較!WiMAXルーター最新機種の全て

参考:Speed Wi-Fi NEXT W06の全まとめ|WX05,W05との比較、スペック、新機能

現在選べるWiMAXルーター機種のスペックを表で確認

最新機種W06とWX05スペック比較

機種名 W06 WX05
デザイン   WX05の外見
発売日 2019/1 2018/11
 重さ 125g 128g
 大きさ W128 ×H64 ×D11.9mm W111 ×H62 ×D13.3mm
SIM
サイズ
Nano Ic Nano Ic
下り最大通信速度 558Mbps
(LTE使用時867Mbps)
440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps
WiMAX2+
au4GLTE
最大連続通信時間 7時間10分
(ハイパフォーマンス) 
8時間10分
(おまかせ一括設定:通信速度を優先)
 11時間40分
(バッテリーセーブ)
14時間
(おまかせ一括設定:バッテリー持ちを優先)
10時間
(au 4G LTE)  
8時間
(au 4G LTE)
最大連続待受時間 800時間  700時間
バッテリー容量 3,000mAh
(取り外し可能)
3,200mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
16台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi)
3台
(Bluetooth)
 3台
(Bluetooth)
 メーカー HUAWEI NECプラットフォームズ

W06とWX05以外の過去の機種のスペック

機種名 W05 WX04
(3年プラン限定)
W04 WX03
デザイン W05 WX04アクアブルー、クリアホワイト W04
発売日 2018/1 2017/11 2017/1 2016/12
 重さ 131g 128g 140g 110g
 大きさ 約 W130 ×H55 ×D12.6mm 約 W111 ×H62 ×W13.3mm 約 W53 ×H130 ×D14.2mm 約 W99 ×H62 ×D13.2mm
SIM
サイズ
Nano Ic Nano Ic Micro Ic Micro Ic
下り最大通信速度 558Mbps
(LTE使用時758Mbps)
440Mbps 558Mbps
(LTE使用時758Mbps)
440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps 30Mbps 30Mbps
WiMAX2+
au4GLTE ×
最大連続通信時間
6時間30分
(ハイパフォーマンスモード)
8時間6分
(ハイパフォーマンスモード)
6時間30分
(ハイパフォーマンスモード)
7時間20分
(ハイパフォーマンスモード)
10時間30分
(バッテリーセーブモード)
13時間48分
(バッテリーセーブモード)
10時間30分
(バッテリーセーブモード)
12時間20分
(バッテリーセーブモード)
9時間10分
(au 4G LTE)
8時間
(au 4G LTE)
9時間10分
(au 4G LTE)
非対応
最大連続待受時間 850時間 700時間 850時間 1100時間
バッテリー容量 2,750mAh
(取り外し可能)
3,200mAh
(取り外し可能)
2,750mAh
(取り外し可能)
2,890mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi)
3台
(Bluetooth)
 3台
(Bluetooth)
3台
(Bluetooth) 
3台
(Bluetooth)
 メーカー HUAWEI  NECプラットフォームズ HUAWEI  NECプラットフォームズ 

ホームルーターについて

ホームルーターに関してはこちら

ホームルーター「L02」「HOME 01」「L01s」はルーターとしての用途が家の中用に限られるので、ここでは比較していません。別途専用の記事があるのでWiMAX2+のホームルーターについて知りたい方はこちらの記事を読んでください。

一人暮らしならモバイルWi-Fiルーターの方がホームルーターよりもおすすめ

あなたは一人暮らしですか?それとも家族で暮らしていますか?

一人暮らしの方で、外でもWiMAX2+を使うけど、「家でもWiMAX2+を使いたい」という人は持ち運びのできるモバイルWi-Fiルーターの方がおすすめできます。

一人暮らしなら自分一人が使えれば良いので、ルーターの持つWi-Fi網を作る能力などは控えめでも全く問題ありません。

引っ越しの時にも、光回線のように回線工事を待つことなく引っ越し当日からネットが使えるようになります。

外でも使えることを考えると一人暮らしであれば、モバイルWi-Fiルーターのほうが優れています

WiMAXルーター通信速度を比較

ルーター毎の最大通信速度は以下のようになります。

機種 最大通信速度(下り)
W06 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時867Mbps)
WX05 440Mbps
WX04 440Mbps
W05 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時758Mbps)
W04 558Mbps(ハイパフォーマンスかつLTEオプション適用時758Mbps)
WX03 440Mbps

通信速度はWiMAX 2+回線利用時の速度です。

速度で比較するとどのルーターが良い?

WiMAX 2+回線では、下り最大220MbpsのCA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)という2つの通信方式を組み合わせて同時に利用することにより、最大で558Mbpsという速度を実現しています。

参考:CAと4×4MIMOの違い

そして、W06やW05、W04ではハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)を適用した場合には東京都、愛知県、大阪府の一部エリアでのみですが、下り最大867Mbpsまで出るようになっています

最大速度が速いほうが通信速度は安定しやすいです。

通信速度で選ぶならW06をおすすめします。

WiMAXルーターのバッテリー持ちを比較

WiMAXルーターのバッテリー比較は必須

外で使うことの多いWiMAXはバッテリーはとても重要な要素です。バッテリー切れでせっかくの利便性を失ってしまっては無線通信サービスの意味がありません。

なので、しっかりと比較していきましょう。

WiMAXルーターには電力モードが3つある

それぞれのルーターには、共通して3つの電力モード(エコモード、ノーマルモード、ハイパフォーマンスモード)があります。それぞれ電力の消費量が異なります。

3モードのルーター機種毎の連続通信時間を比較

3つのモードそれぞれについてルーター毎の連続通信時間を比較すると以下のようになります。

連続通信時間
機種/モード ハイパフォーマンス ノーマル(バランス) バッテリーセーブ(エコ)
W06 7時間10分 9時間 11時間40分
WX05 8時間10分 11時間30分 14時間
W05 6時間30分 9時間 10時間30分
WX04 8時間10分 11時間30分 13時間
W04 6時間30分 9時間 10時間30分
WX03 7時間20分 10時間 12時間20分

この数字はWi-Fiで機器と接続した場合の物です。Bluetooth接続だとこれよりも長持ちしますが、機種による優劣はWi-Fi時同様です。

バッテリー持ちに関してはWX05とWX04が良さそう

現時点でバッテリー持ちという観点からするとWX05に軍配が上がります。時点で同じWXシリーズのWX04となっています。

W05とW04は本体が薄く軽い分、バッテリーに関しては少し性能が劣ります。

バッテリーで比較するとどのルーターが良い?

とにかくバッテリー持ち重視という人は、WX05にすると良いでしょう。

WX04のバッテリーの持ちもほとんどWX05と同じなので、もしもWX04限定の割引キャンペーンなどがある場合はWX04を選ぶことをおすすめします。

WiMAXで今おすすめなルーターの機種はこれだ!

「3年契約」プランなら「WX05」か「W06」がおすすめ

W06の見た目

W06

WX05の見た目

WX05

  • バッテリーを特に重視するなら「WX05
  • 通信速度と総合的なスペックを重視なら「W06

「3年契約」プランであればどのルーターも選べるのですが、最新機種のW06と準最新機種のWX05ならどちらも遜色ないくらいにおすすめです。

あえて差別化するなら「バッテリー持ち最強のWX05」、「通信速度のW06」という感じでしょう。

あとWX05とW06の細かい違いですが、上り(アップロード)速度がWX05は30Mbps、W06は75Mbpsとなっています。

上り速度の違いをどう考えるかですが、オンラインで作業したり、文章や画像その他をアップロードする機会が多い方はW06にすべきです。そうでない方はほとんど違いが無いのと同じです。

以上を重視し、最後は見た目などフィーリングで選んで良いと思います。長く使うことになるはずなので好きなデザインの方がなにかと良いです。

「2年契約」プランなら「W05」、「W04」、「WX03」が選択肢に

  • W05の見た目W05
  • W04W04
  • WX03

2年契約のギガ放題プランで契約するなら、「W05」「W04」、「WX03」が選択肢となります

※注意

W05を2年契約で扱っているプロバイダはカシモWiMAXのみです。とくとくBBは11月21日までは在庫がありましたが、22日からW05の2年契約での取り扱いは終了しました。

WX03は2年契約ではBIGLOBEしか取り扱っていません。

WiMAXルーターは新機種が登場するたびに操作性もよくなり、バッテリー持ちも向上しており、現行の機種はどれもポケットWi-Fiとしての機能は十分すぎるほどです。

どれを選んでも後悔はしません

ただこの中でなら、一番おすすめなのは最新機種で速度などの性能が良いW05です。

縦持ちできて扱いやすいルーターが欲しいならW04がおすすめです。また、W04は通信速度が速いのもうれしいところです。

よりバッテリーを気にするならWX03が良いでしょう。

W06、WX05、W05、WX04、W04、WX03の対応回線の違いについて

「WX03」はWiMAX 2+(主回線)の回線のみに対応していますが、

「W06」、「WX05」「WX04」「W05」「W04」はWiMAX 2+(主回線)とau 4G LTE(補助回線)の2つに対応しています。

エリアの観点からみるとW06、WX05、WX04、W05、W04が補助回線がある分より広範囲となります。

ただ、au 4G LTE回線を利用する場合は「ハイスピードプラスエリアモード」というモードに設定し、利用月に追加料金として1005円支払う必要があります。利用できる通信量も月7GBまでとなります。そしてなぜかau 4G LTE回線で7GBの上限まで利用してしまうと、主回線であるWiMAX 2+も(ギガ放題だとしても)その速度の制限対象になってしまう(au 4G LTE回線を7GB以上利用すると通信速度が128Kbpsになる)というわけのわからない制約までついてきます。

そのため、au 4G LTEは本当に緊急の時以外は使わないようにしましょう。

おすすめルーター「WX05」と「W06」をお得に契約できるプロバイダは?

最新機種を選ぶなら、プロバイダはBroad WiMAXとSo-net、とくとくBBの3社がおすすめです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)サービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

So-net

So-netサービス内容の詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

So-net モバイル WiMAX 2+

とくとくBB

とくとくBBのサービス内容の詳細:「GMOとくとくBB」サービス内容・キャンペーン情報

GMOとくとくBB

WiMAX・WiMAX 2+のホームルーター比較

ここではホームルーターを比較しています。光回線代わりにWiMAXを家で使う人はこちらの記事がおすすめです。

WiMAXのホームルーター比較
WiMAXのホームルーター全機種比較!L02、HOME 01、L01sではどれがおすすめ?

WiMAXのホームルーターはどれにしたらよいか迷っていませんか? 回線工事が必要なくて導入が簡単だからWiMAXを固定回線代わりにと考えているけど、肝心のホームルーターはどれが良いのかわからない。 そ ...

続きを見る

どれか一つおすすめのWiMAXプロバイダを教えてくれと言われたら

絶対に失敗しないおすすめプロバイダはBroad WiMAX(ブロードワイマックス)です

WiMAXのプロバイダを選ぶのに迷ったら、シンプルイズベストな料金体系をずっと貫いてきた、Broad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXは数年前から他のプロバイダが受け取れるかどうか不確実なキャッシュバックキャンペーンを盛大にやっていたころ、唯一月額料金割引のみで勝負していたプロバイダです。

今ではso-netやとくとくBBも月額料金割引のプランを始めるようになりましたが、まだまだキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダは多いです。

キャッシュバックキャンペーンはほとんどのプロバイダが契約から1年以上待たないともらえないうえ、申込期間が1か月ほどしかなく、忘れてしまうユーザーが多発しています。

参考:WiMAX2+のキャッシュバックが0円に!?お得なプロバイダには注意が必要!

そのため、数万円の大々的なキャッシュバック金額に期待して安くWiMAXを使えると思っていたユーザーがキャッシュバックを受け取れず、結局高い月額料金のプロバイダを使い続ける(途中で解約するのも9,500円~24,800円の違約金がかかるため簡単には解約できない)という残念な事態になっています。

その点Broad WiMAXはサービス開始からずっと月額料金割引を守り続けており、契約してからずっと何も考えずにトップクラスの安さで使い続けることができます。

とくとくBBのような超高額のキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダにはトータルの安さではかないませんが、それでも何も考えなくて済むという気軽さも込みだと充分にお得なプロバイダといえるでしょう。

また、Broad WiMAXではWiMAXのプロバイダでは唯一、店舗受け取りサービスを行っており、東京(渋谷、秋葉原)、埼玉(大宮)、大阪(梅田)限定ですが、その地域の人であれば、契約当日に端末を受け取ることができその時点からWiMAXを使い始められます。

WiMAXの通信が思うようにいかない場合、契約から8日以内であれば、違約金なしで解約することができます。

参考:WiMAXはクーリングオフできないけど、実質同等の初期契約解除制度が利用できます

Broad WiMAXは当日発送を行っており、店舗受け取りほどではありませんが、宅配便の届く早さによっては契約の翌日からWiMAXを使い始められます。

急ぎで使いたい人にもおすすめのプロバイダとなっています。

総合的に見て、どれかおすすめのプロバイダを1つ教えてくれと言われたら、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)と答えます。

Broad WiMAXのサービス内容詳細:Broad WiMAXサービス・キャンペーンなどの詳細解説はこちら

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

初期費用無料など、Web限定割引キャンペーンが適用される申し込み先はこちら↓

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

WiMAXといろいろな通信サービスを比較

1.ワイモバイル(Y!mobile)とWiMAX(ワイマックス)の比較!どちらがポケットWi-Fiでおすすめなのか?

いくつかのSIMカードとスマホ
Y!mobile(ワイモバイル)とWiMAX(ワイマックス)の比較!どちらがポケットWi-Fiでおすすめなのか?

この記事では、モバイルWi-FiのY!mobile(ワイモバイル)とWiMAX(ワイマックス)を比較しています。 モバイルWi-FiとしてはWiMAXのほうがコスパに優れている UQWiMAXのWiM ...

続きを見る

2.auのWiMAXを他のWiMAXプロバイダと比較!auのWiMAXがおすすめでない理由

auショップで販売しているWiMAXは料金がとても高く、WiMAXプロバイダで契約するよりもトータル金額が3万円ほど高くなってしまいます。

お得にWiMAXを契約するなら必ずプロバイダから契約することをおすすめします。

以下の記事で詳しくauのWiMAXとプロバイダのWiMAXを比較しています。

auショップのWiMAXは高い
注意!auのWiMAX2+を契約してはいけない理由と解決策

auショップでWiMAX2+(ワイマックスツープラス)を契約しようと考えていませんか? WiMAXは通信費節約を可能にするアイテムですが、auショップでスマホのついでに契約してしまうのは絶対にやめた方 ...

続きを見る

3.SoftBank AirとWiMAXのホームルーターL01sの比較

家で簡単に導入できるネット回線として、SoftBank Airが有名です。

SoftBankAir Airターミナル3裏表

ですが、本当にSoftBank Airはベストな選択肢なのでしょうか?

WiMAXにもL01sというホームルーターがあります。↓

Speed Wi-Fi HOME L01s

どちらもとても似ていますね、実に似ています。

用途は全く同じで、どちらも回線工事なしでインターネット通信を手軽に導入できるルーターです。

では一体どちらのほうが優れいているのでしょうか?その答えは以下の記事に書いてあります。

興味のある方はご覧ください。

SoftBankAirとL01s
「SoftBank Air3」と「L01s」はどっちが優秀?比較した結果はいかに・・・

固定回線(主に光回線)は回線を引くまでに工事等で時間がかかります。でもって、プロバイダによっては全然速くないという現状もあります。 そのため、最近自宅のインターネット回線を光回線などの固定回線ではなく ...

続きを見る

WiMAX(ワイマックス)契約前に知っておきたい情報

WiMAXの知っておきたい情報や多くの人が疑問に思っているようなことをまとめました

内容は以下の通り。

1.WiMAXは「7GBプラン」か「ギガ放題プラン」どちらを選べば良いのか?

プロバイダ比較をする前にプランを選ぶ必要があります。

プランはどのプロバイダでも共通なので先に決めておきましょう。

WiMAXにはの2つプランがあります

WiMAXには、

  • ひと月のデータ使用量が7GBまでの「通常プラン」(ここでは分かりやすく「7GBプラン」と呼びます)
  • ひと月のデータ使用量が無制限の「ギガ放題プラン」

の2つのプランがあります。

WiMAXの契約は「ギガ放題プラン」にすべし

  • 7GBプラン:データ使用量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がある
  • ギガ放題プラン:データ使用量の月間制限がないため、制限を気にせずインターネットを利用できる

2つのプランの特徴は上記の通りで、「7GBプラン」は料金に比べて使えるデータ量が少なくコスパが比較的悪いです。

現在のWiMAX利用者の90%以上が「ギガ放題プラン」を選んでいます

「7GBプラン」の月額料金は3,696円で「ギガ放題プラン」は4,383円ですが、「ギガ放題プラン」の場合多くのプロバイダが割引キャンペーンキャッシュバックキャンペーンを行っており、実質料金・価格は3,200円程になります。

「7GBプラン」もキャンペーンにより安くなるプロバイダが多く実質料金は2,800円程になりますが、それでも7GBしか使えないのは容量無制限の「ギガ放題プラン」に比べるとコストパフォーマンスが悪いと言わざるおえません

データ使用量が無制限の「ギガ放題プラン」の方が圧倒的にコスパが良いです。

動画を見たり、SNSで写真や動画をアップロードするなど、ある程度ネットを使う人は、ギガ放題プランにすることをおすすめします。

メールのやりとりのみや動画を一切見ないという人なら「7GBプラン」でも問題ないです。

2.WiMAX(ワイマックス)の「ギガ放題プラン」は2種類ある!? 「3年契約」と「2年契約」の違いを比較

WiMAXのプラン2年契約にするか、3年契約にするか

WiMAXの「ギガ放題」には契約年数の違う2つのプランが存在する

WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+のギガ放題は契約年数の異なる2つのプランがあります。

現在WiMAXには、90%以上の人が選ぶ主流プランである容量無制限のギガ放題プランにも

  • 「3年契約」プラン(LTEオプション料無料)
  • 「2年契約」プラン

の2つが存在します。

「3年契約」プランと「2年契約」プランの違いを比較

それぞれの違いを比較すると以下の通りです。

「3年契約」プランの特徴

  • その名の通り契約が3年間継続する
  • そのため「2年契約」プランよりも更新月(解約金が0円になる月)が遅く来る
  • ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)(利用した月に別途1,004円かかる)が無料になる
  • 取り扱いプロバイダが多い

「2年契約」プランの特徴

  • その名の通り契約が2年間継続する
  • 「3年契約」プランよりも更新月が来るのが速いため解約しやすい
  • 取り扱うプロバイダが少ない

「3年契約」プランは「2年契約」プランよりも更新月が来るのが遅いですが、その代わり「ハイスピードプラスエリアモード」が無料とお得になっています。

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAXの回線の電波が届かないエリア外の場所でも、「auのLTE回線」を使ってネット接続を可能にするオプションです。利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットがありますが、田舎や山間部などでも安心して使うことでき、電波の弱いエリアへの旅行や出張中などいざというときに非常に役に立ちます

ハイスピードプラスエリアモードについてより詳しく知りたい方はこちらをどうぞ→ハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

「3年契約」か「2年契約」のどちらが良いかは人それぞれですが、「ルーター1つでいろいろな場所でインターネットが使える」というWiMAXの利点を最大限活用できる「3年契約」の方がいろいろと便利なことは間違いないです。

この後のWiMAXプロバイダ比較も「3年契約」と「2年契約」に分けてそれぞれプロバイダ比較を行い、それぞれおすすめプロバイダを紹介しています。

3.WiMAX(ワイマックス)のエリアを知っておくべし!LTEのエリアとWiMAXのエリアも比較できます

自分がWiMAX(WiMAX2+)を使いそうな場所でつながるかどうかは「UQ WiMAX」の公式ページにある「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」使って判断しましょう。

LTEオプションのエリアも分かるので、WiMAXの通常回線のエリアとの比較も行えます

サービスエリアマップ・ピンポイントエリア判定→https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

サービスエリアマップ、ピンポイントエリア判定の使い方の詳しい使い方はこちら↓

WiMAXが使えるかどうか車でいろんな場所へ行き試している女性
WiMAXのエリア範囲はどのくらい?エリア判定方法と悩み解決まとめ

今や2,000万回線を突破したWiMAXですが、今までもこれからもWiMAXを契約しようか迷っている人の最大の悩みの1つは 「WiMAXが自分の使いたい場所で使えるか」ということです。 つまり、WiM ...

続きを見る

4.WiMAX(ワイマックス)をレンタルで無料お試しする方法

エリア判定で〇が出ていても、本当に使えるのか不安になりますよね。できればWiMAXを契約する前にちゃんとインターネットが使えるエリアなのか試してみたいですよね。

そんな時に使えるのが、「Try WiMAX」というサービスです。

このサービスはUQWiMAX自らが行っており、15日間無料でWiMAX2+を利用できるサービスです。

Try WiMAXについての詳しい解説と注意点はこちら↓

Try WiMAXで15日間WiMAX・WiMAX2+を無料でお試し
WiMAXを無料でレンタルする方法とその注意点!Try WiMAXでお試しWiMAX2+

Try WiMAXの公式ページ:https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/ 失敗は絶対したくない!契約前に使えるTry WiMAXで無料で15日間お ...

続きを見る

5.WiMAX(ワイマックス)解約方法はプロバイダ毎に少しずつ違うので注意しておこう

WiMAXを解約するときは、UQWiMAXに問い合わせるのではなく、契約したプロバイダに直接連絡をします

プロバイダ毎に電話のみの受け付けやインターネットでも解約できるところなど様々です。それぞれのプロバイダごとの情報は以下の記事に詳しく書いてあります。

WiMAXをできる限り安く解約する方法!
WiMAXを違約金0円で解約する方法と全プロバイダの解約方法まとめ

WiMAXの解約方法が分からない WiMAXを無料で解約したい プロバイダ乗り換えのために現在のプロバイダの解約方法を確認したい これからWiMAXを始めたいけど、その前に解約方法も確認してプロバイダ ...

続きを見る

上記の記事にはプロバイダ毎の解約連絡先や手続きできる時間帯、その他プロバイダ毎の注意事項などをまとめました

もし、契約前に解約のことも知っておきたい人はチェックしてみてください。

6.WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+初期設定手順

WiMAX初期設定手順の方法はこちら。基本的にSIMカードを挿入するだけのかんたん設定です。スマホとほとんど同じような感覚でできるようになっています。

WiMAX2+ルーターW05とNanoSIMカード
【簡単】WiMAX2+の初期設定方法を写真つきで解説

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーターの初期設定方法を解説します。 この記事では、「W05」というルーターでWiMAX2+の初期設定行なっていますが、基本的にどのルーターでも同じやり方になるので、 ...

続きを見る

~WiMAX(ワイマックス)コラム~ 気になる人向け 口コミ・評判

プロバイダ比較や選び方に関して直接関わりがあるわけではないですが、

といったWiMAXの補足的な部分に答えるコラムを用意しました。

別に読まなければいけないものではないのでページの最後にコラムという形で掲載しておきます。

興味のある方だけ読んでください。

【コラムその1】WiMAX(ワイマックス)・WiMAX2+現ユーザーの感想・口コミ・評判

WiMAX・WiMAX2+って実際使っているユーザー的にはどんな使用感なのか、いろいろな意見を集めた記事はこちら↓

調べる
【最新】契約する前に知っておきたいWiMAXのネットの評判・口コミまとめ

1ヶ月に使えるデータ容量が無制限 月額料金は定額 無線通信だから家でも外でもどこでもインターネットが使える 回線工事が必要ない 通信速度は光回線並み それなのに、月額料金は光回線より1,000円以上安 ...

続きを見る

この記事では、より詳しくWiMAXの現状を生のユーザーの声を通して知ることができます。また、それらの感想や口コミに対して筆者の補足などを盛り込み、より正確に「WiMAXって実際のところどうなの?」思っている人にWiMAXのことが分かるようにしています。

【コラムその2】WiMAX(ワイマックス)・WiMAX 2+は本家UQ WiMAXよりもプロバイダのキャンペーンから申し込む方が断然お得でオススメな理由

新事実を知り驚く様子
WiMAXはUQコミュニケーションズよりもプロバイダから契約するべき理由

「WiMAX」ってUQコミュニケーションズという会社のデータ通信サービスだって知っていますか? So-netやとくとくBB、Broad WiMAXなどのプロバイダは全てUQコミュニケーションズから「W ...

続きを見る

【コラムその3】WiMAX2+の3日10GB制限は大丈夫か?

なるほどとうなづく猫
WiMAX 2+の「3日10GB」通信制限は厳しい?意外とそうでもない?速度はどう?ビジネスマンには特におすすめ

WiMAXを契約するにあたって、通信制限、通称「3日10GB制限」が気がかりという方は多いのではないでしょうか。 はたして、この通信制限はユーザーにとって厳しい物なのか、はたまた全く気にする必要のない ...

続きを見る

【コラムその4】クレードルとは?必要なのかどうか?

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーター「WX02」専用のクレードル
クレードルって何?WiMAXの充電器?機能やメリットをまとめました

  クレードルとはなんだろう? WiMAXの事を調べていると、時々クレードルという言葉を目にします。 クレードルっていったいなんだろう?と思った方も多いと思います。 無理もありません、WiM ...

続きを見る

【コラムその5】WiMAX(ワイマックス)3年契約のLTEオプション無料プランは果たしてお得なのか?

LTEオプション概要
LTEオプション無料のWiMAX2+「3年プラン」はいったいどういうものなのか?メリット・デメリットなど解説

2017年6月1日からWiMAX2+に新しいプランが登場しました。 それが UQ Flatツープラスギガ放題 (3年) UQ Flatツープラス (3年) です。 公式ページ:http://www.u ...

続きを見る

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないとキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人は契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

更新日:

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ6選 , 2019 All Rights Reserved.