WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選

LTEオプション無料のWiMAX2+「3年プラン」はいったいどういうものなのか?メリット・デメリットなど解説

更新日:

LTEオプション概要

2017年6月1日からWiMAX2+に新しいプランが登場しました。

それが

  • UQ Flatツープラスギガ放題 (3年)
  • UQ Flatツープラス (3年)

です。

公式ページ:http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201704131.html

新プラン概要・メリット

これらがどういうプランかというと、

今までのプラン「UQ Flatツープラスギガ放題 」と「UQ Flatツープラス 」では有料オプションの1つ(使った月だけ支払う形式)だった「LTEオプション」が無料になるというものです。

「LTEオプション」とはau 4G LTE対応のモバイルWi-Fiルーターで「ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+とau 4G LTEが利用できる通信モード)」を使用した月のみ発生するオプションです。

これまでのプランでは「LTEオプション」を利用した月に1,005円のオプション料がかかりましたが今回のプランではそれが無料になるというわけです。

プランの料金は既存プランとおなじで、「UQ Flatツープラスギガ放題 (3年)」と「UQ Flatツープラス(3年) 」はそれぞれ4,380円と3,696円です。

新プランのデメリット

ここまで読んでいるとなんだかとてもお得なプランのように思えてきますが、はたしてそうなのでしょうか。

今回の新プラン「UQ Flatツープラスギガ放題 (3年)」と「UQ Flatツープラス (3年)」は名前の後ろに(3年)と書いてあるように、既存のプランが2年契約だったのに対し、3年契約となります。

3年間継続して契約してもらう代わりに、「LTEオプション」を無料にしますよというものです。

どうでしょうか?

3年継続はなかなか長いです。機種変更や新しいプロバイダに移りたいとき、WiMAXをやめるときなど違約金がかかる期間が長くなるので、なかなか窮屈になってしまいそうです。

「LTEオプション」を適用するとWiMAX2+よりもより広い範囲で通信が行えますが、あくまで補助であり、基本的にはWiMAX2+のエリアで事足りるはずです。

しかも「LTEオプション」は月に7GB以上使うと、なんとWiMAX2+回線まで速度が制限されてしまい128kbpsしか出なくなります。

証拠はこちら↓

(注3)「UQ Flatツープラス(3年)」をご契約の場合、「WiMAX 2+」通信および「au 4G LTE」通信の月間データ通信量の合計が7GBを超えた場合、それらの通信速度を送受信最大128kbpsに制限します(以下「通信速度制限(月間7GB超)」といいます)。「UQ Flatツープラスギガ放題(3年)」をご契約の場合、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信において月間データ通信量に上限がありません。ただし、au 4G LTE対応ルーターの場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201704131.htmlより引用

せっかく容量無制限でもこれでは使えないも同然なので、「LTEオプション」はただ広い範囲をカバーしてくれる便利なものというわけではなく、なかなかに癖の強いオプションなので考えて使わなければなりません。

月7GBまでしか使えないので、LTEオプションに頼りっきりというわけにもいかないのですね。

そのため、LTEオプションを利用する頻度は高くないと考えられます。

なので頻繁に使うわけでもないオプションが無料になるからといって、3年契約になってしまうのはどうなのかなと思わなくもないですね。

新プランはどういう人向け?

ユーザーの中には「WiMAX2+圏外に出ることがままあるためこのプランはとても有効だ」という人もいるでしょう。

ただそういう人は少数派だと思います。

少数派でもLTEオプションの利用頻度が高い人もいるはずです。

そういう人にはとても有効でしょう。

今現在、WiMAX2+を利用している人は今回の新プランに途中から変更することが可能です

LTEオプションの料金に悩まされていた人には朗報です。

ただし3年契約になってしまうので違約金のかかる期間が長くなってしまうのは避けられません。その辺は注意してください。

まとめ

WiMAX2+のエリアも今では地下鉄なんかもどんどんカバーして、広さは十分です。そして今でも現在進行形でエリア拡大をおこなっています。

今回新プランが登場しましたが、あくまで既存プランのLTEオプションが無料になる代わりに3年契約になるというだけのプランなので、絶対に新しいこちらのプランにした方がいいということは全くありません。

今回のプランはLTEオプションの利用頻度が高い人向けのニッチなプランという解釈でよいと思われます。

たいていの人はこれまでどおり2年契約の「UQ Flatツープラスギガ放題 」および「UQ Flatツープラス 」を選べばよいでしょう。

プロバイダでは今回の新プランを扱うところもありますが、あまり大きくは扱っていません。So-netなんかはネットから新プランを選ぶことはできず、契約したい人は電話をする必要があるみたいです。

最近はどのプロバイダもそして本家のUQ WiMAXも2年プランを扱わなくなってきました。

その代わりに3年プランのお得なキャンペーンが今までよりも多くなりました

2年のほうが取り回しが良いのは確かですが、3年プランも2年プランと同等の価格で契約できるようになり、プラスLTEオプション無料がついてくるので、お得さは以前より増しています。

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

↓↓↓↓↓

WiMAX比較!絶対失敗しないおすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,522円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になるキャンペーンも行っています。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

現在So-netは月額料金割引キャンペーンを継続中で、月額料金が36ヶ月間ずっと3,620円と安くなっています。キャッシュバックキャンペーンが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろ楽に以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

So-netはSONY(ソニー)グループの系列会社で20年以上続いている老舗プロバイダとしての安心感も良いところです。

サポートオプション料込みの料金ではキャンペーンにより最安クラスになり、お得に安心して使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から34ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるキャンペーンも行っています。

So-net契約体験レポートはこちら→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:GMOとくとくBB WiMAX2+


1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,056円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

-WiMAX最新ニュース
-,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.