【簡単】WiMAX2+の初期設定方法を写真つきで解説

更新日:

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーターの初期設定方法を解説します。

この記事では、「W05」というルーターでWiMAX2+の初期設定行なっていますが、基本的にどのルーターでも同じやり方になるので、安心してください。

WiMAX2+の初期設定方法が分からない方はもちろん、WiMAX2+に興味のある方にも参考になるはずです。契約前の判断材料にもなると思います。

初期設定

インターネットに接続するにはWiMAX2+のルーター本体の初期設定が必要です。

でもWiMAX2+はとても簡単にすぐにインターネットへつなげることができます。

必要なもの

必要なのは「ルーター本体」と「SIMカード」です。

WiMAX2+ルーターW05とNanoSIMカード

手順

手順という程大げさなものでもありません。

基本、ルーター本体にSIMカードを挿入すれば良いだけです。

まず本体の側面にあるSIMカードを挿入する箇所のフタを開けて、

SIMカードを挿入する箇所のフタを開けたW05

 

そこに、SIMカードを

WiMAX2+のSIMカード

WiMAX2+のSIMカード

挿入します。

W05にSIMカードを挿入しているところ

そして、カチッと音が鳴るまでSIMカードを入れ込んで、

W05に完全にSIMカードを差し込んだところ

フタをします。

W05のSIMカード挿入口のフタを閉めたところ

あとは、電源を入れれば、準備完了です。

一番最初に電源を入れた時、おそらくアップデートするかどうか聞かれます

W05アップデート中

このように、その場でアップデートは行ってください。アップデートを行わないとセキュリティ上も良くないですし、何かしらプログラムが修正されているため、アップデートを行わないと最悪正常に使えない可能性があります。

アップデートは1~2分で終わるので、面倒くさがらずに必ず行ってください。

アップデートが終わると、接続設定の項目が出てきます。

最初の接続設定

「かんたん設定」という機能で、手順に沿って行うことで、これまで使っていたルーターのSSIDとパスワードを引き継ぐことができます

かんたん設定画面

引き継ぐと、新たにスマホやパソコンからSSIDとパスワードを入力する必要がなくなるので接続がかんたんになります

パソコン、タブレット、スマホと何台も端末を持っていると新たにパスワードの入力は面倒になってしまうので、できるのであればこのかんたん設定で引き継ぐ方が賢いですね。

この設定を終えるか、設定をスキップするとWiMAX2+の初期設定は終了します

そうすると、このようにホーム画面が表示されます。

W05のホーム画面

「かんたん設定」を行っていない場合は、あとはルーターの「情報」→「SSID情報」から見られるルーターのSSIDのパスワードをパソコンやスマホで入力すればルーターのWi-Fiに接続でき、インターネットの利用を開始できます。SSIDとパスワードの情報は本体に同封されている小さな紙にも書かれています。

まとめ

WiMAX2+の初期設定方法は基本的にルーターにSIMカードを入れる作業になります。

スマホと同じ要領ですね。

WiMAX2+もスマホ同様初期設定を終えると勝手にルーターが電波をキャッチしてインターネットへつなげる準備をしてくれます。

スマホやパソコン、タブレットなどをインターネットにつなげるには、ルーターのWi-Fiに接続すればOKです。

このように、非常に簡単にインターネットへ接続できるモバイル回線なので、WiMAX2+はモバイルインターネット回線でシェアTopなのです。

当サイトではこの記事のように、WiMAX2+に関する記事を書いています。

他にもWiMAX2+に関する疑問がある方、これからWiMAX2+を契約しようかどうしようかと悩んでいる人にはきっと役に立てる記事があります。ぜひ当サイトを活用してください。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番失敗なく安く使えるのが「Broad WiMAX」です。

初期費用18,857円無料キャンペーン中。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。そして3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところです。

Broad WiMAXは契約後即日発送で最短契約の翌日にはインターネットを始められます。また、東京、埼玉、大阪の一部地域なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料で契約キャンセルできるので安心して申し込むことができます。

契約から20か月経過すると無料で最新機種へと機種変更できるのもBroad WiMAXのうれしいサービスです。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く、解約金が高いなどのデメリットもないためWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が2番目に安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらく途中解約が難しいです。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,100円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX実践・検証
-, ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.