Broad WiMAXの乗り換え違約金負担を完全解説!

更新日:

Broad WiMAX違約金負担キャンペーン

今使っているWiFiサービスが「遅い」「料金が高い」「コスパが悪い」などの理由で他のWiFiサービスに乗り換えを考えていませんか?

乗り換え先にはWiMAXがおすすめです

WiMAXではBroad WiMAXというプロバイダが乗り換え時の違約金負担キャンペーンを行っています

乗り換え時にネックとなる違約金(解約金)をBroad WiMAXが負担してくれるというものです。

この記事ではBroad WiMAXの乗り換え時違約金負担キャンペーンについて公式だけでは読み取れない情報を完全解説します。

Broad WiMAXの乗り換え違約金負担キャンペーン概要

現在契約しているWiFiサービスを解約するとき、契約更新月でない場合高額な違約金を支払わなければならないですよね。

でもそんなの嫌じゃないですか?

そこで、Broad WiMAXに乗り換える場合はその違約金を19,000円まで負担してくれるというのが、「Broad WiMAXの乗り換え違約金負担キャンペーン」なのです。

WiFiサービスを解約する際に違約金を支払うことにはなりますが、Broad WiMAXがあとからキャッシュバックとして最大19,000円までを負担してくれます。

キャンペーン期間は2016年3月1日 ~ 終了未定となっており、2019年現在も続いています。

Broad WiMAX公式の乗り換え違約金負担キャンペーンページ↓

違約金負担&初期費用0円でお得に乗り換え

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 乗り換え時の19,000円まで違約金を負担してくれる
  • Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンが受けられる
  • 最新端末が無料

乗り換え違約金負担キャンペーンでもBroad WiMAXの初期費用無料キャンペーンが受けられる

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの嬉しいところは、通常契約の初期費用無料キャンペーンも併用して適用されるところです。

初期費用無料キャンペーンではルーター端末が無料になります。

つまり、違約金負担キャンペーンでBroad WiMAXに乗り換えた場合でも、新規でBroad WiMAXと契約する人と同じ割引キャンペーンが適用されるため、全く同じ条件で契約することが可能なのです。

また、月額料金割引キャンペーンも適用されるので、違約金負担キャンペーンで乗り換えた場合も料金的に不利になることはありません。

デメリット

  • 違約金が19,000円未満の場合はその金額しか負担されない(違約金が9500円なら、負担額は9,500円となる)
  • 口座振替支払いの場合負担対象外
  • auスマートバリューmineが適用されない

Broad WiMAX乗り換え違約金負担キャンペーンの適用条件

キャンペーンの適用条件は

  • Broad WiMAXの公式サイトからキャンペーン期間内にBroad WiMAXを契約した人
  • 月額最安プランを選ぶ(ギガ放題プラン、7GBプランどちらでも可)
  • クレジットカード支払い

の3点です。

月額最安プランとはBroad WiMAXの通常の月額料金プランのことです。というかBroad WiMAXにはこの名前のプランしか無いので迷う心配はありません。

支払い方法はクレジットカード支払いのみキャンペーンが適用されます。口座振替支払いでは違約金負担はされないので注意してください。

また、「auスマホ割プラン」を選んだ場合もキャンペーンは適用されません。

auスマホ割を期待している人は残念ですが、乗り換え違約金負担キャンペーンが適用されるにはauスマートバリューmineは諦めなければなりません。

キャンペーンは現在ずっと続いていて、終了時期も未定(おそらくずっと続く)なので難しく考えず、乗り換え目的でBroad WiMAXを新規契約すればOKです。

違約金負担キャンペーンの手続きの流れ

違約金負担キャンペーンで違約金がキャッシュバックされる手順は実に簡素です。

  1. Broad WiMAXを契約
  2. 現在使っているWiFiサービスを解約
  3. 解約の際に違約金を支払った後、Broad WiMAXにメールで違約金負担を申請

特に難しい手順ではありません。

1と2はどちらが先でもOKです。

 キャッシュバックの金額は契約解除料が記載された書類を「shop@wimax-broad.jp」までメールでお送りいただき、契約解除料を確認の上決定させていただきます。

Broad WiMAX公式より。

公式にこのように書かれている通り、現在使っているWiFiサービスの契約書や違約金支払いが確認できる請求書などの書類をBroad WiMAX指定のメールアドレスに送付すれば手続き完了です。

負担額の振り込みは、申請した月の翌々月末に指定した口座にキャッシュバックとして現金が振り込まれます

違約金負担キャンペーンが受けられる具体的なWiFiサービスについて

対象WiFiサービスとして公式のキャンペーンページには、

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーン対象WiFiサービス

のようにWiMAX、SoftBank Air、Y!mobile Pocket WiFiの3つが表記されています。

このように書かれていますが、「他のWiFiサービスは本当に対象外なのか?」ということと、「WiMAXという表記は旧WiMAXのことなのか現行のWiMAXサービスであるWiMAX2+を含んだものなのか」という2点が不透明なので、オペレータに電話で直接質問しました。

オペレータに確認してわかった、具体的な対象WiFiサービスは以下の通りです。

  • WiMAX(プロバイダ各社)
  • SoftBank Air
  • Y!mobile Pocket WiFi

乗り換え可能なWiFiサービスの違約金を確認

乗り換え違約金負担キャンペーンのキャッシュバック上限額は19,000円です。

違約金がそれよりも多い場合は19,000円までしかキャッシュバックされないので注意しましょう。

殆どのWiFiサービスの違約金は19,000円を超えることは無いと思いますが、現在使っているWiFiサービスの違約金を今一度確認しておきましょう。

WiMAXの違約金

WiMAXの違約金はプロバイダによって異なります。

通常のプロバイダ
  • 1年目:19,000円
  • 2年目:14,000円
  • 3年目:9,500円
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

 GMOとくとくBB
  • 1年目:24,800円
  • 2年目:24,800円
  • 3年目:9,500円
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

JP WiMAX
  • 1年目:30,000円
  • 2、3年目:25,000円:
  • 36か月目(更新月):契約解除料不要
  • 4年目以降:9,500円

更新月は3年ごとに来る

GMOとくとくBBとJP WiMAXのみ他のプロバイダと異なる違約金となります。

通常のWiMAXプロバイダからのBroad WiMAXへの乗り換えの場合は違約金が全額負担されることになります。

GMOとくとくBBとJP WiMAXの場合違約金が高いため全額負担とはならないことに注意しましょう。

SoftBank Airの違約金

SoftBank Airの解約金は9,500円です。

SoftBank Airの契約期間は2年間で、更新月以外は上記の金額がかかります。

SoftBank AirからBroad WiMAXへの乗り換えであれば解約金は全額負担されることになります。

Y!mobile Pocket WiFiの違約金

Y!mobile Pocket WiFiの違約金は

  • 「さんねんプラン」:9,500円
  • ベーシックプラン:0円

となっています。

Y!mobile Pocket WiFiからBroad WiMAXへのの乗り換えであれば解約金は全額負担されることになります。

乗り換え先のWiMAXプロバイダは本当にBroad WiMAXにすべき?

Broad WiMAXの乗り換え違約金負担キャンペーンは魅力的ですが、本当にBroad WiMAXに乗り換える必要があるのかはきちんと考える必要があります。

結論から言うと、19,000円の違約金負担があるため、乗り換えを検討しているなら対象のWiFiサービスからBroad WiMAXに乗り換えるべきです

WiMAXは3年契約のため、契約更新月以降は月額料金割引が適用されず平均で月額4,000円以上かかります。

SoftBank AirやY!mobile Pocket WiFiはどちらも通信サービスとしての性能はWiMAXのほうが上です。通信制限もWiMAXのほうがゆるいです。

どの対象のWiFiサービスも契約期間があると思いますが、割引が適用されるのは契約期間内だけで、更新月以降は月額料金が高くなってしまいます。

その際に月額料金割引が受けられ、かつ乗り換え時にかかる違約金を負担してくれるとなれば、乗り換えない理由はありません。

Broad WiMAX以外のWiMAXプロバイダは乗り換えに有効ではない

WiMAXに乗り換える際、違約金がどうしてもかかってしまうのであれば、Broad WiMAX以外のWiMAXプロバイダで申し込む理由はありません。

Broad WiMAX以外のWiMAXプロバイダはこういった違約金負担キャンペーンは行っていないからです。

そして、Broad WiMAXは以下のページでWiMAXプロバイダを徹底比較して分かる通り、一番オススメできるプロバイダです。

WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ3選と人気契約ランキング

更新月に解約し違約金が0円の場合でも、WiMAXへ乗り換えるならBroad WiMAXがおすすめのプロバイダです。

まとめ

Broad WiMAXでは、乗り換えの際に違約金を19,000円まで負担してくれるキャンペーンを行っています。

現在使っているWiMAX、SoftBank Air、Y!mobile Pocket WiFiを解約して新しくWiMAXプロバイダへ乗り換える場合はBroad WiMAXがおすすめです。

違約金負担キャンペーンを利用して、無料でWiFiサービスを乗り換えましょう。

Broad WiMAX公式の乗り換え違約金負担キャンペーンページはこちら→違約金負担&初期費用0円でお得に乗り換え

プロバイダおすすめキャンペーンランキング

1位:Broad WiMAX

Broad wimax

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,513円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、L02、HOME 01
支払い方法 ・・・ クレジットカード、口座振替

WiMAXのプロバイダ選びで失敗したくない人はBroad WiMAXが1番おすすめです

月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番おすすめで安く使えるのがBroad WiMAXです。

キャッシュバックキャンペーンだと受け取れない場合は安くWiMAXを使えませんが、Broad WiMAXの月額料金割引キャンペーンなら確実にお得になります。

「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。

また、3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得なのもおすすめポイントです。

最新機種のルーターでもキャンペーン内容が変わらないのも嬉しいところです。

その他のおすすめポイント

  • 最短即日発送
  • 東京、埼玉、大阪の一部地域で契約当日の店舗受取可能
  • 契約から20ヶ月後に無料で最新機種に機種変更可能

Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。

Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多くWiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。

2位:GMOとくとくBB WiMAX2+

1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,296円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOME01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

とくとくBBは3年間のトータル金額が1番安くなるプロバイダで最安値のプロバイダと契約するならおすすめです。

キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。

ただし、キャッシュバックの受け取りには注意が必要で、受け取りの不安定さがあり、契約者全員がお得にWiMAXが使えるわけではないためおすすめ度は2番目になります。

きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。

キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。

また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため途中解約が難しいのもデメリット。

キャッシュバック特典が不安な方は、月額割引のみのプランもあります。キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。

3位:カシモWiMAX

カシモWiMAX
1ヶ月の実質料金・価格 ・・・ 3,523円
契約期間 ・・・ 3年
取り扱い端末 ・・・ W06、WX05、W05、L02、HOME01
支払い方法 ・・・ クレジットカード

カシモWiMAX契約初期の費用が最安値になる、始めやすいWiMAXプロバイダとしておすすめです。

契約月と1ヶ月目の最初の2ヶ月間は月額料金が1,380円と全プロバイダ中最安値となっています。

何らかの理由で、WiMAXを契約したいけど、今だけあまり通信費にお金を出せないという人も2ヶ月で2,760円という破格の安さでWiMAXを契約できます。

また、選べるルーター端末の機種の種類が多いのもおすすめポイントです。

惜しいのは、3年間のトータル金額では最安値ではない点。しかし、それでもWiMAXプロバイダの中では安い方です。

U-NEXTと提携しているサポートオプション「スマートシネマ with U-NEXT」では月額初月無料や毎月500のU-NEXTポイントがもらえるなど、ネットで動画を見る人にとって嬉しい特典がついてきます。

-WiMAXの解約と違約金
-, , , , ,

Copyright© GetWiMAX.jp|WiMAX(ワイマックス)比較!おすすめプロバイダ3選 , 2019 All Rights Reserved.