WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく

ワイマックス比較!おすすめプロバイダ6選

WX04とはどんなルーターか?「3年契約プラン」限定のWiMAXルーターの性能・新機能などを解説

更新日:

WX04の後継機である新機種「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が2018年11月8日に発売されました。

Speed Wi-Fi NEXT WX05のデザインとカラーの名称

WX05について詳しくは→WX05のスペック・発売日・新機能まとめ|W05,WX04との違いを徹底比較!をご覧ください。

WX04はこれまで「WX」シリーズに搭載されていなかったハイスピードプラスエリアモードを搭載しています。

つまり、au 4G LTE回線が利用できるようになりました。

そして、WX04の一番大きなトピックが、WX04は3年契約プラン限定で契約できるルーターだというところです。

3年契約プランについて→【3年契約プラン】LTEオプション無料のWiMAX2+新プランはいったいどういうものなのか?メリット・デメリットなど解説

一番人気の高い「2年契約プラン」を選択した場合は、契約時に選ぶことのできないルーターなので、3年契約プランにするつもりのない方はこの記事を読んでもあまり参考にはならないと思います。

逆に3年契約プランも視野に入れているという人であれば、WX04とはどういったルーターなのか知っておくと、プランを選ぶときの判断材料になるでしょう。

早速見ていきましょう。

WX04の進化したところ・主な機能

au 4G LTE対応

まず前機種WX03から大きく変わったところが、au 4G LTEに対応したところです。

これによりハイスピードプラスエリアモードが搭載され、WiMAX2+回線の電波が届かない場所での通信を可能にしてくれます。

ハイスピードプラスエリアモードは本来なら、利用した月に別途1,004円かかるのですが、WX04は3年契約プラン限定モデルなので、自動的にこの料金が無料になります。

ただしハイスピードプラスエリアモードは使い放題というわけではなく月7GBまでしか使うことができません。

また、7GB以上使ってしまうと、速度制限がかかり、au 4G LTEはおろかWiMAX2+回線まで速度が遅くなるので、とても注意が必要です。

ハイスピードプラスエリアモードについては以下の記事を参考ください。

au 4G LTEの関東地方のエリア
ハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

速い ハイスピードプラスエリアモードとは何でしょうか? 普段は通常モードであるハイスピードモード(WiMAX2+)で充分問題ないですよね。 ではこの「ハイスピードプラスエリアモード」って何のためにある ...

続きを見る

ワインタイムHS+Aボタン搭載

WX04ワンタイムHS+Aボタン

ハイスピードプラスエリアモードを使った後、WiMAX2+回線に切り替え忘れをして知らないうちに7GB以上つかってしまい、速度制限に引っかかってしまう事故を防ぐためにこのボタンが搭載されています。

このボタンを押してハイスピードプラスエリアモードを開始すると使い終わったと同時に自動でWiMAX2+回線に切り替わるようになっています。

ワンタイムHS+Aボタンの使用例

CAと4×4MIMO対応で440Mbpsを実現

CA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)の2つの通信方法を同時利用することで、下り最速440Mbpsを実現しています。

CA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMOの違いを理解して賢くルーターを選ぼう!

バッテリー容量が3200mAhに増加

WX04の連続通信時間の概要

バッテリー容量が3200mAhに増えたことにより、バッテリーの持続時間がのびました。

また、「切り忘れ防止タイマー」や「スマホでお知らせ機能」の搭載により、より賢く電力消費を抑えることができるようになりました。

バッテリーに関してはこの記事の「他のルーターとの簡単な比較」において現在契約時に選べる他のルーターとの比較でどの程度のバッテリー持ちなのかを見ていきます。

クレードルが進化!より広範囲にWi-Fiが届くように

WX04のクレードルはWi-Fiの届く範囲を拡大してくれる

WX04専用のクレードル(充電スタンド)に装着した場合により広範囲にWi-Fiが届くようになりました。

WウイングアンテナとTX Beam Forming機能が搭載されたことによって可能となったようです。

これまでのクレードルにはこのような機能は搭載されていませんでした。

WX04では家の中でのWiMAXの利用がより便利になりそうですね。

WX04のスペック

製品名 Speed Wi-Fi NEXT WX04
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
対応ネットワーク
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE
質量 約128g
同梱物
  • USB2.0 TypeC-A変換ケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証書
外形寸法(mm) 約W111×H62×D13.3mm
UIMカードバージョン Nano IC
バッテリー使用時間
連続通信時間(ハイスピードモード:WiMAX 2+)
  • ハイパフォーマンスモード:約490分
  • ノーマルモード:約690分
  • エコモード:約830分
  • エコモード(Bluetooth®接続時):約1,000分
連続通信時間(ハイスピードプラスエリアモード:WiMAX 2+、LTE使用)
  • ハイパフォーマンスモード:約480分
  • ノーマルモード:約630分
  • エコモード:約780分
  • エコモード(Bluetooth®接続時):約930分
連続待受
  • 休止状態:約700時間
  • ウェイティング時:50時間
対応OS Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7、
macOS Sierra(10.12)、Mac OS X 10.11,10.10,10.9,10.8,10.7,10.6,10.5
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/n/ac (5GHz帯)、11b/g/n (2.4GHz帯)
アクセサリ(別売り)
  • ACアダプタ
  • クレードル(1000BASE-T/100BASE-TX)
Body-SAR値 0.498W/kg
本体色 アクアブルー
クリアホワイト

WX04と他ルーターの簡単な比較

WX04は最新ルーターとなりますが、実際どの程度の能力なのか現在WiMAX契約時に選択できるルーターと比較してみましょう。

現在選べるWiMAX2+ルーター比較表

最新機種WX05スペック

機種名 WX05
デザイン WX05の外見
発売日 2018/11
 重さ 128g
 大きさ 約 W111 ×H62 ×D13.3mm
SIM
サイズ
Nano Ic
下り最大通信速度 440Mbps
上り最大通信速度 30Mbps
WiMAX2+
au4GLTE
最大連続通信時間 8時間10分
(おまかせ一括設定:通信速度を優先)
 14時間
(おまかせ一括設定:バッテリー持ちを優先)
8時間
(au 4G LTE) 
最大連続待受時間  700時間
バッテリー容量  3,200mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
10台(Wi-Fi)
 3台
(Bluetooth)
 メーカー  NECプラットフォームズ
Speed Wi-Fi NEXT WX05のデザインとカラーの名称
WX05のスペック・特徴まとめ|W05,WX04との違いを徹底比較!WiMAXルーター最新機種の全て

UQコミュニケーションズからWiMAX(ワイマックス)の新しいルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が11月8日に発売されました。 WX05はNECプラットフォームズ製のルーターで、W ...

続きを見る

WX05以外の機種のスペック

機種名 W05 WX04
(3年プラン限定)
W04 WX03
デザイン W05 WX04アクアブルー、クリアホワイト W04
発売日 2018/1 2017/11 2017/1 2016/12
 重さ 131g 128g 140g 110g
 大きさ 約 W130 ×H55 ×D12.6mm 約 W111 ×H62 ×W13.3mm 約 W53 ×H130 ×D14.2mm 約 W99 ×H62 ×D13.2mm
SIM
サイズ
Nano Ic Nano Ic Micro Ic Micro Ic
下り最大通信速度 558Mbps
(LTE使用時758Mbps)
440Mbps 558Mbps
(LTE使用時758Mbps)
440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 30Mbps 30Mbps 30Mbps
WiMAX2+
au4GLTE ×
最大連続通信時間
6時間30分
(ハイパフォーマンスモード)
8時間6分
(ハイパフォーマンスモード)
6時間30分
(ハイパフォーマンスモード)
7時間20分
(ハイパフォーマンスモード)
10時間30分
(バッテリーセーブモード)
13時間48分
(バッテリーセーブモード)
10時間30分
(バッテリーセーブモード)
12時間20分
(バッテリーセーブモード)
9時間10分
(au 4G LTE)
8時間
(au 4G LTE)
9時間10分
(au 4G LTE)
非対応
最大連続待受時間 850時間 700時間 850時間 1100時間
バッテリー容量 2,750mAh
(取り外し可能)
3,200mAh
(取り外し可能)
2,750mAh
(取り外し可能)
2,890mAh
(取り外し可能)
通信技術 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA 4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格 IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチ
パネル
最大接続台数
10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi) 10台(Wi-Fi)
3台
(Bluetooth)
 3台
(Bluetooth)
3台
(Bluetooth) 
3台
(Bluetooth)
 メーカー HUAWEI  NECプラットフォームズ HUAWEI  NECプラットフォームズ 

ホームルーター「L01s」はルーターとしての用途が家の中用に限られるので、ここでは比較していません。別途専用の記事があるのでWiMAX2+のホームルーターについて知りたい方はこちらの記事を読んでください。

WiMAXルーターの速度を比較

ルーター毎の最大通信速度は以下のようになります。

機種 最大通信速度(下り)
WX05 440Mbps
WX04 440Mbps
W05 758Mbps
W04 758Mbps
WX03 440Mbps

通信速度はWiMAX 2+回線利用時の速度です。

速度で比較するとどのルーターが良い?

WiMAX 2+回線では、下り最大220MbpsのCA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)という2つの通信方式を組み合わせて同時に利用することにより、最大で440Mbpsという速度を実現しています。

参考:CAと4×4MIMOの違い

そして、W05やW04ではハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)を適用した場合には東京都、愛知県、大阪府の一部エリアでのみですが、下り最大758Mbpsまで出るようになっています

しかしながら、現実的な話をするとインターネットの利用には速度は220Mbps程度でも十分だったりするので、それ以上速くなってもあまり体感速度は変りません。

なので、どのルーターを選んでも速い遅いの違いは実質的にないと言ってよいでしょう。

ただし、最大速度が速いほうが通信速度は安定しやすいので迷ったらW05をおすすめします。

WiMAXルーターのバッテリー持ちを比較

WiMAXルーターのバッテリー比較は必須

外で使うことの多いWiMAXはバッテリーはとても重要な要素です。バッテリー切れでせっかくの利便性を失ってしまっては無線通信サービスの意味がありません。

なので、しっかりと比較していきましょう。

WiMAXルーターには電力モードが3つある

それぞれのルーターには、共通して3つの電力モード(エコモード、ノーマルモード、ハイパフォーマンスモード)があります。それぞれ電力の消費量が異なります。

3モードのルーター機種毎の連続通信時間を比較

3つのモードそれぞれについてルーター毎の連続通信時間を比較すると以下のようになります。

連続通信時間
機種/モード ハイパフォーマンス ノーマル(バランス) バッテリーセーブ(エコ)
WX05 8時間10分 11時間30分 14時間
W05 6時間30分 9時間 10時間30分
WX04 8時間10分 11時間30分 13時間
W04 6時間30分 9時間 10時間30分
WX03 7時間20分 10時間 12時間20分

この数字はWi-Fiで機器と接続した場合の物です。Bluetooth接続だとこれよりも長持ちしますが、機種による優劣は変わりません。

バッテリー持ちに関してはWX05とWX04が良さそう

現時点でバッテリー持ちという観点からするとWX05とWX04に軍配が上がります。

準最新機種だけあって、バッテリーの持ちは進化していますね。ただバッテリー容量が増えたことで、本体が少し大きくて重くなっています。

ただしWX05とWX04は「3年契約」プラン(LTEオプション無料プラン)でしか選択できないので2年プランを契約する場合はW05、W04、WX03の3つから選択する事になります。

従来通りの「2年契約」プランでバッテリー重視で選ぶならWX03が一番長く持続します。ただ、現在WX03はほとんどのプロバイダが扱っていないことに注意。

W05とW04は本体が薄く軽い分、バッテリーに関しては少し性能が劣ります。

バッテリーで比較するとどのルーターが良い?

とにかくバッテリー持ち重視という人は、3年契約になってしまいますが、WX05かWX04にすると良いでしょう。

それ以外の人は、WX03がおすすめです。

ただ、WX03は今ほとんどのプロバイダで扱っていない(唯一BIGLOBEのみ扱っている)ので、現実的に考えるとW05がWX05、WX04の次におすすめでしょう。

3年契約プランならWX05かWX04がいちばんオススメ

WX04は準最新ルーターだけあって、性能も機能もバッチリです。

そして何より「ワンタイム」機能が搭載されている端末がWX05とWX04だけだからです。

ハイスピードプラスエリアモードは便利な機能ですが、同時に注意も必要です。

au 4G LTEの関東地方のエリア
ハイスピードプラスエリアモードとは?注意点、規制、解除方法などを解説、WiMAXのLTEオプションの重要な話

速い ハイスピードプラスエリアモードとは何でしょうか? 普段は通常モードであるハイスピードモード(WiMAX2+)で充分問題ないですよね。 ではこの「ハイスピードプラスエリアモード」って何のためにある ...

続きを見る

「ワンタイム」機能により、ハイスピードプラスエリアモードでの事故を防ぐことができます。

WX05とWX04が惜しいのはは3年契約プランでしか選択できないところですが、3年契約プランにしようと考えている人にとっては一番良い選択肢となるでしょう

W04やW05に関しても最高速度は負けていますが、それもごくわずかな地域のみですし、速度の性能としては440Mbpsで十分すぎるほどなのでWX04のほうが総合的に見て良いルーターと言えるでしょう。

3年契約プランではWX05かWX04を選ぶのが一番良いと思われます。

WX05およびWX04を手に入れるのにオススメなプロバイダ

いかがでしたでしょうか。この記事ではWX04について新機能や性能などを見てきました。

WX04は性能面でWX03よりもかなり進化しています。

3年契約プランでしか選べないルーターではありますが、非常に優秀なルーターなのは間違いないです。

最後に、WX04がお得に利用できるプロバイダを紹介して終わりにしたいと思います。

より詳細なプロバイダの比較が知りたい方はこちらをどうぞ→絶対に失敗させないWiMAX2+のプロバイダ比較の完全版

Broad WiMAX

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はキャッシュバックがない代わりに、月額料金がとても安く設定されています。

3年契約プランは3年という長い期間の契約となるので、いちいちキャッシュバック受け取り手続きなどの面倒なことは避けたいです。

なので、それらがないBroad WiMAXは3年契約プランでは一番オススメです。

3年間にかかる合計金額でもキャッシュバックありプロバイダとほぼ変わらないので楽にお得に使えるのが特徴です。

Broad WiMAXサービス内容の詳細:「Broad WiMAX」サービス内容・キャンペーン情報

WiMAX使い放題2,726円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

Broad wimax

So-net

So-netもBroad WiMAX同様キャッシュバックではなく月額料金割引が優秀なプロバイダです。

また、サポートが充実しており、老舗プロバイダなので安心して利用できますし、サポートオプション料ありの月額料金は最安になります。

So-netサービス内容の詳細:「So-net」サービス内容・キャンペーン情報

お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

WiMAX・WiMAX2+どのプロバイダで契約しようか悩んでいる人へ

当サイト「GetWiMAX.jp」ではあなたにとって一番お得なWiMAXプロバイダを選んで欲しいと思い、申込方法から、一番安いプラン、お得なキャンペーン、プロバイダ比較、おすすめプロバイダなどなど、WiMAX・WiMAX2+のことについて体系的にまとめています。

そして、絶対に損しないプロバイダの紹介主要プロバイダの最新キャンペーン情報の更新も行っています。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つかる、プロバイダ・キャンペーンの選び方まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

おすすめプロバイダーランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。受け取れるかどうかが不安定なキャッシュバック特典をいち早く無くしたプロバイダです。

キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバックありプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほどお得度は増していきます。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

契約して即日発送。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐに使いたいという人にもオススメです。

他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時に違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンも行っています。もし電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

【レポート】Broad WiMAXを実際に契約して使ってみました→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:So-net モバイル WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,380円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

「So-net」はサポートが優秀なプロバイダで、サポートオプションが最大12ヶ月無料になる特典がついてきます。セキュリティソフトも12ヶ月無料。

今月はキャッシュバック特典が無くなり、トータル金額は少し高くなったものの、月額料金が36ヶ月間ずっと3,380円とトップレベルで安くなっています。キャッシュバックが無いことで、面倒な受け取り手続きも必要なく、むしろラクに以前と同等の超お得な料金で契約できるようになりました。

20周年を迎える老舗プロバイダとしての安心感もSo-netの良いところです。

サポートオプション料込みの料金では最安クラスになり、お得に使えるプロバイダですサポートオプションに関しては、サービス詳細や契約レポートをご覧ください。

契約から22ヶ月が経過すると、ルーターを最新機種へ0円で交換できるサービスは他にはないSo-netのメリット。

【レポート】So-netを実際に契約して使ってみました→So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど

3位:Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,384円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W05、WX04、L01s
支払い方法 ・・・ クレジットカード

キャッシュバックが最短で受け取れるプロバイダがNifty WiMAXです。Nifty WiMAXは、契約から5ヶ月後と半年以内にキャッシュバックが受け取れるようになっています。他のプロバイダが契約から1年以上必要なので、Nifty WiMAXの早さは言うまでもありません。

これなら、忘れにくくキャッシュバックがもらいやすくなります。しかもキャッシュバック金額はトップクラスの30,000円。

キャッシュバック込みの実質料金もトップクラスに安く、プロバイダとしても老舗で安心感もあります。

サポートオプションがなく、端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまうのがNifty WiMAXの難点なところです。

キャッシュバックに不安を覚える人におすすめのプロバイダです。

-WiMAXルーター
-, ,

Copyright© ワイマックス比較!おすすめプロバイダ6選 , 2018 All Rights Reserved.