Y!mobile(ワイモバイル)とWiMAX(ワイマックス)の比較!どちらがポケットWi-Fiでおすすめなのか?

更新日:

いくつかのSIMカードとスマホ

この記事では、モバイルWi-FiのY!mobile(ワイモバイル)とWiMAX(ワイマックス)を比較しています。

モバイルWi-FiとしてはWiMAXのほうがコスパに優れている

UQWiMAXのWiMAX以外にもワイモバイルの回線でもモバイルデータ通信(いわゆるポケットWi-Fi)は可能です。

ワイモバイルは主にスマホの回線としては人気がありますが、モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)としての人気はありません。

その理由は、WiMAXのモバイルWi-Fiとしてのコストパフォーマンスが圧倒的に優れているからです。

WiMAXとワイモバイルとの比較を行いそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ワイモバイルの3日1GB制限は厳しすぎる

ワイモバイルには3日間での合計データ使用量が1GBを超えると速度に制限がかかってしまう「3日1GB制限」があります。Pocket Wi-FiやPocket Wi-Fi+といったプランにそのような制限が設けられています。

モバイルWi-Fiルーターにはどれも速度制限は存在しますが、ワイモバイルの制限はネット社会の現代においては厳しすぎます

WiMAXであれば3日間の合計データ使用量は10GBまでOKです。ワイモバイルの10倍です。この点に関しては間違いなくWiMAXの方が優れています。

ワイモバイルが月間データ量無制限になるのはAXGP回線のみ

ワイモバイルのデータ量無制限になるのはAXGP回線のみで、AXGP回線は下り最大110Mbps、上り最大15Mbpsと現代においてはあまり高スペックとはいえません。

対して、WiMAXのデーター量無制限の「ギガ放題プラン」では下り最大440Mbps、上り75Mbpsとなっています。

一目瞭然ですね。WiMAXはさらに、一部機種でau 4G LTE回線と組み合わせることで下り最大758Mbpsまで速度を向上することができます。

ワイモバイルでWiMAXに匹敵する速度で通信しようとすると、月7GBまでしかデータ通信を利用できません。

ワイモバイルは料金がWiMAXより高い

ワイモバイルはここまで見てきたようにWiMAXよりもモバイルデータ通信としては性能が劣ります。

それにも関わらず、ワイモバイルの料金はWiMAXよりも高いです。

ワイモバイルはプランにもよりますが4,000円近くかかります。

対して、WiMAXはこのページでも示してあるとおり、平均で3,200円程度です。しかも定額です。

WiMAX(ワイマックス)とワイモバイルとの比較まとめ

ここではワイモバイルとの比較を行いましたが、モバイルデータ通信サービスを行っているプロバイダは他にもあります。

しかし、そのどれもがネットワークにSoftBank(ワイモバイル)、ドコモ(NTT)のいずれかの回線を利用してネットワークサービスを行っています。そのため、速度制限などの成約や通信速度などが似ていてどれもWiMAXと比べるとイマイチです。ドコモのWi-Fiは制限などはありませんが、定額でなく料金が青天井に上がっていくため注意が必要です。

WiMAXとワイモバイルの比較をまとめると以下の通り。

ワイモバイル(Y!mobile)

  • ワイモバイルには3日1GB制限があり、成約がきつすぎる
  • ワイモバイルで月間データ量無制限になるのはAXGP回線(低スペック)のみ
  • ワイモバイルの料金は4,000円前後

WiMAX

  • WiMAXは3日間で10GBまで速度制限がない(速度制限の時間帯は夜だけ)
  • 月間データ量無制限のギガ放題プランではWiMAX2+回線(最新)を利用し速度も速い
  • ギガ放題プランの実質的な月額料金は平均3,200円で定額

WiMAXを過度に持ち上げるつもりはありませんが、冷静に比較してみても、ワイモバイルがWiMAXより優れている点が見当たりません。

モバイルデータ通信サービス(通称:モバイルWi-Fi・ポケットWi-Fi)を選ぶなら、現時点ではWiMAXが一番おすすめといえます。

WiMAX・WiMAX2+はどのプロバイダで契約すべきか分からないという人へ

WiMAXを契約するとき、契約できるプロバイダがたくさんあってどこにしたらよいか分からず、困っていませんか?

プロバイダの情報を見比べて比較するのは大変で時間がかかります。

以下のページでは、プロバイダ選びに迷っている方向けに、これだけ読めば自分に一番合ったWiMAXプロバイダが必ず見つけられるよう、プロバイダ・キャンペーンの比較まとめを書きました。

ぜひ自分にベストな申し込み先プロバイダを見つけてください、当サイトではそのお手伝いをさせていただきます。

WiMAX(ワイマックス)徹底比較!おすすめプロバイダ5選と人気ランキング

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最安級なのが「Broad WiMAX」です。My Broadサポートも2ヶ月無料!

Broad WiMAXのキャンペーンの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりにキャッシュバックキャンペーンがない(0円)というところです。キャッシュバックは無いですが、3年間の実質的な月額料金は他のプロバイダと遜色ないお得さです。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダとなっています。そして3年間を過ぎたら、キャッシュバック有りプロバイダのキャンペーンよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得になります。最新機種のルーターでもこの料金体系は変わらないのがうれしいところ。

Broad WiMAXは契約後、即日発送です。また、東京と埼玉なら店舗受け取りもでき、申し込んだその日に使えるようになります。急ぎですぐにWiMAXを使いたいという人にもおすすめです。

そして、電波の入りが悪く満足に通信できない場合は契約から8日間は無料でキャンセルできるので安心して申し込むことができます。

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションを同時契約しないと上記のキャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXの契約体験レポートはこちら→Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOMW01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が一番安くなるプロバイダです。キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が一番安くなります。

とにかく安さを求める人におすすめです。

ただし、キャッシュバックの受け取りにくさやサポート関係でユーザーの評判はあまり良くないのがデメリット。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため解約しづらいのも難点。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。少しトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:@Nifty WiMAX

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,574円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

3年間の合計金額が安く、@Niftyの他の接続サービスを契約している人は最安でWiMAXを利用できるのが@Nifty WiMAXです

キャッシュバック金額はトップクラスの23,000円。

月額料金も安く3年間の合計金額は全プロバイダの中2位。

プロバイダとしても老舗で安心感があります。

Nifty WiMAXの難点は、サポートオプションがないこと。端末が故障してしまった場合の費用が多めにかかってしまいます。

@Nifty WiMAXは他の@Niftyの接続サービスを利用している方にはとてもおすすめできるプロバイダです。

-ポケットWiFi比較, WiMAX比較・おすすめ
-, ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ5選 , 2019 All Rights Reserved.